« 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 豊かなるシーザーの表情 | トップページ | 「ランゴ」 個性あるカメレオン俳優 »

2011年10月23日 (日)

「一命」 武士の面目と武士の情け

戦国時代が終わり泰平の世が訪れた徳川時代初期、浪人たちの間で"狂言切腹”なるものが流行ったと言います。
大名家のお取り潰しが相次ぎ、街には浪人が溢れました。
生活に困窮した浪人が大名家に切腹をするため(むろん本人はその気はない)場を借りたいと申し入れ、面倒を嫌った大名家が職や金を与えたというのが"狂言切腹”です。
下克上で力と運がある者が一国一城の主になれた時代はとうに過ぎ、泰平の世となったため、身分が固定化し始めたのが江戸初期ということなのでしょう。
浪人になってしまうと、才覚があったとしても任官することも覚束ない。
けれども武士という身分であることは変わらないので、武士たる面目は保たなくてはいけないという縛りがあります。
それなのに大名家は代々世襲で継がれていく。
彼らは安穏と暮らしているのに、武士の面目を問う。
「武士は食わねど高楊枝」ということわざがあります。
これはいくら貧しくて食べられなくても、食べたかのように楊枝を使って満腹を装うという意味で、武士の面目や挟持を表しています。
武士という身分はいくら貧しくても面目を保たなくてはいけないという苦しさを持っているものなのですね。
「武士に二言はない」という言葉もあります。
武士というものは、一度口に出したことはいかなることがあっても撤回しない、やり遂げるということです。
それだけに武士という身分のものが口にする言葉は重く、また口にする責任感を武士たるものは持たなければいけないということでしょう。
とかく武士というものは、面目や体裁に縛られてしまうものなのですね。
先の二つの言葉は本来は、武士たるものの心得、つまりは上に立つものとしての挟持や責任について語ったものであったのではないかと思います。
けれども世が泰平となり、武士の中でも身分が固定化していく中で、その言葉の意味も次第に形骸化していったのではないでしょうか。
そこに込められた心得みたいなものはなくなっていき、形式だけが残っていくといったような。
そこには心というものがなくなっていったのではないかと思います。
「武士の情け」という言葉もあります。
これは相手の心情を慮り、相手に敬意を払うということだと思います。
しかし本作で登場する沢潟らの侍はいくら"狂言切腹”を行おうとする相手であるからといっても、敬意というものはありません。
確かに沢潟らの言い分にも筋があります。
言い分は正しいと言っていい。
でもだからこそそれを曲げても「情け」をかける余裕といったものがあってもよかったのかもしれません。
何かそこには社会全体が固定化され「冷たさ」のようなものを持ってしまったことが現れているように気がします。
翻って現代を見てみると。
まさにこの作品で描かれているような状態になっているような気もします。
政治家や文化人は二世、三世が幅をきかせています。
若者はいくら才能があっても就職できなかったりということが起こっています。
格差社会と言われてずいぶん経ちますが、社会が次第次第に固定化されているような気がします。
そして沢潟らの言動に見えたような「冷たさ」のようなものも感じます。
筋は通っているけれど、冷たい。
そこに「情け」はない。
本作は時代劇でありながらも、現代のことを風刺している作品に思えました。

本作、構成もよくできていたと思います。
冒頭での瑛太さん演じる求女は”狂言切腹”を行う愚かな侍に見えます。
沢潟らのほうの言い分のほうが正しいと感じます。
けれどもその背景が半四郎(市川海老蔵さん)に語られるに従って、そのイメージは次第に変わっていきます。
このあたりの真相が判っていく様は、質のよいミステリーを観ているような感じもありました。

三池監督は「十三人の刺客」「忍たま乱太郎」に引き続き本作で時代劇三連チャン。
時代劇でありながら(「忍たま」を時代劇とみるかというのはあるのですけれど)、まったくテイストは異なります。
つくづく器用な人だと思ったりするのですが、共通しているところがありました。
三池監督という人は、基本的に容赦がない、手加減をしない監督なのですよね。
「十三人の刺客」では延々と続く立ち回り、これでもかと思えるほどの剣劇でした。
また稲垣吾郎さん演じる殿様の残虐非道ぶりも手加減がありませんでした。
「忍たま乱太郎」では子供には見えるのはどうかという人もでるのではないかという、下品なギャグを連発(でも子供は好き)。
本作でも瑛太さんの切腹シーンは、観ている自分が痛くなりそうなほどの執拗さでした。
これはすべて三池監督が容赦をしない表現者であるということを表しています。
普通はなにかしらのリミッターを監督やプロデューサーがかけてしまうもの。
三池監督はメジャー監督でありながらも、そのあたりを容赦をしません。
それがさまざまなジャンルを手がけ、そのテイストを大きな振り幅を持っていながらも三池印というものがそれぞれの作品に刻まれているという訳なのかもしれません。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 豊かなるシーザーの表情 | トップページ | 「ランゴ」 個性あるカメレオン俳優 »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

オリジナルは観たことないんです。
評価、高いですよね。
今度観てみようかな。

投稿: はらやん | 2011年11月20日 (日) 17時06分

物語についてはオリジナルに譲って、こっちはきれいすぎたように感じました。
本当はもっともっとどろどろと汚ない。特に役者さんがなああ。。
勘解由の三国さんなんか、本当にすさまじかったですもん。
その汚なさが、美しい映像によって、ベールが掛けられたように思えてしまったのでした。
あの「切腹」に挑んだ三池監督に、敬意は表しますが、オリジナルの素晴らしさをもう一度思い返した次第です。

投稿: sakurai | 2011年11月20日 (日) 08時31分

ノラネコさん、こんばんは!

そうですよね、現代を風刺している感じがありましたよね。
面目というのは社会の枠組みのようなものでそれが硬直化しているっていうことなんですよね。
特に現在はそういう硬直感を感じます・・・。

投稿: はらやん | 2011年10月27日 (木) 21時47分

小林正樹版を観ていても面白かったです。
何よりもこの物語の普遍性。
本当に江戸時代を通して今現代を描いているかのよう。
半世紀前の映画をリメイクして、ここまで今を感じさせる物が出来る事が驚きであり、同時に悲しみでもあります。
人間、進化しないなあ・・・。

投稿: ノラネコ | 2011年10月25日 (火) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/53065043

この記事へのトラックバック一覧です: 「一命」 武士の面目と武士の情け:

» 『一命』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「一命」□監督 三池崇史 □脚本 山岸きくみ □原作 滝口康彦(異聞浪人記)□キャスト 市川海老蔵、瑛太、満島ひかり、役所広司、竹中直人、       新井浩文、笹野高史、中村梅雀■鑑賞日 10月16日(日)■劇場 TOHOシネマ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 21時07分

» 「一命」:海老蔵がクール&ホット! [大江戸時夫の東京温度]
映画『一命』、三池作品にしてこれだけ堂々たる品格オーラが出ているものって初めてで [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 22時35分

» 一命 [LOVE Cinemas 調布]
『十三人の刺客』、『クローズZERO』の三池崇史監督最新作。滝口康彦の「異聞浪人記」をベースに作られた武士の世界を批判的に描いたヒューマンドラマだ。1962年に仲代達矢主演で公開された『切腹』と同一原作でもある。主演は歌舞伎俳優・市川海老蔵。共演に『まほろ駅前多田便利軒』の瑛太、『悪人』の満島ひかり、『十三人の刺客』の役所広司といった実力派が揃った。... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 00時26分

» 一命/市川海老蔵、瑛太、満島ひかり [カノンな日々]
『十三人の刺客』でエンターテイメントなアクション時代劇を成功させた三池崇史監督が再び時代劇に挑み1968年に『切腹』というタイトルで映画化された滝口康彦の『異聞浪人記』を原 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 09時57分

» 主演・市川海老蔵、三池崇史監督『一命』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。1952年に発表された滝口康彦の『異聞浪人記』を原作に(1968年「切腹」として映画化)、三池崇史監督が再映画化した『一命』。音楽、坂本龍一。出演は市川海老蔵、瑛太、役所... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 19時48分

» 劇場鑑賞「一命」 [日々“是”精進! ver.A]
武士が守るべきは義か、愛か・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110150001/ キネマ旬報 2011年 10/1号 [雑誌] posted with amazlet at 11.10.10 キネマ旬報社 (2011-09-20) Amazon.co.jp で詳細を見... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 20時31分

» 一命 [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  1962年に製作された小林正樹監督の『切腹』のリメイク版である。その『切腹』はかなり古い映画になってしまったので、若い人達には馴染みがないかもしれない。どちらかと言えば、海老蔵の復帰作ということに、話題が集中しているようである。 だが『切腹』は... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 21時04分

» 『一命』 [ラムの大通り]
----これって、昔の映画のリメイクだよね。 「そうなんだけど、 あまりそのことを、前面に出してはいない。 やはり、小林正樹監督の『切腹』が あまりにも名作だからかもしれないね。 で、その元となった原作『異聞浪人記』の映画化の方が 強調されているみたい。 ぼくは...... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 23時38分

» 一命 [悠雅的生活]
一皿の菓子。降り頻る雪。まだ遠き春。 [続きを読む]

受信: 2011年10月25日 (火) 21時20分

» 一命・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
猫様は見ていた。 「一命」は、滝口康彦の短編小説「異聞浪人記」を原作に、1962年に発表された小林正樹監督の「切腹」のリメイクである。 舞台は豊臣氏の滅亡により、天下太平の世が訪れた寛永年間の江戸...... [続きを読む]

受信: 2011年10月25日 (火) 21時35分

» 一命 [花ごよみ]
市川海老蔵と瑛太が主演。 海老蔵が津雲半四郎。 瑛太が千々岩求女を演じます。 満島ひかり 役所広司 竹中直人 青木崇高 新井浩文 波岡一喜等が共演。 監督は三池崇史。 時代劇初の3D作品ということですが 2Dで見ました。 半四郎(市川海老蔵)が 娘婿、千々岩...... [続きを読む]

受信: 2011年10月25日 (火) 22時51分

» 映画「一命」 [FREE TIME]
映画「一命」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2011年10月25日 (火) 23時02分

» 一命 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
1952年に発表され、1968年には「切腹」として映画化された滝口康彦の『異聞浪人記』を原作に「十三人の刺客」の三池崇史監督が武士の誇りと家族愛を描く時代劇。音楽を「シルク」の ... [続きを読む]

受信: 2011年10月27日 (木) 18時31分

» 映画「一命」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「一命」観に行ってきました。滝口康彦の小説「異聞浪人記」を原作とし、江戸時代初期に蔓延したと言われる「狂言切腹」を題材に「武士の生き様」に対し疑問を投げかける作品。... [続きを読む]

受信: 2011年10月27日 (木) 20時16分

» 一命 [Akira's VOICE]
哀しみの果てに・・・   [続きを読む]

受信: 2011年10月29日 (土) 10時51分

» 一命 [映画的・絵画的・音楽的]
 『一命』を吉祥寺のバウスシアターで見ました。 (1)原作の滝口康彦著「異聞浪人記」(注1)を映画化したものとしては、小林正樹監督の『切腹』(1962年)があり、それに甚だ感銘を受けたことがあり、また『十三人の刺客』の三池崇史監督の作品ということもあって、映画...... [続きを読む]

受信: 2011年10月30日 (日) 18時43分

» 『一命』・・・武士の誇りと男の尊厳 [SOARのパストラーレ♪]
武士の誇りとは何か。命とは何か。 家族を愛する若き武士の切腹をめぐって繰り広げられる壮絶な人間ドラマに、我を忘れてのめり込んだ2時間だった。 [続きを読む]

受信: 2011年10月30日 (日) 18時45分

» 一命 [象のロケット]
江戸時代初頭。 大名家の取り潰しが相次ぎ、生活に困窮した浪人たちの間では“狂言切腹”が横行していた。 それは裕福な大名屋敷の庭先で「切腹させて欲しい。」と願い出て、面倒を避けたい屋敷側から金銭や職をもらうという一種のゆすり。 ある日、切腹を願い出た津雲半四郎という中年の侍に、名門・井伊家の家老・斎藤勘解由は、数ヶ月前にやって来た若浪人・千々岩求女の狂言切腹の顛末を語り始めるのだが…。 時代劇。... [続きを読む]

受信: 2011年10月31日 (月) 01時29分

» 一命(2011-086) [単館系]
1962年に仲代達矢主演で公開された『切腹』と同一原作 リメイクではないらしい。 狂言切腹というのが有るらしい。 切腹を申し出て面倒事を避けたい大名はお金や職を与えて 思いとどませるらしい。 と...... [続きを読む]

受信: 2011年10月31日 (月) 02時38分

» [映画『一命』を観た(すまん、短信)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆『十三人の刺客』を見たとき、ノリ気じゃない姪っ子だったが、観終えて、「悔しいけど、面白かった^^;」と言った。  で、今回、半ば無理矢理に彼女を、 「名作『忍たま乱太郎』と同じ監督だからさ^^」  と言って、連れて行ったら、観終えて、「『忍たま乱太郎...... [続きを読む]

受信: 2011年10月31日 (月) 19時34分

» 映画「一命」映像がちょっともったいつけすぎ [soramove]
「一命」★★★ 市川海老蔵、瑛太、満島ひかり、役所広司主演 三池崇史 監督 127分、2011年10月15日公開 2011,日本,松竹 (原作:原題:滝口康彦の小説『異聞浪人記』) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「江戸時代初頭、戦国の世は終わり 幕府の難癖から多くの大名の御家取りつぶしが起こり 生活に困窮した浪人の間で流行った... [続きを読む]

受信: 2011年11月 2日 (水) 09時17分

» ■映画『一命』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
それは、こんなに気合いの入った映画の撮影が終わったら、ちょっとハメを外したくもなるよね…。 と、ちょっと市川海老蔵の心境に思いを馳せてしまうこの映画『一命』。 この映画にはやっぱり海老蔵の才能が必要だったし、海老蔵がいなくてはなりたたない作品だと思うのです。... [続きを読む]

受信: 2011年11月 3日 (木) 07時13分

» 映画 「一命」 [ようこそMr.G]
映画 「一命」 [続きを読む]

受信: 2011年11月 5日 (土) 16時55分

» 映画『一命 <3D>』(お薦め度★★★) [erabu]
監督、三池崇史。脚本、山岸きくみ。音楽、坂本龍一。原作、滝口康彦『異聞浪人記』。 [続きを読む]

受信: 2011年11月 5日 (土) 22時43分

» 一命 [あーうぃ だにぇっと]
一命@丸の内ピカデリー1。 9月26日(月)舞台挨拶付き3D試写会。 チケットはネットオークション1,540円で入手。 舞台挨拶付き完成披露試写会のわりに安かったのでカサキケイくんに落札してもらって二人で観に行った。... [続きを読む]

受信: 2011年11月 6日 (日) 05時40分

» 『一命』 ('11初鑑賞140・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 10月15日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:30の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年11月 6日 (日) 10時17分

» 『一命』 [beatitude]
戦国の世は終わり、平和が訪れたかのようにみえた江戸時代初頭、徳川の治世。その下では大名の御家取り潰しが相次ぎ、仕事も家もなくし生活に困った浪人たちの間でldquo;狂言切腹rdquo;が流行していた。それは裕福な大名屋敷に押し掛け、庭先で切腹させてほしい...... [続きを読む]

受信: 2011年11月11日 (金) 02時18分

» 「一命」 [みんなシネマいいのに!]
 幕府による理不尽な御家取り潰しが相次ぎ、困窮した浪人があふれている江戸時代初頭 [続きを読む]

受信: 2011年11月19日 (土) 21時47分

» 一命 [迷宮映画館]
海老蔵さん、もう10年後だったら、ピタッとはまったと思う。 [続きを読む]

受信: 2011年11月20日 (日) 08時31分

» 「一命」 [prisoners BLOG]
橋本忍脚本・小林正樹監督・仲代達矢(当時29歳!)主演の1962年作「切腹」のリメイクではなく、同じ滝口康彦原作「異聞浪人記」の再映画化、ということになっているが、「切腹」自体が基本的な設定・構成を原作に全面的に依っているわけで、比較するなというのは無理です...... [続きを読む]

受信: 2011年12月26日 (月) 09時02分

» 一命 [C note]
三池崇史監督、『十三人の刺客』に続いての本格時代劇。1962年『切腹』のリメイク [続きを読む]

受信: 2012年1月15日 (日) 16時10分

» 11-363「一命」(日本) [CINECHANが観た映画について]
ただ生きて、春を待っていただけ   17世紀。戦国の世が終わり、天下太平の江戸時代初頭。しかし一方では、幕府による理不尽な御家取り潰しが相次ぎ、困窮した浪人があふれていた。  巷では、そんな浪人たちが裕福な大名屋敷に押しかけ、“切腹のために庭先を拝借”と願い出て、困惑する屋敷の者から金銭を巻き上げる“狂言切腹”が横行していた。  ある日、名門・井伊家の前にも切腹を願い出る浪人が現われた。  男の名は津雲半四郎。対応する当主の家老・斎藤勘解由は、数ヶ月前にも同じようにして訪ねてきた千...... [続きを読む]

受信: 2012年3月27日 (火) 00時59分

» 「一命」  本当に大事なものは・・!?(*゚∀゚) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
一命観ましたよ~(◎´∀`)ノ 原題は「HARA-KIRI: Death of  [続きを読む]

受信: 2012年4月14日 (土) 00時02分

» 一命 [銀幕大帝α]
HARA-KIRI: Death of a Samurai/11年/日本/126分/時代劇ドラマ/劇場公開(2011/10/15) −監督− 三池崇史 過去監督作:『十三人の刺客』 −原作− 滝口康彦『異聞浪人記』 −音楽− 坂本龍一 −出演− ◆市川海老蔵…津雲半四郎 ◆瑛太…千々岩求女 過去出演作:『なくも...... [続きを読む]

受信: 2012年4月15日 (日) 02時04分

» 一命 [いやいやえん]
同じ原作を使ってるため、実質的に「切腹(1962年)」のリメイク作品になってると思う。…なのでどうしても比べてみてしまいますが、残念ながら「切腹」ほどのただならぬ緊張感や迫力をどうしても感じ取れなかった。 市川海老蔵さん主演。仲代達矢さんが演じた津雲半四郎を演じていますが、どうしても若さが前面に出てしまう。重苦しい中年のうらぶれた感がない。 津雲半四郎の話が進むにつれて、事の次第が明らかになっていく面白さは変わりませんが、画面から目が離せなかった「切腹」に比べ、重苦しい話ながらもどこか軽... [続きを読む]

受信: 2012年4月16日 (月) 09時50分

» 一命 [映画、言いたい放題!]
もう随分前に ある演出家から勧められて、 この映画の元になった「切腹」と言う映画を観ました。 当時、古い作品であるその映画はなかなか見つからず、 やっと見つけて観たのですが、 見ごたえがあり、内容にもショックを受けました。 そのリメイクであると聞いて これは是非... [続きを読む]

受信: 2012年5月 1日 (火) 03時44分

» 映画『一命』★ただ、春を待っていただけの命… [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
公式サイトです。 http://www.ichimei.jp/http://www.ichimei.jp/ 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/156557/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらをご覧ください。 映画レビュー(ネタバレ表示です) http://info.mov..... [続きを読む]

受信: 2015年3月20日 (金) 12時55分

« 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 豊かなるシーザーの表情 | トップページ | 「ランゴ」 個性あるカメレオン俳優 »