« 「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 等身大の英雄たち | トップページ | 「探偵はBARにいる」 懐かしい昭和の香り »

2011年9月18日 (日)

本 「ナニワ・モンスター」

海堂尊さんの新作を読んでみました。
新型インフルエンザ、改革派の府知事、大阪特捜部による厚労省官僚の摘発など、現実の事件を上手く取り入れていくのは相変わらず上手ですよね。
けれども現実とは違った展開をみせる巧みさも海堂さんならでは。
本を買ったときの帯には「新型インフルエンザが発生!」と書いてあったので、パンデミックに対する医療サスペンスかなと思って読み始めたのですが、話は想像をしていない方向に展開していきます。
今までの作品でも海堂さんの医療行政に対する意見というものが出ていたと思いますが、こちらの作品にもそれがうかがわれます。
行政どころか、医療行政から、さらには国のありようについても語られていきます。
そこで語られることは現実的ではないと思われるかもしれませんが、本作の中で彦根が語っているように、改革派でさえも現実の仕組みを変えられないと思っているからかもしれません。
既存の仕組みを根底から疑うことにより、その先の改革がある。
なかなか仕組みの根底を変えるというのは勇気とエネルギーがいるものですが、医療だけに限らずさまざまな出来事が今急速に変化している中、根本を見直すということは必要なのかもしれません。
語られることが荒唐無稽と言う前に、今ある仕組みの根底とはほんとうにそうでなくてはならないのかということを考えてみるというのがいいのかもしれません。

海堂さんの小説は、医療という堅いテーマを持っていながらも、読みやすいエンターテイメントとして仕上がっているのは今までも何回か触れてきたようにキャラクターの強さによるものが多いかと思います。
本作でも今までの作品なかでも特に個性の強い彦根、さらには敵役としての存在感がある斑鳩が登場しています。
あとあの白鳥もちょろりと顔を出すので、「桜宮サーガ」を読んでいる方は楽しく読めるのではないかと思います。

「ナニワ・モンスター」海堂尊著 新潮社 ハードカバー ISBN978-4-10-306573-9

|

« 「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 等身大の英雄たち | トップページ | 「探偵はBARにいる」 懐かしい昭和の香り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/52761535

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「ナニワ・モンスター」:

» 「ナニワ・モンスター」海堂尊 [粋な提案]
関西最大の都市・浪速府で新型インフルエンザ「キャメル」患者が発生した。経済封鎖による壊滅的打撃、やがて仄見える巨大な 陰謀。ナニワの風雲児・村雨府知事は、危機を打開できるのか?村雨が目論む、この...... [続きを読む]

受信: 2012年12月 7日 (金) 17時51分

» ナニワ・モンスター/海堂尊 [本と映画、ときどき日常]
日本国に新型インフルエンザ発生! 前半は目に見える「こちら側」のお話。 後半は一変、政治的思惑「あちら側」のお話。 この政治的なお話が奥が深い。 東京に集中している機関や官公庁を地方に分散するといったレベルではありません。 それと「不祥事ルーレット」...... [続きを読む]

受信: 2013年8月10日 (土) 12時21分

« 「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 等身大の英雄たち | トップページ | 「探偵はBARにいる」 懐かしい昭和の香り »