« 「ジーン・ワルツ」 「システム」の限界 | トップページ | 本 「フェイスブック -若き天才の野望-」 »

2011年2月20日 (日)

「運命のボタン」 トンデモ科学映画だったんだ!

興味はあったのですが、なんとなくスルーしていた作品です。
んー、感想としては、不思議ちゃんな映画?トンデモ科学映画?

<ネタバレしないで書けないので、ここから先は注意です>

ある日、謎の紳士がルイス夫妻に、赤いボタンがついた装置を届けます。
このボタンを押すと、夫妻は100万ドルを手に入れることができます。
けれどもそのボタンを押すと、知らない誰かが死んでしまうということ。
生活がギリギリであったりということ、誰かの死に責任を持ってしまうということで、夫婦は苦悩します。
僕はけっこうその悩みでひっぱるのかなと思ったら、けっこうあっさりとボタンを押してしまいます。
夫婦の周りで不思議なことが起こるのはそれから。
ボタンをもってきた紳士は何ものなのか。
火星探査は何か関係があるのか。
鼻血を出してメッセージを届けにくる者たちは何ものなのか。
NASAの風洞を借り切っている者たちはほんとにNSAなのか。
謎だらけの展開で、人気テレビシリーズの「LOST」を思い出しちゃいました。
この映画がとても、不思議ちゃんな感じがあるのは、これらの謎・伏線を、あまりきれいに回収していなかったりするところでしょう。
あの紳士は、宇宙人の意志かなんかで、地球人を試しているっていうことなの?
火星探査に出たということで、地球人が宇宙に進出しようとしているから?
でもって、その宇宙人(なのかどうかもよくわからない)はどうやってああいう不思議なことを起こすことができるの?
アーサー・C・クラークの「充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない」という有名な言葉で、説明終わりなの?
などなど・・・。
不思議なことは起こっているけれど、地球人には計り知れない高度な技術があるんだよっていうことなんですよねぇ。
心理ミステリーかと思って観始めたら、トンデモ科学ものだったのでちょっと驚きました。

最後の夫婦の選択。
夫が引き金を引いた時、別の夫婦が赤いボタンを押します。
ここの関連性もまったく説明がないのですが、そういう関連性があるとするならば、ボタンはずっと押されて続けられていたってことになります。
人間ていうのは、やっぱり他利的行動がとれないということを言いたいってことなんでしょうか。
ちょっと救いがなさすぎる感じもしますけれどもね。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ジーン・ワルツ」 「システム」の限界 | トップページ | 本 「フェイスブック -若き天才の野望-」 »

コメント

ノラネコさん、こんばんは!

予告だけ観たら面白かったんですけれどねー。
途中からなトンデモ展開に驚きました。
新・トワイライトゾーンって日本で観れるんですかー?

投稿: はらやん(管理人) | 2011年2月24日 (木) 19時04分

KLYさん、こんにちは!

そうそう、押すまでに葛藤がもっとあるのかなーと思ったらけっこうあっさり。
ほんと後半は、???という感じで、そういうお話だったのねーとある意味驚きました。
なんだかようわからん映画でしたね。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年2月23日 (水) 05時58分

まあこれは劇場スルーで正解・・・
原作は心理ミステリの傑作なんですけどね。
忠実に映像化されてる新・トワイライトゾーンのエピソードの方が数段上でした。

投稿: ノラネコ | 2011年2月21日 (月) 22時49分

キャメロンてば(キャメロンじゃないけど)「う~~~~ん、えいっ!」みたいに、結構軽く押してましたよね。多分見てる人の多くが「あ?」と思ったんじゃないですかね。(笑)

何か途中から訳がわからないというか、何でそっち方向いっちゃうの?って。もっとオカルトかと思ったら、昔のSFになっちゃいました^^;

投稿: KLY | 2011年2月20日 (日) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/50924551

この記事へのトラックバック一覧です: 「運命のボタン」 トンデモ科学映画だったんだ!:

» 運命のボタン [LOVE Cinemas 調布]
リチャード・マシスンが1970年に発表した短編小説の映画化。ある日突然家に届いたボタン。それを押せば1億円が手にはいる代わりに、自分の知らない誰かが死ぬ…。奇妙な選択を迫られた夫婦を待ち受ける想像もつかない運命を描き出したサスペンスミステリーだ。主演はキャメロン・ディアス、共演にジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ。監督はリチャード・ケリー。... [続きを読む]

受信: 2011年2月20日 (日) 23時51分

» 運命のボタン [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:運命のボタン 制作:2009年・アメリカ 監督:リチャード・ケリー 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン あらすじ:ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、赤いボタン付きの装置が入った箱が届く。夕方、謎めいた男がノーマを訪ね「このボタンを押せば100万ドルを手に入れられるが、代わりに見知らぬ誰かが死ぬ。考える猶予は24時間」と驚くべき提案を持ちかける。二人は迷いながらもボ... [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 01時24分

» 運命のボタン・・・・・評価額1150円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
ここにボタンがある。 あなたがボタンを押せば、100万ドルを手に入れる事が出来る。 ただし、その結果あなたの知らない誰かが、世界のどこかで死ぬ。 さて、あなたはボタンを押す?押さない? 「運命のボ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 22時47分

» 【運命のボタン】 [日々のつぶやき]
監督:リチャード・ケリー、 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ   あなたなら、押しますか? 「1976年ヴァージニア州のある町、ノーマ・アーサー夫妻の住む家の玄関ベルが早朝鳴り、ドアの前にはある箱が。中には赤いボ... [続きを読む]

受信: 2011年2月23日 (水) 18時06分

» 運命のボタン [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
運命のボタン [DVD]傑作短編を大胆に膨らませたSF不条理劇。ある朝、ノーマとアーサー夫妻の元に、赤いボタンの付いた不思議な装置が送られてくる。夕方、謎めいた男スチュワード ... [続きを読む]

受信: 2011年2月24日 (木) 23時48分

» 運命のボタン [ぶっちゃけ…独り言?]
3点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 「あなたなら、押しますか? ボタンを押せば1億円、ただし見知らぬ誰かが死ぬ。 決断の期限は24時間。」 いや〜、ぶっちゃけ押せませんね、ワタクシは。 だってぇ、たった1億円で目一杯夢見の悪い目に遭...... [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 04時11分

» 映画「運命のボタン」 [<花>の本と映画の感想]
運命のボタン 監督 リチャード・ケリー 出演 キャメロン・ディアス, フランク・ランジェラ, サム・オズ・ストーン, ホームズ・オズボーン, ジェームズ・マースデン 2009年... [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 22時23分

» 運命のボタン [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『あなたなら、押しますか?』  コチラの「運命のボタン」は、キャメロン・ディアス、ジェームズ・マーズデン共演、リチャード・ケリー監督、ボタンを押すと100万ドルが手に入 ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 1日 (火) 22時08分

» 『運命のボタン』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 運命のボタン 』 (2009) 監  督 :リチャード・ケリーキャスト :キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン、ホームズ・オズボーン、サム...... [続きを読む]

受信: 2011年3月21日 (月) 01時03分

» 【映画】運命のボタン [★紅茶屋ロンド★]
<運命のボタン を観ました> 原題:The Box 製作:2009年アメリカ ←クリックしてね♪ランキング参加中 キャメロン・ディアス主演のサスペンス。 リチャード・マシスンの短編小説が原作です。 決して裕福ではない、ノーマとアーサー夫婦の元に赤いボタンが付いた箱が届けられる。 その日の夕方、謎の男が訪れ、「24時間以内にボタンを押すと、自分達の知らない誰かが死ぬ。しかし、100万ドルを手に入れることが出来る」と、究極の選択を提示する。 ボタンを押せば、大金が手に入る。だが、この世界中の誰... [続きを読む]

受信: 2011年3月21日 (月) 13時12分

» 運命のボタン/THE BOX [いい加減社長の映画日記]
今週末公開は、「ボックス!」だけで、いまいち興味が持てず。 他に観たいものがあったので、パスしていた「運命のボタン」を、金曜日のレイトショーで鑑賞。 (そういえば、この作品の原題も「THE BOX」^^;)「UCとしまえん」は、平日のレイトショーとしても、少ないかな...... [続きを読む]

受信: 2011年3月22日 (火) 05時15分

» 運命のボタン◎THE BOX(2009) [銅版画制作の日々]
 あなたなら、押しますか?ボタンを押せば1億円、ただし見知らぬ誰かが死ぬ。決断の期限は24時間── 東宝シネマズ二条にて、、、、。レディスディということで、1000円で鑑賞しました。キャメロン・ディアス初のスリラー映画挑戦!キャメロンと言えば、やはりラブ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月22日 (火) 14時59分

» 運命のボタン (The Box) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 リチャード・ケリー 主演 キャメロン・ディアス 2009年 アメリカ映画 115分 サスペンス 採点★★ 「火星の自転周期と人間の体内時計はほぼ一緒だから、人類は昔火星からやってきたんだー!」とか、「地球人は科学の進んだ宇宙人の実験用に作り出されたんだー…... [続きを読む]

受信: 2011年3月23日 (水) 19時17分

» 運命のボタン [I am invincible !]
The Box 1976.12.16早朝。 ルイス家の玄関先に、四角い包みが置かれていた。 開けて見ると、木製の台の上にドーム状ののカバーで覆われた赤いボタンがついた装置が入っていた。 午後5時。 顔の左半分が酷い火傷でえぐれたようになっている紳士が、ルイス家を尋…... [続きを読む]

受信: 2011年3月23日 (水) 23時26分

» 運命のボタン [象のロケット]
1976年12月。 朝5時45分、ヴァージニア州郊外で暮らすルイス夫妻宅に、赤いボタンが付いた奇妙な装置が届く。 ボタンを押せば2つのことが起きるという。「その1:どこかであなたの知らない誰かが死にます。」「その2:あなたは現金100万ドル(1億円)を手にする。」 期限は24時間。 悩んだ末にボタンを押した直後、原因不明の殺人事件が発生する…。 サスペンス・スリラー。... [続きを読む]

受信: 2011年3月23日 (水) 23時44分

» 運命のボタン [Diarydiary! ]
《運命のボタン》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - THE BOX ノーマ [続きを読む]

受信: 2011年3月25日 (金) 21時54分

» 『運命のボタン』 [ラムの大通り]
(原題:The Box) ----あれっ。原題は【THE BOX】、箱なのに なぜ、日本のタイトルはボタンになるの? 「うん。これはね、 ボタンと言っても『コララインとボタンの魔女 3D』に出てきたような 洋服のボタンじゃないんだ。 ほら、メインビジュアルを見てごらん。 手が...... [続きを読む]

受信: 2011年3月25日 (金) 22時58分

» 運命のボタン [ダイターンクラッシュ!!]
2010年5月9日(日) 20:50~ TOHOシネマズ川崎3 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『運命のボタン』公式サイト 本国で大コケと聞いていたが、さもありなん、こいつは、トンデモ映画の範疇だ。 ある日、キャメロン・ディアス夫人の3人家族の玄関先に、早朝、箱が届けられる。ボタンのついた謎の箱が入っており、17時に説明に来ると言う。いかにも怪しい男が説明に来る。「ボタンを押したら100万ドルやる。ただし、見知らぬ誰かが不幸になるぞ。その覚悟はあるかね。」 息子の学... [続きを読む]

受信: 2011年3月27日 (日) 22時05分

» 『運命のボタン』・・・ああ、そっち系の話でしたか [SOARのパストラーレ♪]
キャメロンが精神的に追い詰められていく様子や絶対的な未知の存在を連想させる中盤の不可解な空気感に、ふとジョニデとシャーリーズ主演の『ノイズ』を思い出した。夢と希望に満ちあふれた・・・少なくともそういうイメージが先に立つ宇宙探査や宇宙飛行士という存在。そういう場で起こったとされる謎の事件事故が、夫婦や家族に得体の知れぬ恐怖をじわじわと植えつけていく展開はなんとなく似てるよね。ストーリー自体はまったくの別物だけど。... [続きを読む]

受信: 2011年3月27日 (日) 23時53分

» 運命のボタン [ともやの映画大好きっ!]
(原題:THE BOX) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★) 「アイ・アム・レジェンド」やスピルバーグ監督の「激突!」、海外ドラマ「マスターズ・オブ・ホラー」の1エピソード「ダンス・オブ・ザ・デッド」などの原作を手掛けるリチャード・マシスンの、1970年に発...... [続きを読む]

受信: 2011年3月28日 (月) 01時39分

» 運命のボタン/THE BOX [いい加減社長の日記]
今週末公開は、「ボックス! 」だけで、いまいち興味が持てず。 他に観たいものがあったので、パスしていた「運命のボタン 」を、金曜日のレイトショーで鑑賞。 (そういえば、この作品の原題も「THE BOX」^^;)... [続きを読む]

受信: 2011年3月29日 (火) 05時26分

» 運命のボタン [こんな映画見ました〜]
『運命のボタン』---THE BOX---2009年(アメリカ)監督:リチャード・ケリー出演: キャメロン・ディアス 、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ1976年12月16日、朝5時45分、ヴァージニア州郊外に暮らすルイス夫妻宅の玄関のベルが鳴る。しかし、妻の...... [続きを読む]

受信: 2011年3月29日 (火) 15時47分

» 10-133「運命のボタン」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
高度に発達した文明は、魔術と見分けがつかない  1976年12月16日、朝5時45分、ヴァージニア州郊外に暮らすルイス夫妻宅の玄関のベルが鳴る。しかし、妻のノーマが出ると、そこには誰もおらず、ひとつの四角い箱が置かれているだけだった。そして、夫のアーサーがその箱を開けると、中には赤いボタンが付いた奇妙な木製の装置が入っていた。  午後5時、夫妻宅にアーリントン・スチュワードと名乗る男が訪ねてくる。男は夫妻に、赤いボタンを押せば2つのことが起きると告げる。第1にどこかで見知らぬ誰かが死に...... [続きを読む]

受信: 2011年4月10日 (日) 01時13分

» 『運命のボタン』('11初鑑賞60・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆★-- (10段階評価で 5) 4月30日(土) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 20時09分

» 運命のボタン [rambling rose]
76年のある日、お金に困っているルイス夫妻の元に届けられた四角い箱。開けてみると、赤いボタンのついた奇妙な装置が入っていた・・。 [続きを読む]

受信: 2013年4月 8日 (月) 15時31分

» 映画 『運命のボタン』 [向う岸]
br /運命のボタン [Blu-ray](2010/10/22)ジェームズ・レブホーン、サム・オズ・ストーン 他商品詳細を見る allcinema 『運命のボタン』 地上波放送で鑑賞。 ボタンを押したら100万ドル、ただし誰かが死ぬ。 あなたはボタンを押しますか? ボタンを押すかどうか...... [続きを読む]

受信: 2014年12月15日 (月) 22時49分

« 「ジーン・ワルツ」 「システム」の限界 | トップページ | 本 「フェイスブック -若き天才の野望-」 »