« 「ツーリスト」 サスペンスなのにのんびりまったり | トップページ | 「漫才ギャング」 緩急自在のテンポが心地よい »

2011年3月21日 (月)

「英国王のスピーチ」 友が聞いている

本作は現在のエリザベス女王の父親にあたるジョージ6世の物語。
ジョージ6世は幼い頃から吃音というコンプレックスを持ち、人前に出ることを嫌う内気な性格でした。
けれども生まれながらの王族という立場、人前を避けることはできません。
よく考えてみれば目立つことが嫌いな人にとって、始終人からの視線を気にする王族などという立場は一番避けたい仕事かもしれません。
政治家であれ、芸能人であれ、能力があり、自ら望んでそのような職務を望むのであれば、人の目を気にするのは「有名税」のようなものですから、我慢できようものですが、それが生まれたときからそう定まっていたとするのは、そういうことを望むのでなければかなり辛いことだと思います。
ジョージ6世の兄であるエドワード8世は王位につきながらも、「世紀の恋」を選び王位を捨てたということでロマンスとして語られることが多いですが、ジョージ6世から見ればそれは責任を放棄したということ以外のなにものではありません。
内気であり、また自らが高い能力であるとも思っていない彼からすれば、責任のお鉢が回ってくるというのはたいへんに重いことであったに違いありません。
けれども彼は、非常に我慢強く責任感の強い人でありました。
第二次世界大戦直前での王位につき、投げ出したくなるような責務を負わなければならない立場になるにも関わらず、彼はそれを放棄しませんでした。
悩み、苦しみながらもその責務をまっとうしようとしたのです。
その彼を支える役割となるのが、スピーチ矯正を生業とするライオネル。
彼はジョージ6世の人となりを理解し、彼の力を信じ、彼を導いていきます。
非常に責任のある立場に立った人が感じるのが孤独です。
外野はなんやかんやといろいろなことを言う。
自分の一挙手一投足をじっと監視し、言った一言ひとつひとつに批評をする。
そんな環境の中で、自分というのを保つのはどれほどにたいへんなことでしょうか。
そんな中で、ジョージ6世を支えるのが、ライオネルであり、妻であるエリザベスなんですよね。
本音を言い、それを聞いてもらえる友や家族がいるからこそ、重い責務を背負うことができる。
ジョージ6世がドイツとの開戦を国民に伝えるスピーチへ挑む前に、ライオネルは彼に言います。
「友が聞いている」と。
だれかが側にいて、彼自身のことをしっかりと見、そして聞いてくれる、それが心強さを与えてくれます。
ジョージ6世は、スピーチを進めていくうちに段々とその言葉が流暢になっていきます。
それは次第にその言葉に彼自身の思いが入っていったから。
彼はずっと彼が言うこと、それに周りがどう反応するのかがとても怖かったのでしょう。
だから自分の思いを言葉に出すことができなくなったのかもしれません。
けれどライオネルやエリザベスの支えにより、彼は自分自身の言葉で気持ちを語れるようになったのです。

この映画を観ると、現在の緊急事態下の日本において、空虚な言葉を発している責任ある人々の姿がなんとも情けなくなります。
平時はリーダーシップ、リーダーシップと言っていた野党までなんだか責任をとりたくないのか、尻込みする始末。
永田町の方は本作を観て、感想文を書いてほしい。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ツーリスト」 サスペンスなのにのんびりまったり | トップページ | 「漫才ギャング」 緩急自在のテンポが心地よい »

コメント

ななさん、こんにちは!

そうですね、ジョージ自身が自分が向かい合わなくてはいけないことに対して真摯であるということが、妻やライオネルが支えたいという気持ちにさせたのでしょう。
それこそ上に立つものの天分なんですよね。

投稿: はらやん | 2011年12月23日 (金) 19時32分

はらやんさん こんばんは

ほんとうに現在の日本の政治家に
観てもらいたいようないい作品でしたね。

ジョージの吃音を乗り越えさせたライオネル
現代で言うところの言語聴覚師のような専門的な力量と
王への友情が彼を支えたのでしょうね。
ジョージ自身にも,トラウマはあっても支えたくなるような
魅力もあったからこそ,ライオネルも妻も彼を助けたのかも・・・と思いました。

投稿: なな | 2011年12月22日 (木) 00時46分

sakuraiさん、こんにちは!

そうそう、ライオネルといういう友人が得られたことと、もう一つあのような奥様を得られたというのもジョージ6世にとっては大きかったかもしれないですね。
父親も含め、世間が自分を型にはめようとするところを、自分らしくあっていいと認めてくれたのですから。
ポスターが三人のショットというのもわかりますよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年5月 5日 (木) 07時14分

ジョージ6世と言う人は、根っから真面目な人だったんでしょうね。
だからこそ、自分に責任を課しすぎ、精神的にも疲れたんだろうなあと。
いや、お兄さんが真面目じゃない!とは言いませんが、適当・・が苦手だったんだろうなあ。。。と思います。
その生き方を認めつつ、ありのままが好きよ!トイさらっと言える奥方がよかったです。

投稿: sakurai | 2011年5月 4日 (水) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/51178813

この記事へのトラックバック一覧です: 「英国王のスピーチ」 友が聞いている:

» 英国王のスピーチ [LOVE Cinemas 調布]
後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言った実力派が揃う。監督はトム・フーパー。第64回英国アカデミー賞では作品賞初め7冠を獲得した。... [続きを読む]

受信: 2011年3月21日 (月) 19時00分

» 『英国王のスピーチ』(2010)/イギリス・オース... [NiceOne!!]
原題:THEKING'SSPEECH監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール試写会場: よみうりホー... [続きを読む]

受信: 2011年3月21日 (月) 22時21分

» 『英国王のスピーチ』('11初鑑賞33・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 16:05の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年3月22日 (火) 21時30分

» 英国王のスピーチ [りらの感想日記♪]
【英国王のスピーチ】 ★★★★ 映画(18)ストーリー 英国王ジョージ5世の次男ジョージ6世(コリン・ファース)は、幼い頃から吃音というコン [続きを読む]

受信: 2011年3月22日 (火) 21時41分

» 映画・英国王のスピーチ [お花と読書と散歩、映画も好き]
nbsp; 原題 THE KINGS SPEECH 2010年 イギリス・オーストラリア nbsp; nbsp; ただただ良かった! これこそがアカデミー賞にふさわしい作品といえるでしょう nbsp; 現・エリザベス女王の父君 ジョージ6世が吃音の問題を克服、心の傷...... [続きを読む]

受信: 2011年3月22日 (火) 22時50分

» 映画「英国王のスピーチ」主演男優賞はうなずけるが・・・。 [soramove]
「英国王のスピーチ」★★★★ コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、 ジェフリー・ラッシュ出演 トム・フーパー監督、118分、2011年2月26日公開 2010,イギリス、オーストラリア,ギャガ (原作:原題:THE KING'S SPEECH)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「先ごろ発表されたアカデミー賞で 作品賞、監督賞、主演男優賞という 主要賞をほぼ独占した作品。... [続きを読む]

受信: 2011年3月23日 (水) 20時34分

» 映画「英国王のスピーチ」 [FREE TIME]
映画「英国王のスピーチ」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年3月24日 (木) 09時15分

» 英国王のスピーチ~踏み出す一歩に [Osaka-cinema-cafe]
3月1日は映画の日であり、アカデミー賞発表の後ですから、 たくさんの人で、劇場は賑わっていました。 「ソーシャル・ネットワーク」と「英国王のスピーチ」共に アカデミー賞の本命争いでしたが、偶然にも実在の人物に スポットをあてたもの。 軍配は、ITの異端児よりも、内なる情熱を秘めた第2次 世界大戦時のイギリス国王に上がりましたね。 映画「英国王のスピーチ」 あらすじ・ 1936年の英国。国王ジョージ5世の後継として長男のエドワード8世... [続きを読む]

受信: 2011年3月27日 (日) 03時19分

» No.243 英国王のスピーチ [気ままな映画生活]
【ストーリー】 現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法 ... [続きを読む]

受信: 2011年3月27日 (日) 12時47分

» 英国王のスピーチ [to Heart]
英国史上、 もっとも内気な王。 原題 THE KINGS SPEECH 製作年度 2010年 製作国・地域 イギリス/オーストラリア 上映時間 118分 脚本 デヴィッド・サイドラー 監督 トム・フーパー 音楽 アレクサンドル・デスプラ 出演 コリン・ファース・ジェフリー/ラッシ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月27日 (日) 13時23分

» バーティとライオネル『英国王のスピーチ』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
※注・内容、台詞に触れています。吃音(きつおん)症に悩む英国王ジョージ6世とその妻エリザベス、スピーチ矯正の専門家ローグとの実話に基づく物語『英国王のスピーチ』監督は『くたばれ!ユナイテッド − サッ... [続きを読む]

受信: 2011年3月28日 (月) 03時32分

» 【英国王のスピーチ】 [日々のつぶやき]
監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース   英国史上、もっとも内気な王。 「ジョージ5世亡き後、兄のエドワードが即位するも、離婚経験のある女性との恋でその地位を自ら捨ててしまう。... [続きを読む]

受信: 2011年3月28日 (月) 09時21分

» 英国王のスピーチ [そーれりぽーと]
[続きを読む]

受信: 2011年3月29日 (火) 21時00分

» 『英国王のスピーチ』 [京の昼寝〜♪]
nbsp; □作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月30日 (水) 08時08分

» 英国王のスピーチ [花ごよみ]
監督はトム・フーパー。 第83回米アカデミー賞で作品、監督、 主演男優、脚本賞など主要部門を占めた作品。 アルバート(コリン・ファース)が主演。 史実に基づいたドラマです。 時は1930年、 イギリスではジョージ5世の統治下。 二男アルバート(コリン・ファース...... [続きを読む]

受信: 2011年3月30日 (水) 23時25分

» 劇場鑑賞「英国王のスピーチ」 [日々“是”精進!]
「英国王のスピーチ」を鑑賞してきました「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ... [続きを読む]

受信: 2011年4月 2日 (土) 05時53分

» ★ 『英国王のスピーチ』 [映画の感想文日記]
2010年。イギリス/オーストラリア。THE KING'S SPEECH.   トム・フーパー監督。  セットや美術は一見すると豪華だが、全体の雰囲気が何となくB級映画っぽい... [続きを読む]

受信: 2011年4月 2日 (土) 07時56分

» 英国王のスピーチ / The Kings Speach [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてnbsp;ねlarr;please click nbsp; 先日の第83回アカデミー賞で作品賞受賞の話題作は実話が基のストーリー。 [続きを読む]

受信: 2011年4月 2日 (土) 09時21分

» 王様もひとりの人間。『英国王のスピーチ』 [水曜日のシネマ日記]
英国王ジョージ6世の実話に基づいた物語です。 [続きを読む]

受信: 2011年4月 2日 (土) 18時20分

» 英国王のスピーチ☆THE KINGS SPEECH(2010) [銅版画制作の日々]
 コリン・ファース、アカデミー賞・主演男優賞おめでとう! 英国史上、もっとも内気な王。 いやいや、アカデミー賞ということで、満席に近い状態でした。受賞効果は本当に凄いもんです。主演は「シングルマン」でも高い評価を得た、コリン・ファースさん。見た感じはそ...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 2日 (土) 18時59分

» 英国王のスピーチ (試写会) [風に吹かれて]
演説のプレッシャー公式サイト http://kingsspeech.gaga.ne.jp子供の頃から吃音症に悩む、国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男ヨーク公アルバート(コリン・ファース)。何 [続きを読む]

受信: 2011年4月 2日 (土) 19時23分

» *『英国王のスピーチ』* ※ネタバレ少々 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:イギリス+オーストラリア合作映画、トム・フーパー監督、コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール出演。 [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 02時46分

» 『英国王のスピーチ』 [千の天使がバスケットボールする]
俳優の中には、どんな役柄にもなりきり器用にこなせるカメレオンのようなタイプの役者もいる。そんな才能ある役者の抜群の演技力に感嘆させられることも多い。 しかし、中には向き不向きがはっきりしていて役柄が限定されてしまう俳優もいる。それは演技力うんぬんという...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 10時36分

» 英国王のスピーチ / The Kings Speech [勝手に映画評]
現女王エリザベスII世の父王ジョージVI世の物語。 ジョージVI世となれば、兄王エドワードVIII世に触れないわけには行かないでしょう。『王冠を賭けた恋』と言われたわけですが、その煽りを受けて国王になったのが、ジョージVI世と言う事になります。 この作品の深いとこ...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 16時13分

» 英国王のスピーチ [だらだら無気力ブログ]
「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、 エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を 演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。 吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチ・セラピストのサポート で歴史的…... [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 23時51分

» 英国王のスピーチ [ルナのシネマ缶]
アカデミー賞の作品賞、監督賞、 主演男優賞、脚本賞の4冠を 達成した話題作。 アカデミーとはあまり相性が 良くない!私ですが 今回は納得の作品です。 コリン・ファースの演技も 素晴らしかったです。 幼いころから、吃音(きつおん)に悩んでいた 英国王ジョージ6世(コリン・ファース)が 周囲の力を借りながら克服し、国民に愛される王になるまでを描く 実話に基づくストーリー。 幼い頃の親子関係や乳母の虐待などが原因で、 吃音になってしまったかもしれないと言うのは驚きでした。... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 00時34分

» 英国王のスピーチ [ダイターンクラッシュ!!]
2011年3月5日(土) 19:20~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『英国王のスピーチ』公式サイト 予告編で、かなり面白そうだと興味を持った。 アカデミー作品賞にノミネートされたと聞き、これが本命だろうと思った。 見事作品賞を獲得し、勇んで見に行った。 期待がMAXに膨らみすぎたのか、少し肩透かしを食らった感が否めない。 史実だからか、しかも近代の王室だから派手な脚色もできないだろうし、淡々と坦々。 しかし、前情報無しで観た... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 00時38分

» 『英国王のスピーチ』・・・かくして優しき善良王は誕生した [SOARのパストラーレ♪]
幼少期のトラウマによる吃音コンプレックスと内気な性格。時のヨーク公バーティ(コリン・ファース)が、一人の友と妻の愛とに支えられながらこの苦しみを克服し、ジョージ6世として国王の座に着くまでを描く物語である。... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 00時39分

» 「英国王のスピーチ/King's speech」思わず拍手喝采 [ノルウェー暮らし・イン・London]
思わず涙しながら拍手をしようとしている自分がいた。 ゴールデングローブ賞でも主演男優賞を獲得したコリン・ファース。 今やコスプレもせず、カツラもヒゲもつけず、体重も変えずに、まったくの別人を完璧にこなせるのは彼しかいない!!... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 03時05分

» [Review] 英国王のスピーチ [Diary of Cyber]
ジョージ6世(Albert Frederick Arthur George Windsor) 幼少より言葉が遅く、厳格な父ジョージ5世より厳しく育てられる。また左利きでX脚だったことから、半ば乱暴ともいうべき矯正の毎日を強いられ、次第に彼の心に大きな傷が出来始める。抑圧的でストレスが鬱積する毎日が、彼を言語障害(吃音症)に至らしめるには、想像に難くない。 彼の望みは一つ。「『普通の人』と『同じように』話すことが出来ること」 それだけが望みであるにも関わらず、それだけでは済まされない事態が彼... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 08時55分

» 『英国王のスピーチ』 [ラムの大通り]
(原題:The Kings Speech) ※ちょっと辛辣な表現もあります。 期待されている方はごめんなさい。 ----この『英国王のスピーチ』って いまスゴく騒がれているよね。 どんなお話ニャの? 「そうだね。 ゴールデン・グローブ賞に至っては最多7部門ノミネートだしね...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 22時58分

» 【映画】英国王のスピーチ [★紅茶屋ロンド★]
<英国王のスピーチ を観て来ました> 原題:The King's Speech 製作:2010年イギリス・オーストラリア合作 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 第83回アカデミー賞にて、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞を受賞した、大注目作品です。 これを観に行ったのは28日。そう、アカデミー賞発表の当日。というか、結果がわかってしまった後だったのです。 本当は結果を知る前に観たかった…!!!! 賞を取ってしまったら、あ~、いい作品なんだね~という先入観が…。 私は気にしたくなくても... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 23時04分

» 英国王のスピーチ [映画の話でコーヒーブレイク]
日頃行かない日曜日に映画館へ足を運びました。 やっぱり日曜日の込み具合はスゴイですねぇ。 前もってネットで席を確保していたのですが、余裕を持って25分くらい前に到着した時には 「英国王のスピーチは満席です〜」のアナウンス。 アカデミー賞有力作品の呼び声が高...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 5日 (火) 01時36分

» 英国王のスピーチ #18 [レザボアCATs]
10イギリス、オーストラリア 原題:Kings Speech 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャニング、エミール・シャーマン 撮影:ダニー・コーエン 音楽:アレクサンドル・デスプラ コリン・ファース     : ジョージ6世 ジェフリー・ラッシュ   : ライオネル・ローグ ヘレナ・ボナム・カーター : エリザベス ガイ・ピアース      : エドワード8世 ティモシー・スポール   : ウィストン・チャーチル デレク・ジャコビ ... [続きを読む]

受信: 2011年4月 5日 (火) 09時01分

» 英国王のスピーチ [★ Shaberiba ]
83回アカデミー賞作品賞を含む主要4部門の受賞作品 [続きを読む]

受信: 2011年4月 6日 (水) 20時27分

» 英国王のスピーチ [こんな映画見ました〜]
『英国王のスピーチ』---THE KINGS SPEECH---2010年(イギリス/オーストラリア)監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、nbsp;ジェフリー・ラッシュ、nbsp;ヘレナ・ボナム=カーター、nbsp;ガイ・ピアース、nbsp;ティモシー・...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 6日 (水) 21時09分

» 『英国王のスピーチ』 [・*・ etoile ・*・]
'11.02.16 『英国王のスピーチ』(試写会)@よみうりホール yaplog!で当選! いつもありがとうございます。これは見たかった! *ネタバレありです! そして熱弁(笑) 「ヨーク公アルバート(通称バーティー)は、吃音に悩んでいた。高名な医者にかかっても効果はなし。エリザベス妃自ら訪ねて依頼したのは、ユニークな治療をするオーストラリア人ライオネル・ローグ。治療が少しずつ効果を見せはじめた頃、父王が崩御。跡を継いだ兄エドワード8世は、シンプソン夫人との結婚を選び、退位してしまう。王とな... [続きを読む]

受信: 2011年4月 7日 (木) 01時06分

» 英国王のスピーチ [象のロケット]
第二次世界大戦前のイギリス。 ジョージ5世の二男ヨーク公(現在のエリザベス女王の父)は、吃音(きつおん:どもり)のために、無口で内向的な性格だった。 何人もの言語聴覚士の治療を受けるが一向に改善せず、式典のスピーチでいつも落ち込む夫を見かねた妻のエリザベスは、スピーチ矯正の専門家ライオネルの元を訪ねるのだが…。 実話から生まれたジョージ6世スピーチ秘話。... [続きを読む]

受信: 2011年4月 7日 (木) 02時55分

» *英国王のスピーチ* [Cartouche]
***STORY***            2010年  イギリス=オーストラリア              ジョージ6 世(コリン・ファース)は、幼い頃から吃音というコンプレックスを抱えていたため、英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男という華々しい生い立ちでありながら、人前に出ることを嫌う内気な性格となり、いつも自分に自信が..... [続きを読む]

受信: 2011年4月 7日 (木) 23時23分

» 『英国王のスピーチ』お薦め映画 [名機ALPS(アルプス)MDプリンタ]
本作はコンプレックスを抱え、不向きな職業に就かざるを得なかった中年男の物語だ。俳優になれなかったライオネルは、王室のスピーチ専門家に向いていたのだろうか? イギリス国王という職業はジョージに向いていたのか? 手に汗握る一世一代の感動スピーチ、2人の男の成…... [続きを読む]

受信: 2011年4月 8日 (金) 02時09分

» 英国王のスピーチ【試写会】 [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:英国王のスピーチ 制作:2010年・イギリス/オーストラリア 監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファー・イーリー、マイケル・ガンボン あらすじ:幼いころから、ずっと吃音(きつおん)に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)。そのため内気な性格だったが、厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)はそんな息子を許さず、さまざまな式典でスピーチを命じる。ジョー... [続きを読む]

受信: 2011年4月 8日 (金) 14時56分

» 英国王のスピーチ [I am invincible !]
ヨーク公アルバート王子(コリン・ファース)は、ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男として公式の場でスピーチをすることがあったが、幼少の頃から話すことが苦手で今もまだ吃音症に悩まされていた。... [続きを読む]

受信: 2011年4月 9日 (土) 20時11分

» 映画「英国王のスピーチ」 [itchy1976の日記]
英国王のスピーチ - goo 映画 英国王のスピーチ(映画.com) 「英国王のスピーチ」オフィシャルサイト 英国王のスピーチ@ぴあ映画生活 英国王のスピーチ - Wikipedia ○作品データ(映画.com) 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャニ...... [続きを読む]

受信: 2011年4月10日 (日) 18時52分

» 「英国王のスピーチ」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The King's Speech」 2010 UK/オーストラリア/USA ジョージ6世に「シングルマン/2009」のコリン・ファース。 ライオネル・ローグに「ミュンヘン/2005」「キャンディ/2006」「エリザベス:ゴールデン・エイジ/2007」のジェフリー・ラッシュ。 エリザベスに「ファイト・クラブ/1999」「カンバセイションズ/2005」のヘレナ・ボナム・カーター。 エドワード8世に「L.A.コンフィデンシャル/1997」「ハート・ロッカー/2008」「ザ・ロード/2009... [続きを読む]

受信: 2011年4月10日 (日) 21時30分

» ■映画『英国王のスピーチ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
誠に個人的な予想ですが、今年のアカデミー賞の監督賞、作品賞、主演男優賞はこの映画『英国王のスピーチ』ではないかと思ったりしています。 アカデミー賞では、監督賞、作品賞、主演男優賞ほか、最多12部門にてノミネートされている本作。 王室の話、というと、なんだか御... [続きを読む]

受信: 2011年4月12日 (火) 15時06分

» ★「英国王のスピーチ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みはファーストデーで映画1本1000円の日。 その2本目です。 [続きを読む]

受信: 2011年4月13日 (水) 01時07分

» 『英国王のスピーチ』 [みゆみゆの徒然日記]
 お稽古関係のあれこれで映画等は自粛していたので(その割には出来がアレなんですが・・・)、久しぶりの映画です。実は大学時代にイギリス史を取っていましたが、恥ずかしながらそういうことを公には言いたくないくらいあまり記憶がない私(汗)ですが、テーマ的にも興...... [続きを読む]

受信: 2011年4月16日 (土) 22時42分

» 『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべての人へ [映画のブログ]
 人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...... [続きを読む]

受信: 2011年4月20日 (水) 22時15分

» 「英国王のスピーチ」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 内向的で吃音症のヨーク公アルバート王子(後のイギリス王ジョージ6世)が、言語聴覚士と家族の支えでコンプレックスを克服し、国民から敬愛される存在へと成長していく姿を、史実を基に映画化。    実在した一国の国王を、一人の人間として内側から掘り下げる。アカデ... [続きを読む]

受信: 2011年4月22日 (金) 21時45分

» 英国王のスピーチ (2010) THE KINGS SPEECH 118分 [極私的映画論+α]
 大勢の前で「スピーチ」したことあります?(笑) [続きを読む]

受信: 2011年4月24日 (日) 15時19分

» 英国王のスピーチ [みるき~うぇい]
原題:THE KING'S SPEECH 2010年度作品/イギリス・オーストラリア 第83回アカデミー賞作品賞受賞            主演男優賞受賞(コリン・ファース)            監督賞(トム・フーパー)            脚本賞(デヴィッド…... [続きを読む]

受信: 2011年4月24日 (日) 22時29分

» 英国王のスピーチ [映画と本の『たんぽぽ館』]
正統な感動作          * * * * * * * * さて、やりましたね。 この作品、アカデミー賞作品賞に輝きました。 コリン・ファースも主演男優賞。 私は、先に「ソーシャル・ネットワーク」を見たときに、これだ!!と思ったのです。 なんという...... [続きを読む]

受信: 2011年4月25日 (月) 20時32分

» 「英国王のスピーチ」みた。 [たいむのひとりごと]
アカデミー作品賞を受賞する前から気になっていた作品。2月の公開時に東京で見損ねてしまったため地元での公開を待ち望んでいた。いやぁ~これは好き。期待どおり笑わせてくれて、ホロリとさせられて、清々しい心地... [続きを読む]

受信: 2011年4月28日 (木) 18時26分

» 「英国王のスピーチ」 [prisoners BLOG]
初めにことばありき、と言うが、コトバ特に話し言葉に対する信頼というのが西洋社会でいかに強いかをうかがわせる。敵であるヒットラーの大仰だが内容空虚な演説が悪い方へ人々を動かしたのも含めて。 まずはパーフェクトと思わせる脚本と演技が先に来て、演出は黒子に徹...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 1日 (日) 05時20分

» 英国王のスピーチ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
英国王のスピーチ'10:イギリス+オーストラリア◆監督: トム・フーパー「第一容疑者 姿なき犯人」(TV) ◆出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 2日 (月) 16時23分

» 映画「英国王のスピーチ」 [Serendipity !]
 今年のアカデミー賞・作品賞を受賞して話題になっている「英国王のスピーチ」を観に行った。  第二次大戦に突入する時代のイギリス王室が舞台で、現イギリス女王のエリザベス2世の父で、吃音を抱えたジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化し... [続きを読む]

受信: 2011年5月 3日 (火) 18時02分

» 英国王のスピーチ [キノ2]
★ネタバレ注意★  ついさきごろ発表された第83回アカデミー賞において、作品賞、監督賞、主演男優賞を受賞した作品です。受賞者のみなさまには、心よりお祝い申し上げます☆  とにかくですね、もう、チャァァァミング! というに尽きる、とってもチャーミングな映画なんでありますが、この映画がここまでチャーミングであったのも、一にも二にも、主演のコリン・ファースがチャーミングだったからだと思うのです。ほんとに最近のファースさんは、のりにのっていらっさる。  英国王ジョージ5世(マイケル・ガ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 3日 (火) 18時40分

» 英国王のスピーチ [迷宮映画館]
さすがの俳優たちの素晴らしい妙を、たっぷり堪能しました。素晴らしかったです。 [続きを読む]

受信: 2011年5月 4日 (水) 21時36分

» 伝えたい思いがある。~「英国王のスピーチ」~ [ペパーミントの魔術師]
どうでもいい話になるんだけど 人前で話をするのがめっちゃくちゃ苦手である。 気のおけない相手の前ではだまらっしゃいなくせに。 ところがどんだけしゃべっても なかなか思うように伝えられないのがジレンマで。 たとえばこのブログにしたってレビューにしたって ダラ…... [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 00時12分

» 英国王のスピーチ [映画、言いたい放題!]
この映画、アカデミー賞を取ったということもあって 是非観たい映画でした。 折しも観に行った日は、ロイヤル・ウェディングの日でした。 そのせいか、公開から随分経っていましたが その割にはお客が多かったです。 隣のお客さんは、始まる前にロイヤル・ウェディングの話を... [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 17時57分

» 映画レビュー「英国王のスピーチ」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
公式サイト◆プチレビュー◆英国王と型破りなスピーチ矯正専門家との友情を描く傑作。威厳と繊細さを同時に表現したコリン・ファースが見事。 【90点】 第二次世界大戦前夜の英 ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 21時36分

» 映画:英国王のスピーチ [よしなしごと]
 言わずと知れた、アカデミー賞4部門受賞、英国アカデミー賞7部門受賞などなど多くの賞にノミネート・受賞に輝いた英国王のスピーチを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2011年5月10日 (火) 07時21分

» 映画『英国王のスピーチ/THE KING'S SPEECH』 [オタマ・レベルアップ]
映画『英国王のスピーチ/THE KING'S SPEECH』を見てきたよぉ~ オフィシャル・サイト http://kingsspeech.gaga.ne.jp/ メディア 映画 上映時間 118分 製作国 イギリス/オーストラリア 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2011/02/26 ジャンル ドラマ/伝記 解説・・・ 「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を演じて... [続きを読む]

受信: 2011年5月13日 (金) 00時24分

» 映画『英国王のスピーチ』劇場鑑賞。 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
サイドバーに「ぴあ映画生活」のベストテンを張らせてもらっています。 ここしばらく、トップは『バーレスク』(私の記事) 2 [続きを読む]

受信: 2011年5月13日 (金) 22時01分

» 『英国王のスピーチ』 [シネクリシェ2.0]
 吃音に悩まされる国王の苦悩と、その矯正を一生懸命手助けする医師とともに克服していく話ですが、なんのケレン味もないストレートなな描き方がされています。  もしもこの映画が、アカデミー作品賞その他たくさんの映画賞を受賞した作品であることを知らなかったら、地味だがなかなかいい佳作だと...... [続きを読む]

受信: 2011年5月14日 (土) 10時45分

» 『英国王のスピーチ』 [シネクリシェ2.0]
 吃音に悩まされる国王の苦悩と、その矯正を一生懸命手助けする医師とともに克服していく話ですが、なんのケレン味もないストレートなな描き方がされています。  もしもこの映画が、アカデミー作品賞その他たくさんの映画賞を受賞した作品であることを知らなかったら、地味だがなかなかいい佳作だと...... [続きを読む]

受信: 2011年5月23日 (月) 06時08分

» [映画『英国王のスピーチ』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆遅ればせながらの感想です。  これまた、英国紳士的なスマートな造りの傑作ですなぁ^^  先の大戦前夜、国民の多くの期待を受けて即位せしジョージ6世・・・、英国王として、その「言葉」は大いなる力になり得るのだが、彼は幼い頃から深刻な吃音症に悩んでいた。 ...... [続きを読む]

受信: 2011年5月28日 (土) 23時37分

» 『英国王のスピーチ』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 英国王のスピーチ 』 (2010) 監  督 :トム・フーパーキャスト :コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコ...... [続きを読む]

受信: 2011年5月30日 (月) 02時29分

» 史劇を愉しむ~第19章「英国王のスピーチ」 The King's Speech(2010 ワインスタイン・カンパニー) [事務職員へのこの1冊]
第18章「蒼き狼」はこちら。 皇室の万世一系ってのもかなり疑わしいが、イギリスの [続きを読む]

受信: 2011年6月16日 (木) 19時55分

» 英国王のスピーチ [C note]
映画ブログらしきものをやってくうえで、去年くらいから「映画館で観た映画の感想はぜ [続きを読む]

受信: 2011年7月21日 (木) 23時10分

» 英国王のスピーチ/King's Speech [継続は力なり!なのか?]
英国王のスピーチを観て来ました。良い映画でした。 本来では国王になることはない主人公ヨーク公アルバート王子(のちの英国王 ジョージ6世)がある日突然国王になることに。国王に相応しい人物ではあるが、ひとつだけ本人も気になることが。それは吃音という症状。...... [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 19時28分

» 英国王のスピーチ [いやいやえん]
わーい、コリン・ファースさん(好き)。吃音のため話すことが苦手な国王が、国民の心を掴むためにスピーチに挑むというこの作品、実際の話なんだそうですね。軽快な言い合いやユーモラスな場面で、開戦前という時代ながら暗さをなくしているのがいいですね。 生真面目で苦悩するヨーク公を演じるコリン・ファースさんに身悶えた。妻エリザベス役にヘレナ・ボナム=カーターさんですが、療法士ライオネルを見つけてきたのは彼女だったんですね。彼女は相変わらず演技が上手い。 変わった矯正術を使用する彼を最初は胡散臭い目で... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 06時54分

» 「英国王のスピーチ」(THE KING'S SPEECH) [シネマ・ワンダーランド]
英国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を描いた感動のヒューマン・ドラマ「英国王のスピーチ」(2010年、英豪、118分、トム・フーパー監督作品)。この映画は吃音(きつおん)症に悩みながらも妻エリザベスの愛と、セラピストのサポートにより、歴史的演説を成し遂げ、国民のリーダーとして戦争という難局に立ち向かうジョージ6世の姿を描き出す。主演のジョージ6世役に「シングルマン」のコリン・ファース、共演のセラピスト役にはジェフリー・ラッシュがそれぞれ出演。本作は 第83回(2010年全米公開)アカ...... [続きを読む]

受信: 2011年9月18日 (日) 11時51分

» 映画「英国王のスピーチ」 [<花>の本と映画の感想]
英国王のスピーチ 監督 トム・フーパー 出演 コリン・ファース, ジェフリー・ラッシュ, ヘレナ・ボナム=カーター 2010年 英国王のスピーチ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]/コリン・ファース,ジェフリー・ラッシュ,ヘレナ・ボナム=カーター ¥3,990... [続きを読む]

受信: 2011年9月29日 (木) 20時36分

» 英国王のスピーチ [pure\s movie review]
2010年 イギリス・オーストラリア作品 118分 GAGA配給原題:THE KINGS SPEECHSTAFF監督:トム・フーパー脚本:デヴィッド・サイドラーCASTコリン・ファース ジェフリー・ラッシュ ヘレナ・ボナム=カーター マイケル・ガンボン吃音症という病を初めて知りました...... [続きを読む]

受信: 2011年12月 4日 (日) 23時39分

» 英国王のスピーチ [虎猫の気まぐれシネマ日記]
第83回アカデミー賞作品賞受賞作。英国王室史上,最も内気な王であるジョージ6世(ヨーク公アルバート王子)が王位を継承するにあたり,それまでの吃音症のコンプレックスを見事に克服して苦手だったスピーチをやり遂げ,国民から敬愛される王へと成長するまでの,史実に基づいた作品。 主演のコリン・ファースの演技が... [続きを読む]

受信: 2011年12月22日 (木) 00時49分

» 英国王のスピーチ [ただの映画好き日記]
ジョージ6世は、王になどなりたくなかった。兄のエドワードが、王室が認めない愛のために王冠を捨てたことから、予期せぬ座についたのだ。 [続きを読む]

受信: 2012年3月11日 (日) 11時18分

» 別館の予備(英国王のスピーチ 感想224作目) [スポーツ瓦版]
6月7日 英国王のスピーチト アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らな ... [続きを読む]

受信: 2012年6月 7日 (木) 13時36分

» 映画 「英国王のスピーチ」 [英国日記]
英国大使館よりご招待頂き、 大使公邸での試写会に行って参りました! [続きを読む]

受信: 2012年12月30日 (日) 23時12分

» 英国王のスピーチ [rambling rose]
英国王ジョージ5世の次男として生まれたジョージ6世は、幼い頃からの吃音の為、人前で話す事が苦手で内向的な人生を送っていた・・。 [続きを読む]

受信: 2013年4月 8日 (月) 15時29分

» 『英国王のスピーチ』 [La.La.La]
JUGEMテーマ:映画 制作年:2011年  制作国:イギリス・オーストラリア  上映メディア:劇場公開  上映時間:118分  原題:THE KING'S SPEECH  配給:ギャガ・コミュニケーション  監督:トム・フーパー  主演:コリン・ファース      ジェフリー・ラッシュ      ヘレナ・ボナム=カーター      ガイ・ピアース ジョージ6世は、王になどなりたくなかった。兄のエドワードが、王室が認めな い愛のために王冠を捨てたことか... [続きを読む]

受信: 2013年4月28日 (日) 10時33分

» 英国王のスピーチ 【映画】 [Balkan's Memorandum]
The King's Speech 2010年、イギリス/オーストラリア トム・フーパー(監督) コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール... [続きを読む]

受信: 2013年6月24日 (月) 05時09分

» 英国王のスピーチ [miaのmovie★DIARY]
英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray](2011/09/02)コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ 他商品詳細を見る 【THE KING`S SPEECH】 制作国:オーストラリア 制作年:2010年 スピ...... [続きを読む]

受信: 2013年8月 3日 (土) 16時58分

» 英国王のスピーチ [Heaven of the Cinema]
国民に自らの声を届け、 団結の象徴となり、 国民を勇気づけ、そして、導く。 それは国王としての重い責務。 時に、そんな重圧に負けそうになる。 自分は国王にふさわしい人間ではないと途方にく...... [続きを読む]

受信: 2013年8月 4日 (日) 11時49分

» 英国王のスピーチ [映画に耽溺]
「おかずですッ」「ずーこですッ!」 「2人揃って」 「映画に耽溺~~~♪」「今日のお題は「英国王のスピーチ」よッ。」「まあ、えらくタイムリーね」「そそそそそ」「第83回アカデミー「作品賞」「監督賞」「主演男優賞」「脚本賞」主要部分を全てとりましたわよ…... [続きを読む]

受信: 2014年10月 4日 (土) 11時15分

» 英国王のスピーチ [映画的・絵画的・音楽的]
 『英国王のスピーチ』を、吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)この映画に関しては、それがアカデミー賞を獲得しようがしまいが、予告編の時から見てみたいと思っていましたから、実際にアカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、それに主演男優賞の4冠を獲得したこ...... [続きを読む]

受信: 2015年3月25日 (水) 22時06分

» 映画『英国王のスピーチ』★がんばろう!イギリス!~雑感です。 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
公式サイトです 。 http://kingsspeech.gaga.ne.jp/ 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/155093/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 エリザベス2世女王の父君ジョージ6世は、吃音でうまく演説できなかったが、 良き師に恵まれて、無事にスピーチをこなしたというお話~~~と言うだけ..... [続きを読む]

受信: 2015年3月26日 (木) 21時04分

» 英国王のスピーチ [Akira's VOICE]
1シリングから始まる家族と言葉の物語。    [続きを読む]

受信: 2015年3月27日 (金) 10時28分

« 「ツーリスト」 サスペンスなのにのんびりまったり | トップページ | 「漫才ギャング」 緩急自在のテンポが心地よい »