« 本 「リトル・ピープルの時代」 | トップページ | 「ツレがうつになりまして。」 病気になってわかること »

2011年10月 8日 (土)

「とある飛空士への追憶」 ファンタジー版「ローマの休日」

神聖レヴァーム皇国、帝政天ツ上という東西の大国が対立する世界。
傭兵である飛空士シャルルは、神聖レヴァーム皇国の次期皇妃となるファナを王都へ送り届ける役目を命じられました。
ファナがいるサン・マルティリアは王都まで飛空機(この物語に登場する飛行機)でも3日ほどかかる距離ですが、シャルルが駆る飛空機は高性能であるものの兵装は機銃一門のみで、王都まで行くにはそれで敵中突破をしなくてはいけないという過酷な任務です。
3日という旅路の中で、ファナとシャルルは身分を越えて互いに惹かれあっていきます。

パンフレットを見ていたら本作の脚本を担当している奥寺佐渡子さんがこの作品を「ファンタジー版『ローマの休日』」目指して作ったとおっしゃっていました。
これを読んでなるほどな、と。
次期皇妃と、一介の飛空士の恋、まさに「ローマの休日」ですね。
「ローマの休日」も主人公は王女でしたから、本作のファナについて見てみましょう。
ファナは貴族であり、その美しさで皇国の王子に見初められ、プロポーズを受けました。
冒頭のそのシーンではファナは美しいのですが、表情に乏しく、親の命令に従順に従う女性のように見えました。
けれどもシャルルとの命をかけた旅の中で、明らかにファナは変わっていきます。
というよりも元のファナに戻っていったと言ったほうがいいでしょう。
実はシャルルとファナは幼い頃に会っており、シャルルの回想シーンにあるファナは快活でかつ慈悲深い少女でした。
おそらく親の厳しい躾により、ファナは従順な女性として生きていかなくてはいけなくなったのでしょう。
彼女にはそうあるべきであるという諦めのようなものがあったのかもしれません。
女は自ら決断し行動するものではなく、そのように生きるものなのだと。
しかしシャルルとのまさに命懸けの敵中突破の中で、ファナは目の良さを活かし敵機をいち早く発見するという才能を発揮します。
彼女にとって誰かのために「役に立つ」ということを初めて感じたときではなかったのではないでしょうか。
またファナは本心から自分を命懸けで守るという意志を持ったシャルルの心にも触れます。
「二人でなら敵中突破もできるはずだ」とシャルルは言います。
ファナの目、シャルルの腕でかろうじて二人は敵の包囲を破っていきます。
この誰かと「共に」何かを成し遂げるという体験も彼女にとって初めてであったのだろうと思います。
もともとは慈悲深い心を持ち、快活であった女性です。
彼女の本当の魂がこの旅の中で再び甦ってきたのです。
このような体験のあと、シャルルが負傷したとき、おそらくファナは自分がシャルルに惹かれているという心を自覚します。
そこから彼女は大きく変化します(髪を切った時ですね)。
彼女は今までは感じたこと思ったことを口に出すということはしなかったのでしょう。
しかし、髪を切ったあとのファナは思いを口にし、行動します(このあたり画の表現も上手で、特にファナの目力が明らかに変わって見える)。
ファナとシャルルは3日間の敵中突破後はやはりそもそもの身分としているべき場所に別れていきます(このあたりもまさに「ローマの休日)。
しかしこの旅の中で甦ったファナの凛として慈悲深い本質は、その後の二国間の争いを終わらすために大きな役割を担うということが最後に語られます。
そのような王妃を誕生させたのも「とある飛空士」との出会いであったわけですね。

この物語、ファナが両国を平和に導き、その後老いて孫に自分の若い頃の思い出話を聞かせているというような感じがしますね。
「おばあちゃんはね、とある飛空士さんと旅をしてね・・・」

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「リトル・ピープルの時代」 | トップページ | 「ツレがうつになりまして。」 病気になってわかること »

コメント

原作はあんなもんじゃありません。
映画はカットの嵐です。
世界観説明、作戦に至る経緯、天ツ上に対するレヴァームの人種差別、シャルルとファナの人格の背景、二人の心理描写、作戦を本気で妨害する帝政天ツ上海軍の追尾(戦闘シーン)、千々石との一騎討ちに至るまでの戦闘の推移、島でのエピソード、そしてタイトルの意味そのものである「終章」。
これらが全てカットされているか、あるいはかなり簡略化されています。
特に終章なんかは完全カットですね。
シャルルの母のエピソードも改編されていますし、作戦日程も2日ほど短縮去れています。
ハーフで傭兵、そんな信用できない立場のシャルルが何故作戦に選ばれたのかの説明もありません。

とにかく描写が不足しています。
是非とも原作、そしてシリーズの「とある飛空士への恋歌」「とある飛空士への夜想曲」も読んでください。


投稿: | 2011年11月 2日 (水) 13時36分

NAOさん、こんばんは!

実写だとその俳優さんの目力で演技ができてしまいますが、アニメはそれすらも描き上げなくてはいけないですからね。
そのあたりの計算はしっかりできていた作画でした。
NAOさんはシャルル視点でしたか〜。
僕はファナ視点でした。
まるで逆ですね(笑)。

投稿: はらやん | 2011年10月11日 (火) 22時27分

こんばんは~、はらやんさん♪

先日は、TBありがとうございました。
まさにファンタジー版「ローマの休日」でしたねheart03

>もともとは慈悲深い心を持ち、快活であった女性です

そうなんですよね。回想シーンを観てる限りでは
本来は、明るく意志を持った女の子だったと思います。
シャルルと出会うことによって、再びよみがえった感じに
なるのですが、あそこまで変わるか?というぐらいの変わりようには少々驚き^^;

>特にファナの目力が

そうそう!目の描き方が激変してるので、あそこまで変わるとまるで別人です^^;
個人的には、シャルルのキャラがすごく良かったです♪
彼視点で常に観てしまいましたheart02

投稿: NAO | 2011年10月10日 (月) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/52941799

この記事へのトラックバック一覧です: 「とある飛空士への追憶」 ファンタジー版「ローマの休日」:

» とある飛空士への追憶 [LOVE Cinemas 調布]
ラジオドラマ化や漫画化もされた犬村小六の同名長編小説を映画化。2つの大国が戦争を繰り広げる中、一方の皇子の婚約者をとある傭兵飛空士が皇子の本国まで送り届ける道中を描いた物語だ。『時をかける少女』、『サマーウォーズ』の奥寺佐渡子が脚本、同じくアニメ制作をマッドハウスが担当した。主人公狩乃シャルルの声を神木隆之介が、皇子の婚約者ファナの声を竹富聖花が務める。... [続きを読む]

受信: 2011年10月 8日 (土) 22時30分

» 劇場鑑賞「とある飛空士への追憶」 [日々“是”精進! ver.A]
青空が、見たくなった・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110040001/ とある飛空士への追憶 1000ピース とある飛空士への追憶 1000-179 posted with amazlet at 11.09.27 エンスカイ (2011-09-24) Ama... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 06時37分

» とある飛空士への追憶/神木隆之介 [カノンな日々]
犬村小六さんの同名小説を日本が誇るアニメスタジオのマッドハウスが宍戸淳監督にて映画化した作品です。マッドハウス作品というだけでも楽しみなんですが、脚本は『時をかける少 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 09時06分

» 「とある飛空士への追憶」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 犬村小六原作のライトノベルを、「彩雲国物語」の宍戸淳監督、神木隆之介主演でアニメ映画化。  一国の未来を担う姫君と、彼女を敵軍の防衛網をかいくぐり、皇国まで送り届ける極秘任務を与えられた貧民階級出身の飛空士との、身分を越えて心通わせていく様子を描く。... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 09時58分

» 釣られて残念。【映画】とある飛空士への追憶 [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】とある飛空士への追憶 犬村小六の長編小説をアニメ映画化。 アニメーション制作はマッドハウス。 【あらすじ】 中央海という海を挟み、神聖レヴァーム皇国と帝政天ツ上の両国は、常に激しい戦闘を展開していた。そんな中、レヴァーム皇国の飛空士シャルルは、次... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 15時29分

» とある飛行士への追憶 [象のロケット]
二国間戦争のさなか、一等飛空士・狩乃シャルルは類まれな操縦技術をみこまれ、次期皇妃ファナ・デル・モラルを婚約者カルロ皇子のもとに水上偵察機で送り届ける極秘任務を命じられた。 それは護衛を付けず一機で敵中を突破する危険な任務。 次々と襲ってくる敵空中艦隊と戦闘機を超絶テクニックでしりぞけるシャルルとファナは、次第にひかれあっていくのだが…。 アニメーション。... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 19時45分

» 「とある飛空士への追憶 」みた。 [たいむのひとりごと]
初日に勇んでいくほどの作品ではないとは思っていたのだけど、映画の日だし、マッドハウスだし、奥寺脚本だし、と観に行った次第。原作は未読。でもガガガ文庫のライトノベルと知って納得。同じく飛行機乗りの話を映... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 21時59分

» とある飛空士への追憶 [ダイターンクラッシュ!!]
2011年10月9日(日) 16:55~ TOHOシネマズ川崎6 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『とある飛空士への追憶』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。20本目。 「サマーウォーズ」など傑作の多いマッドハウスのアニメ。 架空の世界での階級制度のある国と日本のような国との戦争。日本みたいな国が有利に戦局を進めている状況。王子の婚約者のお嬢様を、包囲網を掻い潜って王子の元へ連れて行く命令を受けた最下層の青年飛行士。 細かい説明も無く物語りは進むのだが、観てい... [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 12時31分

» 「とある飛空士への追憶」 [NAOのピアノレッスン日記]
〜そこに 自由はあるか〜2011年  日本映画   PG-12指定 (11.10.1公開)配給:東京テアトル              上映時間:99分監督:宍戸淳原作:犬村小六   『とある飛空士への追憶』 (小学館、ガガガ文庫)制作:トムス・エンターテメント...... [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 22時08分

» 「とある飛空士への追憶」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2011年・日本/配給: 東京テアトル 監督: 宍戸淳 原作: 犬村小六 脚本: 奥寺佐渡子 アニメーション制作: マッドハウス 原作が発表されるや、評判を呼んでラジオドラマや漫画にもなった犬村小六原... [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 22時26分

» とある飛空士への追憶 [そーれりぽーと]
なんとなく『時かけ』と『サマーウォーズ』と同じスタジオの映画で画風が似てるのと脚本家が同じってとこに惹かれて『とある飛空士への追憶』を観てきました。 ★ あの2作はやっぱ細田守監督の作品だったから面白かったんだと結論。 映像の技術は凄いんよ、特に空中戦の...... [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 23時30分

» 『とある飛空士への追憶』 [beatitude]
 二国間戦争のさなか、名もなき飛空士・狩乃シャルル(声:神木隆之介)は類まれな操縦技術を見込まれ、次期皇妃ファナ・デル・モラル(声:竹富聖花)をその婚約者カルロ皇子(声:小野大輔)のもとに水上偵察機で送り届ける極秘任務を命じられる。護衛を付けず一機で敵中を突...... [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 23時31分

» とある飛空士への追憶 [だらだら無気力ブログ!]
震電もどきとの空戦は見応えあった。 [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 23時55分

» とある飛空士への追憶☆独り言 [黒猫のうたた寝]
つい最近、予告で観ての印象は観たい♪っという感覚。第一印象で決めましたってことでの鑑賞です。マッドハウスのアニメは最近自分の中ではヒットしているのも背中押してくれたんですけどね(笑)未来の皇妃と一介の飛空士の数日の空の旅・・・何も知らなかった少女は一緒に苦難... [続きを読む]

受信: 2011年10月11日 (火) 21時09分

» とある飛空士への追憶 [ ★the tip of the iceberg★]
http://www.hikuushi-tsuioku.com/top.phpうわ~。私の大好きな、貸切。♪♪♪ [続きを読む]

受信: 2011年10月15日 (土) 14時14分

» イマドキ問う「ローマの休日」〜「とある飛空士への追憶」〜 [ペパーミントの魔術師]
マッドハウス、「サマーウォーズ」と単語が並べば、 どうしたってハードルは高くなる。 ホントは見に行くつもりはなかったんだけど こういうところでつられてしまうのは ワタシも映画ファンてことか(笑) ぶっちゃけいうけど、 個人的に好きだったのはラストシーンだけ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月17日 (月) 12時44分

» とある飛空士への追憶 [メルブロ]
とある飛空士への追憶 378本目 2011-38 上映時間 1時間39分 監督 宍戸淳 出演 神木隆之介(狩乃シャルル) 、 竹富聖花(ファナ・デル・モラル)      富澤たけし(千々 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月 6日 (日) 22時44分

» 「とある飛空士への追憶」 [みんなシネマいいのに!]
 下級階層出身の飛空士が、たった一機の水上偵察機で敵陣を突破し12,000km先 [続きを読む]

受信: 2011年11月20日 (日) 23時49分

» とある飛空士への追憶 [映画、言いたい放題!]
「時をかける少女 」「サマーウォーズ 」のマッドハウスの新作! そりゃ観ないわけにはいきませんよ。 海を挟んで12000km離れた、 西方大陸を支配する神聖レヴァーム皇国と 東方大陸を支配する帝政天ツ上の両国は戦争を続けていた。 レヴァーム皇国皇子カルロ・レヴァ... [続きを読む]

受信: 2012年3月 2日 (金) 01時48分

» 11-345「とある飛空士への追憶」(日本) [CINECHANが観た映画について]
空にいると自由なんだ   中央海を挟んで12,000km隔たった2つの大陸。それぞれを支配する2つの国は対立し、戦争状態が続いていた。 そんな中、神聖レヴァーム皇国の皇子カルロの婚約者ファナ・デル・モラルの命が敵国に狙われる事態に。  そこで、敵国領内に残された次期皇妃ファナを救出すべく、彼女を水上偵察機に乗せ、護衛なしで敵中を突破し、12,000km隔てた神聖レヴァーム皇国に送り届けるという無謀とも思える極秘作戦が計画される。  最下層の民で、身分の関係ない自由な空への憧れから飛空...... [続きを読む]

受信: 2012年4月 1日 (日) 10時06分

« 本 「リトル・ピープルの時代」 | トップページ | 「ツレがうつになりまして。」 病気になってわかること »