« 本 「死亡フラグが立ちました!」 | トップページ | 「あしたのジョー(2011)」 今、この作品を作る意味 »

2011年2月11日 (金)

「洋菓子店コアンドル」 直球な女

主人公なつめ(蒼井優さん)は思ったことをそのまま口に出し、そして思ったことにまっしぐらに突進していく女性です。
ど真ん中直球な物言いは、人によっては「カチン」とくるように受け止められるかもしれません。
正直、こんな子が自分の近くにいたら僕は「カチン」ときてるでしょう。
でもそれはなつめが自分の思うことにとっても正直で忠実だからなんですよね。
思えば人ってのは、いろんな付き合いがあったり、しがらみがあったりで、自分が思ったことを呑み込んでしまったりするものです。
そのまま口にしていたら、なつめが周囲をザワザワさせたように、やはり人間関係に波風がたってしまうでしょう。
でもあまりに呑み込みすぎてはないかい?とも思ったりもします。
なんとなくベールで包んだような言葉で話していると、そこには見えない壁みたいなものもできていたりするんですよね。
都会で孤独に感じる人が増えているっていうのは、そういう気を使いすぎてできている壁みたいなものがあるからかもしれません。
そういう壁をなつめはズケズケと突破して侵入してきます。
それがウザかったりするわけですが、けれど彼女自身も開けっぴろげで壁などないことがわかります。
そういう壁のなさ、みたいなものが心地よいのかもしれません。
十村も子供の事故以降、周囲に壁を作っていた人間の一人です。
なつめは彼の壁も直球で正面突破し、頑な彼の心を解きほぐすのです。

蒼井優さんは、そんななつめにぴったりの配役であったと思います。
彼女の女優としての素晴らしさというのは、他の作品でもそうなのですが、まるですっぴんのように見えるということ。
テクニカルに作り込んだ役作りというのとは違う、またその人になりきってしまうようなカメレオン系の女優さんとも違う。
うまく言えないのですけれど、彼女がある役をやっているとき、蒼井優という人の素というのはこの役なのではないかと思わせるところなんですよね。
それだけに役に自然であるということなのかもしれません。
この作品のなつめという役は、ちょっとKYな女の子で、大いに怒り、大いに泣き、大いに笑う、自分の気持ちに素直な子。
その怒っているときの表情や、泣き顔、微笑みなどがすべて、なつめという女の子がそのように感じているからしている表情っていう感じがするんですよね。
普通の女優だったら、演じているとき見られる視線というのを気にした上での、怒り、泣き、笑いの表情をするのだと思うのですが、彼女の場合はほんとにすっぴんの表情を見せているような感じなのです。
当然、演技なわけなのですが、演技っていうのを越えちゃっているように見せるというのが、蒼井優という女優のすごさなのかもしれません。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「死亡フラグが立ちました!」 | トップページ | 「あしたのジョー(2011)」 今、この作品を作る意味 »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

あれだけ一所懸命にやれるのは羨ましいですよね。
でも確かにすぐそばにいるとうざいかも。
特に元カノだったら・・・(笑)。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年4月29日 (金) 07時17分

空気読めないって、今は悪のように思われますが、それくらい自分が好きで、つき進めるって、いいですよね。でもやっぱうざいかも・・。
うざさを感じさせるのが狙いでしょうから、いいのだと思いますが、半パティシェとしては、いろいろとケーキ作りには異存があります。
もうちょっと材料も大事にしてもらいたかったですわ。

投稿: sakurai | 2011年4月26日 (火) 20時54分

maru♪さん、こんにちは!

確かに僕も漫画が原作なのかなーって思いました。
やはり蒼井優さんの女優としての力を感じました。
なかなかあのキャラクターを嫌みなく演じれる人はなかなかいないですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年2月20日 (日) 07時29分

こんばんわ♪

あまりのキャラの立ち具合に、てっきり漫画原作かと思ったらオリジナルでした。
正直、前半はなつめのあまりの猪突猛進ぶりについて行けず困ったなと思ってました(笑)
それでも、嫌な子にならなかったのは蒼井優ちゃんのおかげだと思います。

作品全体としては後半やけに早足になってしまって、せっかくの素材を生かせなかったのが残念な気がしました。

投稿: maru♪ | 2011年2月20日 (日) 02時53分

こにさん、こんにちは!

蒼井優さんはほんと天性の女優さんですね。
けっこう今回のは普通にはいないタイプの女の子なんですけれど、それでも全然うそくなく、そしてそれが蒼井優の素なんではないかと思わせるところまでもっていくのがスゴいです。
ぜひ、ご覧になってください。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年2月13日 (日) 07時07分

観たいと思っている映画です
蒼井優さん、天野祐吉さんだったかがポテトチップスのCMを誉めてらっしゃいましたが、本当に「すっぴん」で勝負できる女優さんですね

投稿: こに | 2011年2月12日 (土) 13時36分

KLYさん、こんにちは!

蒼井優さんはほんとうまいです。
演じているって感じさせないくらいなのが素晴らしい。
薩摩弁って男の人がしゃべるのは映画やドラマでよく見ますが、女性でしゃべっているのを見るのは新鮮かも。
パンフでも蒼井さんは薩摩弁がたいへんだったとおっしゃっていましたが、そういうたいへんさを感じさせないくらい身に付いているのがすごいですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年2月12日 (土) 11時18分

蒼井優って方言での演技がいいんですよね。『フラガール』の時も良かったし。江口さんがおっしゃってたのですが、薩摩弁だから言いたい放題言っても何だか許せてしまう雰囲気の女の子なんだと。これが東京の女の子だったらただの嫌なヤツになってしまうと思うって。確かにそうだろうなと思います。もっともそこを上手く演じられる技量があるかどうかと言う部分でやっぱり蒼井優という女優の上手さが光るんだと思うのですけども。

投稿: KLY | 2011年2月11日 (金) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/50840123

この記事へのトラックバック一覧です: 「洋菓子店コアンドル」 直球な女:

» 洋菓子店コアンドル [LOVE Cinemas 調布]
『60歳のラブレター』、『白夜行』の深川栄洋監督が送るヒューマンドラマ。恋人を連れ戻しに鹿児島から上京したケーキ屋の娘・なつめが働くことになったのが洋菓子店コアンドル。そこで伝説のパティシエ十村と出会った彼女は、自分の夢を見つめなおして行く。主演にこれが初共演となる江口洋介と蒼井優。共演に江口のりこ、加賀まり子、戸田恵子ら実力派が揃う。... [続きを読む]

受信: 2011年2月11日 (金) 20時59分

» 『洋菓子店コアンドル』舞台挨拶@新宿バルト9 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
基本、キャストを見られなきゃ映画を見ない人(爆)朝から雪の降りしきる中を出掛けた今回の舞台挨拶は、『洋菓子店コアンドル』。会場は新宿バルト9。エレベーターもラッピング ... [続きを読む]

受信: 2011年2月12日 (土) 23時34分

» 洋菓子店コアンドル [やっぱり邦画好き…]
映画「洋菓子店コアンドル」の主演は、初競演となる日本映画界を代表する2人の俳優、江口洋介と蒼井優。そして、いつの時代も女性たちを魅了し続ける“宝石のようなスイーツ”の数々。監督は『60歳のラブレター』『半分の月がのぼる空』の俊英・深川栄洋...... [続きを読む]

受信: 2011年2月15日 (火) 06時36分

» 『洋菓子店コアンドル』('11初鑑賞23・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆★-- (10段階評価で 5) 2月12日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 16:50の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年2月15日 (火) 19時58分

» 『洋菓子店コアンドル』 その配役は逆だろう! [映画のブログ]
 「今さぁ、あんな子がホントにいたら絶対嫌われるよね。」  ずいぶん前のことだが、数人の女性がアニメについて話していたときに、『アタックNo.1』が話題に上った。彼女たちは口々に、『アタックNo.1』...... [続きを読む]

受信: 2011年2月16日 (水) 00時59分

» 『洋菓子店コアンドル』 [京の昼寝〜♪]
nbsp; □作品オフィシャルサイト 「洋菓子店コアンドル」□監督・脚本 深川栄洋 □脚本 いながききよたか、前田こうこ□キャスト 江口洋介、蒼井 優、江口のりこ、ネイサン・バーグ、嶋田久作、加賀まりこ、佐々木すみ江、戸田恵子■鑑賞日 2月12日(土)■劇場...... [続きを読む]

受信: 2011年2月17日 (木) 08時08分

» うざキャラ女が鼻に付く。『洋菓子店コアンドル』 [水曜日のシネマ日記]
東京の洋菓子店を舞台に描かれた人間模様です。 [続きを読む]

受信: 2011年2月17日 (木) 13時08分

» 『洋菓子店コアンドル』 [・*・ etoile ・*・]
'11.1.26 『洋菓子店コアンドル』(試写会)@一ツ橋ホール yaplog!で当選。いつもありがとうございます。 *ネタバレありです! ごめんなさい辛口です… 「パティシエ修業で東京に行ったきりの恋人を連れ戻すため、上京したなつめ。彼が働いていた洋菓子店コアンドルを辞めてしまったと聞き、代わりに働き始める。ある日、晩餐会のデザートを担当することが決まった直後、店主の依子が過労で倒れてしまう。なつめはかつて依子とパリで一緒に学んだ、伝説のパティシエ十村に助けを求めるが…」という話。うーん。こ... [続きを読む]

受信: 2011年2月20日 (日) 02時49分

» 【映画】洋菓子店コアンドル [★紅茶屋ロンド★]
<洋菓子店コアンドル を観て来ました> 製作:2010年日本 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ ヤプログさんのご招待で、一足お先に試写会にて鑑賞してきました。 気になっていた作品だったので嬉しい♪ 江口洋介と蒼井優が共演する、洋菓子店コアンドルで巻き起こるヒューマンドラマ。 鹿児島から恋人を追いかけて上京してきたケーキ屋の娘なつめ(蒼井)は、有名洋菓子店「パティスリー・コアンドル」にやってくる。 そこで恋人が働いているはずだったのだが… しかし、そこには追い求める彼の姿はなく、変わりに... [続きを読む]

受信: 2011年2月20日 (日) 23時42分

» 洋菓子店コアンドル [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
洋菓子店コアンドル オリジナルサウンドトラック芸術的なスイーツが並ぶ人気洋菓子店を舞台に、挫折を乗り越えて再生し、未来へ進む男女を応援するストーリー。繊細で寡黙なキャラ ... [続きを読む]

受信: 2011年2月22日 (火) 23時46分

» 洋菓子コアンドル [象のロケット]
東京で評判の洋菓子店“パティスリー・コアンドル”で修行中の恋人・海を追いかけて上京してきた、鹿児島弁丸出しの女性なつめ。 しかし彼はとっくに辞めた後で、途方に暮れたなつめはコアンドルで住み込み修行を始める。 店の常連で、伝説のパティシエと呼ばれながら8年前に突然スイーツ界から姿を消した十村は、なつみの試作品を酷評するのだが…。 ビター&スイート・ストーリー。... [続きを読む]

受信: 2011年2月24日 (木) 00時57分

» 洋菓子店コアンドル [映画的・絵画的・音楽的]
 『洋菓子店コアンドル』を渋谷シネクイントスで見てきました。 (1)先だって『ちょんまげぷりん』のDVDを見たばかりで、またしても洋菓子を巡る映画とはゲップが出るかなとは思いましたが、このところ映画館で邦画をあまり見ていないこともあって、マアかまわないかと出...... [続きを読む]

受信: 2011年2月26日 (土) 06時35分

» 洋菓子店コアンドル [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
東京の洋菓子店を舞台に、スイーツを通して出会った人々の挫折と再生を描く物語。監督は「半分の月がのぼる空」の深川栄洋。出演は「パーマネント野ばら」の江口洋介、「雷桜」の ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 2日 (水) 17時35分

» 洋菓子店コアンドル/蒼井優、江口洋介 [カノンな日々]
先日鑑賞してきたばかりの『白夜行』でも監督を務めた深川栄洋監督がメガホンをとった作品です。恋人を追って上京してきた少女とかつて天才パティシエと呼ばれた男が織りなす自分 ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 7日 (月) 11時16分

» 映画:洋菓子店コアンドル [よしなしごと]
 パスしようと思っていたんですが、ツイッターを見ていると意外に評判がいいので見に行くことに。と言うわけで、洋菓子店コアンドルを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2011年3月27日 (日) 08時33分

» 洋菓子店コアンドル(2011-012) [単館系]
『60歳のラブレター』、『白夜行』の深川栄洋監督が送るヒューマンドラマ。恋人を連れ戻しに鹿児島から上京したケーキ屋の娘・なつめが働くことになったのが洋菓子店コアンドル。そこで伝説のパティシエ十村...... [続きを読む]

受信: 2011年3月28日 (月) 22時42分

» 映画 「洋菓子店コアンドル」 [ようこそMr.G]
映画 「洋菓子店コアンドル」 [続きを読む]

受信: 2011年4月 7日 (木) 21時34分

» 洋菓子店 コアンドル [迷宮映画館]
苦虫女が、今度はケーキ屋に就職? [続きを読む]

受信: 2011年4月26日 (火) 20時54分

» 洋菓子店コアンドル [愛猫レオンとシネマな毎日]
「60歳のラブレター」「半分の月がのぼる空」の深川栄洋監督の最新作です。 東京で評判の洋菓子店コアンドルを舞台に、そこに集う人々を 宝石のようなスイーツの数々と共に描いてます。 主人公は、蒼井優さん演じる鹿児島から恋人を追って上京してきたなつめ。 コアンドルで働くことになった彼女は、元、天才パティシエの十村と出会います。 スイーツ大好きなワタシには、スイーツの数々が主役でした。 美男美女いなくたって、オッケー!みたいな・・・(笑) でもね・・・映画に関しては、ビターな辛口なのです。 理由は、一... [続きを読む]

受信: 2011年5月20日 (金) 21時44分

» 洋菓子店コアンドル [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
洋菓子店コアンドル [DVD]/江口洋介,蒼井優,江口のりこ ¥4,935 Amazon.co.jp 東京でパティシエの修行をしている恋人に会うために鹿児島から状況してきたなつめ。けれど、彼が働いているはずの店、コアンドルをとっくに辞めているとのこと。行く当てのないなつめ... [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 09時17分

» 「洋菓子店コアンドル」(2010・日) [ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー]
蒼井優・江口洋介共演の映画「洋菓子店コアンドル」を観てきました。 時間の都合が合うのがこれだった、という。 普段この手の邦画は観ないんですがねえ。 本当は「RED」の方が観たかったです。 さて、この映画。 一言で言うなら「泣かせ系」。 もうちょっと言うなら「王道展開の泣かせ系」。 もう少し言うなら 「空気が読めない蒼井優が薩摩弁丸出しで叫びまくり  強引にハッピーエンドにもっていく泣かせ系」。 私の隣にいた男の子は映画終了後 「いつもの蒼井優のだ……」と呟いてましたが。 え、いつもこんな... [続きを読む]

受信: 2013年4月28日 (日) 20時33分

« 本 「死亡フラグが立ちました!」 | トップページ | 「あしたのジョー(2011)」 今、この作品を作る意味 »