« 本 「笑わない数学者」 | トップページ | 「小川の辺」 藤沢作品、粗製濫造気味じゃないですか? »

2011年8月16日 (火)

「幸せの始まりは」 本音を話す、本音を聞く

リサはアメリカ代表にもなったことのあるソフトボール選手。
けれども30代になったということで、次のチームメンバーに選考されないことになり、落ち込みます。
ふと我に返れば、自分にソフトボール以外は何もないことに気づきます。
20代というのは社会に出て、無我夢中で仕事をして、それで評価をされてもらったりしると、さらにがんばって、あっという間に時間が過ぎていきます。
そうしているときは、大変だけれど充実感あって、そのときの生活に不満足なんかはなかったりします。
けれど30代になり、立ち止まらなければいけない状況になったとき、「あれ、自分て仕事以外に何やってたんだ」と思うことはあると思うんですよね。
これは女でも男でもあるような気がします。
でも特に女性のほうがそう感じることがあるかもしれませんね。
周りを見渡すと、同世代の女性は結婚していたり、出産していたり。
それを見下していたところもあったりしたけれど、自分は世間一般の女性の幸せも得られていないなんて。
そんな落ち込み状態のときにリサがであったのは、二人の男性。
一人はメジャーリーガーで能天気なプレイボーイであるマティ。
彼の天性の能天気さは、リサが落ち込んでいても、それを忘れさえてくれるようなところもあり、彼女も救われる気持ちになります。
もう一人は青年実業家のジョージ。
とは言っても彼は不運続きで、会社も追われてしまい、先行きがまったく見えない男です。
最悪な状況のリサに輪をかけて、最悪な状況なのですよね、ジョージは。
けれども、ジョージはリサが感じているいろいろな不安や不満を、ただ聞いてくれます。
それで何かが解決するわけではないのだけれど、聞いてくれるという思いやりにリサは心を魅かれていきます。
男女ともに若い時に仕事をがんばる人ほど、弱音なんかはけないって思ってしまいますよね。
それが好きな人の前だったら尚更。
やはり好きな人にはしっかりした人、ちゃんとした人と見てほしいわけです。
で、好きな人の前でもがんばっちゃう。
でもそういうがんばりってどこかで無理がでてしまったりするものです。
まずは自分自身が安らげない。
好きな人といるはずなのになんだか安らげない、みたいなことになってしまうんですよね。
どこかで本音というか自分のほんとうの姿を出したいのに、そのタイミングを逸してしまったような感じ。
こういうのは自分個人的にはあったりするわけで。
自分が正直に本音を話せる、そして相手もそれを聞いてくれる。
逆もそうで、相手が本音を話してくれる、自分もそれを聞いてあげる。
それが一番自分にも相手にも居心地がよく、安らぐ関係だったりするんですよね。
僕なんかは相手が本音を話してくれてるのがわかったりすると、グッと惹かれたりしますね。
心を許してくれる感じがするからでしょうか。
自分もなかなか本音を最初から話す方ではないのですが、自然と話せちゃったりするような人も確かにいます。
互いに本音を話せて、本音を聞ける関係。
このあたりはやはり相性、ってことなのかもしれませんね。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「笑わない数学者」 | トップページ | 「小川の辺」 藤沢作品、粗製濫造気味じゃないですか? »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

まあ、ラブコメは観ている時間楽しければっていう感じですからね。
>その年になっても
いまだに落ち着かなくてお恥ずかしい(笑)。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年8月20日 (土) 22時45分

一瞬、あれどんな映画だっけ?と悩んでしまいました。
記憶がやばい。。。
そうそう、ウィザーさんですね。
キャピキャピした若い子の恋愛もほほえましいのですが、30過ぎますと、なかなかねえ。
その年になっても己をわかんないのか!とも思いますが、そう言っちゃ映画は作れませんので、素直に楽しみました。
最近、ニコルソンの立ち位置はすっかり好々爺ですね^^

投稿: sakurai | 2011年8月20日 (土) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/52491306

この記事へのトラックバック一覧です: 「幸せの始まりは」 本音を話す、本音を聞く:

» 幸せの始まりは [LOVE Cinemas 調布]
オスカー女優リース・ウィザスプーン、『エネミー・ライン』のオーウェン・ウィルソン、そして3度のオスカー獲得のジャック・ニコルソンといった実力派が揃ったラブ・コメディ。30歳を越えてソフトボールの全米代表選手から外された主人公が、その後の生き方を模索する中で出会った2人の男性の間で揺れ動く様を描く。監督はジェームズ・L・ブルックス。... [続きを読む]

受信: 2011年8月16日 (火) 20時53分

» 幸せの始まりは (How Do You Know) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジェームズ・L・ブルックス 主演 リース・ウィザースプーン 2010年 アメリカ映画 121分 ラブロマンス 採点★★ 女性を選ぶってよりは、選ばれる側に立つ事の方が圧倒的に多い私。たまには選んでみたいもので。そんな選択肢に入ってしまう時って、女性も女性…... [続きを読む]

受信: 2011年8月16日 (火) 22時31分

» 幸せの始まりは(2010)◇◆HOW DO YOU KNOW [銅版画制作の日々]
東宝シネマズ二条にて鑑賞。「ウォール・ストリート」の後、鑑賞。シネマズデイに1000円で鑑賞して正解でした。とにかくテンポがゆっくりで、その上退屈でした。睡眠不足なら寝てしまった可能性大です。でも最後まで観ましたね。 リース・ウィザスプーン、好きなん...... [続きを読む]

受信: 2011年8月20日 (土) 01時12分

» 幸せの始まりは /HOW DO YOU KNOW [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 「愛と追憶の日々」(83年)、「恋愛小説家」(97年)、 「スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと」(04年) 毎回手堅い作品を届けてくれる巨匠、ジェームズ・L・ブルックス監督最新作 この監督のは...... [続きを読む]

受信: 2011年8月20日 (土) 08時37分

» 幸せの始まりは /HOW DO YOU KNOW [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 「愛と追憶の日々」(83年)、「恋愛小説家」(97年)、 「スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと」(04年) 毎回手堅い作品を届けてくれる巨匠、ジェームズ・L・ブルックス監督最新作 この監督のは...... [続きを読む]

受信: 2011年8月20日 (土) 08時39分

» 幸せの始まりは [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
幸せの始まりは [DVD]ラブコメかと思いきやハジケる笑いは得られず、人間ドラマかと思いきや深みに欠ける。キャストやスタッフは魅力的なのに、物語に観客を引っ張る力がない。女子 ... [続きを読む]

受信: 2011年8月20日 (土) 08時49分

» 幸せの始まりは/リース・ウィザースプーン [カノンな日々]
『愛と追憶の日々』でアカデミー賞監督賞を受賞したジェームズ・L・ブルックスが『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したリース・ウィザースプ ... [続きを読む]

受信: 2011年8月20日 (土) 08時51分

» モテモテ女のわがまま放浪記。『幸せの始まりは』 [水曜日のシネマ日記]
31歳という年齢が理由で戦力外通告された女子ソフトボール選手のその後の人生を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2011年8月20日 (土) 09時48分

» 映画 「幸せの始まりは」 [ようこそMr.G]
映画 「幸せの始まりは」 [続きを読む]

受信: 2011年8月20日 (土) 13時29分

» 『幸せの始まりは』 [ラムの大通り]
(原題:How Do You Know) ----こういう感じの映画って、 一年に何本かは必ず出てくるよね。 「おおおっ。こういう感じって…、 フォーンは、この映画をどんな感じと思っているの?」 ----う〜ん。順風満帆な人生を送っているかに見えていた人が、 ある“壁”にぶち当たっ...... [続きを読む]

受信: 2011年8月20日 (土) 13時33分

» 幸せの始まりは [あーうぃ だにぇっと]
英題: HOW DO YOU KNOW 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2011年2月11日 上映時間: 2時間1分 配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント [続きを読む]

受信: 2011年8月20日 (土) 19時08分

» 幸せの始まりは [迷宮映画館]
原題がおしゃれなんだよなあ〜 [続きを読む]

受信: 2011年8月20日 (土) 21時14分

» 幸せの始まりは [こんな映画見ました〜]
『幸せの始まりは』---HOW DO YOU KNOW---2010年(アメリカ)監督:ジェームズ・L・ブルックス出演:リース・ウィザースプーン、オーウェン・ウィルソン、ポール・ラッド、ジャック・ニコルソンこれまでソフトボールに全てを捧げてきた31歳のリサ(リース・ウィ...... [続きを読む]

受信: 2011年8月20日 (土) 22時05分

» 幸せの始まりは [象のロケット]
US代表チームのプロソフトボール選手リサは、31歳にして戦力外通告を受ける。 ボーイフレンドのメジャー・リーガー、マティの能天気なプレイボーイぶりにあきれ果て、気分を変えようとチームメイトの紹介でブラインドデート(初対面の相手とデートすること)で文科系の男に初挑戦。 やって来たジョージは、災難続きの暗いオトコだったのだが…。 ラブ・ストーリー。... [続きを読む]

受信: 2011年8月22日 (月) 18時30分

» 幸せの始まりは /HOW DO YOU KNOW [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 「愛と追憶の日々」(83年)、「恋愛小説家」(97年)、 「スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと」(04年) 毎回手堅い作品を届けてくれる巨匠、ジェームズ・L・ブルックス監督最新作 この監督のは...... [続きを読む]

受信: 2011年8月22日 (月) 20時00分

» ■映画『幸せの始まりは』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
30歳過ぎて、これまで一生懸命やってきたことからハシゴを外されて、「今って人生の中で最悪の時…」と思っている元アメリカ代表のソフトボール選手が、この映画『幸せの始まりは』の主人公です。 個人的に、3年前くらいから主人公と同じような心境に陥ることが多かった私、こ... [続きを読む]

受信: 2011年8月30日 (火) 05時04分

» 【映画】幸せの始まりは [★紅茶屋ロンド★]
<幸せの始まりは を観ました> 原題:How Do You Know 制作:2010年アメリカ これ、予告に興味を持って、観たいと思っていた作品。これが公開してた時期他にも観たい作品が沢山あって、後回しにしてたら終っていたというお約束パターンに…。レンタル開始してからすぐ観たんだけど、レビューはこんなに遅くなっちゃったい(苦笑)。 主演はリース・ウィザースプーン。青い目がとっても印象的でキュートです。 プロソフトボール選手のリサ(リース)は、31歳。現役として活躍するには年齢的に…ついに... [続きを読む]

受信: 2011年9月 1日 (木) 23時06分

» 「幸せの始まりは」ポール・ラッドの瞳が素敵♥ [アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!]
「幸せの始まりは」(2010年) ■出演■ リース・ウィザースプーン オーウェン・ウィルソン ポール・ラッド ジャック・ニコルソン 他 ソフトボール選手として20代のすべてをチームにささげたヒロインが 31歳にして戦力外通告を受け、新たな出会いや人生を求... [続きを読む]

受信: 2012年3月20日 (火) 16時18分

» 幸せの始まりは [I am invincible !]
How Do You Know ソフトボールのUSナショナルチームのリサ(リース・ウィザースプーン)は、公式サイトに発表になったメンバー表を見て愕然とした。 今期のチームから外されたのだ。 キャプテンだったのに、チームのムードメーカーだったのに、子供の頃からソフトボー…... [続きを読む]

受信: 2012年6月17日 (日) 22時02分

» 映画『幸せの始まりは』★悩んで迷って…ちょっと都合いいゾ^^; [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
映画『幸せの始まりは』★ 公式サイトです。 http://www.shiawase-hajimari.jp/ 作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/153609/ プロソフトボール選手をクビになったリサは メジェーリーガーと、青年実業家: 2人の男性の間で 迷い、..... [続きを読む]

受信: 2013年10月20日 (日) 14時52分

« 本 「笑わない数学者」 | トップページ | 「小川の辺」 藤沢作品、粗製濫造気味じゃないですか? »