« 本 「論点思考 -BCG流 問題設定の技術-」 | トップページ | 本 「敵は海賊・正義の眼」 »

2011年6月18日 (土)

「さや侍」 松本人志に泣かされた

「大日本人」「しんぼる」と奇作を発表している松本人志監督。
新作は時代劇、それも主人公は刀を持たない侍で、それを演じるのは誰だかわからんおっさん(松本さんの番組に出てた方のようですね、バラエティ見ないので知らなかった)ということなので、また変化球でくるかと思ってました。
確かに本格時代劇とは違って、チャンバラがあるわけではないですし、松本さん監督らしい笑いなどはあるのですが、物語はしっかりとした父と娘になっていて、最後の坊主が読む手紙のところでは泣かされてしまいました。
まさか、松本人志さんに泣かされるとは・・・。
松本さんの今までの作品は奇妙奇天烈な設定、世界観がありました。
本作は「30日の行」という奇妙な設定がありますが、それ以外はまっとうな時代劇の設定です。
奇妙なのは世界というよりも、主人公である野見自身です。
彼は侍でありながら、さやしかもたない男で、何かから逃げ続けているように見えます。
劇中しばらくは彼は一言も話さないので、正直何を考えているのかわからない男です。
捕らえられ「30日の行」という不条理な役割を負わされても、彼は淡々とそれを受け入れます。
というより抵抗する力がないというような感じでしょうか。
彼は妻を流行病で失ったという事実が途中で明らかになります。
そして、刀を捨てたことも。
これは描かれていないですが、野見は侍としての大事なお役目をしていて、その中で大事な妻を失ってしまったのではないでしょうか。
彼はその当時は侍としての自負を持っていた男のように思います。
しかし妻を失うことにより、侍として生きてきた自分自身にも疑問をもってしまったのかもしれません。
そういう彼を、娘のたえは「侍らしく生きてくれ」もしくは「侍らしく死んでくれ」と言います。
おそらくたえは昔の父から「侍らしく生きること」を教わったのではないのでしょうか。
けれどその父は、母を失ってからは逃げていくことしかしない。
たえからさえも逃げようとしている(オープニングのシーンから)。
それをたえは父が変わってしまったというように思っていたのでしょう。
けれど野見の中で、侍の心が全くなくなったわけではなかったのです。
刀身はなくとも、さやという刀の一部は大切にしているということ。
不条理とはいえ、与えられた役割を淡々と行っていくということ。
そして憐れみ、施しを受けるくらいであれば、誇りを持って死ぬということ。
彼が最後に死を選んだのは、やはり侍としての誇りを守るためであったのでしょう。
たえが意味じくも言ったように、あのまま殿様の憐れみを得、生きたとしても、それはもう侍という存在ではありません。
野見は「30日の行」をたえと共に行うことにより、次第に侍としての誇りを再び心の中にともしていったのだと思います。
すばらしかったのは、たえを演じた子役の熊田聖亜ちゃん。
初めて見ましたが、とても演技が上手で感心しました。
うだつのあがらない野見にむかって厳しい言葉をはく前半の演技。
淡々と役目をこなしていく父をサポートしようとする健気さ。
何よりも個人的にやられたのは、最後野見が切腹に向かうシーンです。
オープニングからわかるように、距離感のあった父娘の距離が縮まり、野見がたえの手を握る場面です。
このシーンのたえが、ほんとうに嬉しそうで。
ずっと頼りにならない父を励まし、支えて気丈にしていたたえが、このときばかりは本当に幼い娘になり父親といっしょにいることが心底嬉しいという笑顔に見えました。
まず、このシーンで泣かされ。
そして最後の手紙のシーンで泣かされ。
奇妙奇天烈な時代劇になるんじゃないかという当初の予想は外れ、思い切りまっすぐな父娘のストーリー、そして男の誇りについての物語にやられました。
うーん、やっぱり松本人志という男は一筋縄ではいかないですね。

松本人志監督「大日本人」の記事はこちら→
松本人志監督「しんぼる」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「論点思考 -BCG流 問題設定の技術-」 | トップページ | 本 「敵は海賊・正義の眼」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/51979467

この記事へのトラックバック一覧です: 「さや侍」 松本人志に泣かされた:

» さや侍 [LOVE Cinemas 調布]
『大日本人』、『しんぼる』に続くダウンタウン・松本人志監督の第3弾。前2作とはがらっと変わり今回は時代劇に挑戦だ。脱藩の罪で捕まった主人公が、母を亡くした事で笑顔を失った藩主の息子を笑わせるための“三十日の業”を通じて娘との絆を取り戻していく様子を笑いと感動を交えて描いている。主演は野見隆明、共演に熊田聖亜。他にも板尾創路、柄本時生、伊武雅刀、國村隼と言った個性派が揃う。... [続きを読む]

受信: 2011年6月18日 (土) 22時10分

» 【映画】さや侍 [★紅茶屋ロンド★]
<さや侍 を観て来ました> 製作:2011年日本 観て来ました…とかいって、実は観たのは大分前。3月?4月?そのくらい。 東北大震災が起こってから、初めての試写会で鑑賞しました。それも、松竹のスニーク試写会で。 スニーク試写会とは、映画館に行って、上映されるまで、観客は何が上映されるのか全く知らされないシークレット試写会の事。私も松竹だから、何が上映されるのかとっても楽しみにしていったのですが…(笑) まさか「さや侍」とはwww 実は、監督である松本人志の作品は一つも見た事がありません。... [続きを読む]

受信: 2011年6月19日 (日) 17時41分

» さや侍 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
公式サイト松本人志監督作品第3弾は、野見隆明という“素人”を独特の演出で使ったことが異化効果になっている。過去作品に比べ格段に分かりやすい。ある事情で、刀を捨てた侍・ ... [続きを読む]

受信: 2011年6月19日 (日) 18時58分

» さや侍 [象のロケット]
脱藩し、刀を捨て、娘たえと逃亡の旅を続けていた侍・野見勘十郎は遂に捕まった。 変り者として世に名を馳せていた殿様の前に連行された勘十郎は、“三十日の業”を言い渡される。 それは、「母君を亡くした悲しみで全く笑わなくなった若君の笑顔を三十日間かけて取り戻せ」というものであった。 成功すれば無罪放免、失敗すれば即、切腹。 野見の一日一芸の日々が始まったが…。 時代劇。... [続きを読む]

受信: 2011年6月19日 (日) 20時23分

» さや侍 [新・映画鑑賞★日記・・・]
2011/06/11公開 日本 103分監督:松本人志出演:野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、腹筋善之介、伊武雅刀、國村隼 ある出来事により、侍として戦うことをやめ、刀を捨てた野見勘十郎。そんな父に対し、娘は反発していた。2人は、あてもなく旅を...... [続きを読む]

受信: 2011年6月20日 (月) 11時28分

» 劇場鑑賞「さや侍」 [日々“是”精進! ver.A]
さや侍は、何を持って戦うのか・・・ 坂戸市の島田橋が使われてましたよ~ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106140004/ マンスリーよしもとPLUS (プラス) 2011年 07月号 [雑誌] posted with amazlet at 1... [続きを読む]

受信: 2011年6月21日 (火) 20時10分

» 『さや侍』('11初鑑賞82・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆★-- (10段階評価で 5) 6月11日(土) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 18:35の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年6月21日 (火) 20時42分

» さや侍/野見隆明、熊田聖亜、板尾創路 [カノンな日々]
ダウンタウンの松本人志監督の長編第3作目です。クレジットを見ると今回本人は出演されなくて監督業専念してるようですね。今作に関するインタビューでは有名人監督ゆえの悩みを告 ... [続きを読む]

受信: 2011年6月21日 (火) 21時25分

» さや侍 [Akira's VOICE]
ラストが良い! それだけで満足。   [続きを読む]

受信: 2011年6月22日 (水) 10時19分

» さや侍 [映画的・絵画的・音楽的]
 『さや侍』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)これまで松本人志の監督作品は肌が合わないのではと思って敬遠してきたものの、今回の作品は、従来のものとはだいぶ趣が違っているとのことなので、それならと映画館に出かけてきました。  実際見てみると、わけのわか...... [続きを読む]

受信: 2011年6月22日 (水) 21時32分

» 切腹を申し付ける [笑う学生の生活]
13日のことですが、映画「さや侍」を見ました。 松本人志監督作品 どうしても 期待してしまうのですが・・・ 今までの作品と比べても 1番 映画らしい作りで ある意味 見やすい作品でした 若君を笑わせるための 三十日の業 これがベースとなるわけで まぁ、1日 1ネ...... [続きを読む]

受信: 2011年6月22日 (水) 22時58分

» さや侍 [だらだら無気力ブログ]
人気お笑い芸人・松本人志が、「大日本人」「しんぼる」に続いて手掛けた 映画監督作第3弾。自身初の時代劇に挑戦し、ある理由からさやしか持たない 侍が、脱藩の罪で捕まり、幼い娘と共に無罪放免を懸けた“三十日の業”に 立ち向かう中で、次第に親子の絆が育まれてい…... [続きを読む]

受信: 2011年6月23日 (木) 00時45分

» 『さや侍』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「さや侍」□監督・脚本 松本人志 □脚本協力 高須光聖、長谷川朝二、江間浩司、倉本美津留□キャスト 野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、伊武雅刀、國村 隼、りょう■鑑賞日 6月18日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(...... [続きを読む]

受信: 2011年6月23日 (木) 08時13分

» シネトーク64『さや侍』●松ちゃんはこの映画で何を目指したんだろう? [ブルーレイ&シネマ一直線]
三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「最近、映画館で予告編を見てて『邦画って犬と難病ものが好きだね~』と思うことが多い」 シネトーク64 『さや侍』&『大日... [続きを読む]

受信: 2011年6月24日 (金) 02時38分

» さや侍 [シネマDVD・映画情報館]
さや侍 監督:松本人志 出演:野見隆明/熊田聖亜/りょう/ROLLY/腹筋善之助/國村隼/伊武雅刀/板尾創路/柄本時生 内容:とあることがきっかけで、自ら侍として戦うことを拒絶し、刀を捨てた野見勘十郎。そんな父を軽蔑し反発する娘たえ。二人は行くあてもない流浪の旅を続けていた。無断で脱藩した罪に問われていた勘十郎には懸賞金が掛けられていた。次第に追い詰められた勘十郎は遂に捕らわれるのだが、捕まった藩の殿様は相当な変わり者として世に名を馳せていた。殿様の眼前に連行された勘十郎は、30... [続きを読む]

受信: 2011年6月25日 (土) 05時41分

» 松本人志の第3弾。【映画】さや侍 [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】さや侍 『大日本人』『しんぼる』に続く、 ダウンタウン松本人志監督の長編第3弾。 【あらすじ】 ある出来事により、侍として戦うことをやめ、刀を捨てた野見勘十郎(野見隆明)。そんな父に対し、娘(熊田聖亜)は反発していた。2人は、あてもなく旅をしてい... [続きを読む]

受信: 2011年7月 1日 (金) 19時51分

» さや侍 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「大日本人」「しんぼる」に続く松本人志監督の長編3作目。侍でありながら鞘しか持たない父と、その不甲斐なさに反発する娘の姿を描く。出演は、TV『働くおっさん劇場』で強烈なイ ... [続きを読む]

受信: 2011年7月 1日 (金) 20時36分

» さや侍 [5125年映画の旅]
刀を持たず、さやだけを腰に下げた賞金首のさや侍こと野見勘十郎。娘と旅をする彼は多幸藩で遂に御用となってしまうが、多幸藩では罪人は領主の息子である若君の笑顔を取り戻すた ... [続きを読む]

受信: 2011年7月12日 (火) 07時47分

» 「さや侍」 [prisoners BLOG]
松本人志が「シネマ坊主」で、王様を笑わせなかったら死罪となる芸人を扱った韓国映画「王の男」について、あれで笑わせられるとは思えない、とお笑いのプロとして批判していたが(もっとも、あれは王が笑ってしまってから後のドラマの方が眼目だったけれど)、似たような...... [続きを読む]

受信: 2011年7月19日 (火) 05時16分

» さや侍 [愛猫レオンとシネマな毎日]
松本人志監督の第3作目になります。 実は、前2作共、未見です。 本作を見た理由は、3つ。 1つ、松本監督が、出てないから・・・ 2つ、時代劇だから・・・ 3つ、トーク番組で、海外では才能を認めてくれていると、    自信たっぷりだったから・・・ でも、もしスカだったら、腹が立つのでポイント鑑賞で見ました。 どこまで嫌ってんだ?って感じですが・・・ 前2作を見てないのは、見た人から「見なくていい!」と言われたからなのです。 公開日を、大分過ぎて、迷った揚句に鑑賞したワケですが・・・ 正直、ワタシ... [続きを読む]

受信: 2011年7月25日 (月) 23時20分

» 『さや侍』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 さや侍 』 (2011) 監  督 :松本人志キャスト :野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、腹筋善之助、清水柊馬、竹原和生、伊武雅刀 独特の感性で作品を送り出してきた...... [続きを読む]

受信: 2011年7月29日 (金) 01時32分

» 別館の予備(感想203作目 さや侍) [スポーツ瓦版]
8月7日 さや侍 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10973483574/84d1c777 [続きを読む]

受信: 2011年8月 7日 (日) 11時37分

» さや侍(感想203作目) [別館ヒガシ日記]
さや侍は劇場で鑑賞も結論は前2作よりも良かったよ 内容はが捨て鞘のみ脇差する野見勘十郎& 不甲斐ない父に反発の娘たえ旅も多幸藩で捕まえられ 多幸藩の変わり者... [続きを読む]

受信: 2011年8月 7日 (日) 11時37分

» さや侍 [あーうぃ だにぇっと]
5月23日(月)@ニッショーホール。 松本監督の前2作は観ていない。 映画館にまで足を運ぶ気がしなかった。 試写会当てたかったが、これがまた当たらないのだ。 今回の「さや侍」も結局当たらなかった。 しかたなく(笑)50円ムービーの掲示板で買い付けた。 送料込み500円の図書カード1枚。 ひとりあたりコストは290円。... [続きを読む]

受信: 2011年8月15日 (月) 16時34分

» さや侍 [銀幕大帝α]
11年/日本/103分/時代劇コメディ/劇場公開 監督:松本人志 企画:松本人志 脚本:松本人志 脚本協力:板尾創路 出演:野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、伊武雅刀、國村隼 <ストーリー> ある理由から刀を捨て、さやだけを携えた侍・野...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 7日 (月) 01時18分

» さや侍 [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:今、お腹すいてる? 参加中 始終何か口にしてしまう私です。 映画を観る前には何かを食べ、 観終わったら、また食べに行ってしまう。 家で観る時は、 観ている間も何か食べているかも。 年中空腹。(爆) さて、松本人志監督の三つ目の作品。 一作... [続きを読む]

受信: 2011年11月 8日 (火) 16時52分

» 「さや侍」 [みんなシネマいいのに!]
 松本人志監督作品第3弾。 さやしか持たない侍が、娘連れで脱藩の罪で捕まり、無罪 [続きを読む]

受信: 2011年11月12日 (土) 19時26分

» 11-261「さや侍」(日本) [CINECHANが観た映画について]
父と娘の絆は永遠です   ある出来事をきっかけに刀を捨て、さやだけを持つようになった武士、野見勘十郎。一人娘のたえを連れ、無断で脱藩し追われる身となっていた。  しかしついに多幸藩の追っ手に捕らえられ、殿様の前に差し出される。  ところが、変わり者で知られる殿様が勘十郎に処した刑は“三十日の業”。それは、母を亡くして以来、笑顔をなくした若君を、一日一芸で30日の間に笑わせられたら無罪放免、できなければ切腹というものだった。  これまで多くの罪人が挑戦したものの、誰一人成功していなか...... [続きを読む]

受信: 2011年12月28日 (水) 17時39分

» さや侍 [我が頭に巣くう映画達]
68点 2011年の日本映画で、 監督はダウンタウンの松本人志さん、主演は野見隆明さんです。 刀を捨てた主人公の侍は、脱藩した罪により切腹を命じられるが、 30日の間に笑顔を失った若君を笑わせること...... [続きを読む]

受信: 2012年3月18日 (日) 16時26分

» 『さや侍』 笑いながら哀しみに包まれる、松本監督が描く武士の一分 [コナのシネマ・ホリデー]
松本人志監督の第3作目、『さや侍』。TV番組の映画紹介で流れたいくつかのシーンを見ているうちに、「この作品は、ひょっとすると面白いのかもしれない・・・。」と思い、鑑賞することに。果たして?!... [続きを読む]

受信: 2012年6月28日 (木) 23時09分

« 本 「論点思考 -BCG流 問題設定の技術-」 | トップページ | 本 「敵は海賊・正義の眼」 »