« 「仮面ライダーアクセル」 さすがです、坂本監督! | トップページ | 本 「迎撃せよ」 »

2011年4月29日 (金)

「豆腐小僧」 映像表現、もう少し踏み込んでほしい

大好きな作家の一人、京極夏彦さんの小説を原作にした3DCGアニメーション映画です。
普通にいいお話なのですが、それゆえにあまりあとに残らない感じがありますね。
なにもできない子が、自分らしさというのを見つけて成長していくお話です。
ストーリーの構造としては定番中の定番で、お子さんといっしょに観に行くにはいい作品ですが、大人はちょっと退屈してしまうかもしれません。
3DCGの表現ですが、パンフレットによるとピクサーなどの3DCGアニメとは手描きらしさを出したということです。
うーむ、それが成功しているかというと、あまりうまくいっていないように思います。
豆腐小僧と達磨先生は、愛らしくもあってその手描き感みたいなものはいい感じででているように思いますが、その他の妖怪や人間についてはどうにも安っぽく見えました。
安っぽいというか、ちょっと一昔前の3DCGという感じでしょうか。
3Dへ手描き風のテクスチャを貼付けているという感じが出てしまっていて、そのあたりが一昔前という印象を与えるのかもしれません。
3DCGで手描き感というのもちょっと狙いとしてはどうかと思いますけれども。
それだったら手描きの2Dアニメでもよいかなとも思いますし。
ちょっと表現の狙い所があまり良くなかったかなと感じました。
収穫としては、声をあててた方が良かったところですね。
豆腐小僧役は深田恭子さん。
ぽわっとした豆腐小僧の役柄に、思いのほか深田さんの声はあってました。
「てまえは・・・」の言い方がカワイイ。
あと達磨先生の武田鉄矢さんも良かったかな。
個人的には「殺気っ!」がツボに入りました。
殺気を感じてる割には、達磨先生、あまり役に立ってないし(笑)。
キャラクターは良かったんですけれど、ストーリー的にもう一捻り、あと映像的にはもっとこなれた表現ができればおもしろくなったのかもしれないなと思いました。

原作小説「豆腐小僧双六道中ふりだし」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「仮面ライダーアクセル」 さすがです、坂本監督! | トップページ | 本 「迎撃せよ」 »

コメント

sakuraiさん、こんにちは!

確かに3D感は薄かったですよね。
3Dはうまくやってこそなのですが、最近のはいいものと悪いものの差が激しいです。
フカキョンはけっこう声優もいけるなあと再確認しました。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年6月11日 (土) 05時48分

アニメの方が、3Dをうまく生かしてる作品が多いですが、これはそれほど3Dが生きてる。。。感じはしなかったですね。
ちょっと残念。
まったりのんびり、安心して見られるファミリー向けでしたかね。
フカキョンの声は似合ってたと思います。

投稿: sakurai | 2011年6月 8日 (水) 20時49分

kiraさん、こんばんは!

>本来のアニメのあるべき姿
杉田ギザブロー総監督も同じようなことをおっしゃってましたねー。

「殺気っ!」はもう何回か観たかったです(笑)
達磨先生の武田鉄矢さんはなんかよかったなぁ。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年5月 3日 (火) 19時35分

そうですね、ファミリー向けという感じでしたが、
本来のアニメのあるべき姿でもあると思いました。

「殺気っ!」は私もツボりました~coldsweats01
なんだかんだ最後はホロリでしたわ(笑)

投稿: kira | 2011年5月 3日 (火) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/51528054

この記事へのトラックバック一覧です: 「豆腐小僧」 映像表現、もう少し踏み込んでほしい:

» 豆富小僧/深田恭子、武田鉄矢、小池徹平 [カノンな日々]
日本初の3D長編アニメというのが売り文句みたいですけど、まさか他にセールスポイントがないわけじゃないですよね?日本人の大好きな妖怪モノの作品ですが京極夏彦さんの「豆腐小 ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 1日 (日) 21時07分

» 豆富小僧 [悠雅的生活]
豆腐に閂。糠に釘。母をたずねて二百年。 [続きを読む]

受信: 2011年5月 2日 (月) 22時46分

» 豆富小僧 [Akira's VOICE]
味が薄すぎる!    [続きを読む]

受信: 2011年5月 3日 (火) 10時12分

» 豆富小僧 [to Heart]
妖怪なのに 人を恐がらせることができない ──でも、キミにしかできないことがきっとある! 製作国・地域 日本 上映時間 86分 原作 京極夏彦『豆腐小僧双六道中ふりだし』(角川文庫刊) 脚本 青木万央/藤井清美/杉井ギサブロー 総監督 杉井ギサブロー 監督 河原真明 ...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 3日 (火) 14時16分

» 映画『豆富小僧』 [よくばりアンテナ]
原作を読んだ時には、もう3Dアニメ化も決まってたので、 物語の雰囲気もアニメに合ってると思ってました。 実際に3Dアニメの映像はなかなかファンタスティックでキレイでした! 妖怪たちは丁寧に描か...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 00時43分

» 『豆腐小僧 3D』 深キョンの絶妙なセリフまわし!声優としての底知れない才能を思い知れ。 [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
『豆腐小僧 3D』 妖怪なのに人を怖がらせることができない、豆腐小僧という江戸時代に大人気だったキャラを主人公にした、京極夏彦原作♪の、3Dアニメ-。 (C)2011「豆富小僧」製作委員会 丸の内ピカデリー3での初日舞台挨拶の回を観に行ってきました♪ 白... [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 09時25分

» 豆富小僧 [Diarydiary! ]
《豆富小僧》 2011年 日本映画 人を怖がらせる事が出来ない妖怪豆富小僧は母親 [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 20時33分

» 「豆富小僧」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 京極夏彦原作のユーモア妖怪小説「豆腐小僧双六道中ふりだし本朝妖怪盛衰録」を、「まんが日本昔ばなし」「タッチ」の杉井ギサブロー総監督、深田恭子主演で映画化。  去年の肩透かし度ナンバーワン映画「ルー=ガルー」と同じ京極×SCANDALコンビに、そこはかと... [続きを読む]

受信: 2011年5月 6日 (金) 07時41分

» 『豆富小僧』3D完成披露試写会@丸の内ピカデリー3 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
基本、キャストを見られなきゃ映画を見ない人(爆)今回の舞台挨拶は、SCANDAL「ハルカ」、Crystal kay「My Dear」、Aqua Timez「銀河鉄道の夜」、HALCALI「SO JOY BOY」、山猿「宝島」と音楽も話題 ... [続きを読む]

受信: 2011年5月11日 (水) 21時09分

» 『豆富小僧』 | プルプルしてます。 [23:30の雑記帳]
いいところ、疑問に思ったところを それぞれいくつか挙げてみます。 まずはいいところから。 とにかくプルプルしてます。 人はプルプルを見ているだけで 幸せな気分になれ ... [続きを読む]

受信: 2011年5月25日 (水) 11時33分

» 映画「豆富小僧」3Dアニメ版  下妻/ヤッターマンのような深田恭子ミラクルはあるのか!? [珍竹麟  ~映画とネットとi-Phoneなどモバイル端末の日々~]
久しぶりに3D映画が見たくなったので、観てみた。 アニメといえどCGを使って、滑らかな3Dを表現できていた。 そして、「スチームボーイ」のような、俳優に声をやらせて違和感たっぷりというのは、最近ではなくなってきたみたい。 まあ、小池鉄平が初挑戦ということで、うーんな感じだけどキャスティングの勝利かもしれない。 ストーリー。 人の恐怖を糧にする妖怪軍団と人の欲を糧にする化けたぬき軍団の争いな物語。 参考までに、豆富小僧というのは怖く(固くない豆腐)ない妖怪ということらしい。... [続きを読む]

受信: 2011年5月28日 (土) 22時49分

» 豆富小僧 [迷宮映画館]
なんとも浮世離れしてる声が、とっても似合ってた、フカキョン。 [続きを読む]

受信: 2011年6月 8日 (水) 20時50分

» 豆富小僧 (3D) [りらの感想日記♪]
【豆富小僧 (3D)】 ★★★★ 映画(24)ストーリー 時は江戸時代。妖怪なのに人間を恐がらせることが苦手で、父親である妖怪総大将の見越し [続きを読む]

受信: 2011年6月 9日 (木) 19時37分

» 11-107「豆富小僧」(日本) [CINECHANが観た映画について]
手前には、手前の役割があります   時は江戸時代。妖怪なのに人間を恐がらせることが苦手で、父親である妖怪総大将の見越し入道に怒られてばかりの出来損ないの妖怪、豆富小僧。  ある日、そんな冴えない日々に嫌気がさし、別れたお母さんに会いたいと、もの知りの達磨先生を伴い旅に出ることに。  ところが、途中で妖怪と対立するタヌキに捕まり、しばらくして閉じ込められたお堂から出てきみると、なんとそこは二百年後の現代の日本だった。  やがて豆富小僧は、人間には見えないはずの自分に気づいた一人の女の...... [続きを読む]

受信: 2011年6月12日 (日) 17時08分

» ■映画『豆富小僧』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
白くてぷるぷる、なんとも可愛らしい妖怪・豆富小僧が活躍する映画『豆富小僧』。 京極夏彦の小説「豆腐小僧双六道中ふりだし」を3DCGアニメにした本作は、お盆に豆腐を乗せて立っていることしかできない、ちっちゃい妖怪の豆富ちゃんが、“自分にできること”をがんばって成し... [続きを読む]

受信: 2011年6月14日 (火) 04時05分

» 『豆富小僧』('11初鑑賞64・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 5月6日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:35の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年6月22日 (水) 21時29分

» ★「豆富小僧」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
原作は京極夏彦の「豆腐小僧双六道中ふりだし」。 2011年製作のおから頭系ファンタジー・コメディ、86分もの。 [続きを読む]

受信: 2011年6月28日 (火) 03時20分

» 豆富小僧 [銀幕大帝α]
11年/日本/86分/ファンタジー・コメディ/劇場公開 総監督:杉井ギサブロー 監督:河原真明 原作:京極夏彦『豆腐小僧双六道中ふりだし』 脚本:杉井ギサブロー 主題歌:SCANDAL『ハルカ』 声の出演:深田恭子、武田鉄矢、小池徹平、大泉洋、宮迫博之、平野綾、は...... [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 00時23分

» 豆富小僧 [いやいやえん]
凄く妖怪たちが可愛らしく描かれています。 主人公の豆腐小僧とは、そのまんま盆に乗せた豆腐を手に持つ子供の姿の妖怪、それだけ。頭が大きく描かれているものもあって、イメージはこんな感じ。→ この作品でも頭が大きいので、イメージとしては合っているのかもしれないですね。なんで「豆腐」じゃなくて「豆富」なのかはわかりませんが…謎ですね。声は深田恭子さんがあててましたがほにゃららしてて可愛かった〜。狸一族に騙されて、御堂に200年もの間封印されてしまった豆富小僧。江戸から現代へ、お母さん探しの大冒険... [続きを読む]

受信: 2011年10月18日 (火) 08時52分

« 「仮面ライダーアクセル」 さすがです、坂本監督! | トップページ | 本 「迎撃せよ」 »