« 本 「日米同盟の正体 -迷走する安全保障-」 | トップページ | 「プロジェクトA」 やっぱりジャッキーすごいです »

2011年5月 7日 (土)

「岳 -ガク-」 自分の無力さに立ち向かう勇気

レスキュー隊員や、消防士、自衛隊、もちろん山岳救助隊の方々は凄い。
なぜなら人の命を救うために、自分の命をも懸けて、現場に入っていくわけだから。
そう思っていました。
けれど、本作を観て、そういう方たちはもっと重いものを背負っているのだなと、初めて気づきました。
たぶんそういう方たちが、なにより辛いのは、自分の手の中で命が消えていく場面に立ち会わなくてはいけないことなのでしょう。
それこそ映画で描かれるような命懸けで厳しい現場に入っていくヒーローといったような格好のいいものではなく、もっと実際は厳しく辛い現実に直面せざるをえないのでしょう。
本作で描かれる冬山の厳しい状況、また災害現場などは人間一人の力で太刀打ちできるようなものではありません。
そういう状況を前にして、自分にもう少し力があれば救えたかもしれないというような無力感にも彼らは向かい合わなくてはいけません。
すべての人を救えるわけではありません。
けれど、もう少し、もうちょっとでという思いに苛まれるのだろうと思います。
普通だったら逃げ出したくなる。
目を逸らしたくなる。
その自己の無力感のようなものに向かい合うというのは、それこそが勇気であったのだと感じました。
そういう辛い思いにも向かい合える気持ちこそが、彼ら命懸けで人を救う仕事をしている方々が凄いと感じさせる理由のだと思いました。

本作を観る前は、山岳救助ボランティアである三歩(小栗旬さん)を中心にした感動ドラマだと思っていました。
三歩が主人公であることはそうなんですが、ストーリーは新人山岳救助隊員である久美(長澤まさみさん)が、ほんとうのプロの救助隊員になるまでの成長物語となっていました。
久美の視点は、観ている観客の視点でもあります。
久美は純粋に人を救いたいという気持ちもあり、一所懸命さもあります。
けれど隊員として働くようになり、やるせないこと、空しく感じることにも遭遇します。
そして三歩が人の生き死に関わる状況であっても淡々といつもと変わらず大らかであることに苛立ちます。
けれど三歩がそれほど大らかであるのは、たぶん自然に対しての敬いのようなものがあるからではないかと思いました。
人間の小賢しさではどうにもならないことはある。
けれど、だからこそその人間の小さい力ができる範囲でまっすぐに限界まで力を尽くさなければならないという思いに三歩は達しているのでしょう。
彼は「がんばって生きよう」と言います。
「がんばって」というのはギリギリまで力を尽くすということです。
そこまで「生きる」ということにこだわろうと。
自分も、他の人も。
そういう気持ちになることこそ、人を救う仕事のプロになるということなのですよね。
久美というキャラクターを通して、そういう仕事をする方々の気持ちの一端に触れることができ、尊敬の念を強めました。

<追記>
三歩がしていた腕時計のSUNTO。
僕がいつもしているとの全く同じモデルで、色も同じオレンジ。
ちょっと嬉しかったです。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「日米同盟の正体 -迷走する安全保障-」 | トップページ | 「プロジェクトA」 やっぱりジャッキーすごいです »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

届きそうなのに届かないときの無力感はたいへんなものだろうなと思いました。
自分の仕事じゃそういう種類の辛さはないからなぁ。
ただただ頭が下がる思いでした。
久美の物語でしたよね。
三歩はまさに山そのものという感じがしました。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年6月 9日 (木) 21時19分

そうですねえ。無力感を何より感じる仕事かもしれませんね。
医者もそうかな。。教師もちょっとありますけど、生き死にはないからなあ。
無力感とともに、大いなる達成感もあるんでしょうね、きっと。
私も久美ちゃんの成長物語だと思いました。
スポ根物語として見ると、王道ですね。
脇役の使い方が、ちょっと勿体ないなあと思いましたわ。

投稿: sakurai | 2011年6月 7日 (火) 07時57分

たいむさん、こんばんは!
遅くなりまして申し訳ありません・・・。
地獄のような忙しさでした・・・。

想像していたより、ずっと良かったなと思いました。
三歩を描くというよりは、久美の映画だったかなと。
三歩はまさに山そのものというか、山の象徴のような人でした。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年5月27日 (金) 22時21分

死ぬために山に。。。なんてのは三歩にとって最も許せない行為なんだろうなーとか思いつつ見てました。
映画としてはもう一歩かなという印象(三歩をもっと良く知りたかったので)だけど、頑張った作品だったと思いますw

投稿: たいむ | 2011年5月16日 (月) 19時19分

おくやぷさん、こんにちは!

人命救助をされる方に対してはもともと凄いと思っていましたが、本作を観て、彼らが背負うものを思うと、さらに尊敬の念が強まりました。

トラックバックありがとうございました。
FC2さんはココログとどうも相性が悪いようで、こちらからTBがつかない場合あるので、その場合はお許しくださいませ。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年5月 8日 (日) 17時51分

KLYさん、こんにちは!

ほんとにしっかりと山映画になっていましたよね。
自分も過酷なアルプスにいるような気分になりました。
長澤まさみさんはよかったですよね!

投稿: はらやん(管理人) | 2011年5月 8日 (日) 11時26分

夜分に失礼します。

以前は「ハクナマタタ」というブログタイトルでたまにTBさせていただいていたおくやぷと申します。

ブログを引っ越しまして、新しいブログからトラックバックさせてください。
よろしくお願いします。

山岳救助の方たち、本当に尊敬します。

投稿: おくやぷ | 2011年5月 8日 (日) 02時33分

思ったより本格的な山映画でした。
漫画原作ですし、もっとお手軽にも出来たのでしょうが
そうしなかった片山監督の拘りに好感を持ちました。
小栗君が上手いのはもちろんですが、ここのところ長澤さんがいい感じです。前と違って方の力が抜けた演技に魅力を感じました。彼女は主演を背負わせるよりも、こういう立場が良いのだと思います。

投稿: KLY | 2011年5月 7日 (土) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/51607244

この記事へのトラックバック一覧です: 「岳 -ガク-」 自分の無力さに立ち向かう勇気:

» 岳 -ガク- [LOVE Cinemas 調布]
石塚真一の人気コミック「岳 みんなの山」実写映画化。山岳救助ボランティアの主人公とヒロインの新人山岳救助隊員を中心に、日本アルプスで起こる事故に立ち向かう姿を描く。主演は「クローズZERO」シリーズの小栗旬と共演に『曲がれ!スプーン』の長澤まさみ。共演に『大奥』の佐々木蔵之介、『リアル鬼ごっこ』の石田卓也、市毛良枝。監督は『ヒートアイランド』の片山修。... [続きを読む]

受信: 2011年5月 7日 (土) 21時43分

» 岳-ガク- [新・映画鑑賞★日記・・・]
2011/05/07公開 日本 126分監督:片山修出演:小栗旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介、宇梶剛士、光石研、中越典子、市毛良枝、渡部篤郎 生きる。標高3,190m 気温-25℃命は、命でしか救えない。 世界の巨峰を登り歩き山をこよなく愛する島崎三歩は、山岳救助ボランティ...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 8日 (日) 00時23分

» [as soon as]
これ久美ちゃん主役じゃね? 念願の「岳」を観た 初日のレイト なかなか入っている 客層は若いおねーさんから還暦すぎた方まで わたしはちなみに、 原作ファン層、山みたい層です 観る前...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 8日 (日) 02時31分

» 「岳 ガク」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「岳 -ガク-」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:小栗旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介、石田卓也、矢柴俊博、やべきょうすけ、浜田学、鈴之助、尾上寛之、波岡一喜、森廉、ベンガル、宇梶剛士、小林海人、光石研、中越典子、石黒賢、市毛良枝…... [続きを読む]

受信: 2011年5月 8日 (日) 12時39分

» 岳 -ガク- ULTIRA版/小栗旬、長澤まさみ [カノンな日々]
東宝のお姫さま映画です(笑)。コケるわけにはいかないからでしょうか、テレビでのプロモーション活動がここ最近目立ってましたね。何故か食べてばかりいる長澤まさみさんでしたけ ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 8日 (日) 12時40分

» 映画:「岳(ガク)」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成23年5月8日(日)。 映画:「岳(ガク)」。 【監  督】片山修 【原  作】石塚真一 【脚  本】吉田智子 【音  楽】 佐藤直紀 【キャスト】小栗旬 (島崎三歩)・長澤まさみ (椎名久美)・佐々木蔵之介 (野田正人)       石田卓也 (阿久…... [続きを読む]

受信: 2011年5月 8日 (日) 18時33分

» 『岳 -ガク-』・・・よく頑張った、また山においでよ! [SOARのパストラーレ♪]
北アルプスの山岳救助ボランティア島崎三歩。遭難者に対する彼の温かい接し方が何よりもまず印象に残った。 [続きを読む]

受信: 2011年5月 8日 (日) 20時39分

» 映画「岳-ガク-」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「岳-ガク-」観に行ってきました。 小学館発行の漫画雑誌「ビッグコミックオリジナル」で連載中の石塚真一原作漫画「岳 みんなの山」をベースとする、山岳救助にスポットを当てた小栗旬&長澤まさみ主演の映画作品です。 同じく遭難者の救助活動をテーマにしつつも、舞台が海である「海猿」シリーズとは対極に位置... [続きを読む]

受信: 2011年5月 8日 (日) 22時45分

» 岳 -ガク- [だらだら無気力ブログ]
人気コミック「岳 みんなの山」を原作に、山岳遭難救助をリアルに描いた 山岳ドラマ。高度な山岳技術を持ち、山の恐ろしさを知る主人公には原作を 愛読していたという小栗旬がふんし、高所恐怖症にもかかわらず氷壁登りや 懸垂下降に挑む。ヒロインの新人救助隊員を、小…... [続きを読む]

受信: 2011年5月 8日 (日) 23時23分

» 『岳 -ガク-』が示した落としどころは? [映画のブログ]
 レスキュー物とでも呼べば良いか。  災害・遭難現場での救助活動は、手に汗握る展開にしやすいことから、これまで多くの作品が作られてきた。  代表例は、古くは『タワーリング・インフェルノ』(1974...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 04時48分

» 岳 −ガク− 小栗旬がSuperかっちょいい! [労組書記長社労士のブログ]
【=22 -6-】 子供の頃、母はニュースで登山事故の悲報に接するたびに、まだ幼い自分たちに「山行って死んできたら殺すで。」といつも言い聞かせていた。 きっとそのせいだ、自分が海に向かうのは「山は危険だ、母に殺される」と潜在意識に刷り込まれているからだ。  ...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 09時18分

» 岳 -ガク- [Akira's VOICE]
とにかく進もう。とにかく歩こう!!!  [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 11時29分

» 劇場鑑賞「岳 -ガク-」 [日々“是”精進! ver.A]
大盛りのナポリタンが食べたいよ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105090003/ 岳-ガク- (小学館文庫) posted with amazlet at 11.05.05 涌井 学 石塚 真一 小学館 (2011-03-04) 売り上げランキング: 4384... [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 15時12分

» 岳 -ガク- [象のロケット]
世界中の巨峰を登り歩いてきた青年・島崎三歩は、日本アルプスの山岳救助ボランティア。 彼と共に山を登ったこともある長野県警北部警察署山岳遭難救助隊の隊長・野田の下に、新人女性隊員の椎名久美が配属されてきた。 日夜訓練に励むも自然の猛威の中では無力な自分に苛立つ久美は、明るすぎる三歩の言動に反発を覚えるのだが…。 山岳ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 20時04分

» [Review] 岳 -ガク- [Diary of Cyber]
ビッグコミックオリジナルの連載漫画として人気を博している、『岳 みんなの山』の映画化作品。山岳救助ボランティアの島崎三歩を中心に、山岳救助隊と登山者、そして山に魅せられた人たちとの交流や人間ドラマが描かれています。 基本的には、山で遭難したり、怪我や病気になった人たちの救助や手当業務が主ですが、登山を通じて、人の想いや悩み、葛藤を、時に穏やかに、時に鋭く描いていますので、色々な世相から支持を受けている作品であると思います。 主人公の三歩は、登山技術や緊急時の対応処置は勿論のこと、世界の名峰を... [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 20時54分

» 岳-ガク-☆独り言 [黒猫のうたた寝]
運よく試写会同行にて先行鑑賞してきました。山岳救助を描いた『岳』試写会では試み読みBOOKいただきました(笑)レスキューものとしては『海猿』のイメージかなぁ海と山・・・どちらも注意しないと危険は隣り合せ山岳救助隊って警察の組織の中にあること初めて知りました。そ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 22時19分

» 岳-ガク- [ダイターンクラッシュ!!]
2011年5月8日(日) 16:15~ TOHOシネマズ日劇2 料金:1300円(有楽町の大黒屋で前売り購入) パンフレット:未確認 『岳-ガク-』公式サイト 「海猿」パターンの漫画原作、人命救助物。 一本筋が通っているストーリーでなく、ドラマの焦点がはっきりしない。いくつかのエピソードが繋げられているので散漫な印象で、登場人物紹介編のようだ。 だが、クライマックスは、それなりに盛り上がるので、低値安定の作品ではある。 なんといっても、四季の山の絵だけでも見る価値がある。(冬が多いけど。) ... [続きを読む]

受信: 2011年5月10日 (火) 21時33分

» 【岳 −ガク−】を映画鑑賞! [じゅずじの旦那]
山に捨ててはいけないもの、それはゴミと・・・  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】雄大な北アルプス山系。そこには、誰よりも山を愛する男・島崎三歩(小栗旬)がいた。世界中の巨峰を登り歩いてきた三歩は、山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。彼は、山のように大きな包容力を持ち、仮に要救助者が死んでしまっていても「よく、頑張った」と労わりの言葉をかける男である。そんな三歩の暮らす山に、北部警察署山岳救助隊に配属されたばかりの椎名久美(長澤まさみ)がやってくる... [続きを読む]

受信: 2011年5月11日 (水) 08時38分

» 映画『岳-ガク-』試写会にて鑑賞。 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
【Q:山に捨ててはいけないモノ】 4月27日 小学館試写会(名古屋市公会堂にて)  ★★★☆ 山岳救助ボランティアの三歩 [続きを読む]

受信: 2011年5月11日 (水) 21時49分

» 「岳 -ガク-」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 石塚真一原作の人気コミック(小学館ビッグコミックオリジナル連載)を、小栗旬、長澤まさみのW主演で映画化。  世界の名峰を制覇し、「山そのもの」と称される山岳救助ボランティア・島崎三歩と、北部警察署の新人山岳遭難救助隊員・椎名久美の、山に携わる人々との交流、... [続きを読む]

受信: 2011年5月13日 (金) 19時29分

» 映画 「岳 -ガク-」 [ようこそMr.G]
映画 「岳 -ガク-」 [続きを読む]

受信: 2011年5月14日 (土) 07時41分

» 岳 -ガク- [花ごよみ]
監督は片山修 原作は石塚真一の同名人気漫画。 小栗旬の主演で映画化、 山岳ドラマ、 そしてヒューマンドラマです。 山を心から愛し、 登山者の命を守る、 山を知り尽くした山岳救助ボランティア、 島崎三歩を、小栗旬が演じています。 共演は長澤まさみ、佐々木蔵...... [続きを読む]

受信: 2011年5月14日 (土) 08時06分

» 岳 -ガク- [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
岳-ガク- (小学館文庫)山岳救助ボランティアの主人公はどこまでも前向き。雄大な日本アルプスの風景が美しい。世界中の山に登り、山の厳しさを知りつくした上で山を愛する島崎三歩 ... [続きを読む]

受信: 2011年5月14日 (土) 20時07分

» 「岳 -ガク-」 [みんなシネマいいのに!]
 ビッグコミックオリジナルに連載している石塚真一の漫画の映画化。 最近、漫画の実 [続きを読む]

受信: 2011年5月15日 (日) 18時50分

» 岳 -ガク- 評価:★★★★ [20XX年問題]
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます [続きを読む]

受信: 2011年5月15日 (日) 23時12分

» 【岳-ガク-】 [日々のつぶやき]
監督:片山修 出演:小栗旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介、石田卓也、市毛良枝、渡部篤郎  生きる。 「島崎三歩は世界中の山を登り歩き、現在は住所を持たず山に住み山岳救助のボランティアをしている。北部警察署山岳救助隊の隊長野田は三歩の先輩、そこに新しく配... [続きを読む]

受信: 2011年5月16日 (月) 14時11分

» [岳 -ガク-」みた。 [たいむのひとりごと]
”海”の次は”山”でどうだ、とばかりにフジがしかけた作品ではないけれど、山岳救助と新人隊員の成長物語。この手の作品は「ベタに限る」というもので、そういう意味では王道直球勝負が機能していると思うけれど、... [続きを読む]

受信: 2011年5月16日 (月) 19時17分

» 『岳-ガク-』 [こねたみっくす]
よく頑張った。映画も主演女優も東宝もよく頑張った。良くも悪くもそんな感じの映画でした。 東宝がフジテレビとロボット抜きで『海猿』シリーズのような映画を撮ろうとして挑ん ... [続きを読む]

受信: 2011年5月17日 (火) 16時48分

» 「山の兄ちゃん」 に、感動した!〜『岳−ガク−』 [真紅のthinkingdays]
 北アルプス山系でテント生活を送る島崎三歩(小栗旬)は、山岳救助ボランティ ア。誰よりも山を愛し、山岳救助隊長・野田(佐々木蔵之介)に「山そのもの」と まで言わしめる男。新人救助隊員・久美(長...... [続きを読む]

受信: 2011年5月17日 (火) 20時27分

» 岳ーガクー [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
石塚真一のコミック『岳』を「ヒートアイランド」の片山修監督が実写映画化。日本アルプスを舞台に、山岳救助ボランティアとして登山者の命を守る青年と仲間たちの姿を描く。出演 ... [続きを読む]

受信: 2011年5月23日 (月) 21時56分

» 岳-ガク- [WEBLOG:e97h0017]
(C)2011 「岳-ガク-」製作委員会 (C)2005 石塚真一/小学館『 岳-ガク- 』( 2011年 東宝 125分 )監督:片山修 脚本:吉田智子 主演:小栗旬、長澤まさみ          Official ▼ / Wikipedia ▼ / Kinejun ▼          (P)岳-ガク-いかにもテレビのディレクターが撮った映画という感じの作品です。不特定多数の視聴者を想定しているテレビドラマがもっとも注力しなければならないことは「わかりやすさ」ですが、映画というものは必ずしも「わ... [続きを読む]

受信: 2011年6月 1日 (水) 10時12分

» 『岳 -ガク-』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「岳 -ガク-」□監督 片山修 □脚本 吉田智子□原作 石塚真一 □キャスト 小栗 旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介、石田卓也、市毛良枝、渡部篤郎■鑑賞日 5月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 6日 (月) 12時37分

» 『岳 -ガク-』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「岳 -ガク-」□監督 片山修 □脚本 吉田智子□原作 石塚真一 □キャスト 小栗 旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介、石田卓也、市毛良枝、渡部篤郎■鑑賞日 5月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 6日 (月) 17時45分

» 岳-ガク-(2011-034) [単館系]
石塚真一の人気コミック「岳 みんなの山」実写映画化。 Twitterのフロワーさんに実際山登りが趣味だというひと兼映画関係のお仕事を している人のツイートによれば突っ込みどころ満載だそうですがストーリ...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 7日 (火) 02時44分

» 岳-ガク- [迷宮映画館]
実際のところ、ああいう人はいるんでしょうか?山の専門家さん、教えてください。 [続きを読む]

受信: 2011年6月 7日 (火) 07時58分

» 「岳」、小栗旬と長澤まさみのコンビです [カサキケイの映画大好き!]
監督:片山修 出演者 島崎三歩:小栗旬 椎名久美:長澤まさみ 山荘食堂のおばちゃん:市毛良江 山岳隊隊長:佐々木蔵之介 山岳隊隊員:石田卓也 125分、2011年制作 東宝映画 山岳人間ドラマは直ぐ幕を開ける。 不注意な行動で雪山を登っていた青年が滑り落ち クレパスの中で体をくの字にして落下を防いでいる。 温度は氷点下25度、もっても数十分、山岳救助隊に救援電話が入るが、 到着までに一時間はかかってしまう。 そこで既に山にいるボランティアの島崎三歩に電話を入れる事... [続きを読む]

受信: 2011年6月12日 (日) 12時57分

» 岳-ガク- [りらの感想日記♪]
【岳-ガク-】 ★★★★ 映画(26)ストーリー 雄大な北アルプス山系。誰よりも山を愛する男・島崎三歩(小栗旬)は、ここで山岳救助ボランティ [続きを読む]

受信: 2011年6月12日 (日) 19時24分

» △『岳-ガク-』▲ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2011年:日本映画、片山修監督、小栗旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介、石田卓也、市毛良枝出演。 [続きを読む]

受信: 2011年6月19日 (日) 19時44分

» 映画:岳 -ガク- [よしなしごと]
 最近暑いよね~。この映画見たら少しは涼しくなるかなぁ。と言うわけで今回の記事は岳 -ガク-です。 [続きを読む]

受信: 2011年6月25日 (土) 01時27分

» 『岳-ガク-』 [・*・ etoile ・*・]
'11.05.01 『岳-ガク-』試写会@よみうりホール yaplog!で当選。いつもありがとうございます。全然予備知識なかったのだけど、GWだし小栗旬くん主演だし、目の保養に行ってきた。実はこの前に1本イタリア映画祭で『アルデンテな男達』(仮題)を見ているのだけど、諸事情によりこちらを先に書きます(笑) *ネタバレありです 「希望がかなって山岳救助隊に配属された久美。命懸けで救助しても助けられない命がある一方、ハイキング気分でやって来る登山家。理想と現実に打ちのめされるが、山岳救助ボラン... [続きを読む]

受信: 2011年6月26日 (日) 05時13分

» 岳 -ガク- [B-scale fans log]
公開中 片山修監督     出演 小栗旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介 他 新評価 3.0 空き時間に劇場に。対抗は「阪急電車」でしたが、 こちら原作の漫画は未読ですが、山の映画だし、 番組宣伝も強力だったし、時間も合うし、 何より、こちらの女優のほうが好みだ...... [続きを読む]

受信: 2011年8月11日 (木) 22時14分

» 11-167「岳 -ガク-」(日本) [CINECHANが観た映画について]
君が生きていることに感動した   雄大な北アルプス山系。誰よりも山を愛する男・島崎三歩は、ここで山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っていた。  そんな三歩の暮らす山に、北部警察署山岳救助隊に配属されたばかりの椎名久美がやって来る。  同じ山岳救助隊の隊長・野田や三歩の指導の下、着実に成長していく久美だったが、実際の救助では遭難者を救うことが出来ない日々が続き、自らの未熟さに次第に自信を無くしてしまう。  そんな時、猛吹雪の雪山で多重遭難が発生、仲間と共に懸命の救助へと向か...... [続きを読む]

受信: 2011年8月17日 (水) 11時47分

» 岳 -ガク- [いやいやえん]
原作漫画は存在を知ってたくらい。山岳救助隊員の話なのですね。 人一倍山を愛す小栗旬演じる島崎三歩のもとに、新人隊員の椎名久美(長澤まさみ)がやってくる。彼女は懸命に過酷な訓練を乗り越え成長していくが、実際の救援者を助けることが出来ないでいた。そんな折、猛吹雪の冬山で多重遭難が発生し…というストーリー。 まず、救助隊員って大変なんだろうなあ…と普通に思ってしまいました。実際猛吹雪の中、救助を待つ人を助けるために危険の中へわざわざ飛び込むわけですから、命がけですよね。 自然の機微に真摯に向... [続きを読む]

受信: 2011年11月21日 (月) 08時46分

» No.295 岳 -ガク- [気ままな映画生活]
山を知り尽くした山岳救助ボランティアの島崎三歩が暮らす山に、新人救助隊員の椎名久美がやってくる。久美は三歩の指導の下、着実に成長していくが、自身の未熟さや厳しい自然の ... [続きを読む]

受信: 2012年1月10日 (火) 22時45分

» 【映画】岳 [★紅茶屋ロンド★]
<岳 を観ました> 製作:2011年日本 漫画が原作の映画化です。 もちろん原作は読んでいません。ただ、山岳救助ボランティア、登山、北アルプス山脈という題材に興味を持って鑑賞しました。 山登りはね~、私の父が良く登っているので全くの他人事でもないんです。 普通だったら出演者が好きだから~とか、漫画が好きだから~という理由で観るものなんでしょうけど。 だって、小栗旬が主演だなんて、見るまで知らなかった(笑)。 山を知り尽くした... [続きを読む]

受信: 2012年4月29日 (日) 19時03分

» 岳-ガク- [A Day In The Life]
DVDでの観賞 解説 人気コミック「岳 みんなの山」を原作に、山岳遭難救助をリアルに 描いた山岳ドラマ。 高度な山岳技術を持ち、山の恐ろしさを知る主人公には原作を愛読し ていたという小栗旬がふんし、高所恐怖症にもかかわらず氷壁登りや 懸垂下降に挑む。 ヒロイ... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 09時58分

» 岳 ガク [映画と本の『たんぽぽ館』]
山に捨ててはならないものは?                   * * * * * * * * *  石塚真一さんによるコミックの映画化です。 先に海難救助のストーリーがヒットしたので、 では山岳救助で・・・という意図が見えてしまいますが、 山の空気...... [続きを読む]

受信: 2012年10月16日 (火) 20時48分

» [本と映画、ときどき日常]
監督 片山修 出演 小栗旬     長澤まさみ     佐々木蔵之介 結婚報道で今が旬の小栗旬(笑 違和感アリアリの大袈裟で軽いノリの主人公を熱演☆ マンガの主人公もあんな感じなのかな〜(爆 山岳救助隊の活躍を新人隊員の姿を中心に描いた作品。 どうなん...... [続きを読む]

受信: 2013年8月 3日 (土) 11時23分

« 本 「日米同盟の正体 -迷走する安全保障-」 | トップページ | 「プロジェクトA」 やっぱりジャッキーすごいです »