« 「はやぶさ/HAYABUSA」 はやぶさくん | トップページ | 本 「令嬢テレジアと華麗なる愛人たち」 »

2011年10月14日 (金)

「幸せパズル」 アルゼンチンの女性観

TOHOシネマズデイだったので、会社帰りにシャンテで観賞。
アルゼンチンの映画はあまり観たことないですね。

主人公のマリアは一般的な主婦。
冒頭は彼女がホームパーティの料理を準備しているシーンから始まります。
それからたくさんの人が集まったホームパーティのシーンへ。
家族や訪問者が食べたり飲んだり騒いだりしている中、マリアは一人で料理を出したり、食器を片付けたりしています。
驚いたのはそのパーティでの出来事です。
マリアは冷蔵庫から自作のケーキを出します。
そのケーキには「50」の形をしたロウソクがあり、それにマリアは火をつけます。
誰かの50才の誕生日パーティだったわけです。
僕はこの時点で「旦那さんの誕生日会だったんだな」と思いました。
驚いたのは、その後で、なんとそのロウソクをマリア自身が吹き消したのです。
実はそのパーティはマリアの誕生日パーティだったんですね。
自分の誕生日なのに、その人が一番働いているなんて・・・。
それをパーティの訪問者も不自然に見ていないようですから、それはアルゼンチンにおいては普通のことなんしょうか。
欧米や日本だったら「ありえなーい」扱いで驚きました。
アルゼンチンという国はけっこう男尊女卑なのね・・・(かつての日本もそうだったが)。

マリアは日々、家族のために料理を作り、家事をします。
でも旦那はマリアに愛情はあるようですが、扱いは家政婦のような感じで、大事なことには「女は口を出すな」的な感じ(これまたかつての日本のよう)。
息子たちは、「オレは独立するんだ」と言って家を出て行こうとしたり、ベジタリアンの彼女にかぶれてへいこらしていたり勝手きままにふるまっています(これは今の日本のようだ)。
なんだか割を食っているのはマリアだけのよう・・・。
そのような中で、マリアはふとしたきっかけでジグゾーパズルを手にとり、それに強く興味を持ちます。
パズルにのめり込んだマリアは、パズルの大会のパートナーとしてある独身紳士ロベルトと出会います。
ロベルトは彼女にパズルの才能を見いだし、そして伸ばし、協力して二人はパズルの大会で優勝するのです。
この作品は、抑圧された女性が自らの才能を発見し、そしてそれにより自身を持ち、イキイキと生きようとし始める物語と言えます。
こういうタイプの映画は、洋画でも、邦画でもよくあります。
けれど本作のラストは、冒頭のシーンと同じくけっこう驚きました。
アメリカ映画だったら、自らの才能を見いだした女性主人公は、その才を活かし強く自分の力で立ち上がろうとするでしょう。
邦画であったら、才能を見いだしつつも、家族への愛情を再確認し、愛する人びとのもとに戻るというような展開もあったかもしれません。
本作はそういう自分が見慣れた展開とも違ったので、驚いたのです。
マリアは世界へ旅立つわけではありません。
また家庭に戻っても、夫や子供たちへの愛情を今までよりも強く再確認して生きていくというわけでもないんですよね。
マリアは家庭に戻っても、大会のことはいい思い出として、ひとり淡々とパズルをやっていくわけです(旦那や息子たちとも淡々とした関係のままなのだろう)。
女性が観た時にここにカタルシスを感じるのかなと思いました。
本作を観た日本の女性にも感想を聞いてみたいし、またアルゼンチンの女性にも聞いてみたい。
その国(また時代)によってさまざまな女性観はあると思いますが、それによって本作というのはどうとらえられ方が異なるのかに興味を持ちました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「はやぶさ/HAYABUSA」 はやぶさくん | トップページ | 本 「令嬢テレジアと華麗なる愛人たち」 »

コメント

ryokoさん、こんばんは!

たぶんこのあたりが国民性の違いなのかもしれませんね。
国それぞれで、周囲の人にとっても、女性自身とっても、女性の位置づけが違うというか。
アルゼンチンて意外と保守的な感じなのだなと思いました。
キリスト教の教えが強いからかな?

投稿: はらやん | 2012年4月27日 (金) 00時38分

はらやんさん、こんばんは。
私はカタルシスを感じることができませんでした。
パズルの楽しさを知り、優勝して自信をつけたのに、趣味でパズルで満足できるだろうか?
優勝の高揚感でロベルトとあんなことになってしまったからドイツには行けないと思うのか、そういうことが無くても自国での優勝で彼女は満足できたのかしら?
でも・・・あとあとなにも無かったかのように元の生活にもどれるかしら?っと、あの結末にフラストレーションを感じてしまいました。

投稿: ryoko | 2012年4月26日 (木) 01時37分

きなこさん、こんにちは!

いわゆる映画らしい劇的な終わり方ではなかったのでちょっとびっくりしましたね。
ちょっと考えてみると、日本でもこういうのはあるかもしれないですね。
ずっと子育て、旦那の世話で明け暮れて、旦那が定年迎えたところで「私、好きなことするわ」的な展開は。
今公開している「RAILWAYS」もそんな感じのようですが・・・。
マリアは結局は日常に戻りつつ、新たに見つけられた自分の才能を生かした楽しみを見いだすということなのでしょうかね。

投稿: はらやん | 2011年12月10日 (土) 06時56分

はじめまして。
今日映画を見てきた帰りで、ラストの意味をはかりかね、検索しているうちにこちらの記事に遭遇し思わずコメしてしまいました☆
私も最初と最後に驚きました!マリア自身の誕生日とは、マリアがろうそくを吹いてようやく分かったし。家族の世話に追われる姿、日本的でもあり親近感を覚えると同時に抱える不満もよく分かり…。
しかし、ラストは一体これからのマリアはどうなるのーっと釈然としない気持ちで。
けれど、劇的な展開が起こるのはやはりドラマや映画の世界の話であって、この作品は映画らしくなく(優勝するのは映画らしかったかも?)、意外と我々が普段過ごす日常にあるひそかな楽しみをそのまま再現し、今後のマリアの行く末は、日常にいる私たちが私たちの感覚での結末を考えてみて ということなのかもしれないなぁと思いました。
刺激的な作品に見慣れているので、たまにはこういう作品もよいかもしれませんね。

投稿: きなこ | 2011年12月 8日 (木) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/52991955

この記事へのトラックバック一覧です: 「幸せパズル」 アルゼンチンの女性観:

» 幸せパズル [ダイターンクラッシュ!!]
2011年10月16日(土) 16:20~ TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『幸せパズル』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。27本目。 フリーパスで無ければ、パスしていただろう。 アルゼンチン映画。 平凡な熟年の主婦が、誕生日プレゼントのジグソー・パズルに嵌り、専門店での大会挑戦の相方募集広告を見て応募、独身の金持ちオヤジと練習に励むも、家事が滞り亭主にキレられたり、さて。 不倫の匂いとか漂うストーリーだが、熟年主婦の束の間のちょ... [続きを読む]

受信: 2011年10月17日 (月) 01時56分

» 幸せパズル [映画的・絵画的・音楽的]
 『幸せパズル』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)映画はアルゼンチンのもので、同国の映画は、昨年は『瞳の奥の秘密』を見ましたが、なかなか印象深い作品でしたので、この映画もと期待しました。  ですが、映画は、殺人事件を巡って展開される『瞳の奥の...... [続きを読む]

受信: 2011年10月20日 (木) 05時25分

» 幸せパズル [LOVE Cinemas 調布]
極平凡な主婦が、自らの誕生日のプレゼントにジグソーパズルを貰ったことでその面白さと自分の才能に目覚め、新たな自分を見つけてゆく姿を描いたハートフルドラマだ。監督のナタリア・スミルノフは本作が長編デビュー作ながら第60回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門にノミネートされた。... [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 01時01分

» 幸せパズル/マリア・オネット、ガブリエル・ゴイティ [カノンな日々]
平凡な主婦がふとしたことでジグソーパズルの才能を開花させ自身の新たな人生を切り開いていく女性讃歌なハートフル・ムービー。監督は本作が映画デビュー作になるというアルゼン ... [続きを読む]

受信: 2011年10月27日 (木) 09時09分

» 映画・幸せパズル [お花と読書と散歩、映画も好き]
2010年 アルゼンチン・フランス原題 ROMPECABEZAS(英題 PUZZLE) ROMPECABEZAS話し言葉ですが「難題」という意味もあるようです 邦題は映画の奥深さが表現出来ていませんねぇ マリア・デル・カルメン50歳専業主婦夫と二人の息子の幸...... [続きを読む]

受信: 2011年10月31日 (月) 19時42分

» 幸せのパズル [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
ブエノスアイレスに暮らす専業主婦が、50歳を過ぎてジグソーパズルの才能に目覚めたことをきっかけに、自分の人生を切り開いてゆく。出演はベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作「El otro ... [続きを読む]

受信: 2011年12月 5日 (月) 17時18分

» 幸せパズル [愛猫レオンとシネマな毎日]
本作は、女性監督が作ったアルゼンチン映画になります。 主人公は、50歳を迎えた平凡な主婦。 今まで夫と二人の息子中心の生活を送って、家族を支えてきました。 50歳の誕生日プレゼントに貰ったジグソーパズルをキッカケに、 自分だけの楽しみを見つけます。 女性ならではの視点で作られた映画でした。 遠いアルゼンチン映画ですが、日本人の感覚に通じる部分があるので、 共感出来る方が多いのでは?と思います。 家族に尽くすことを当たり前と考える夫や、言いたい事を言う息子たち。 日本と同じじゃん!と思ってしまい... [続きを読む]

受信: 2011年12月13日 (火) 19時28分

» 「幸せパズル」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Rompecabezas」…aka「The Puzzle」 2010 アルゼンチン/フランス マリアにマリア・オネット。 マリアの夫ファンにガブリエル・ゴイティ。 ロベルトにアルトゥーロ・ゴッツ。 監督、製作、脚本にナタリア・スミルノフ。 アルゼンチン、ブエノスアイレスに住むマリアは50歳を迎える専業主婦。まじめな夫ファンと、独立間近の2人の息子に囲まれ幸せな日々を送っていた。しかし平凡な毎日に何か物足りなさを感じていたマリアはバースディ・プレゼントにもらったジグソーパズルに夢中... [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 22時32分

» 〜『マーガレットと素敵な何か』/『幸せパズル』〜 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
大人の女性主人公のフランス映画?『マーガレットと素敵な何か』2009年:フランス+ベルギー映画、ヤン・サミュエル監督&脚本、ソフィー・マルソー、マートン・ソーカス、ミシェル・デュショーソワ、ジョナサン・ザッカイ、エマニュエル・グリュンヴォルド、ジュリエット...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 8日 (日) 20時07分

» 幸せパズル [こんな映画見ました〜]
『幸せパズル』---ROMPECABEZAS  THE PUZZLE---2010年(アルゼンチン/フランス )監督:ナタリア・スミルノフ出演:マリア・オネット 、ガブリエル・ゴイティ、アルトゥーロ・ゴッツ アルゼンチンの首都ブエノスアイレス。 専業主婦のマリア(マリア・...... [続きを読む]

受信: 2012年4月17日 (火) 23時48分

» 【映画】幸せパズル [★紅茶屋ロンド★]
<幸せパズル を観ました> 原題:Rompecabezas 製作:2009年アルゼンチン・フランス合作 人気ブログランキングへ 予告で観たときは凄く良さそうに見えた。 雰囲気は完全にミニシアター系。しかもアメリカ作品じゃなくて、アルゼンチンとフランスの合作とあればもう、こういうの好きな人にはたまらないと思う。 専業主婦のマリアは愛する息子と夫との幸せな生活が生きがいの50歳。 ちょうど50歳の誕生日のプレゼントで、ジグソーパズルをもらったマリアは、驚くべき才能を開花させる。 自分でもこん... [続きを読む]

受信: 2012年4月22日 (日) 23時19分

» 幸せのパズル [映画の話でコーヒーブレイク]
私にとっては遠い国、アルゼンチンの映画です。 劇場で何度か予告編を見て興味を持っていたのですが、見逃してしまった本作。 DVDにて鑑賞しました。 アルゼンチンの映画といえば・・・、 まず思い出すのは2010年公開の「瞳の奥の秘密」。これは面白かった〜 他には、...... [続きを読む]

受信: 2012年4月26日 (木) 01時23分

» 幸せパズル [映画と本の『たんぽぽ館』]
自分自身の解放             * * * * * * * * * 50歳の誕生日を向かえた専業主婦マリアは、夫と二人の息子と暮らしています。 まあ、一般的にいえば、満ち足りた生活。 しかし、本人はどこか満たされないようにも見受けられます。 その...... [続きを読む]

受信: 2013年3月18日 (月) 20時55分

» 映画『幸せパズル』★ マリアの涙に捜していた1ピースを感じました [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/156409/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 アルゼンチンの作品です。 生活感や宗教観など、背景の価値観は異なるかもしれませんが これは、私には、とても共感&痛感した作品でした。 (というか、自分を見ているような生なましさだった ……..... [続きを読む]

受信: 2013年8月27日 (火) 23時27分

» 幸せパズル [rambling rose]
夫と息子達に囲まれ毎日忙しく暮らす50歳の専業主婦マリア。しかしそんな日々に一抹の物足りなさを感じていた彼女は、たまたま誕生日にプレゼントされたジグソーパズルにハマってしまう。... [続きを読む]

受信: 2016年3月 7日 (月) 09時39分

« 「はやぶさ/HAYABUSA」 はやぶさくん | トップページ | 本 「令嬢テレジアと華麗なる愛人たち」 »