« 本 「大久保利通」 | トップページ | 「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 等身大の英雄たち »

2011年9月17日 (土)

「もやしもん(ドラマ)」 マンガの世界を実写で上手に再現

「もやしもん」は原作も読んでいますし、アニメ版も観ました。
こちらのドラマは以前アニメ版が放映されていたフジテレビの「ノイタミナ」枠で初めての実写ドラマということです。
オンエア中は見逃してDVDに観ました。
実写版を作ってみたいというのは、単純にわかりますねー。
直保が見ている菌たちがどのような感じなのか、原作を読んでいたりすると見てみたいと思います。
このドラマを制作しているのは白組でSFXでは定評のあるプロダクションですから、直保が見ている世界の再現というのはしっかりと再現(?)していました。
あとキャスティングも原作のイメージを活かすようなものになっていました。
特に美里はもともと原作の石川雅之さんがイメージして描いていたという西田幸治さん(笑い飯)を起用。
マンガを読んでいてもこれはどう見ても笑い飯の西田さんだろうと思っていたので、原作そのままのイメージです。
その他の美女たち(一人は男子だが)、武藤葵(ちすんさん)、及川葉月(はねゆりさん)、結城蛍(岡本あずささん)、長谷川遥(加藤夏希さん)もいい感じではまっていたと思います。
原作でも存在感がないと言われている沢木惣右衛門直保は中村優一さんが演じます。
存在感がないのが特徴という、けっこう難しい役ではありましたが、思いのほかイメージは合っていたと思いますね。
原作と違って、最後は活躍の場面もありますし(笑)。
お話としては、すごいおもしろい!という感じではなかったのですが、この作品の楽しみ方としては原作のあの世界が実写で上手に再現されている!っていうところを見るという感じでしょうね。
オリゼーはあいかわず癒し系で可愛いね。

アニメ版「もやしもん」の記事はこちら→

|

« 本 「大久保利通」 | トップページ | 「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 等身大の英雄たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/52753452

この記事へのトラックバック一覧です: 「もやしもん(ドラマ)」 マンガの世界を実写で上手に再現:

« 本 「大久保利通」 | トップページ | 「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 等身大の英雄たち »