« 「阪急電車 片道15分の奇跡」 誰かが見てくれていることの力 | トップページ | 本 「前巷説百物語」 »

2011年5月 4日 (水)

「孫文の義士団」 いわば中国の幕末もの

辛亥革命の指導者となる孫文。
彼が香港を訪れることを知った清朝は暗殺者を送り込む。
それに対して、革命派は孫文を守るための義士団が彼を守ろうと命がけの戦いを挑む。
このプロットを聞いたときは、勝手に「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」みたいな活劇になるんだろうと思っていたのですが、全然違いました(でも、予告編を観るとそう思っちゃいますよね)。
いやアクションシーンもあり、それは見所に一つでもあるのですが、どちらかというと史実を基に作った歴史フィクションでした。
そう、イメージ的には「龍馬伝」のような感じを受けました。
歴史の授業で、辛亥革命も孫文も勉強しましたが、細かいところまでは知りません。
ですので、ちょっと調べてみました。
ちょうどこの時代は、清朝末期であり、長く続いた清は汚職などの腐敗が蔓延していました。
またヨーロッパなどの外国が清に進出しており、清はそれら諸国に隷属しているような状態になっていました。
この時代の知識人は、そういう問題へ手を打てない清朝に幻滅し、また西洋の思想(民主主義など)に触れることにより、民主化への運動を高めていきます。
そのとき、彼らが見たのは近くにある日本でした。
日本は鎖国状態から、明治維新を経て、急速に国力を伸ばし、北の大国であるロシアを日露戦争で破ったのです。
そこに孫文ら革命指導者は行くべきモデルを見たのです。
つまりこの作品で描かれている時代は、日本の幕末にも似た大きく価値観が変わるときであったのです。
僕がこの作品を観て、「龍馬伝」を思い浮かべたのもあながち間違っていなかったかなと思いました。
中国において、大きく時代が動いた時であったのですね。
孫文を守るべくボディガードとなった男たち(女性もひとりいましたが)は、すべてが民主化に賛同し参加したわけではありません。
死に場所を探していた男、愛する人を守るために戦う男、信頼する人の恩に応えるべく戦う男、復讐すために戦う女。
それぞれがそれぞれの想いのために戦いへ向かう。
そして彼らの命は歴史のうねりの中で、否応なく散っていくのです。
このあたりの想いの強さ、そしてそれを翻弄する歴史のうねりのようなものが、やはり日本の幕末ものに通じるようなエネルギーを感じさせてくれました。

僕が驚いたのは、この作品が香港と中国の合作であったこと(香港も中国なのですが)。
よく中国が許したなと。
最初から思い切り「民主化」とか言っていますが、当局からはちょっかいだされなかったのかな?
ま、共産党が最も嫌う君主制を「革命」で終わらせる話だから目をつぶってくれたのかしらん。
でも、革命を経てできた現中国自体が民主化を抑えているというのは皮肉なものです。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「阪急電車 片道15分の奇跡」 誰かが見てくれていることの力 | トップページ | 本 「前巷説百物語」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/51578527

この記事へのトラックバック一覧です: 「孫文の義士団」 いわば中国の幕末もの:

» 孫文の義士団 [LOVE Cinemas 調布]
辛亥革命前の香港を孫文が訪れる。しかし清の西太后は彼の暗殺を命令するのだった。暗殺団500人を相手に名もなき8名の義士が立ち向かう姿を描いた歴史アクションが本作だ。出演はドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェーほか、アジアを代表するそうそうたる俳優が集結している。監督はテディ・チャン。劇中と実際をリンクさせた1時間の緊張感が強烈だ。... [続きを読む]

受信: 2011年5月 4日 (水) 21時20分

» 孫文の義士団 [だらだら無気力ブログ]
ドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェーはじめアジアを代表する 豪華スターの競演で贈るサスペンス・アクション。 辛亥革命前夜の香港を舞台に、王朝打倒を掲げる革命家“孫文”を守るため、 西太后が仕向ける500人の暗殺団に立ち向かう名もなき義士たちの活躍…... [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 01時06分

» 『孫文の義士団』('11初鑑賞59・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月29日(金・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター3にて 15:20の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 20時20分

» 孫文の義士団 [象のロケット]
1906年、清朝末期。 孫文(後に清王朝を倒す辛亥革命を起こした革命家)が、潜伏先の日本から船でイギリス領・香港へ向かったとの情報が流れる。 清朝の西太后が派遣した500人もの暗殺団に立ち向かうため、孫文を護衛する義士団が秘かに結成された。 彼らは革命会議が行われる1時間の間、孫文を命がけで守りぬくことを誓うのだが…。 歴史アクション。 ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 23時09分

» ■『孫文の義士団』■ [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:中国+香港合作映画、テディ・チャン監督、トン・ワイアクション監督、ドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビン、ワン・シュエチー出演。 ≪【大阪アジアン映画祭2011】にて観賞≫... [続きを読む]

受信: 2011年5月 6日 (金) 00時05分

» 孫文の義士団/ドニー・イェン、レオン・ライ [カノンな日々]
華流スターたちの豪華競演ッ。このキャスティングならとりあえず絶対観るに決まってるでしょうにね(笑)。こんな豪華メンバーなのに単館なのが気になりますが、ワタシ的には贅沢感 ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 7日 (土) 09時18分

» 孫文の義士団 [ダイターンクラッシュ!!]
2011年4月16日(土) 18:55~ ヒューマントラストシネマ有楽町2 料金:1000円(Clib-C会員料金) パンフレット:700円(買っていない) 『孫文の義士団』公式サイト 辛亥革命前。 日本よりイギリス統治下の香港に孫文が来る。中国各地での革命を各地のリーダーと話し合うために。 孫文を暗殺しに清の朝廷より暗殺者集団が送られてくる。 会談の一時間の間、孫文を守るために、新聞社のオヤジを中心に義勇軍が結成。 ドニー・イェン、レオン・ライ、レオン・カーフェイ、サイモン・ヤム、ニコラス・... [続きを読む]

受信: 2011年5月 7日 (土) 18時06分

» 孫文の義士団 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
公式サイト辛亥革命前夜の香港を舞台にした歴史娯楽映画は、孫文を暗殺団から守るために命をかけた人々の活躍を描くフィクションで、武侠アクションとして楽しめる。1906年の中国。 ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 7日 (土) 23時08分

» 【映画】孫文の義士団 [★紅茶屋ロンド★]
<孫文の義士団 を観て来ました> 原題:十月圍城 製作:2009年中国・香港合作 前にミニシアターで予告を観ました。 正直、孫文…歴史もの…ちょっと苦手だな~って思ったけど、予告編で繰り広げられる男たちのアクションが! 画面から伝わる、ただのアクション映画だけでない、切迫した危機感すら感じました。 公開を待ち望んでいたのですよ~。とても楽しみにしていた作品だったので、映画館に観にいけてよかった!無理して足を運んでよかった(笑) 清王朝末期の香港にて、腐敗した王朝を打倒すべく革命家の孫文が... [続きを読む]

受信: 2011年5月 8日 (日) 16時15分

» 映画:孫文の義士団 [よしなしごと]
 どんな映画か全然知らなかったんですが、ツイッターで評判がいいので観に行くことに。と言うわけで今回の記事は孫文の義士団です。 [続きを読む]

受信: 2011年5月18日 (水) 02時12分

» 辛亥革命前夜〜『孫文の義士団』 [真紅のthinkingdays]
 十月圍城  BODYGUARDS AND ASSASSINS  20世紀初頭、清朝末期。大英帝国の統治下にある香港では、中国の未来を 憂える人々が革命を切望していた。そんな時、革命家孫文が香港にやってくる ...... [続きを読む]

受信: 2011年5月20日 (金) 09時09分

» 孫文の義士団 [悠雅的生活]
その1時間。 [続きを読む]

受信: 2011年5月31日 (火) 00時14分

» 「孫文の義士団」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 20世紀初頭、後に清朝を打倒し、共和制国家を樹立させる「辛亥革命」の先導者となる革命家・孫文を暗殺から護るべく、命がけで戦った名もなき義士達の姿を描く大河アクションストーリー。  シンプルに評する。凄い!これは面白い!!久しぶりに中華大陸の底力を見た。... [続きを読む]

受信: 2011年6月22日 (水) 18時49分

» 孫文の義士団 [ルナのシネマ缶]
ちょっと気になっていた 作品だったので観てきました。 義士団VS暗殺者のシーンは 思った以上にハードで なんか1時間がすごく長く感じました。 義士団のメンバーは 出身地とかも出てたし 実在の人物なのかなぁ〜。 1906年辛亥革命前夜の香港、腐敗した清朝の打倒を目指す孫文が 香港を訪れることになり、活動家の陳少白は、 同時に清朝政府が刺客を派遣したことも知る。 少白は孫文を守るために護衛団の結成に奔走するが、 集まったのは町の商人や物ごいに身を落とした武術家など、 名もな... [続きを読む]

受信: 2011年6月27日 (月) 00時02分

» 映画「孫文の義士団」歴史的事実には疎いがアクションには熱くなれる! [soramove]
「孫文の義士団 」★★★★★ ドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェー、 ファン・ビンビン、ワン・シュエチー、 レオン・カーフェイ、フー・ジュン、エリック・ツァン、 リー・ユーチュン、サイモン・ヤム、 チョウ・ユン、ワン・ポーチエ出演 テディ・チャン 監督、 131分 、2011年4月16日, 2010,中国、香港,ギャガ (原作:原題:十月囲城/BODYGUARDS & ASSASSINS )                     →  ★映画のブログ★          ... [続きを読む]

受信: 2011年7月 1日 (金) 20時55分

» 孫文の義士団 [映画的・絵画的・音楽的]
 『孫文の義士団』をヒューマントラストシネマ有楽町で見てきました。 (1)まあこんなもんでも仕方ないか、とあまり期待せずに何の情報も持たずに見たところ、案に相違して、随分と面白い内容なのに驚きました。  清朝末期(1906年10月)、中国本土の各地で一斉に武装...... [続きを読む]

受信: 2011年7月23日 (土) 07時29分

» 孫文の義士団 -ボディガード&アサシンズ- [銀幕大帝α]
十月圍城 BODYGUARDS AND ASSASSINS/10年/中国・香港/138分/歴史アクション/R15+/劇場公開 監督:テディ・チャン 出演:ドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビン、レオン・カーフェイ、エリック・ツァン、サイモン・ヤム <ストー...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 3日 (木) 01時53分

» 孫文の義士団 -ボディガード&アサシンズ [いやいやえん]
レッドクリフpart2を抜いた興行成績だったとかなんとか聞いてます。ドニー・イェン、ニコラス・ツェー、レオン・ライ、ワン・シュエチー、レオン・カーフェイ、ファン・ビンビンさん。「三国志」の趙雲役だったフー・ジュンさんの変わりっぷりにはびっくりしたわ。 ラスト1時間のアクションと逃亡劇にハラハラしちゃった。孫文や「辛亥革命」について知識があるわけでもないのでアレですけども、前半は人間関係の説明や登場人物の背景や葛藤や苦悩に重点をおいて説明してくれてます…車夫のアスーなんかの死亡フラグもありま... [続きを読む]

受信: 2011年11月 6日 (日) 09時41分

» 孫文の義士団 (十月圍城) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 テディ・チャン 主演 ドニー・イェン 2009年 中国/香港映画 139分 アクション 採点★★ 冷戦の緊張の高まりと宇宙開発競争の激化が、人々の恐怖の対象を“空から来る何か”に向けさせ、それが50年代の宇宙人侵略映画大流行の背景にある事を例に挙げるまでも…... [続きを読む]

受信: 2011年12月23日 (金) 16時22分

» 孫文の義士団(DVD) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
辛亥革命前夜の香港を舞台に、未来を変えるために立ちあがった名もなき義士たちの壮絶な戦いを描く歴史アクション。監督は「アクシデンタル・スパイ」のテディ・チャン。出演は「 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月13日 (金) 21時31分

» 孫文の義士団 [ただの映画好き日記]
清朝末期の香港。そこに、一人の男が来航するという極秘情報が流れる。 [続きを読む]

受信: 2013年1月 9日 (水) 15時58分

« 「阪急電車 片道15分の奇跡」 誰かが見てくれていることの力 | トップページ | 本 「前巷説百物語」 »