« 「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」 アスラン王はワイルドカード | トップページ | 「機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン」 ファーストガンダムへのオマージュ溢れる »

2011年3月 1日 (火)

本 「ダーク・タワー」

多くの映画の原作となる小説を書いているスティヴン・キング。
キングのライフワークとも言える「ダーク・タワー」シリーズをようやく完読しました。
本作はダーク・ファンタジーに分類されると思いますが、舞台設定がユニーク。
主人公のダーク・ヒーローが持つのは剣ではなく、銃。
そしてその舞台となるのは西部劇のような荒れ地。
そこで主人公ローランドは仲間に出会いつつ、彼の究極の到達地である「ダーク・タワー」をめざし進んでいくのです。
読み始めてから、読み終えるまで数年がかりでした。
キングの小説が原作となる映画は何本も観ていますが、実は彼の小説を読むのは初めて。
初めてなのにこのような大作を読むのはかなり無謀でした。
というのも、読み始めてわかったのですが、この作品はキングが書いた小説世界を繋ぐ中心となるような作品なのです。
ですので、キングのファンには自明のことでも、初心者にとっては説明不足の感もあり、なかなかに読み進めるのがしんどかったというのもあります。
逆にキング・ファンにとってはたまらない設定でしょう。
さきほど書いたように本作はキングの作品の中心にポジションするような作品です。
これはこの小説の世界のなかでの中心とされる「ダーク・タワー」ともかぶります。
本作のあとがきでキング自身が書いているように、本人はメタフィクションという言葉は嫌いなようですが、まさにそのような位置づけであるように思いました。
作品の世界観についてもう少し突っ込んで考えてみたいところですが、やはりバックボーンにキング作品の知識がないと難しいですね。
やはり本作はいくつかのキング作品を読んでから、トライすることをオススメします。

本作を手にとり、読み始めたのは本の帯の推薦の言葉が作家の栗本薫さんだったから。
栗本さんはご存知の通り、「グイン・サーガ」という大河ヒロイック・ファンタジーを書いていた(過去形になるのが悲しい)作家さんです。
「グイン・サーガ」は100巻を越えるほどの大作で、それをライフワークとしている栗本さんが、やはりスティーヴン・キングのライフワークである「ダーク・タワー」シリーズを推薦していたので興味を持ったのです。
栗本さんが亡くなって「グイン・サーガ」は絶筆してしまいました。
実は「ダーク・タワー」はキングが若い頃から書き始めた作品でしたが、しばらく物語が進まない時期がありました。
けれどもキングが交通事故に遭い生死の境をさまよい、無事生還したあと、彼はこの作品を書き終えるべく取りかかったのです。
このあたり自分の死によって物語が途絶えてはいけないといったような使命感のようなものを感じたのかもしれません。
物語を書いているのではなく、書かされているというような。
栗本さんも生前そのようなことをあとがきで書いてらっしゃいました。
本シリーズを読み終えて、語り終えられた物語、語り終えられなかった物語の、運命みたいなものに思いを馳せました。

「ダーク・タワー1 ガンスリンガー」スティーヴン・キング著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-219339-6
「ダーク・タワー2 運命の三人<上>」スティーヴン・キング著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-219340-2
「ダーク・タワー2 運命の三人<下>」スティーヴン・キング著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-219341-9
「ダーク・タワー3 荒地<上>」スティーヴン・キング著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-219342-6
「ダーク・タワー3 荒地<下>」スティーヴン・キング著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-219343-3
「ダーク・タワー4 魔導士と水晶球<上>」スティーヴン・キング著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-219344-0
「ダーク・タワー4 魔導士と水晶球<中>」スティーヴン・キング著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-219345-7
「ダーク・タワー4 魔導士と水晶球<下>」スティーヴン・キング著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-219346-4
「ダーク・タワー5 カーラの狼<上>」スティーヴン・キング著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-219347-1
「ダーク・タワー5 カーラの狼<中>」スティーヴン・キング著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-219348-8
「ダーク・タワー5 カーラの狼<下>」スティーヴン・キング著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-219349-5
「ダーク・タワー6 スザンナの歌<上>」スティーヴン・キング著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-219353-2
「ダーク・タワー6 スザンナの歌<下>」スティーヴン・キング著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-219354-9
「ダーク・タワー7 暗黒の塔<上>」スティーヴン・キング著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-219355-6
「ダーク・タワー7 暗黒の塔<中>」スティーヴン・キング著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-219356-3
「ダーク・タワー7 暗黒の塔<下>」スティーヴン・キング著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-219357-0

|

« 「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」 アスラン王はワイルドカード | トップページ | 「機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン」 ファーストガンダムへのオマージュ溢れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/51006694

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「ダーク・タワー」:

« 「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」 アスラン王はワイルドカード | トップページ | 「機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン」 ファーストガンダムへのオマージュ溢れる »