« 「DOG×POLICE 純白の絆」 定石通りの手堅い作り | トップページ | 「大魔神カノン」 高寺作品の集大成 »

2011年10月 8日 (土)

「スリーデイズ」 ドン・キホーテの見る世界

無実の罪で妻ララが殺人犯として逮捕されてしまった、大学教師ジョン(ラッセル・クロウ)。
妻の無実をジョンは信じますが、裁判でも判決は覆らず、ララは収監されてしまいます。
絶望の中で、ジョンはララを救い出すべく、脱獄計画を練り始めます。
しかし計画途中でララが別の刑務所に移送されることとなり、それは3日後であることがわかります。
タイムリミットはあと3日・・・。
このように映画の内容を書くと、タイムリミット・サスペンスだったり、完全犯罪ドラマであったりするように感じられますが、この記事では別の側面で見てみたいと思います(とはいっても後半脱獄計画を実施しはじめてからのハラハラ感は完全犯罪ドラマとしても見応えはあります)。
考えてみたいのは主人公ジョンの心理、そして彼がどのように世界を見ているかということです。
妻が逮捕されるまでは、幸せな家族であり、ジョンは良き夫、良き父親でした。
それが妻の逮捕により崩れてしまうのです。
けれどもジョンが妻を愛する気持ちはとても強く、周囲が何を言おうとも彼女を助け、救おうとします。
そして妻が罪を犯していないことについてみじんも疑いを持っていません。
しかし周囲の人びと、そして家族でさえも、しだいに妻の罪は「確定」したこととして扱おうとします。
それは当事者本人以外にとっては自分たちの日々の生活があるわけですから、裁判などのある種の判断がされた場合はそれを事実として認識して生活を送るということは致し方ないことではあるのです。
けれどもジョンにとっては妻の無実が真実であるわけです。
ここでジョンが見ている世界と、ジョン以外の人物が見ている世界がずれてくるのです。
ジョンは大学で教えている教科は文学であり、ちょっとだけ彼の講義シーンがありますが、ここで取り扱っている作品が「ドン・キホーテ」であったのです。
これは意味があって、ご存知の通りドン・キホーテは風車に竜の姿を見て戦いを挑むという場面があります。
普通の人間がそこに風車を見るにも関わらず、ドン・キホーテは別の世界(自分の妄想)を重ねて見たわけです。
このドン・キホーテの姿がジョンに重なるわけです。
このようにジョンが異なる世界を見ていると気づいていたのは、彼の父親だけで彼が言った言葉として「あいつは異世界に生きている」というセリフがあげられます。
ただし、真実を見ているのはジョンであり、他の人は確定したと認識される事実を見ているというのが、ドン・キホーテとは逆ですが。
けれども真実を見ている=正しいというわけではないということがこの作品からはわかります。
さきほども書いたように「正しさ」というのは「多くの人にそれが事実であると認識される」ということによるのです。
それが真実であるかどうかは実は関係なく、多くの人の間でコンセンサスが得られてしまえばそれが「正しい」ということになってしまうのです。
そのずれがジョンと他の人びとの間で見る世界の差になっているわけです。
このずれは皮肉なことにジョンとララの間でも生じるのです。
ララは長い収監生活の中で、自分が罪を犯していないと知りつつも(当然本人だからそうなのですが)、ある種受け入れるようにもなっています。
これは実際冤罪を受けた人もそういう心理になるということも聞きます。
ですからジョンが脱獄を幇助するため刑務所にきた時、ララは拒否反応を起こします。
ジョンが救い出しにきてくれて嬉しいというのではなく、拒否をするのです。
それはララがようやく受け入れた世界認識(たとえ真実とは違っていたとしても)を、ジョンがひっくり返そうとしようとしたことに対する危機感であると思います。
さらに逃走途中で、ジョンにとり妻を救い出すということ自体が目的化してしまっている(ほんとうにララを救い出したいという気持ちからジョン自身も気づかずに乖離し始めている)ことに気づき、突発的に車から身を投げようとするのです。
ジョンとララが見ている世界が決定的に異なってしまっているのがわかる場面でした(このシーンはけっこう印象深く好き)。
彼らは子供とともに首尾よく逃走することができますが、おそらくいずれ彼ら夫婦の間には破局が来るような気がしてなりません。
ララはジョンの見ているある種偏執狂的な世界に違和感を感じていますが、それは子供への愛情ということでかろうじてつながっている状態であるかと思います。
おそらくララの愛情はジョンではなく、息子に向かっていくでしょう。
そのようなララに対し、妻に対する愛情の深いジョンは思いの通じなさを感じてしまうような気がします。
ジョンが見る世界、ララが見る世界はどこかで決定的にずれてしまった。
それは元には戻らないのではないかと。
よく考えれば、自分が見ている世界と人が見ている世界が同一なんていうのも幻想だったりするわけですよね。
普段生活しているときはそこにずれがないことを前提に生きています。
けれども時折、自分の思いと人の思いが微妙に食い違うことに違和感を感じることもあるわけです。
根本的に人は同じものを見ているようで、自分が見たいように見ているということを認識させられた作品でした。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「DOG×POLICE 純白の絆」 定石通りの手堅い作り | トップページ | 「大魔神カノン」 高寺作品の集大成 »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

ジョンはあまりに信じすぎてしまったということなのかもしれません。
妻が無実であることは事実、ただ誰もわかってくれない。
だったら自分の力だけで無実の妻を救い出す。
そうすべきだ、どんな手段を使っても・・・。
たぶんジョンはどこかで箍が外れてしまったような気がします。
無事に妻を助け出したジョンですが、いずれふたりは別れててしまうのではないかと思いました。

投稿: はらやん | 2011年12月 4日 (日) 21時23分

妻をどこまでも信じる!!に尽きた話でしたね。
夫が妻を助けに来た時に拒否反応を起こすと言うあたりの解釈はあたしはちょっと違ってて、こうやって助けに来るんじゃなくて、あくまでも正攻法に来てほしかった。。。
自分を絶対に信じているなら、正当に活動をして、堂々と自分を助け出してほしかったと思っていたのでは・・と思いました。
その方法が見つからないから、イリーガルになってしまいましたが、妻は自分は無罪なんだというプライドがあるから、生きていける。それを結果的には夫の行動が台無しにしてしまってるのでは・・と感じました。

投稿: sakurai | 2011年12月 4日 (日) 12時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/52934511

この記事へのトラックバック一覧です: 「スリーデイズ」 ドン・キホーテの見る世界:

» スリーデイズ [LOVE Cinemas 調布]
2008年に公開されたフランス映画『すべて彼女のために』を『告発のとき』のポール・ハギス監督がリメイク。無実の罪で投獄された妻を救うために奔走する夫。しかし無常にも万策尽き、追い詰められた夫は妻を脱獄させることにする。主演は『ロビン・フッド』のラッセル・クロウ。共演に『ブッシュ』のエリザベス・バンクス、『96時間』のリーアム・ニーソン。緊迫の逃走劇が今始まる!... [続きを読む]

受信: 2011年10月 8日 (土) 00時23分

» スリーデイズ [ダイターンクラッシュ!!]
2011年10月2日(日) 18:00~ TOHOシネマズららぽーと横浜6 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『スリーデイズ』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。16本目。 「すべて彼女のために」のリメイク。監督がポール・ハギスとなり、脚本にもポール・ハギスの名。 オリジナルの細かいところは、良く覚えてないのだが、出だしや脱獄者へのインタビュー、パスポート入手の件、金の強奪、女房奪還は、オリジナル通りでないか。 で、オリジナルと比較すると尺が長くなっているので... [続きを読む]

受信: 2011年10月 8日 (土) 12時24分

» 脱獄させるために、 [笑う学生の生活]
30日のこと、映画「スリーデイズ」を鑑賞しました。 妻が殺人容疑で捕まり 刑も確定してしまう そこで 夫のジョンは妻を脱獄させようと決意する 脱獄モノとはいえ そこにいたるまでを じっくり見せていきますね リアリティがあり それぞれの苦悩、ドラマもあり まぁ、...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 8日 (土) 22時37分

» スリーデイズ [はるみのひとり言]
先日一足早く試写会で見て来ましたスリーデイズはこの前見た「この愛のために撃て」のフレッド・カヴァイエ監督のデビュー作「すべて彼女のために」のリメイクで、映画を見る前に原作を見ておきたいなと思ってたんですが、いきなり試写会に誘って頂いたので見ずじまいで・...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 8日 (土) 23時00分

» スリーデイズ / THE NEXT THREE DAYS [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてねlarr;please click ポール・ハギス監督, 脚本作じゃなかったら主演も興味なかったからスルーしてたかも。 試写にて鑑賞 ポール・ハギスと言えば、イーストウッド監督の「ミリオンダラー・ベイビー」、「父親たちの星条旗」、 男の...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 8日 (土) 23時14分

» 映画:The Next Three Days(日本未公開) ハリウッド版リメイクの出来は? [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
フランス映画「すべて彼女のために」のハリウッドリメイク版だそう。 ただこちらは凄い豪華バージョン。 まず監督が、脚本の実績も多い監督 ポール・ハギス(クラッシュ他) そして、主演はラッセル・クロウ。 無実の罪で有罪→刑務所に入った妻を救う方法は「脱獄」し...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 06時42分

» スリーデイズ [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Ost: the Next Three Days平凡な小市民が練り上げた脱獄計画は、生活のすべてを犠牲にする覚悟があってこそ。切実で孤独な戦いが胸に迫るが、主演のラッセル・クロウはミスキャスト。大学 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 09時28分

» 『スリーデイズ』 ('11初鑑賞130・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 9月24日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 12:10の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 10時05分

» 『スリーデイズ』 [ラムの大通り]
(原題:The Next Three Days) ----これって、フランス映画『すべて彼女のために』のリメイクだよね。 「そう。 前作も緊迫感に溢れていてオモシロかったけど、 これもなかなか。 最初はランニングタイムが134分と聞いて、 正直、ビビっちゃったんだけどね。 なにせ、...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 15時08分

» スリーデイズ/ラッセル・クロウ、エリザベス・バンクス [カノンな日々]
他に『4デイズ』と『5デイズ』という別作品がほぼ同じ時期に日本で公開されるんですよね?これってたまたまの偶然なんですか?この映画は2008年のフランス映画『すべては彼女のため ... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 21時16分

» スリ―デイズ(2010)◆◇THE NEXT THREE DAYS [銅版画制作の日々]
MOVX京都にて鑑賞。 評価:rarr;70点  2008年に公開されたフランスのスリラー映画『すべて彼女のために』を、「クラッシュ」「告発のとき」のポール・ハギス監督がリメイク。主演は「ロビンフッド」のラッセル・クロウ。 リ―アム・ニ―ソンも出ているとい...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 21時17分

» 『スリーデイズ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「スリーデイズ」 □監督 ポール・ハギス □オリジナル脚本 フレッド・カバイエ、ギョーム・ルマン □脚本 ポール・ハギス □キャスト ラッセル・クロウ、エリザベス・バンクス、ブライアン・デネヒー、       タイ・シンプキンス、...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 22時22分

» スリーデイズ [新・映画鑑賞★日記・・・]
【THE NEXT THREE DAYS】 2011/09/23公開 アメリカ 134分監督:ポール・ハギス出演:ラッセル・クロウ、エリザベス・バンクス、ブライアン・デネヒー、レニー・ジェームズ、オリヴィア・ワイルド、タイ・シンプキンス、ヘレン・ケアリー、リーアム・ニーソン フレッド...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 22時41分

» 映画 「スリーデイズ」 [ようこそMr.G]
映画 「スリーデイズ」 [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 12時32分

» 『スリーデイズ』 [・*・ etoile ・*・]
'11.09.12 『スリーデイズ』(試写会)@よみうりホール yaplogで当選。いつもありがとうございます! 風邪気味で行けるか心配だったので1人で行く予定だった。朝、偶然migちゃんも同じ試写会ということが判明! 一緒に見てきた。 *ネタバレありです! 「ピッツバーグで大学教授をしているジョン。美しい妻ララと息子ルークと幸せな家庭を築いていた。ある日、突然ララが殺人容疑で逮捕されてしまう。彼女の無実を信じるが、証拠は不利なものばかり。ジョンは妻を取り戻すべくある計画を立てる。彼に与え... [続きを読む]

受信: 2011年10月11日 (火) 02時50分

» スリーデイズ [映画的・絵画的・音楽的]
 『スリーデイズ』(The Next Three Days)を吉祥寺のバウスシアターで見ました。 (1)この映画のオリジナルのフランス映画『すべて彼女のために』を昨年の3月に見たことがあって、リメイク版を見ても仕方がないのではと思っていましたが、やはりラッセル・クロウの主演...... [続きを読む]

受信: 2011年10月12日 (水) 05時31分

» スリーデイズ [I am invincible !]
3年前のある朝。 ピッツバーグに住むブレナン家に突然踏み込んで来た警察に、ララ(エリザベス・バンクス)が殺人容疑で逮捕された。 制止しようとする夫ジョン(ラッセル・クロウ)。 幼い息子ルークは、キッチンのテーブルで泣きじゃくっていた。... [続きを読む]

受信: 2011年10月16日 (日) 15時53分

» 映画『スリーデイズ』(お薦め度★★★★) [erabu]
監督・脚本、製作、ポール=ハギス。2010年米。クライムサスペンス映画。出演、ラ [続きを読む]

受信: 2011年10月16日 (日) 18時26分

» ■映画『スリーデイズ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
ハリウッドの暴れ馬(と私が常々思っている)ラッセル・クロウが、名匠ポール・ハギス監督とタッグを組んだ静かなクライム・ムービー『スリーデイズ』。 暴れ馬ではあっても、やはり確かな技術を持った名優であるラッセル・クロウは、本作で妻を愛し、妻のためなら犯罪も辞さな... [続きを読む]

受信: 2011年10月18日 (火) 09時01分

» スリーデイズ [象のロケット]
ペンシルバニア州ピッツバーグ。 地元コミュニティカレッジ(2年生大学)の教授ジョンが朝食を摂っている最中、突然妻ララが上司を殺害した容疑で警察に逮捕されてしまう。 あらゆる証拠がララに不利となり、控訴も救済条例も棄却された。 絶望するララを救えるのは自分しかいないと悟ったジョンは、7回の脱獄経験を書いた著書もある男デイモンから脱獄指南を受けるのだが…。 タイムリミット・サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 19時04分

» 【映画】スリーデイズ [★紅茶屋ロンド★]
<スリーデイズ を観て来ました> 原題:The Next Three Days 制作:2010年アメリカ 久しぶりの試写会!ヤプログさんありがとうございます。 最近は子猫が家で待ってるかと思うと直帰だったから、久しぶりに夜映画だったなぁ。 これって、2007年のフランス映画「すべて彼女のために」のリメイクだったのですね。全く知りませんでした。 主演がラッセル・クロウだという事しか知らなかったな。 でも、あまり映画を観る際、予備知識はないほうが結構楽しめる確立が高いので、あえて知らないで見... [続きを読む]

受信: 2011年10月25日 (火) 08時24分

» 映画「スリーデイズ」その覚悟はあるか [soramove]
「スリーデイズ」★★★★ラッセル・クロウ、エリザベス・バンクス、 ブライアン・デネヒーレニー・ジェームズ、 オリヴィア・ワイルド、タイ・シンプキンス、 ヘレン・ケアリー、リーアム・ニーソン主演 ポール・ハギス監督 134分、2011年9月23日公開 2010,アメリカ,ギャガ (原作:原題:THE NEXT THREE DAYS ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★... [続きを読む]

受信: 2011年10月26日 (水) 16時18分

» スリーデイズ [こんな映画見ました〜]
『スリーデイズ』---THE NEXT THREE DAYS---2010年(アメリカ)監督:ポール・ハギス出演:ラッセル・クロウ、エリザベス・バンクス 、ブライアン・デネヒー、レニー・ジェームズ、リーアム・ニーソン  フレッド・カヴァイエ監督による2008年のフランス映画「す...... [続きを読む]

受信: 2011年10月27日 (木) 22時38分

» 映画:スリーデイズ [よしなしごと]
 無実の者が有罪になり捕まってしまい、それを脱獄させるって、どこかで聞いたことのあるストーリーですね。プリズン・ブレイクの兄妹ではなく夫婦バージョン?そんな感じの作品。スリーデイズを見てきました。  ちなみに原作ラスト3デイズ ~すべて彼女のために~のリメイクなんですね。... [続きを読む]

受信: 2011年11月17日 (木) 01時30分

» 劇場鑑賞「スリーデイズ」 [日々“是”精進! ver.A]
全ては、人生を取り戻すために・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111220001/ The Next Three Days posted with amazlet at 11.11.17 ダニー・エルフマン (Danny Elfman) Silva/Rambling (2011-02-25)... [続きを読む]

受信: 2011年11月22日 (火) 16時12分

» スリーデイズ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
無実の罪で投獄された妻を救うため、命懸けの脱獄計画に挑む男の姿を描く「告発のとき」のポール・ハギス監督作。出演は「ロビン・フッド」のラッセル・クロウ、「やさしい嘘と贈 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月22日 (火) 18時41分

» スリーデイズ [食はすべての源なり。]
スリーデイズ ★★★★☆(★4つ) 無実の罪で収監された妻を脱獄させる。完全犯罪のタイムリミットは3日間。 これ、面白かったです久しぶりに期待以上の作品だった 長い(134分)んだけど、最後が気になって、気になって(隣の女の子は「眠かった」とか言ってたけど) 完全犯罪・・・、ではない!けどそこが良いところ。 想像してた脱獄映画とは違って、人間の心理描写がよかったです。 脱獄を決意させる出来事、色々なものを捨てる決意、そして決断の時。 主人公に脱獄のイロハを教えるリーアム・ニーソンの存在... [続きを読む]

受信: 2011年11月23日 (水) 22時33分

» スリーデイズ [迷宮映画館]
ラッセル・クロウじゃ強すぎるかも [続きを読む]

受信: 2011年12月 4日 (日) 12時24分

» 逃げ切れるのか。「スリーデイズ」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
[続きを読む]

受信: 2011年12月 9日 (金) 01時08分

» 11-294「スリーデイズ」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
理性が人の心を壊す   愛する妻子と共に幸せな毎日を送る大学教授のジョン・ブレナン。  ところがある日、家に押しかけてきた警察によって妻ララが逮捕されてしまう。容疑は殺人。妻の無実を信じて奔走するジョンだったが、3年後ついに裁判で有罪が確定してしまう。  絶望したララは自殺未遂を図り、それを目の当たりにしたジョンは、最後の手段“脱獄”を決意しする。  そして、脱獄のスペシャリスト、デイモンに教えを請い、全てを懸けた綿密な脱獄計画を練り上げていくのだが。(「allcinema」より)...... [続きを読む]

受信: 2011年12月17日 (土) 11時05分

» 「スリーデイズ」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The Next Three Days」...aka「Les trois prochains jours」 2010 USA/フランス ジョンに「ロビン・フッド/2010」のラッセル・クロウ。 ジョンの妻ララに「幸せのセラピー/2007」「ブッシュ/2008」「やさしい嘘と贈り物/2008」のエリザベス・バンクス。 ジョンの父親ジョージに「コクーン/1985」「ボーダー/2008」のブライアン・デネヒー。 デイモンに「プルートで朝食を/2005」「96時間/2008」「クロエ/2009... [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 22時35分

» スリーデイズ [銀幕大帝α]
THE NEXT THREE DAYS/10年/米/134分/犯罪サスペンス・ドラマ/劇場公開 監督 ◆ポール・ハギス 製作 ◆ポール・ハギス 脚本 ◆ポール・ハギス 出演 ◆ラッセル・クロウ…ジョン・ブレナン 過去出演作:『ロビン・フッド』 ◆エリザベス・バンクス…ララ・ブレナン 過去...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 2日 (金) 23時38分

» スリーデイズ [いやいやえん]
ラッセル・クロウ、エリザベス・バンクスさん主演。 オリジナル「ラスト3デイズ~すべて彼女のために~」が素晴らしかっただけに、リメイクはどうかなと思ってたのですが、ヴァンサン・ランドンさんの哀しみを湛えた瞳と決意を秘めた眼差しが、ラッセル・クロウさんの悲しみを堪えて危険に臨んだ姿になってたのは、ちょっと違うかなと。 あとどうしても先入観で「普通の教師」に見えないんですよね〜^;オリジナルの出来がいいだけに、それになぞらえて作られればどうしたって出来はよくなるのだけれど、これ、テンポが凄く悪... [続きを読む]

受信: 2012年3月 3日 (土) 08時51分

» スリーデイズ [A Day In The Life]
新作DVDで観賞 解説 無実の罪で投獄された妻を救うため決死の行動に出た男の姿を描く 『すべて彼女のために』を、『クラッシュ』『告発のとき』のポー ル・ハギス監督がリメイクしたサスペンス・アクション。 愛する妻と幸せだった家族を取り戻すため、命懸けの脱獄計... [続きを読む]

受信: 2012年3月 6日 (火) 23時38分

» 映画「3デイズ」批評 愛妻家必見( ̄ー  ̄) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
3デイズ観ましたよ~(◎´∀`)ノ フランスのラスト3デイズ ~すべて彼女のため [続きを読む]

受信: 2012年3月15日 (木) 00時02分

» 映画「3デイズ」批評 愛妻家必見( ̄ー  ̄) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
3デイズ観ましたよ~(◎´∀`)ノ フランスのラスト3デイズ ~すべて彼女のため [続きを読む]

受信: 2012年3月23日 (金) 16時35分

» スリーデイズ (The Next Three Days) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ポール・ハギス 主演 ラッセル・クロウ 2010年 アメリカ/フランス映画 133分 サスペンス 採点★★★ リメイク物ってのを一本の作品として客観的に評価するのって、なかなかに難しいもんですよねぇ。オリジナルを知らないってならまだしも、なまじ好きな作品…... [続きを読む]

受信: 2012年3月27日 (火) 09時34分

» 映画「スリーデイズ」感想(DVD観賞) [タナウツネット雑記ブログ]
映画「スリーデイズ」をレンタルDVDで観賞しました。 日本では2011年9月に劇場公開されたアメリカ映画で、2008年公開のフランス映画「すべて彼女のために」のハリウッド版リメイク作品です。 どこにでもいる、ごく普通の両親と息子の3人家族であるブレナン一家。 いつものように朝の食事をとっていたブレナ... [続きを読む]

受信: 2012年7月18日 (水) 07時39分

» 【映画】スリーデイズ…3も5も多分悪く無いんだけど4は恐らく有罪 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
ノエル・ギャラガーはネゴシックスに似ていると思うピロEKです 本日、2012年10月6日(土曜日)から、どうも世間では三連休らしいのですが、私は違うようです まぁ連休になっても、どうせ寝てるだけだから良いけどね 以下は映画観賞記録です。 「スリーデイズ」 ...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 6日 (土) 01時19分

» スリーデイズ [ただの映画好き日記]
愛する妻子とともに、幸せな毎日を過ごしていた大学教授のジョン。しかしある朝、彼の家に警察が侵入、殺人の容疑で妻のララは逮捕されてしまう。 [続きを読む]

受信: 2012年12月30日 (日) 17時14分

» スリーデイズ : ”信じ抜くこと”の素晴らしさ [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 女子柔道の暴力問題で、吉村強化担当理事がやっとこさ辞任しました。こんな信用できない人間が強化部門のTOPでは、オリンピックで散々な結果となるのは当たり前ですよね。こ [続きを読む]

受信: 2013年2月 5日 (火) 21時08分

» スリーデイズ 【映画】 [Balkan's Memorandum]
THE NEXT THREE DAYS 2010年 アメリカ ポール・ハギス(監督・脚本) ラッセル・クロウ、エリザベス・バンクス、ブライアン・デネヒー、レニー・ジェイムズ、オリビア・ワイルド、タイ・シンプキンス、リーアム・ニーソン他... [続きを読む]

受信: 2013年6月24日 (月) 05時21分

» スリーデイズ [ごみつ通信]
2010年/アメリカ (監)ポール・ハギス(演)ラッセル・クロウ エリザベス・バ [続きを読む]

受信: 2013年6月25日 (火) 00時20分

» 「スリーデイズ」 [prisoners BLOG]
脱獄計画を練るのに経費の計算を重ねる脱獄ものというのも珍しい。 計画の実行にも逃亡先の生活にも先立つものがとうぜん必要で、金をどうやって調達するか、それが間に合うのかという妙なリアリティが監督・脚本のポール・ハギスらしいといえばらしい。オリジナルのフラ...... [続きを読む]

受信: 2013年10月20日 (日) 10時54分

» 映画『スリーデイズ』★無実の罪なんて(_)……〜雑感です。 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
公式サイトです。 http://threedays.gaga.ne.jp/ 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/156840/ 『すべて彼女のために』のリメイクだそうですが、ハギス監督の脚本やカメラワークが良くて オリジナルより面白いという人もあって、鑑賞。 無実の罪で、受刑中の妻の再審請求が..... [続きを読む]

受信: 2013年10月20日 (日) 12時31分

« 「DOG×POLICE 純白の絆」 定石通りの手堅い作り | トップページ | 「大魔神カノン」 高寺作品の集大成 »