« 「SUPER8/スーパーエイト」 スピルバーグLOVE過ぎ | トップページ | 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 真摯に、ひたむきに »

2011年6月25日 (土)

本 「しかたのない水」

普段はあまり読まないタイプの小説です。
なんとなくタイトルの雰囲気に不思議なものを感じたので手に取りました。
本作はあるフィットネスクラブに集まる男女の恋というか、情事にまつわる短編連作集です。
登場人物の生き方や考え方へはなかなか全面的に共感しにくい部分もあるのですが、ある一部の黒い部分については心のどこかにはあるのかもしれないと思いました。
そういうふうに行動するかどうかは別にして。
そういうところは文庫の巻末にある解説にあるように大人の小説と言えるかもしれません。
登場人物はそれぞれ自分の中にある黒い部分について自覚はあるものの、それをどうしようともしません。
できないのか、しないのかというところも、彼ら彼女らにはあいまいなのかもしれません。
それがタイトルの「しかたのない」という言葉によく出ているなと思いました。
このようになってしまった自分、このようにしてしまう自分、そうなってしまったのも「しかたのない」と。
「水」という言葉も、「低きに流れる」ではないですが、自分の中の黒い部分に抵抗するわけではなく、なんとなくそれに従って生きてきて、今の自分になってしまったというようなニュアンスがでているなと思います。
その二つの言葉があわさって「しかたのない水」となると、また違った種類の言葉の反応みたいなものが起こり、不思議な雰囲気がでています。
秀逸なタイトルの付け方だなと思いました。

「しかたのない水」井上荒野著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-130252-2

|

« 「SUPER8/スーパーエイト」 スピルバーグLOVE過ぎ | トップページ | 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 真摯に、ひたむきに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/52036767

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「しかたのない水」:

» 『しかたのない水』 [観・読・聴・験 備忘録]
井上荒野 『しかたのない水』(新潮文庫)、読了。 解説の「脂っこい」という表現がぴったりの連作短編集。 とあるスポーツクラブに集まる人々を主人公に、 スポーツクラブを離れた彼らの生活の「ホン...... [続きを読む]

受信: 2013年6月 8日 (土) 18時35分

« 「SUPER8/スーパーエイト」 スピルバーグLOVE過ぎ | トップページ | 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 真摯に、ひたむきに »