« 「けいおん!!」 去りゆく楽しかった日々 | トップページ | 「赤ずきん」 ダークなおとぎ話 »

2011年6月12日 (日)

「アジャストメント」 きれいにまとめてこじんまり

ちょっと集中力がない状態で観賞してしまったので、評価が適正かどうかが自分的にも甚だ自信がないです。
フィリップ・K・ディックの短編小説(未読)を原作とした本作でしたが、ディックらしい話でした。
自分の人生で自分が決めてきたと思い込んでいたことが、実はそうではないという物語。
この感覚はディックの小説のいくつかに共通しているものです。
これだけは絶対に確実だと思える自分の記憶や体験、決断が、実は誰かのお仕着せだったかもしれないという危うい感覚。
これは現実感の崩壊といったもので、幻覚を見たと言われるディックらしい感覚と言えます。
映画化された作品で言えば「トータル・リコール」「マイノリティ・リポート」「ペイチェック」「スキャナー・ダークリー」なども同じような感覚を持っていると思います。
これらの作品は、主人公がなんらかの組織などから記憶を書き換えられる、もしくは現実の自分とは異なる自分として扱われてしまうというプロットが共通しています。
本作では、自分で決めたと思っていた運命が、実は別の者たち(調整局)によって決められていたということを知る上院議員候補のデヴィットが主人公になります。
ちなみに邦訳の「運命」は映画の中では「fate」を使っていました。
「destiny」じゃないのですね。
「fate」は「天命」というより神に近い感じがあるようなので、そういう意味では本作としては適切な言葉だったのかもしれません。
小説のディック・ワールドというのは混迷の中で救いがなかったりもするのですが、映画化された作品はやはり何かしらやはり人間は自分の力で生きていけるといったような、救いがあったりします。
本作もまさしくそうで、運命は誰か(神・天使?)に操作されているが、それでも人間は運命立ち向かえるんだ、といったようなまとめ方をしています。
またまたちなみになんですが、調整局の面々は序列がしっかりとあるようで、このあたりは天使にも通じるものかなと思いました。
一般的な鑑賞者としては安心する結末なのですが、ディック好きの自分としてはある種の現実の崩壊感というか、座りの悪さ感のようなものが感じられなかったので、ちょっとなという感じでした。
ディック的な座りの悪さでいうと「スキャナー・ダークリー」が一番ディックらしいと思います。
きれいなまとめ方をしてしまったためか、なんとなく全体としてこじんまりとした印象を持ってしまいました。
中盤でもデヴィットがその運命をけっこう淡々と受け入れてしまっているので、切迫感が少ないかなと思ったりしました。
切迫感は「マイノリティ・リポート」のほうがあったような気がします。
ディック作品はある種の破綻した感じというのが良さだったりもするのですが、本作はそのあたりがきれいに整えられてしまっている感じがしました。
それによって、かえってこじんまりした印象になってしまったのかもしれません。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「けいおん!!」 去りゆく楽しかった日々 | トップページ | 「赤ずきん」 ダークなおとぎ話 »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

ディックの作品というのは、基本的には現実感が崩壊していくというような感じがあるんですよね。
その不安定さが魅力であったりするのですが、この作品はどちらかといえばラブストーリーに振っているので、そういうディックらしさは薄かったですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年7月21日 (木) 22時03分

>座りの悪さ感のようなものが感じられなかった
それ、わかる。なんかすっきりしてました。
ディックなのに・・・。
それってマット・ディモンがやってたのが、おっきいと思いますわ。
嫌みなのないいい奴ってのが似合いますからね。
んでもって、途中うまくいかないけど、最後は大丈夫て感じが出てました。それってディックじゃないですもんね。

投稿: sakurai | 2011年7月20日 (水) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/51925951

この記事へのトラックバック一覧です: 「アジャストメント」 きれいにまとめてこじんまり:

» アジャストメント [LOVE Cinemas 調布]
人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を映画化。人間の運命が全てアジャストメント(調整)されていることに気付いた男が、それに逆らい自らの力で運命を切り開く姿を描いている。主演は『ヒア アフター』のマット・デイモン、共演に『ガリバー旅行記』のエミリー・ブラント。監督は『オーシャンズ12』や『ボーン・アルティメイタム』の脚本を務めたジョージ・ノルフィが初演出だ。... [続きを読む]

受信: 2011年6月12日 (日) 20時15分

» 運命のふたり (アジャストメント) [cinemaholic]
The Adjustment Bureau (2011) 話の結末をうまいことまとめる案がなくて「あぁこれ最後は投げたな」。議長の存在もぼかして適当な存在にしちゃったから、終わり方にグダグダ感が否めない。 デヴィッドとエリースの運命を、別れるべき、いや実はそうじゃなかった、と...... [続きを読む]

受信: 2011年6月12日 (日) 20時35分

» 映画「アジャストメント」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「アジャストメント」観に行ってきました。フィリップ・K・ディックの短編小説「調整班(Adjustment Team)」を原作とする、マット・デイモン主演のSF恋愛サスペンス作品。201... [続きを読む]

受信: 2011年6月12日 (日) 23時17分

» アジャストメント [風に吹かれて]
運命の人 公式サイト http://adjustment-movie.jpフィリップ・K・ディックの同名短編小説の映画化最年少で下院議員となり、上院議員に立候補したデヴィッド・ノリス(マット・デイモン [続きを読む]

受信: 2011年6月13日 (月) 10時42分

» アジャストメント / THE ADJUSTMENT BUREAU [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click フィリップ・K・ディックの短編小説『調整班』を映像化したSF  そのポスターとはイメージ違って、サスペンスというより実はラブストーリー!? 主演は、マット・ディモン。ターゲットはSFファンというより、「運...... [続きを読む]

受信: 2011年6月13日 (月) 23時21分

» アジャストメント [そーれりぽーと]
『インセプション』+『マトリックス』+『シャッター・アイランド』? 加えて『ボーンシリーズ』?全部入りかよ的な予告編に期待していた『アジャストメント』を観てきました。 ★★★★ 運命は誰かに決められていて操作されている?!的な予告編に、今度はどんな方法でこの...... [続きを読む]

受信: 2011年6月15日 (水) 00時25分

» 【映画】アジャストメント [★紅茶屋ロンド★]
<アジャストメント を観て来ました> 原題:The Adjustment Bureau 製作:2011年アメリカ 「ブラック・スワン」を観に行ったついで(笑)に、ちゃっかり観てきちゃいました。 時間的に都合が良かったので。 「ブレード・ランナー」「マイノリティ・リポート」のフィリップ・K・ディックの原作をマット・デイモン主演で映画化しました。 この世界には「アジャストメント・ビューロー」という運命捜査局が存在する。 人の運命は決まっており、その通りの人生を歩まなければ様々な影響が未来ヘを... [続きを読む]

受信: 2011年6月15日 (水) 21時47分

» 映画「アジャストメント 」調整班として働いてみたい [soramove]
「アジャストメント」★★★ マット・デイモン、エミリー・ブラント、 アンソニー・マッキー、ジョン・スラッテリー、 マイケル・ケリー、テレンス・スタンプ 出演 ジョージ・ノルフィ監督、 106分 、2011年5月27日, 2011,アメリカ,東宝東和 (原作:原題:THE ADJUSTMENT BUREAU/調整班)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「運命操作局という組織が... [続きを読む]

受信: 2011年6月16日 (木) 07時19分

» アジャストメント/マット・デイモン [カノンな日々]
世の中の全ての出来事は予め決められた筋書き通りだという事実に気付いた主人公が定められた運命に逆らい自身の愛を貫こうとするSFサスペンス・ドラマです。『ブレードランナー』 ... [続きを読む]

受信: 2011年6月17日 (金) 09時46分

» アジャストメント(2011)☆★THE ADJUSTMENT BUREAU [銅版画制作の日々]
操作された《運命》に、逆らえ。 MOVX京都にて鑑賞。公開初日に観ました。 マット・デイモンが一目惚れする男性を演じていましたよ。何やら運命の間違えで、本当は相手のエリ―スと知りあうはずではなかったようですが。。。。 その間違えが彼にとっては良かったよ...... [続きを読む]

受信: 2011年6月17日 (金) 10時04分

» アジャストメント 汝、何を望むとも・・・・ [労組書記長社労士のブログ]
【=28 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート2本目、「汝、何を望むとも、そを祈るに、既に受けたりと知れ、然らばそを得ん。」  スラム出身のデヴィッドは上院議員候補として選挙に出馬していたが、過去のスキャンダルにより落選。敗北宣言を控えたデヴィッドだが...... [続きを読む]

受信: 2011年6月17日 (金) 14時42分

» アジャストメント [ダイターンクラッシュ!!]
2011年5月28日(土) 18:30~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:未確認 『アジャストメント』公式サイト フィリップKディックと言えば、「ブレード・ランナー」「トータル・リコール」「マイノリティ・リポート」「NEXT」とSFアクションだ。外れも多いけど。 そして、お猿さんが走っているポスターは、ジェイソン・ボーンを彷彿とさせる。監督は、「ボーン・アルティメイタム」の脚本家だと!? 条件は、そろった。「時は来た!それだけ... [続きを読む]

受信: 2011年6月17日 (金) 14時53分

» アジャストメント [新・映画鑑賞★日記・・・]
【THE ADJUSTMENT BUREAU】 2011/05/27公開 アメリカ 106分監督:ジョージ・ノルフィ出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー・マッキー、ジョン・スラッテリー、マイケル・ケリー、テレンス・スタンプ 操作された《運命》に、逆らえ。 政治家のデヴ...... [続きを読む]

受信: 2011年6月17日 (金) 15時19分

» アジャストメント [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
フィリップ・K・ディックの短編小説を「ヒアアフター」のマット・デイモン、「ウルフマン」のエミリー・ブラント共演で映画化したSFサスペンス。謎の組織が密かに人々の運命を支配 ... [続きを読む]

受信: 2011年6月17日 (金) 15時21分

» アジャストメント [象のロケット]
将来有望な若手政治家デヴィッドは、エリースという女性ダンサーと“運命的”に出逢い恋に落ちる。 ところが、彼の目の前に突然“アジャストメント・ビューロー(運命調整局)”と名乗る、謎の男たちが現れた。 ビューローの目的は、人々を既に決定している運命に正しく導くこと。 本来ならば、デヴィッドとエリースは“愛し合う運命ではなかったので、別れなければならないと言うのだが…。  SFラブストーリー。... [続きを読む]

受信: 2011年6月17日 (金) 19時21分

» 「アジャストメント」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The Adjustment Bureau」2011 USA デヴィッドに「グリーン・ゾーン/2010」のマット・デイモン。 エリースに「プラダを着た悪魔/2006」「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー/2007」 「ジェイン・オースティンの読書会/2007」「サンシャイン・クリーニング/2008」「ヴィクトリア女王 世紀の愛/2009」のエミリー・ブラント。 デヴィッドの友人で選挙参謀のチャーリーに「チェンジリング/2008」「噂のモーガン夫妻/2009」のマイケル・ケリー。 アジャス... [続きを読む]

受信: 2011年6月17日 (金) 20時04分

» 『アジャストメント』('11初鑑賞78・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 6月4日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:50の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年6月17日 (金) 20時42分

» 『アジャストメント』 マット・デイモンの功罪 [映画のブログ]
 マット・デイモンが主演することの功罪は何だろうか?  映画『アジャストメント』において、主演俳優としてマット・デイモンを迎えたことのメリットは、何といってもそのおかげで映画への注目が高まり、宣...... [続きを読む]

受信: 2011年6月17日 (金) 23時06分

» アジャストメント [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
The Adjustment Bureau: Library Edition運命に抗う男女の物語は、SFアクション大作として見ると肩透かしをクラう。むしろラブ・ストーリーとして楽しみたい。若き政治家のデヴィッドは、あ ... [続きを読む]

受信: 2011年6月17日 (金) 23時42分

» アジャストメント [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説「調整班」を映画化した作品。 上院議員選挙の有力候補だったものの選挙直前に発覚したスキャンダルのために落選した、デヴィッドは、偶然、エリースと出会います。彼女のおかげで「敗北宣言」で好評を博した彼ですが、彼女とは名前も聞... [続きを読む]

受信: 2011年6月18日 (土) 06時14分

» 劇場鑑賞「アジャストメント」 [日々“是”精進! ver.A]
自分の“運命”も調整されているのか、気になるなぁ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105270006/ アジャストメント―ディック短篇傑作選 (ハヤカワ文庫 SF テ 1-20) posted with amazlet at 11.05.24... [続きを読む]

受信: 2011年6月18日 (土) 06時23分

» 「アジャストメント」みた。 [たいむのひとりごと]
予告編とかチラシとかで持った印象とは随分違っちゃってるなぁというのが第一の感想。→のシーンみたいなのを画像で切り抜かれちゃうと、マットなぶんだけアクション満載映画だと勘違いしちゃうよね。てっきりサスペ... [続きを読む]

受信: 2011年6月18日 (土) 16時24分

» 『アジャストメント』・・・運命を決めるのは誰 [SOARのパストラーレ♪]
人の運命を操作する謎の組織“運命調整局”と、自分の運命を守るためにひとり立ち向かう若き政治家。そんなSF仕立ての熱いサスペンスに重きを置く作品だと思っていたら、そっちのほうは良くも悪くも適当な味付けで、要は困難に打ち勝って結ばれる男女の姿を描くラブストーリーだった。... [続きを読む]

受信: 2011年6月18日 (土) 17時46分

» *アジャストメント* [Cartouche]
選挙で敗れた上院議員候補デヴィッド・ノリス(マット・デイモン)。敗戦会見の準備をしていた彼は、見知らぬ女性エリース(エミリー・ブラント)と出会い、たちまち意気投合する。さらに、会見を無事に切り抜けたデヴィッドは全米一のベンチャー企業に役員として迎えられ、次回上院選の有力候補として再浮上する。だが、そんな彼の行動を逐一モニターする謎の集団があった。社会の裏で超人的な能力を駆使して、人間の運命を操作する運命調整局のエージェントたちだった。               ..... [続きを読む]

受信: 2011年6月18日 (土) 21時52分

» アジャストメント [ぷち てん てん]
☆アジャストメント☆(2011) ジョージ・ノルフィ監督 マット・デイモン エミリー・ブラント アンソニー・マッキー ジョン・スラッテリー テレンス・スタンプ 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ふむふむ、SFサスペンスだけどロマンスなのねえ。 アクションはほとんどなくて、マ...... [続きを読む]

受信: 2011年6月18日 (土) 22時49分

» アジャストメント / The Adjustment Bureau [勝手に映画評]
『ブレードランナー』『トータル・リコール』『マイノリティ・リポート』・・・と、数多くの作品が映画化されているフィリップ・K・ディック原作の作品の映画化。もちろん、この作品も、これまでの作品と同様、SFなんですが、より恋愛物語色が強くなっています。 『ジェ...... [続きを読む]

受信: 2011年6月18日 (土) 23時11分

» アジャストメント [こんな映画見ました〜]
『アジャストメント』---THE ADJUSTMENT BUREAU---2011年(アメリカ)監督:ジョージ・ノルフィ 出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント 、アンソニー・マッキー 、テレンス・スタンプ 人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説をldquo;ジェ...... [続きを読む]

受信: 2011年6月18日 (土) 23時33分

» アジャストメント THE ADJUSTMENT BUREAU [シネマDVD・映画情報館]
アジャストメント 監督・脚本:ジョージ・ノルフィ 出演:マット・デイモン/エミリー・ブラント/テレンス・スタンプ/アンソニー・マッキー 内容:将来有望な若手政治家デヴィッドは、ある日エリースという美しいバレリーナと運命的に出逢い、一目惚れする。しかし突如現れたアジャストメント・ビューロー(運命操作局)と呼ばれる男たちによって、彼は拉致されてしまう。ビューローの目的は、本来恋に落ちる予定ではなかったデヴィッドとエリースを引き離し、運命の書に... [続きを読む]

受信: 2011年6月19日 (日) 09時09分

» アジャストメント (2011) [☆ひっくり返ったおもちゃ箱☆]
 人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を“ジェイソン・ボーン”シリーズのマット・デイモン主演で映画化したSFサスペンス・アクション。人々の運命が超自然的な存在“アジャストメント・ビューロー(運命調整局)”によって管理されていることを知ってしまった主人公が、その得体の知れない巨大な力に反撃していくさまを描く。共演は「ヴィクトリア女王 世紀の愛」のエミリー・ブラント。監督は「オーシャンズ12」や「ボーン・アルティメイタム」の脚本を手掛け、本作が監督デビューとなるジョージ・ノルフ..... [続きを読む]

受信: 2011年6月19日 (日) 15時46分

» アジャストメント [りらの感想日記♪]
【アジャストメント】 ★★★☆ 映画(28)ストーリー 将来を嘱望されていた若手政治家デヴィッド(マット・デイモン)はある日、美しい女性、エ [続きを読む]

受信: 2011年6月19日 (日) 21時15分

» アジャストメント [5125年映画の旅]
政治家のデヴィッドは、マスコミにスキャンダルを暴露された事で選挙戦に敗北するが、偶然出会った女性・エリースの助言によって再起の機会を得る。しかしそれらは全て運命調整局 ... [続きを読む]

受信: 2011年6月19日 (日) 22時35分

» 「アジャストメント」 [みんなシネマいいのに!]
 フィリップ・K・ディックの短編小説の映画化だけど、毎度のことながら自分は未読。 [続きを読む]

受信: 2011年6月25日 (土) 09時22分

» アジャストメント 評価:★★ [20XX年問題]
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます [続きを読む]

受信: 2011年6月26日 (日) 23時10分

» アジャストメント [ルナのシネマ缶]
SFアクション映画かと思ったら、 ラブストーリーで ちょっと肩すかしな作品でした。 どうせなら、もっとアクション バリバリな感じが見たかったなぁ〜。 でも、何が何でも彼女と一緒に なりたい!って思いが凄かったです。 政治家のデヴィッド(マット・デイモン)は、ある日、 バレリーナのエリース(エミリー・ブラント)と恋に落ちる。 しかし、突如現れた男たち、“アジャストメント・ビューロー(運命調整局)”に よって拉致されてしまう。彼らの目的は、 本来愛し合う予定ではなかったデヴ... [続きを読む]

受信: 2011年6月27日 (月) 00時03分

» ★「アジャストメント」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
平日休みの2本目。 もう売れっ子のなっちゃった「ボーン〜」シリーズのマット・デイモン主演作。 [続きを読む]

受信: 2011年6月28日 (火) 03時17分

» アジャストメント [食はすべての源なり。]
アジャストメント ★★★★☆(★4つ) 完全なるラブストーリーでしょ!!!! ちょっと想定外。 天使(金城武「死神の精度」に出てくるような天使)たちによって、運命は操作され、外れると軌道修正される。一人の女性との出会いが忘れられない主人公は、天使の居眠りミスにより二度と出会うはずのない女性と再会。 大統領候補の運命を持つ男の人生を「調整」するため、天使の数々の邪魔(といっても、停電にしたり、携帯を圏外にしたりかわいいもの)に立ち向かう、愛を貫くために!! ヒロイン役が、「プラダを着た悪魔... [続きを読む]

受信: 2011年6月28日 (火) 14時51分

» 「アジャストメント」 [prisoners BLOG]
主人公マット・デイモンの主観に密着していないと成立しない半分以上妄想に思える世界だと思うのだが、そのあたりの方法が曖昧。本当に誰かが運命を操っているという描き方で、その分不安感や悪夢感覚やサスペンスが薄れて、ただ荒唐無稽になった。 フィリップ・K・ディッ...... [続きを読む]

受信: 2011年6月29日 (水) 10時42分

» 映画『アジャストメント』を観て [kintyres Diary 新館]
11-38.アジャストメント■原題:The Adjustment Bureau■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■鑑賞日:6月4日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督・脚本・製作:ジョージ・ノルフィ□原作:フィリップ・K・ディック□撮影監...... [続きを読む]

受信: 2011年7月12日 (火) 22時39分

» 映画『アジャストメント/THE ADJUSTMENT BUREAU』 [オタマ・レベルアップ]
映画『アジャストメント/THE ADJUSTMENT BUREAU』を見たよぉ~ オフィシャル・サイト http://adjustment-movie.jp/ メディア 映画 上映時間 106分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(東宝東和) 初公開年月 2011/05/27 ジャンル SF/サスペンス/ロマンス 解説・・ 人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を“ジェイソン・ボーン”シリーズのマット・デイモン主演で映画化したSFサスペンス・アクション。人々... [続きを読む]

受信: 2011年7月12日 (火) 23時37分

» 『アジャストメント』 [beatitude]
スラム出身のデヴィッド(マット・デイモン)は上院議員候補として選挙に出馬していたが、過去のスキャンダルにより落選。敗北宣言を控えたデヴィッドだが、エリース(エミリー・ブラント)という女性と偶然出会った事から予定とは違うスピーチをし、結果それが功を奏す。...... [続きを読む]

受信: 2011年7月16日 (土) 13時52分

» 映画:アジャストメント [よしなしごと]
 SF映画だと思って観に行ったら肩すかし食らうよ。恋愛映画だと思って観に行ってと何度も念を押された作品、アジャストメントを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2011年7月18日 (月) 08時58分

» アジャストメント [迷宮映画館]
マットの政治家ってのも、なんかありだわ。 [続きを読む]

受信: 2011年7月20日 (水) 19時39分

» アジャストメント [迷宮映画館]
マットの政治家ってのも、なんかありだわ。 [続きを読む]

受信: 2011年7月20日 (水) 20時10分

» アジャストメント [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
アジャストメント'11:米◆原題:1THE ADJUSTMENT BUREAU◆監督:ジョージ・ノルフィ◆出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー・マッキー、ジョン・スラッテリー、マイケル・ ... [続きを読む]

受信: 2011年8月12日 (金) 17時05分

» 11-180「アジャストメント」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
人は運命を自分で描ける   将来を嘱望されていた若手政治家デヴィッドはある日、美しい女性、エリースと出会い心惹かれる。しかし、彼女との仲が深まり始めた矢先、彼は突如現われた黒ずくめの男たちに拉致されてしまう。  彼らは“アジャストメント・ビューロー(運命調整局)”という謎の組織に所属し、人間たちがあらかじめ決められた運命から逸脱しないよう、超人的な能力で監視・調整を行う集団だった。  そしてデヴィッドに、本来出会う運命にはなかったエリースとは今後決して再会しないよう強引に従わせようと...... [続きを読む]

受信: 2011年8月14日 (日) 21時24分

» アジャストメント [銀幕大帝α]
THE ADJUSTMENT BUREAU/11年/米/106分/SFサスペンス・ロマンス/劇場公開 監督:ジョージ・ノルフィ 製作:ジョージ・ノルフィ 原作:フィリップ・K・ディック『調整班』 脚本:ジョージ・ノルフィ 出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー...... [続きを読む]

受信: 2011年9月16日 (金) 01時04分

» アジャストメント (The Adjustment Bureau) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョージ・ノルフィ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★★ 日々なんてものは偶然の積み重ねでしかないはずなのに、何をやっても上手くいく時期や、その反対に何をやってもダメな時期が続いたりしますよねぇ。特にダメな時期な…... [続きを読む]

受信: 2011年9月21日 (水) 11時48分

» アジャストメント [いやいやえん]
マット・デイモン主演のなんていったらいいのかよくわからない作品です。SFサスペンス?ラブストーリー?ミステリー? 上院議員に立候補したデヴィットはあえなく落選する。次の日「調整員」が7時5分にコーヒーをこぼせられなかったために運命が狂ってしまうんですね、運命が変わりデヴィットはトイレで出会って惹かれたバレエダンサーのエリースと再会する。 調整員たちは人々の運命を変えないように「調整(アジャストメント)」するのが仕事。まるで神の仕事のようですね…それにしても、どこでもドアは便利。デヴィッド... [続きを読む]

受信: 2011年9月23日 (金) 11時05分

» 『アジャストメント』 [kuemama's_webryblog]
【THE ADJUSTMENT BUREAU】 2011年/東宝東和/106分 【オフィシャルサイト】 監督:ジョージ・ノルフィ 出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー・マッキー、ジョン・スラッテリー、マイケル・ケリー、テレンス・スタンプ... [続きを読む]

受信: 2011年12月17日 (土) 15時20分

» アジャストメント [まぁず、なにやってんだか]
本当に久々に試写会に行ってまいりました。 大好きなマット・デイモンの映画が観たい! という熱意が伝わったんでしょうね。多分。 政治家デヴィッド・ノリス(マット・デイモン)の演説、かっこいいじゃない!? それだけで、この映画への期待感が高まります。 そして謎の山高帽の紳士たち、ショッカーのような黒制服の軍団。あなたたちは何なの? ちょっとSFチックで、興味津々です。 ワクワク感としてはインセプションの7~8割くらいかな。 でも、デヴィッドのラブシーンはどうかなぁ。私のマット・デ... [続きを読む]

受信: 2012年2月17日 (金) 15時13分

» 『アジャストメント』'11・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ将来有望な若手政治家デヴィッドは、ある日エリースという女性に、一目惚れするが・・・。解説サターン賞SF作品賞助演女優賞ノミネート発表は6月20日だが、絶対に受賞... [続きを読む]

受信: 2012年3月28日 (水) 08時54分

» 『アジャストメント』'11・米 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじ将来有望な若手政治家デヴィッドは、ある日エリースという女性に、一目惚れす [続きを読む]

受信: 2012年3月28日 (水) 08時54分

» 【映画】アジャストメント…最高議長なら見かけましたけど、 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
4月に入って初めての更新です 途中、月初めの頃の強風やら、天気の話などを草稿していたのですが、時機を逸してしまったので全部却下しました で、早速は映画観賞記録 「アジャストメント」 (監督:ジョージ・ノルフィ、出演:マット・デイモン、エミリー・ブラン...... [続きを読む]

受信: 2012年4月12日 (木) 22時51分

» アジャストメント [映画感想メモ]
SF+アクションかと思って借りたら、恋愛映画だった。 いい加減あらすじ 主人公デ [続きを読む]

受信: 2012年6月16日 (土) 06時33分

» アジャストメント [みすずりんりん放送局]
[続きを読む]

受信: 2012年6月19日 (火) 12時02分

» 『アジャストメント』  [コナのシネマ・ホリデー]
運命調整局のミスによって出会ってしまった若手政治家デヴィッドとバレリーナのエリース。運命ではない運命的な出会いを修正するべく奔走する運命調整局員たち。だが、ふたりが言うことを聞かない。... [続きを読む]

受信: 2012年6月29日 (金) 23時54分

» 『アジャストメント』 [Matthewの映画日記?]
マット・デイモン主演の『アジャストメント』観てきました。 マット・デイモン作品は、『ヒア アフター』に続き、今年2作品目です。 あらすじは スラム出身のデヴィッドは上院議員候補として選挙に出馬していたが、過去のスキャンダルにより落選。敗北宣言を控...... [続きを読む]

受信: 2012年10月23日 (火) 20時27分

» アジャストメント [miaのmovie★DIARY]
アジャストメント [DVD](2012/05/09)マット・デイモン、エミリー・ブラント 他商品詳細を見る 【ADJUSTMENT BUREAU】 制作国:アメリカ 制作年:2011年 将来有望な若手政治家デヴィッド(マット・デイモ...... [続きを読む]

受信: 2013年7月30日 (火) 17時31分

« 「けいおん!!」 去りゆく楽しかった日々 | トップページ | 「赤ずきん」 ダークなおとぎ話 »