« 本 「読書の方法 -なにを、どう読むか-」 | トップページ | 「ツリー・オブ・ライフ」 万物の理 »

2011年8月13日 (土)

「復讐捜査線」 正義の揺らぎ

メル・ギブソンの久しぶりの主演作です。
「サイン」以来だとか。
有楽町でもやってましたが、あっという間に終わってしまったので、久しぶりに新宿歌舞伎町のミラノまで行ってきました。
歌舞伎町もずいぶんと映画館の数が減りましたね〜。

娘を目の前で殺された刑事の復讐の物語ということですし、メル・ギブソンなのでなんとなく「マッドマックス」のようにガンガン復讐していくのかと思いきや、けっこう深い物語なのでした。
ボストンのベテラン刑事クレイブンは、久しぶりに戻ってきた娘エマを家に迎い入れたのもつかの間、目の前で愛娘を射殺されてしまいます。
当初、それは刑事であるクレイブンを狙ったものと考えられましたが、彼が独自に捜査を進めていくと、それはエマが勤めていた企業ノースモア社に原因があるようだということがわかってきます。
ノースモア社はある不正を行っており、それを告発しようとしたエマの口封じを行ったらしい。
この物語で語られるのは「正義」。
邦題から連想するとすぐに父親の復讐劇となってしまう感じがしますが、本作はそうはならない。
クレイブンは刑事だけあって、エマの死の真相をつかむためひとつづつ堅実に事件の真実の姿をさぐっていきます。
彼は刑事であり、彼がなさなければならない「正義」の執行のために、基本的には復讐心では暴走しません。
ただ彼はこの事件により、ひどく自分の「正義」というものに揺らぎが生じたのではないかと思います。
エマは彼がおそらく男手ひとつで育ててきた愛娘。
彼女も父親と同様にとても正義感の強い女性に成長したのだと思います。
ですので、ノースモア社の所行を知っても知らないふりをしている者たちもいるなかで、彼女は告発という手段を実行しようとします。
しかし、そのために彼女は殺されてしまうのです。
クレイブンはひどく悔いたでしょう。
彼の性格からして、娘に「正義」というものを守ることがいかに大事であるかということを教えたに違いないのです。
自分の信じる「正義」は間違っていないと思いつつも、それを娘にも教えたことを悔い、苦しんだのではないかと思います。
ノースモア社は軍需産業であり、政府と深い繋がりがあります。
ですので関係者は、みな自分自身が危険に曝されることを恐れ、口をつぐみます。
クレイブンの同僚ですらそうです。
ノースモア社の幹部や、弁護士、政府の役人、国会議員たちは、国家のための「正義」をふりかざし、極秘の活動のために人の命を奪うことも平気で行います。
本作で主人公クレイブンの他に、存在感のある人物が登場します。
ジェドバーグという男ですが、どうも政府の企みを隠蔽するプロフェッショナルのようです。
彼はその任務のためには躊躇なく人を殺すことができます。
けれども彼は映画の中によく出てくる諜報機関の暗殺者のステロタイプではなく、基本的には必要でない場合には人を殺しません。
ジェドバーグは政府の役人からこの事件に関わることを隠蔽するように命じられ、そのために行動しますので、立場としてはクレイブンと対立する存在になるわけです。
けれども彼はクレイブンを殺すチャンスはありながらもそうしません。
クレイブンを殺すことにより事件がセンセーショナルになり、政府にとってはより秘密を守りにくくなるというのが、彼のプロとしての判断であったのでしょう。
けれどもそうだけとも言えないかと思います。
ジェドバーグも彼が信じる「正義」のために戦ってきた男なのでしょう。
それは国家を守る=正義という図式であったのだと思います。
けれども本作で描かれる事件を通じて(実はそのまえからずっとかもしれない)、その国家を動かす人びとたちがいかに愚劣であるかというのを見てしまい、自分を信じている「正義」の正当性について、彼も揺らいだのではないかと思います。
ジェドバーグは立ち位置こそ違い、クレイブンが「正義」を貫こうとする姿に、共感を感じたのではないでしょうか。
クレイブンにしても、ジェドバーグにしても自分の信じる「正義」について、揺らぎながらも、最後まで(文字通り人生の最後まで)それを貫き通したのですよね。
このジェドバーグという登場人物がいるおかげで、この作品は単なる復讐劇ではなく、「正義」を貫くことということについて考えさせられる作品になったと思います。
ラストシーンは悲劇ではあるのだけれど、父と娘が手をつないでいく姿になにか救われるような気持ちになりました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「読書の方法 -なにを、どう読むか-」 | トップページ | 「ツリー・オブ・ライフ」 万物の理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/52465307

この記事へのトラックバック一覧です: 「復讐捜査線」 正義の揺らぎ:

» 復讐捜査線 [LOVE Cinemas 調布]
最近はもっぱら監督業にいそしんできたメル・ギブソンが『サイン』以来約9年ぶりに主演したアクション・サスペンスムー美ビーだ。元々はBBCの「刑事ロニー・クレイブン」というテレビドラマシリーズを『007/カジノ・ロワイヤル』のマーティン・キャンベル監督が映画化した。娘を殺された父親がその真相を解明すべく政界までも巻き込んだ巨大組織に挑む姿を描いている。... [続きを読む]

受信: 2011年8月13日 (土) 18時43分

» 復讐捜査線 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Edge of Darkness - 映画ポスター - 11 x 17英国の名作TVドラマをリメイクしたアクション・サスペンス。なかなかの内容なのに、マズい邦題のせいで損をしている。ボストン警察のクレイブ ... [続きを読む]

受信: 2011年8月13日 (土) 21時14分

» 復讐捜査線 [映画的・絵画的・音楽的]
 『復讐捜査線』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)メル・ギブソン(注1)の名前はよく耳にするとはいえ、その出演作をほとんど見たことがないので、ちょうどいい機会だと思って映画館に出かけてきました。  冒頭、ボストン市警に勤務する刑事のクレイブン(メル...... [続きを読む]

受信: 2011年8月13日 (土) 21時24分

» 映画『復讐捜査線』 [闘争と逃走の道程]
 主演映画は『サイン』以来8年ぶり、アクション映画は『ペイバック』以来12年ぶりというメル・ギブソンの俳優復帰作。愛娘を目の前で殺されたベテラン刑事が、国家の暗部に巣食う巨悪に復讐の鉄槌を振るう! ...... [続きを読む]

受信: 2011年8月14日 (日) 02時41分

» 復讐捜査線/メル・ギブソン、レイ・ウィンストン [カノンな日々]
メル・ギブソンが『サイン』以来およそ9年ぶりに主演を務めたアクション・サスペンス・ムービーです。監督作品は記憶に新しいですけど、主演作となるとそんなに久しぶりになるんで ... [続きを読む]

受信: 2011年8月14日 (日) 09時35分

» 『復讐捜査線』 [ラムの大通り]
(原題:Edge of Darkness) ----これは、メル・ギブソンの主演作。 “完全復活!”って、どういうこと? 「(笑)この言い方って確か、 『クリフ・ハンガー』のときの シルベスター・スタローンもそうじゃなかったかな。 この作品の場合、 メルギブの出演作は『サイン』以...... [続きを読む]

受信: 2011年8月14日 (日) 22時05分

» 「復讐捜査線」 [みんなシネマいいのに!]
 どちらかといえば、最近は監督業が忙しいメル・ギブソンの久しぶりの主演映画。 殺 [続きを読む]

受信: 2011年8月15日 (月) 23時10分

» 復讐捜査線 [だらだら無気力ブログ]
2002年の「サイン」以来久々の主演となるメル・ギブソン扮する孤高の 刑事が、殺された娘の仇を討つべく怒りの独自捜査で巨悪に敢然と立ち 向かっていくハード・アクション・サスペンス。 ミステリアスかつ骨太のストーリーとサスペンスフルな演出で英国テレビ ドラマ史…... [続きを読む]

受信: 2011年8月16日 (火) 00時26分

» 雪の中、ハリーポッターPART2観てきました [ちょっとピンぼけ]
チャーチは日曜の夜から再び雪です。なんで毎回週末〜週頭にかけてなんでしょう。 金曜日から友達一家が泊まりに来てるので、子供たちは雪遊びができて嬉しそうでした。良かった良かった そんな友達一家のはからいで、昨日娘を預かってもらい、久しぶりに旦那さんと2人で...... [続きを読む]

受信: 2011年8月16日 (火) 15時25分

» 復讐捜査線 [こんな映画見ました〜]
『復讐捜査線』---EDGE OF DARKNESS---2010年(イギリス/アメリカ)監督:マーティン・キャンベル出演:メル・ギブソン、ダニー・ヒューストン、ボヤナ・ノヴァコヴィッチ 2002年の「サイン」以来久々の主演となるメル・ギブソン扮する孤高の刑事が、殺され...... [続きを読む]

受信: 2011年8月19日 (金) 23時54分

» 復讐捜査線☆独り言 [黒猫のうたた寝]
メル・ギブソン、久しぶりの主演作だそうですがなんとなく、メル・ギブソン観るのを避けている気がするのですよね^^;『マッドマックス』『リーサル・ウェポン』とかほとんど観てないし・・・・って言ってもそれ以外で監督作は結構観てたりするし、『フォーエバーヤング』... [続きを読む]

受信: 2011年8月22日 (月) 23時27分

» 復讐捜査線(EDGE OF DARKNESS) [web_mistyのblog]
※ネタバレにつき、ご承知の上でお読み下さい。 水曜日のレディースデイ、吉祥寺バウスシアターには私も含めて観客は10人程。「メル・ギブソン完全復活!」というには少々寂しい人 ... [続きを読む]

受信: 2011年8月24日 (水) 17時27分

» 復讐捜査線 [映画と本の『たんぽぽ館』]
亡くなってなお強まる父と娘の絆              * * * * * * * * 英国BBC TVシリーズの映画化です。 実のところ、全く眼中になく、見過ごすところでした。 それにもかかわらず見たというのは、 私がよく拝見する渡まち子氏の映画評の中で...... [続きを読む]

受信: 2011年8月29日 (月) 19時50分

» 「復讐捜査線」 [prisoners BLOG]
殺される前に娘が吐いたり鼻血を出したりしているからどこか疾患があったのは明らかで、司法解剖で何らかの所見が認められなかったのだろうかとひっかかった。父親のメル・ギブソンもどこか悪かったのか何も聞かないし。 異常が認められたけれど上からの圧力で握りつぶさ...... [続きを読む]

受信: 2011年8月30日 (火) 03時00分

» ■映画『復讐捜査線』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
今とてもタイムリーで、なんだかとても身近に感じられる映画『復讐捜査線』。 メル・ギブソンが、ある陰謀で娘を殺され、復讐を誓う父親を演じています。 その陰謀と言うのは…、核開発。 政府と企業が一体となって、極秘裏に核兵器を開発していることを告発しようとした娘... [続きを読む]

受信: 2011年9月 5日 (月) 22時51分

» 映画:復讐捜査線 [よしなしごと]
 ブログを書く時間がなくて気がつけば1ヶ月も経ってしまったのか。。。と言う訳で今回の記事は復讐捜査線です。 [続きを読む]

受信: 2011年9月18日 (日) 03時59分

» 復讐捜査線 [銀幕大帝α]
EDGE OF DARKNESS/10年/英・米/116分/ミステリー・サスペンス・ドラマ/PG12/劇場公開 監督:マーティン・キャンベル 出演:メル・ギブソン、レイ・ウィンストン、ダニー・ヒューストン、ボヤナ・ノヴァコヴィッチ、ショーン・ロバーツ <ストーリー> 久々の...... [続きを読む]

受信: 2011年12月 4日 (日) 03時15分

» 復讐捜査線 (Edge of Darkness) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 マーティン・キャンベル 主演 メル・ギブソン 2010年 イギリス/アメリカ映画 117分 サスペンス 採点★★★ 人の命の価値や重みってのは一定しないもんですよねぇ。一個人が殺してしまった命の重さと、企業や国家など規模の大きい相手が殺した重さでは全然異…... [続きを読む]

受信: 2011年12月14日 (水) 08時26分

» 復讐捜査線 [A Day In The Life]
新作DVDにて観賞 解説 『アポカリプト』などで監督業に励んできたメル・ギブソンが、『サイン』 以来およそ9年ぶりに主演を果たしたアクション・サスペンス。 娘を殺された父親が、強大な組織に果敢に挑む執念を映し出す。 1985年製作のイギリスのテレビドラマ「刑事... [続きを読む]

受信: 2011年12月14日 (水) 19時20分

» 11-265「復讐捜査線」(アメリカ・イギリス) [CINECHANが観た映画について]
この州では全てが違法だ   ボストン警察殺人課のベテラン刑事トーマス・クレイブン。  ある日、24歳になる一人娘エマが久々に帰郷したのもつかの間、玄関先で何者かの凶弾に倒れ、命を落としてしまう。  同僚たちによる捜査では、クレイブンに恨みを持つ者の犯行であり、クレイブンを狙った弾が運悪くエマに当たってしまったものとの見方が示される。しかし、思い当たるフシのないクレイブンは、規則に反して独自に捜査を開始する。  やがて、エマの周辺を洗い直していくクレイブンの前に、思いもよらない壁が立...... [続きを読む]

受信: 2011年12月18日 (日) 10時25分

» 復讐捜査線(DVD) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「007/カジノ・ロワイヤル」のマーティン・キャンベル監督が1985年に手掛けて高い評価を得たミニシリーズ『刑事ロニー・クレイブン』を、同監督自身が映画化したサスペンス・アクシ ... [続きを読む]

受信: 2011年12月30日 (金) 22時20分

» 復讐捜査線 [新・映画鑑賞★日記・・・]
【EDGE OF DARKNESS】 2011/07/30公開 イギリス/アメリカ PG12 116分監督:マーティン・キャンベル出演:メル・ギブソン、レイ・ウィンストン、ダニー・ヒューストン、ボヤナ・ノヴァコヴィッチ 娘の仇は、俺が撃つ! 愛する娘の命を奪った巨大なる陰謀、男は今、す...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 1日 (日) 11時12分

» 【映画】復讐捜査線 [★紅茶屋ロンド★]
<復讐捜査線 を観ました> 原題:Edge of Darkness 製作:2010年アメリカ・イギリス合作 メル・ギブソンが7年ぶりに主演を果たしたアクションドラマ。 イギリスBBCテレビで放送されていたシリーズを映画化したものだそうで、テーマは今風だけど、こういう問題って昔からあったんだなぁと痛感させられました。 別に”今”だからこのテーマというわけではないのね…。 しかしこの邦題、スティーブン・○ガールとかが主演の「沈黙の○○」みたいな雰囲気があって、勘違いしそうな人もいそう。 内容... [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 10時09分

» 復讐捜査線 [ダイターンクラッシュ!!]
2012年4月15日(日) レンタルDVD 復讐捜査線 [Blu-ray]出版社/メーカー: ポニーキャニオンメディア: Blu-ray 『復讐捜査線』公式サイト レイシストでかつ酒癖が悪いのが露呈し、「ハングオーバー」でさえ、キャストから駄目出しをくらい出演できず、映画界から追放されたのかと思ったぜのメル・ギブソン。 どっこい生きていた。 いつの間にか、物凄く老けて。 いかも、マーティン・リッグスの面影も無い髪の量になって。頭頂でなく何と後頭部が薄いという悲しさだ。 落ち込んでいた沈んで... [続きを読む]

受信: 2012年4月30日 (月) 19時25分

» 【映画】復讐捜査線…なんか娘がらみで泣けるヤツだった…んだと思う。 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
本日二度目の投稿。 で、本日、2012年8月13日(月曜日・夏季休暇中)の過ごし方。 朝、オリンピックの開会式(再放送)を観た後、ブログを記事を書く。 昼前、ニック・フューリーのフィギュアが届く。パッケージのサミュエル・L・ジャクソンの顔が怖い。 その後、ブロ...... [続きを読む]

受信: 2012年8月14日 (火) 00時26分

» 復讐捜査線 [いやいやえん]
メル・ギブソン主演。久々の主演作品ですね。 ドンパチものというよりは、ドロドロとした背後にあるものを執念で追い詰めていくサスペンスといった感じ。タイトルで損してる作品のような気がします、タイトルは原題「EDGE OF DARKNESS」の方がいいと思う。 久しぶりに娘と再会した刑事クレイブンだが何者かの銃撃により娘が殺されてしまうというショッキングな冒頭から、次第に隠された陰謀に気づいていくといったストーリー展開はなかなか面白く、無骨な刑事が「黒幕」を追いつめていくところには引きこまれる... [続きを読む]

受信: 2012年8月19日 (日) 15時54分

« 本 「読書の方法 -なにを、どう読むか-」 | トップページ | 「ツリー・オブ・ライフ」 万物の理 »