« 「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」 生まれながらのヒーロー | トップページ | 本 「理性の限界 -不可能性・不確定性・不完全性-」 »

2011年10月16日 (日)

本 「謎解きはディナーのあとで」

たまたまですが、一つ前の本レビュー(「神様のカルテ」)に引き続き本屋大賞第1位の作品を読みました。
2冊続けて読んで解りましたけれど、本屋大賞って選ばれる傾向がありますね。
基本的に読みやすい本が選ばれるような気がします。
いつも本を読んでいるような読書マニアみたいな人向けというよりは、あまり普段小説などを読まない人向けと感じがしますね。
さらさらっと読みやすい。
あとは登場する人物のキャラクターがはっきりしていてわかりやすい感じがします。
あまり内面が複雑ではなく、読書慣れしていない人でもキャラがつかみやすいというような印象です。
本作も主要な登場人物はとてもキャラ立ちがはっきりしています。
主人公宝生麗子は大富豪の娘ではありますが、その素性を隠して刑事をしている超お嬢様。
それでもってそのお嬢様の執事兼運転手が影山という男で、推理力が抜群で麗子が持ち込む難事件もその話を聞いただけでいとも簡単に解いてしまう人物です(いわゆるアームチェア・ディテクティブってやつですね)。
影山は執事らしくとても慇懃なのですが、実はけっこうな毒舌家。
丁寧な口調でありながら、雇い主麗子に毒舌を浴びせます。
「この程度の真相がお判りにならないとは、お嬢様はアホでいらっしゃいますか」
「お嬢様の目は節穴でございますか」
こんな毒舌を吐いてから、事件の真相を解くというのが、パターンです。
事件そのものはそれほどミステリー的には難易度は高くないので、ミステリー小説というよりはさきほどの登場人物のキャラで読ませるタイプの作品ですね。
そういう意味ではとてもテレビドラマ的。
と思ったらテレビドラマ化ということで、今週から麗子を北川景子さん、影山を櫻井翔さんでオンエアだそうです。
櫻井翔さんの影山ははまりそうな気がします。
思えば「神様のカルテ」「謎解きはディナーのあとで」と連続で櫻井さん主演作品の原作を読んだことになるなぁ。

テレビドラマ「謎解きはディナーのあとで」の記事はこちら→

「謎解きはディナーのあとで」東川篤哉著 小学館 ソフトカバー ISBN978-4-09-386280-6

|

« 「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」 生まれながらのヒーロー | トップページ | 本 「理性の限界 -不可能性・不確定性・不完全性-」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/53008636

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「謎解きはディナーのあとで」:

» 「謎解きはディナーのあとで」/東川篤哉 [京の昼寝〜♪]
「謎解きはディナーのあとで」東川篤哉/小学館刊 前から読んでみたいと思っていたこの小説。読み始めて半ばを迎える頃、2011年の本屋大賞を受賞したちなみに2位以下は次のとおり。2位、「ふがいない僕は空を見た」窪美澄著(新潮社)3位、「ペンギン・ハイウ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月18日 (火) 08時13分

» 「謎解きはディナーのあとで」 東川篤哉 [映画と本の『たんぽぽ館』]
本格推理の王道でありつつ、たっぷり楽しめる 謎解きはディナーのあとで東川 篤哉小学館            * * * * * * * * この本、今書店の店頭をにぎわしていますね。 2011年本屋大賞受賞作。 このストーリーのヒロインは、刑事宝生麗子。 実...... [続きを読む]

受信: 2011年10月20日 (木) 20時02分

» 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』 [日々のつぶやき]
謎解きはディナーのあとで/東川 篤哉 ¥1,575 Amazon.co.jp やたらこの本流行っていますねー。 あちらこちらで感想のアップを目にするし(未読の作品は内容はスルーしていますが・・)気にはなっていたけれど、どうも私の好みっぽくないなーと避けていました。 で... [続きを読む]

受信: 2011年10月25日 (火) 10時51分

» 『謎解きはディナーのあとで』 東川篤哉 [【徒然なるままに・・・】]
単行本が出たばかりの頃に「面白そうだなあ」と思ったものの、良く知らない作家さんだし、「そのうち文庫本になるだろうからその時でいいや」とスルーしていたら、あれよあれよという間に版を重ね、TVドラマになっちゃったりの超話題作に! 口惜しいけれど、仕方ないので単行本買いましたよ。 それでもしばらく寝かせていたんですが(というか、結果的にそうなっちゃっただけですが)、うん、こりゃ面白いでないの。 主人公は若くて美人の新人刑事の宝生麗子。成金趣味で大手自動車メーカーの御曹司でもある上司の風祭警部からは... [続きを読む]

受信: 2012年1月 5日 (木) 21時46分

» 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』 [日々のつぶやき]
謎解きはディナーのあとで/東川 篤哉 ¥1,575 Amazon.co.jp やたらこの本流行っていますねー。 あちらこちらで感想のアップを目にするし(未読の作品は内容はスルーしていますが・・)気にはなっていたけれど、どうも私の好みっぽくないなーと避けていました。 で... [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 10時42分

» 『謎解きはディナーのあとで』/東川篤哉 ◎ [蒼のほとりで書に溺れ。]
よく行く本屋さんで、見ちゃったんですよ。本屋大賞の平積みの前で、あの映像を(CM?)。 中村佑介さんのイラストに執事・影山が超イケメンボイスで「失礼ながら、お嬢様の目は節穴でございますか」ときたら…キャ~!ってなっちゃうじゃないですか。 なんなのあの映像!素敵すぎる{%ハート1webry%}。 ええ、銀縁眼鏡の執事さんは大好物ですよ(*^^)v。 出来る男で、雇い主のお嬢様に対しても毒舌で、細身でハンサムな執事さんだったら、もうたまりませんなぁ(笑)。 そんな水無月・Rの好みバッ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 21時20分

» 謎解きはディナーのあとで [どくしょ。るーむ。]
著者:東川 篤哉 出版:小学館 感想: 話題の『謎解きはディナーのあとで』を読みました。 コミカルな連作短編集で、全部で6つの短編が収められています。 この作品の魅力は愛 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月 8日 (日) 23時20分

» 謎解きはディナーのあとで 東川篤哉 [苗坊の徒然日記]
謎解きはディナーのあとで著者:東川 篤哉小学館(2010-09-02)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る ミステリ界に新たなヒーロー誕生! 主人公は、国立署の新米警部である宝生麗子ですが、彼 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月 9日 (月) 09時44分

» 謎解きはディナーのあとで(東川篤哉) [Bookworm]
6つの連作短編ミステリ集。 [続きを読む]

受信: 2012年1月 9日 (月) 12時23分

» 東川篤哉 謎解きはディナーのあとで [マロンカフェ 〜のんびり読書〜]
「失礼ながら、お嬢様の目は節穴でございますか?」令嬢刑事と毒舌執事が難事件に挑戦。ユーモアたっぷりの本格ミステリ。 (「BOOK」データベースより)2011年本屋大賞受賞作。6つの短編による連作ミステリです。何がきっかけで売れだしたのかわかりませんが、昨年の秋〜年末あたりからどんどん重版がかかって、テレビCMも流れだし売れ筋街道まっしぐらになり本屋大賞を受賞。売れだした最初のきっかけは、やはり装丁の中村佑介さんの絵のせいかなと思うのですが、どうかな?私もこの方のイラストは好きでポストカードも入手。(... [続きを読む]

受信: 2012年1月10日 (火) 17時31分

« 「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」 生まれながらのヒーロー | トップページ | 本 「理性の限界 -不可能性・不確定性・不完全性-」 »