« 「GANTZ PERFECT ANSWER」 何故に人は戦い続けてしまうのか | トップページ | 「豆腐小僧」 映像表現、もう少し踏み込んでほしい »

2011年4月24日 (日)

「仮面ライダーアクセル」 さすがです、坂本監督!

昨年、好評のうちに終了した「仮面ライダーW」のスピンオフが、Vシネで登場です。
本作は「W」に登場したいわゆる2号ライダー(同じ作品で二人目に登場するライダーのこと)である仮面ライダーアクセルが主人公になります。
本作は先日公開された「仮面ライダー×仮面ライダーオーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE」の後日談となっていますので、照井と亜樹子は新婚さんという設定です。
オープニングでの役名はちゃんと照井亜樹子になってましたねー。
アメリカのヒーローものではスピンオフで、サブキャラが主人公になるというのはよく見かけますが、「仮面ライダー」シリーズでは初めてなんじゃないかな?
本作でメガホンをとるのは「仮面ライダーW」の劇場版「運命のガイアメモリ」の坂本浩一監督。
「運命のガイアメモリ」は今までの劇場版の中でも最高レベルの出来であったので、期待が高まっていました。
蓋を開けてみると・・・。
おもしろい!さすがです、坂本監督!
長谷川圭一さんの脚本もすばらしい!
「W」にはバディムービーらしさ、これは主人公二人のギャップ、そしてそれを越えて醸成される信頼といったようなものがあったと思います(だいたいバディムービーの主人公の二人というのは、全く逆の環境や立場であることが多い)。
それが本作は、正義を守る孤独なヒーローという極めて王道なところに立ち位置を持っていっています。
もともと「W」でも翔太郎以上にハードボイルドであった照井竜というキャラクターを主人公に据えるところから必然的に導きだされるものではあるのですが、そこをまっすぐに追求してハードボイルドなヒーローものに仕上がっていたと思います。
最後の最後までハードボイルドという主人公というのは、かえって今の時代では新鮮に見えるかもしれません。
照井竜、かっこよすぎです。
今回は変身することを封印されてしまっている場面が多くあり、生身でのアクションも多かったです。
照井役の木ノ本嶺浩さんは元々空手をやられていたそうで、生身のアクションもかなりこなしていました。
これはアクション俳優と言えるほどで、見応えあります。
特に手錠で繋がれながらのファイトシーンはスピーディでひきつけられます。
このあたりはジャッキー・チェンに大きく影響されアクションを目指したと言っている坂本監督らしさが出ていました。
そう言えば、本作でも刃野刑事のアクションシーンはおもいきりジャッキー映画へのオマージュが出されまくってました。
ジャッキーへのオマージュと言えば、エンドロールもNG集になっていました。
これはジャッキーファンが見たらニヤリとするところですよね(僕もニヤリとしました)。
あと、最後に登場するアクセルの第三のフォーム、アクセルブースター、これもむちゃくちゃカッコいいです。
ブースターがついているため、立体機動をしながらミサイルを避けるシーンがあるのですが、これをフルCGでやらずに、ワイヤーでやっているのがすごい(当然ワイヤーはCGで消してますが)。
ここはさすがアクション監督も兼ねる坂本監督ならでは。
ここは「運命のガイアメモリ」のバイクでジャンプしながら空中キックのシーンに匹敵するほどカッコいいです。
最近の技術であればフルCGは容易だとは思うのですが、アニメっぽくなってしまうのは確かにある。
そのアニメっぽさというのは、本作のハードボイルドさとはなかなかマッチしにくいと思われます。
だからこそ現場でのワイヤーアクションから醸し出されるリアル感というのを大事にしたのでしょう。
あまり触れませんでしたが、ストーリーも「W」の世界観を大切にしながら、「アクセル」としておもしろく仕上がっていました。
いや〜劇場版として公開されても遜色のない出来でありました。
こうなると夏に発売のスピンオフ「仮面ライダーエターナル」にも期待をしちゃいます。
本作から引き続き、坂本監督が担当されます。
「エターナル」は「仮面ライダー」シリーズ史上初、悪役ライダーが主人公という話になるということ。
どんなふうになるんでしょう。

そう言えば、「スパイダーマン」の悪役「ヴェノム」がスピンオフで公開されるって話はどうなったのだろう???

「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」の記事はこちら→

|

« 「GANTZ PERFECT ANSWER」 何故に人は戦い続けてしまうのか | トップページ | 「豆腐小僧」 映像表現、もう少し踏み込んでほしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/51485027

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮面ライダーアクセル」 さすがです、坂本監督!:

» 『仮面ライダーダブルRETURNS 仮面ライダーアクセル』(2011) [【徒然なるままに・・・】]
『仮面ライダーW』のスピンオフVシネマの第1弾で、主人公は仮面ライダーアクセルこと照井竜。 最終回の後日談で、照井と亜樹子は新婚ラブラブ。ただ相変わらず「所長」としか呼ばない照井に、亜樹子は不満タラタラ。そんな時、照井が刃野刑事を銃で撃ち、女スリと一緒に逃亡中とのニュースが・・・・! 出てすぐに購入していたんですが、やっと鑑賞。 坂本浩一監督なだけに、アクションてんこ盛り。 照井役の木ノ本嶺浩は当然のことながら、刃野刑事役のなだぎ武も結構なアクションを披露。 そしてお色気担当が長澤奈央... [続きを読む]

受信: 2012年1月12日 (木) 19時13分

» 仮面ライダーアクセル [ひびレビ]
仮面ライダーWのスピンオフ作品として「仮面ライダーアクセル」が発売されました。既にレンタルは開始されていますが、借りられていたし、どのみち買うつもりでした。 とあるスリグループを追っていた照井竜と、彼らを狙う謎のコマンダー部隊。ドーパントによる犯罪との...... [続きを読む]

受信: 2012年1月14日 (土) 16時13分

» スピンオフ第1弾 [いけやんのお部屋なの~♪(^▽^)]
仮面ライダーW RETURNS 仮面ライダーアクセル 主人公はアクセル!亜樹子との新婚生活をスタートさせた竜。亜樹子の竜への唯一の不満は、相変わらず「所長」と呼ばれて名前で呼んでくれないこと。 竜はある夜、謎のドーパント部隊によってスリ常習犯のグループが謎のドーパント部隊に殺害される現場に遭遇します。 合同捜査のために風都署に派遣されてきた相模刑事、大野刑事らと共に捜査を開始した竜率いる超常犯罪捜査課は、殺害されたスリグループの生き残りである葛木葵と接触します。彼女は警察を「人殺し... [続きを読む]

受信: 2012年1月17日 (火) 22時49分

« 「GANTZ PERFECT ANSWER」 何故に人は戦い続けてしまうのか | トップページ | 「豆腐小僧」 映像表現、もう少し踏み込んでほしい »