« 「電人ザボーガー」 B級テイストそのままリメイク | トップページ | 「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」 生まれながらのヒーロー »

2011年10月16日 (日)

本 「神様のカルテ」

この夏、櫻井翔さんと宮﨑あおいさん出演で映画化された「神様のカルテ」の原作を読みました。
ご存知の通り、本作は2010年の本屋大賞に輝いた作品です。
先に映画を観てしまっているので、どうしても比較になってしまいますが・・・。
小説のほうは、信州の青年医師栗原一止が日々の医療活動を通して出来事を、ひとつづつエピソードとして紹介しているような感じですね。
映画のほうはそれらを大きな流れとしてストーリー上に配置していて、その幹となっているのが一止の意志としての悩みであるのですよね。
ですので映画のほうが一止の苦悩のようなものが強く出されているような感じがしました。
またそんな一止を包み込むように支える妻ハルの存在も、映画のほうが大きいように思いました。
このあたりは主演の二人によるところも大きいかなと思います。
小説のほうは、どちらかというと苦悩というよりも、優しさというものを感じました。
一止自身もそうなんですけれど、患者である安曇さんの優しさであったり、男爵の学士さんへの優しさであったり。
小説は一止の一人称になっていますが、それも夏目漱石を意識した古風な言い回しですので、そのあたりも全体的に優しい印象を醸し出しているような気がします。
扱っている題材は人の生き死にではあるのですが、深刻さ辛さというよりも、もっとそれを越えた優しさというものを感じさせる作品でした。

映画「神様のカルテ」の記事はこちら→

「神様のカルテ」夏川草介著 小学館 文庫 ISBN978-4-09-4-8618

|

« 「電人ザボーガー」 B級テイストそのままリメイク | トップページ | 「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」 生まれながらのヒーロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/53002002

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「神様のカルテ」:

» 「神様のカルテ」/夏川草介 [京の昼寝〜♪]
「神様のカルテ」夏川草介(小学館) 夏川草介氏自身が現役の医師。2010年本屋大賞2位。現役の医師でもある夏川草介さんの2010年本屋大賞第2位に輝いた作品です。8/27から公開される『神様のカルテ』の原作。主人公・栗原一止がldquo;24時間36...... [続きを読む]

受信: 2011年10月17日 (月) 22時30分

» 夏川草介「神様のカルテ」 [お花と読書と散歩、映画も好き]
信州松本平信濃大学医学部を卒業松本市のやや下町深志神社の南にある本庄病院に勤務する5年目の内科医栗原一止(いちと)夏目漱石をこよなく愛し話し言葉もやや古風ちょっと風変わりな先生の病院奮闘記深志神社の南病院の正面玄関に「24時間、365日対応」とあるとくればこれ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月19日 (水) 19時01分

» 本「神様のカルテ」 [<花>の本と映画の感想]
神様のカルテ 夏川草介 小学館 2009年9月 神様のカルテ/夏川 草介 ¥1,260 Amazon.co.jp 神の手を持つ医者はいなくても、こ... [続きを読む]

受信: 2011年10月21日 (金) 22時34分

» 神様のカルテ (夏川 草介) [花ごよみ]
主人公は栗原一止という名の、 夏目漱石を敬愛する内科医。 信州の小さな病院で働いています。 この病院は慢性的な医師不足で、 専門以外の診療をすることも常態化、 そして激務ゆえいつも睡眠不足。 そんな日々を送る栗原に、 最先端の医療を学ぶことができる、 母校...... [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 10時52分

» 神様のカルテ [ろーれるの本(読書)ブログ]
神様のカルテ/夏川 草介 ¥1,260 Amazon.co.jp 帯より『神の手を持つ医者はいなくても、 この病院では奇蹟が起きる。  夏目漱石を敬愛し、ハルさんを愛する青年は、信州にある... [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 07時12分

» 本『神様のカルテ』夏川草介 [日々のつぶやき]
「古めかしい言葉遣いの栗原一止、地方の総合病院の内科医である。 医局に属さずこの病院で激務に追われている毎日。 大学病院からの誘いを受け迷う一止だが、カメラマンの妻、同じアパートの住民、患者やナースと触れ合う毎日の中で急がず自分らしく結論を出していく」... [続きを読む]

受信: 2011年10月25日 (火) 09時39分

» 神様のカルテ(夏川草介) [Bookworm]
初読み作家さん。以前からちょっと気になっていたんだけど、今回、「本屋大賞」にノミネートされたのを機会に手にとってみました。 [続きを読む]

受信: 2011年10月25日 (火) 12時29分

» 神様のカルテ 著者:夏川草介 小学館 [黒猫のうたた寝]
2011年に映画公開だそうです。主演は櫻井翔と宮崎あおい。内科医の栗原一止に櫻井くんか。山岳写真家の妻に宮崎あおい・・・いいとこ持ってきた感じ。夏目漱石の『草枕』を愛読書とし、信州の地方病院の内科医として、忙殺される日々。地方の医師不足は深刻で、うちの実家の... [続きを読む]

受信: 2011年10月27日 (木) 23時57分

» 神様のカルテ [どくしょ。るーむ。]
著者:夏川草介 出版:小学館 感想: 2010年度本屋大賞ノミネートで話題の『神様のカルテ』。 地域医療の現場を淡々とユーモラスに描いた癒し系のヒューマンドラマ。 一風変わっ ... [続きを読む]

受信: 2011年10月29日 (土) 01時41分

« 「電人ザボーガー」 B級テイストそのままリメイク | トップページ | 「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」 生まれながらのヒーロー »