« 本 「弧宿の人」 | トップページ | 「海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船」 こっちのほうが楽しめた »

2011年8月 7日 (日)

「仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」 ストーリーからの必然性がないサプライズばかり

昨年の「仮面ライダーW」の劇場版「運命のガイアメモリ A to Z」が歴代の仮面ライダーの劇場版の中でも屈指の出来であったので、今年の「仮面ライダーオーズ」の劇場版は僕の中ではハードルが高めに設定されてました。
さりありながら。
それでも今年の「オーズ」の劇場版の出来はよろしくない。
今まで平成仮面ライダーの劇場版の中で個人的にワーストは「響鬼」であったのですが、それと負けず劣らず良くない。
確かに「仮面ライダー」の劇場版は難しい。
テレビシリーズは同時期にストーリーが続いているので、それと劇場版がどうスタンスをとるのかが悩ましいのです。
特に「W」以降はテレビシリーズのクライマックスとほぼ同時期で、劇場版が公開されるので特に難しい(その点、去年の「W」はとても上手にさばいていた)。
今までの平成仮面ライダーの劇場版はテレビシリーズとのかぶりをうまく避けていました。
基本的に多い手法としては「パラレルワールド」設定ですね。
「最終回を先に劇場で公開!」と銘打った「龍騎」で初めてこの手法を使いましたが、その後の作品「555」「剣」「響鬼」「カブト」「キバ」等ほとんどの作品がこの手法をとっています。
テレビシリーズと同じ設定内で劇場版を作ったのは「アギト」「電王」「ディケイド」「W」となりますね。
「電王」と「ディケイド」は時間や時空を移動できるという離れ業をもっているので、同じ時空間での劇場版というのは厳密に言うと「アギト」と「W」になるわけです。
「アギト」は同じ時空間でありながら劇場版の中心をアギトではなく、G3チームにしているのでうまくテレビシリーズとのかぶりを回避しているんですよね。
そういう意味で、テレビシリーズと同じ設定内で劇場版をやるのは難しいということがわかります。
なぜ難しいかというと、劇場版は劇場版としてのサプライズというか、セールスポイントがないといけません。
しかしテレビシリーズと同じ時空間でそれをやってしまうと今度はテレビシリーズの方のクライマックス感が薄れてしまう。
テレビシリーズと劇場版をそれぞれにニュースとサプライズを与えるのはなかなか難しいのは確かです。
本作は基本的にテレビシリーズと同じ時空間で、伊達がバースを辞める前の時点ということになっています。
今回の劇場版でのサプライズポイントというのはいくつかあります。
・仮面ライダーオーズと暴れん坊将軍が共演!
・劇場版のみのコンボ登場!
・すべてのコンボがそろいぶみ!
・新番組「仮面ライダーフォーゼ」登場!
と言ったところでしょうか。
それぞれにキャッチーであるとは思うのですが、それがストーリーの中に素直に組み込まれているかというとそういうわけでもない。
どちらかというとそういうサプライズポイントを繋げるためにストーリーがあるといったような感じがありました。
「W」の劇場版が、一つの作品として完成度が高く、そして劇場版としてのキャッチーさ(AからZまでのガイアメモリ、劇場版だけの新フォーム、最凶最悪の悪役仮面ライダー登場)を物語に必然的に組み込んでいました。
その完成度に比べると、今回の「オーズ」の劇場版はつぎはぎ感が感じられます。
暴れん坊将軍が登場するというのは東映60周年記念ということで、また相当キャッチーなのはわかるのですけれど、やはり無理矢理感は感じられます。
劇場版だけのコンボ、ブラカワニも最強というわけではないところが微妙(テレビシリーズとの兼ね合いでプトティラが最強ですからね)。
そういう意味で、昨年の「W」の「サイクロンジョーカーゴールドエクストリーム」は風都の人びとの願いが込められているときだけなれるという点で物語として必然性があるんですよね。
すべてのコンボそろいぶみも「おおっ!」と思いましたが、テレビの本筋でもやればいいじゃんということになるわけで。
テレビシリーズと同じ時空間ということなので、テレビのクライマックスに関係する、映司やアンクのそれぞれのキャラクターや関係性を深く掘り下げるわけにもいかないので、どうしても目先の派手さみたいなところで映画を引っ張らざるをえない。
なのでストーリーからの必然性ではなく、ストーリーが様々な要素にひっぱり回されているような状況になっているのです。
確かにほぼ同時期にクライマックスを迎えるテレビと並行での公開する劇場版は難しい。
けれど昨年はうまくできていたので、なんとか今回もがんばってほしかった。
テレビシリーズがさすがの小林靖子脚本で盛り上がってきているだけに残念な感じがしました。

仮面ライダーフォーゼはかっこよかったです。
あのパートは「フォーゼ」のメインの坂本浩一監督が撮ったということですがやはり見せ方が上手。
にほんブログ村 映画ブログへ Vシネの「仮面ライダーアクセル」で、アクセルブースターがバーニヤを吹かして空中に浮遊している感じをワイヤーアクションで行いましたが、その経験をうまく活かしてます。
先般坂本監督のインタビュー記事であれは監督が好きな「機動戦士Zガンダム」のモビルスーツがバーニヤで制動をかけたりするところをイメージしたと言ってました。
早くも「フォーゼ」への期待度が高まります。

「オーズ」の劇場版についてはボロボロに言いましたが、テレビシリーズの方は盛り上がってます。
そちらについては放映終了後にレビューします。

「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」の記事はこちら→

|

« 本 「弧宿の人」 | トップページ | 「海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船」 こっちのほうが楽しめた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/52418953

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」 ストーリーからの必然性がないサプライズばかり:

» 『仮面ライダーオーズWONDERFUL/将軍と21のコアメダル』(2011) [【徒然なるままに・・・】]
仮面ライダーオーズが登場する映画としては4本目ながら、単独主演作としては最初(で最後になるかな)。<平成仮面ライダー>の3D映画としては2本目になるはずだけれども、これまた今回が3D初体験。 『オーズ』は全然見ていないので、メダルとオーズ、グリードとの関係が良くわからず、そもそも火野映司がどういうシステムで変身するのかさえ知らないので、いきなり映画を見るとハードルが高くて困ってしまうのだけれども、例によって(?)TVシリーズの中に組み込むには無理のある番外編らしいので、なんとなーくわかった気に... [続きを読む]

受信: 2011年8月 8日 (月) 21時48分

» 劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル [象のロケット]
鴻上会長の調査団が封印を解いた途端、800年前にオーメダルを作り出した錬金術師(科学者)ガラが蘇り、新しい世界の王(オーズ)になると宣言。 ヨーロッパの森と新宿一帯がメダルを裏返すように入れ替わり、更に映司とアンクたちがいた周辺が江戸時代になってしまった! 人間の欲望を集め、コアメダルを狙うガラの手下たちとの戦いが開始されるが…。 人気ヒーローアクション劇場版。... [続きを読む]

受信: 2011年8月10日 (水) 20時23分

» 世界終焉へのカウントダウン! [いけやんのお部屋なの~♪(^▽^)]
劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル/海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船 将軍との夢のタッグ! 映司の究極の選択! 本日公開! 早速見に行ってきました。今年9本目のスクリーンで見る映画。 シナリオの授業の後、急いで昼食を取り、ギリギリのタイミングでお昼からの上映に駆け込みました。去年とは違う映画館。去年までライダーの映画やっていた映画館は潰れたのでね…。 何とかパンフレットも買えました。通常版を選択。付属のDVDを見ること... [続きを読む]

受信: 2011年8月11日 (木) 00時06分

» 劇場版・仮面ライダーオーズ「将軍と21のコアメダル」 [大吉!]
<土曜日> (TOHOシネマズ・11年8月6日・15時45分〜・97分) 明日から20日近くまで休めないので、初日に行く事にしました。 「オーズ&ゴーカイジャー」の劇場版。 小さい男の子とその保護者・・という組み合わせばっかりの中に、おばさんが1人・・...... [続きを読む]

受信: 2011年8月12日 (金) 22時30分

» 【仮面ライダーオーズWONDERFUL 将軍と21のコアメダル】 [日々のつぶやき]
甥っ子と恒例の仮面ライダー&ゴーカイジャー  かつてない熱い夏がやってくる!! ゴーカイジャーは「空飛ぶ幽霊船」 結構面白かったです! テレビの方はほとんど見ていないけれど、単純なストーリーなのでこちらの戦隊ヒーローものは付いていけます(笑) 今回... [続きを読む]

受信: 2011年8月30日 (火) 11時52分

» 海賊戦隊ゴーカイジャー&仮面ライダーオーズ [愛猫レオンとシネマな毎日]
テレビ版は見ないけど、劇場版は必ず見ている仮面ライダーシリーズ。 そして、同時上映は戦隊ものです。 本当は、仮面ライダーオーズがメインなんで、タイトルも先なんだけど あまりにも面白くなかったんで、ワタシは逆に書かせて もらいました。 海賊戦隊ゴーカイジャーの方が、ダンゼン面白かった! と、言うよりオーズは 、なんでこんなに面白くないのかしらん? 最近は、戦隊ものの方が、上ですヨ! オーズの中で、目が輝いたのは、次の高校生ライダーさんの 御披露目があった時くらい・・・ でも、ヤンキー高校生って... [続きを読む]

受信: 2011年9月22日 (木) 20時46分

» 劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル [映画でココロの筋トレ]
海賊戦隊ゴーカイジャーと同時上映でしたが、カテゴリーテーマの都合で別の記事にします。 「劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:渡部秀、三浦涼介、松平健、山田悠介、橋本汰斗、松本博之、未... [続きを読む]

受信: 2011年9月29日 (木) 13時35分

« 本 「弧宿の人」 | トップページ | 「海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船」 こっちのほうが楽しめた »