« 「ザ・タウン」 その街こそもう一人の主役 | トップページ | 「天装戦隊ゴセイジャー」 天使という設定の難しさ »

2011年2月 6日 (日)

「ウォール・ストリート」 信用は回復できるか?

僕はメーカーに勤めているもので、どうも金融という商売がうさんくさく見えて仕方がありません。
実際に手に取っていただける商品として提供できるからこそ、その価値が価格に見合ったものであるかお客様に納得していただきやすいものだと思っています。
値しないと思われれば、買っていただけないわけです。
金融というのは、その手に取ってもらえる「商品」(金融業界ではそのサービスを「商品」と言いますが、いつも違和感を感じてしまいます)ではないので、どうも怪しげに感じてしまうのです。
須く商売というものは差異を利用して、お金を稼ぐのが基本です。
メーカーとて、原料に付加価値をつけ売り、そのコストとの差で利益を得ているのです。
けれどもこれはわかりやすい。
しかし金融商品というのは、株価の上下動、地域間の為替差などの差を使い、その取引を仲介することにより益を得ます。
まだここまでもわかりやすい。
そしてさらに金融業界は、もともとなさそうなところにも「差異」をあえて作るようにし、それを利用して商売をするようになります。
このところ問題となっている「金融商品」というのは素人からすれば全くよくわからない仕組みによって生み出された見えない「差異」を使っているのです。
手に取れる商品と違い、見えないわけですから、その「金融商品」を買うポイントは何かと言ったら「信用」です。
この人だったら、この会社だったら、自分の財産を任せても大丈夫という「信用」。
けれどもこの数年間、僕たちはこの「信用」をことごとく裏切られてきたような気がします。
年金疑惑、サブプライムローン問題、世界金融危機・・・。
全く自分があずかり知らぬことで、みんなの生活が影響を受けています。
「モラルハザード」という言葉が本作では何度も出てきます。
見えない商品を扱うからこそ、「信用」や「モラル」が大事なはずなのに、何故に関係者は凝りもせずに同じようなことを繰り返すのでしょうか。

そしてお金以外にもうひとつ、本作で描かれている見えないもの。
見えないけれど価値があるもの。
それは愛情です。
夫婦の間の愛情、親子の間の愛情。
それも見えないものだからこそ、「信用」が大事なのです。
金融会社が「信用」がなくなることにより崩壊していくように、人と人の関係も「信用」が崩壊していきます。
本作ではジェイコブとウィニーの夫婦も危機を迎えます。
そしてゲッコーとウィニーの親子の間はすでに「信用」がなくなり、親子関係は崩壊しています。
けれどもこれらの夫婦、親子の関係も失われたままではありません。
「信用」は努力と誠意により取り戻すこともできるのです。

金融業界は「信用」を取り戻す努力ができているのでしょうか。
僕から見ると、まだそのような努力や誠意を感じることができないでいます。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ザ・タウン」 その街こそもう一人の主役 | トップページ | 「天装戦隊ゴセイジャー」 天使という設定の難しさ »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

ちょうど今社会人になる子たちはバブルが弾けた頃、子供の頃だったですからね。
日本がイケイケだった頃を知らないわけなんですよね。
オリバー・ストーンがパンフのインタビューで答えてましたが、絶対的な金額が問題なんではないんですよね。
強欲な人というのは、人とよりももっとという相対的な金額を見ちゃっているわけです。
自分だったらこれで十分て思えるほうが幸せなのかもしれません。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年2月13日 (日) 08時51分

最近の若い世代を見てると、金に踊らされない、結構堅実な人が多くなったなあと感じます。
欲がない、がつがつしたとこがないという覇気のなさも感じますが、上の世代がやってきた、目に見えないものに躍らされて、泡に踊らされたものの不確かさをわかっているんでしょうね。
それでも金の度し難い魅力は、いつまでも人間を取り巻いてますが、人間ってのはつくづく弱い生き物なんだなあと感じます。
てなことで、映画は、もっとえげつなく、もっともっとひどい目にあうのかなああと勝手に思ってました。
一番かわいそうだったのは、フランク・ランジェロでしたかね。

投稿: sakurai | 2011年2月12日 (土) 13時40分

ノルウェーまだ〜むさん、こんにちは!

やはり虚のものというか、金融は言い方が悪いけれどごまかしみたいなものがある世界に見えちゃいます。
それでもそういう見えないものに挑んでいるときの高揚感みたいなものがあるのですかね。
人のお金を、自分のキャリアもいっしょに突っ込んでるバクチのような感じでしょうか。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年2月11日 (金) 04時37分

KLYさん、こんばんは!

金融って「ウォール街」のときよりも複雑化してきていて、プロの人たちもお金に振り回されている、そんな感じも受けました。

ゴードンは身内にはいてほしくない人ですが、映画のキャラクターとしては存在感のある役でしたよね。
こういうアクが強いキャラっていうのは、魅力的ですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年2月 7日 (月) 21時18分

はらやんさん、こんばんわ☆
本当にそうですよね~
商品に対して、もしくは労働に対して支払われるのがお金と思うので、どうしても金融の世界は初めから馴染めないです。
そのせいか、映画を見てもしっくりこないというか、納得できないというか、気持ちに添えない部分が多かったです。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2011年2月 7日 (月) 09時21分

確かにはらやんさんの言うとおりですね。価値のないところに価値を作り出して、それを取引する。いわゆる実業に対する虚業というやつですが、しかしコレが別に違法でもなんでもないってところこそ、正に今回のテーマなのかなと思いました。
違法じゃない、でもはらやんさんの言うとおり、素人は良く解らない、だから結局はゴードンのようなプロだけが庶民の富を吸い集める形になるわけですよね。

という映画のテーマは別として、ゴードンの悪人ヒーローぶりはやっぱり好きです。(笑)なにしろ「大切なのは時間」なんて言葉を吐けるほどに円熟味をました彼は、むしろ昔より敵に回したくない相手になったのじゃないかなと。結局望んだ全てを手に入れたのはゴードンだけですし…。

投稿: KLY | 2011年2月 6日 (日) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/50791404

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウォール・ストリート」 信用は回復できるか?:

» ウォール・ストリート / Wall Street: Money Never Sleeps [勝手に映画評]
1987年の映画『ウォール街』の続編。 前作で、インサイダー取引にて収監されていたゲッコーが、刑期を終えて出所するシーンから始まります。ゲッコーが戻してもらう携帯電話が物凄く大きいのが、時代を感じさせます。しかし、ゲッコーの出所は2001年という設定なのですが...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 17時34分

» 「ウォール・ストリート」欲望の亡者 [ノルウェー暮らし・イン・London]
私の生活とは縁もゆかりもない世界だから言うけど、恐ろしい世界である。 結果的に人が死のうが、傷つこうがお構いなし。 マネーゲームがもたらす修復不可能な深い溝が、そう簡単に埋められるとは到底思えないのだけど・・・・・... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 20時00分

» 『ウォール・ストリート』('11初鑑賞16・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 2月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:10の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 20時06分

» 映画 「ウォール・ストリート」 [ようこそMr.G]
映画 「ウォール・ストリート」 [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 20時21分

» ウォール・ストリート [LOVE Cinemas 調布]
1987年に公開された『ウォール街』の続編。同じオリヴァー・ストーン監督とマイケル・ダグラスのコンビが、今回は現代の金融事情をベースにマネー・ゲームの世界を描き出す。主演は「トランスフォーマー」のシャイア・ラブーフ。共演に『17歳の肖像』のキャリー・マリガン、ジョシュ・ブローリン、フランク・ランジェラと若手とベテランが揃う。チャーリー・シーンのカメオ出演も見もの。... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 21時39分

» [映画『ウォール・ストリート』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆面白い・・・。  やっぱ、私は、オリバー・ストーン監督の作劇術が性に合っている。  私と思想は違えど、そのパワーにグイグイ引っ張られる点においては、島田荘司の小説と似ている。  ゲッコーの復活劇は、スタローン的に燃える。  だが、オリバー・ストーンは、...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 22時12分

» *ウォール・ストリート* [Cartouche]
ウォール街の若き金融マン、ジェイコブ・ムーア(シャイア・ラブーフ)の会社が突然破綻した。心の師である経営者は自殺、ジェイコブ自身も資産を失ってしまう。それが金融業界の黒幕ブレトン(ジョシュ・ブローリン)の陰謀だと知ったジェイコブは復讐を誓い、刑務所を出た元大物投資家ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)に助言を求める。しかしゲッコーはジェイコブの最愛の恋人ウィニー(キャリー・マリガン)の父親でもあった。                  gooより 2度のアカデミー賞受賞に輝くオリ..... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 23時22分

» ★ 『ウォール・ストリート』 [映画の感想文日記]
2010年。アメリカ。WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS.   オリヴァー・ストーン監督。  シャイア・ラブーフ君がタフな男の役を演じていても、不自然に見えなくなった。『ディスタービア』や、『トランスフォーマー... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 23時28分

» 【映画】ウォール・ストリート [★紅茶屋ロンド★]
<ウォール・ストリート を観て来ました> 原題:Wall Street: Money Never Sleeps 製作:2010年アメリカ ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 予告を観た時点で、とってもワクワクしてたんだ~。 試写会にて鑑賞してきました。このために「ウォール街」の予習&復習もバッチリ オリバー・ストーン監督&マイケル・ダグラス主演の名作「ウォール街」、23年ぶりの続編です。 前作のネタバレになっちゃうけど…(バレしないとあらすじが書けないw) 前作の最後に逮捕されたカリスマ... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 23時38分

» 「ウォール・ストリート」は金融ウエスタン... [映画と出会う・世界が変わる]
長い刑期を終えて出所した人物を描き、その刑期の長さを映画ではどのように表現するだろうか?高倉健が、そんな男を演じた作品では、出所後に入ったラーメン屋での値段表に驚いた表... [続きを読む]

受信: 2011年2月 7日 (月) 01時19分

» ウォール・ストリート [Akira's VOICE]
無駄に長いし,中身は生ぬるいし・・・   [続きを読む]

受信: 2011年2月 7日 (月) 10時20分

» ウォール・ストリート (試写会) [風に吹かれて]
ゴードン・ゲッコー イズ バック公式サイト http://movies.foxjapan.com/wallstreet2月4日公開ウォール街(1987)の続編監督: オリバー・ストーン2008年、ウォ [続きを読む]

受信: 2011年2月 7日 (月) 10時56分

» アメリカ版ハゲタカ?でも・・・何かが違う?『ウォール・ストリート』 [水曜日のシネマ日記]
21世紀のマネー・ゲームを背景に描かれた人間ドラマです。 [続きを読む]

受信: 2011年2月 7日 (月) 23時41分

» 映画「ウォール・ストリート」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ウォール・ストリート」観に行ってきました。 1987年公開映画「ウォール街」の続編作品。 新エネルギーを開発するベンチャー企業を支援しようと奮闘するシャイア・ラブーフ演じる若き証券マンのジェイコブ・ムーアと、8年の服役ですっかり過去の人となった、前作でも活躍したマイケル・ダグラス扮するゴードン... [続きを読む]

受信: 2011年2月 7日 (月) 23時52分

» ウォール・ストリート [だらだら無気力ブログ]
前作「ウォール街」でメガホンを執った巨匠オリヴァー・ストーンとその 巧演でオスカー主演男優賞に輝いた名優マイケル・ダグラスが再びコンビを 組んだ23年ぶりの続編。 ある野望を秘めた若き銀行マンとその婚約者、そして復活を目論む元カリスマ 投資家それぞれの欲望…... [続きを読む]

受信: 2011年2月 8日 (火) 01時30分

» 「ウォール・ストリート」みた。 [たいむのひとりごと]
『ウォール街』('87)の続編として、今回付けられた邦題が『ウォール・ストリート』ってどうなんでしょ?日本語で「ウォール街」と書けば「ウォール・ストリート」とルビが振られるのが一般的だというのにね。ち... [続きを読む]

受信: 2011年2月 8日 (火) 20時28分

» ウォール・ストリート [象のロケット]
2008年、ニューヨーク。 ジェイコブが勤める投資銀行が経営破綻し、上司は自殺。 業界の黒幕ブレトンに復讐するため、ジェイコブは、最愛の婚約者ウィニーの父親で、7年前に刑務所から出所した元カリスマ投資家ゲッコーに接近する。 断絶状態の父娘の仲を取り持つことを条件に、復讐への協力を求めるのだが…。 大ヒット社会派ドラマの続編。... [続きを読む]

受信: 2011年2月 9日 (水) 04時05分

» 帰ってきたゴードン・ゲッコー。『ウォール・ストリート』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
※注・内容、小ネタに触れています。『ウォール街』から約23年、オリヴァー・ストーン監督が21世紀のマネー・ゲームを描く『ウォール・ストリート』。元カリスマ投資家ゴードン・ゲッコーにマイケル・ダグラス。... [続きを読む]

受信: 2011年2月 9日 (水) 23時45分

» ウォール・ストリート [★ Shaberiba ]
金の起こす世界崩壊は自然災害より恐ろしい・かも [続きを読む]

受信: 2011年2月10日 (木) 21時45分

» ウォール・ストリート [eclipse的な独り言]
金曜日による11時過ぎまで映画館にいるのは、年寄りには結構つらいのです。 [続きを読む]

受信: 2011年2月11日 (金) 08時29分

» ウォール・ストリート/マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ [カノンな日々]
人気絶頂にあったチャーリー・シーンとマイケル・ダグラスが主演した旧作『ウォール街』からもう23年もの月日が経つんですねェ、なんかしみじみしちゃいますね(笑)。旧作『ウォール ... [続きを読む]

受信: 2011年2月11日 (金) 11時40分

» ウォール・ストリート [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
非情なマネーゲームの行方を描いた「ウォール街」の続編。監督は同じく『プラトーン』『7月4日に生まれて』で2度のアカデミー賞に輝くオリバー・ストーンが担当。「ザ・センチネル ... [続きを読む]

受信: 2011年2月11日 (金) 12時08分

» ウォール・ストリート [迷宮映画館]
ずいぶんと丸くなったなあ、、、監督もゲッコーも。 [続きを読む]

受信: 2011年2月12日 (土) 13時41分

» ★ウォール・ストリート(2010)★ [CinemaCollection]
WALLSTREET:MONEYNEVERSLEEPS欲望は、罪なのか。上映時間133分製作国アメリカ公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2011/02/04ジャンルドラマ映倫G【解説】前作「ウォール街」でメガホンを執った巨... [続きを読む]

受信: 2011年2月12日 (土) 23時14分

» ウォール・ストリート [Diarydiary! ]
《ウォール・ストリート》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - WALL ST [続きを読む]

受信: 2011年2月14日 (月) 21時24分

» 『ウォール・ストリート』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ウォール・ストリート」□監督 オリヴァー・ストーン □脚本 アラン・ローブ□キャスト マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、キャリー・マリガン、ジョシュ・ブローリン、スーザン・サランドン、フランク・ランジェラ、イーライ・ウォラック■鑑賞日 2月11日(金)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  結局のところ、頑丈で冷徹なマネーゲッターは、単に自身の初孫に負けたのか(笑) 当時観たときはかなり衝撃的だった『ウォー... [続きを読む]

受信: 2011年2月15日 (火) 08時30分

» ウォール・ストリート MONEY NEVER SLEEPS [映画の話でコーヒーブレイク]
前作のおさらいをしていざ続編! 続編って、前作の出来が良いと期待が膨らみ過ぎ、がっかりなんてことが間々ありますが・・・、 最後までまぁまぁ面白く鑑賞。 しかし、 ゲッコーも年をとったというか、 屈辱の刑期を務め上げ丸くなったというか、 やっぱり父親は娘にぁ弱...... [続きを読む]

受信: 2011年2月15日 (火) 19時05分

» 「ウォール・ストリート」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 1987年公開、実際の金融界にも影響を与えた大ヒット映画「ウォ-ル街」の続編。 本作に限った話しではないが、どうもこの手の「一部の頭のいい人向け」の映画は、高卒低所得... [続きを読む]

受信: 2011年2月17日 (木) 21時29分

» ウォール・ストリート [ケントのたそがれ劇場]
★★★  あの『ウォール街』から23年、時の経つのは早いものだが、マイケル・ダグラスも年を取ってしまったな・・・。本作はまさに前作『ウォール街』の続編であり、前作で逮捕されたゴードン・ゲッコーが、8年間の刑期を終えて淋しく出所するところから始まる。  まさ... [続きを読む]

受信: 2011年2月18日 (金) 19時16分

» ウォール・ストリート [こんな映画見ました〜]
『ウォール・ストリート』---WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS---2010年(アメリカ)監督:オリヴァー・ストーン 出演:マイケル・ダグラス 、シャイア・ラブーフ、nbsp;ジョシュ・ブローリン、nbsp;キャリー・マリガン 前作「ウォール街」でメガホン...... [続きを読む]

受信: 2011年2月18日 (金) 22時04分

» 映画「ウォール・ストリート」金儲けは悪だと言いきれない曖昧さ [soramove]
「ウォール・ストリート」★★★☆ マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、 キャリー・マリガン、スーザン・サランドン出演 オリヴァー・ストーン監督、133分、2011年2月4日公開 2010,アメリカ,FOX (原作:原題:WALL STREET : MONEY NEVER SLEEPS)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「由緒ある投資会社に勤めるジェ... [続きを読む]

受信: 2011年2月18日 (金) 23時30分

» 『ウォール・ストリート』は金融セカイ系ストーリーだよ。 [かろうじてインターネット]
 こんばんは。本日は『ウォール街』の24年ぶりの続編『ウォール・ストリート』の感想でございます。  例によってネタバレしまくっています。  観に行った映画館はTOHOシネマズ六本木ヒルズ。皮肉...... [続きを読む]

受信: 2011年2月20日 (日) 01時52分

» ウォール・ストリート(2010)◆WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS [銅版画制作の日々]
 欲望は、罪なのか。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。14日はシネマズデイということで1000円でした。お客さんの入りもまずまず。前作からもう23年も経っているんですね。ちょっと時間が経ち過ぎって気もするんですが、、、、。 オリバー・ストーンといえば、前回観...... [続きを読む]

受信: 2011年2月20日 (日) 10時10分

» ウォール・ストリート [そーれりぽーと]
今更『ウォール街』の続編? 『ウォール・ストリート』を観てきました。 ★★★★ なんて思いながら、エロ狂いマイケル・ダグラスのむさ苦しい顔と、シャイア・ラブーフの虻川顔を我慢しながらの鑑賞。 いやこれが今だから面白話なんですよね。 なんで今だからかというと、...... [続きを読む]

受信: 2011年2月20日 (日) 13時25分

» ウォール・ストリート/Wall Street: Money Never Sleeps [いい加減社長の日記]
もう、いくつ溜まってるんだろう、これも公開日に観たんだけど^^; 前作も観たかったけど、観れなくて。今度こそはと「ウォール・ストリート 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、普通だったかなぁ。 「ウォール・ストリート 」は、中くらいのスクリーンで、3~4割。... [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 07時13分

» 映画:ウォール・ストリート 前作より遥かに面白い訳 = 今の「時代」が前提だから。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ウォール街(1987)の続編にあたる、この作品。 20年以上もたってから、こういう展開とは珍しくないか。 それには理由があったのだが(後述) 物語は、ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス 写真)が、刑務所から出所するところからスタート。 そして、今の「時代...... [続きを読む]

受信: 2011年2月22日 (火) 07時20分

» ウォール・ストリート [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ウォール・ストリート'10:米◆原題:WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS◆監督:オリヴァー・ストーン「プラトーン」「ウォール街」◆出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブ ... [続きを読む]

受信: 2011年2月23日 (水) 13時20分

» 【ウォール・ストリート】 [日々のつぶやき]
監督:オリヴァー・ストーン 出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、キャリー・マリガン、ジョシュ・ブローリン  欲望まで、愛せるか。 「大手投資会社に勤務するジェイコブ、ある日突然何者かの策略により会社の株が大暴落し倒産してしまう。父親のよ... [続きを読む]

受信: 2011年2月23日 (水) 18時04分

» ウォール・ストリート/Wall Street: Money Never Sleeps [いい加減社長の映画日記]
もう、いくつ溜まってるんだろう、これも公開日に観たんだけど^^; 前作も観たかったけど、観れなくて。今度こそはと「ウォール・ストリート」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、普通だったかなぁ。 「ウォール・ストリート」は、中くらいのスクリーンで、3〜4割。 【ス...... [続きを読む]

受信: 2011年2月26日 (土) 16時03分

» 映画 ■■ウォール・ストリート■■ [Playing the Piano is ME.]
経済は苦手... 数字も苦手... 23年前の前作「ウォール街」見ていないのも敗因? [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 09時23分

» ウォール・ストリート<ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
欲望まで、愛せるか。・・・って 愛せねーよっ ゲッコーはぁぁなんなんだっ この親父はーっ 最低じゃねーかーっ (つい、言葉がきちゃなく・・・)実の娘 だまくらかして お... [続きを読む]

受信: 2011年3月 7日 (月) 00時39分

» ウォール・ストリート [ルナのシネマ缶]
『ウォール街』から約23年、 リーマンショックがあったから かもしれませんが、 何故、いまさらの続編なのか よくわからなかったです。 俳優人はそれなりに豪華でしたが なんかパンチは感じられませんでした。 2001年、8年の服役を終えたゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)。 カリスマ投資家の面影は消え、すっかり過去の人と成り果てていた。 2008年、勤め先が経営破たんに追い込まれた電子取引トレーダー、 ジェイコブ・ムーア(シャイア・ラブーフ)は 恋人ウィニー(キャリー... [続きを読む]

受信: 2011年3月14日 (月) 01時09分

» ウォールストリート [ダイターンクラッシュ!!]
2011年2月27日(日) 15:45~ ユナイテッド・シネマ豊洲9 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:未確認 『ウォールストリート』公式サイト バブル前夜期の「ウォール街」の続編。「ウォール街」は観ていない。本作前にレンタルしようと思ったが、3本ともレンタル中。 まあ、前作を観ていなくても対応できる内容だ。25年ほどたっているのだから、話に繋がりがあるほうが変というものだ。ただ、前作の主役級、奇行で知られるチャーリー・シーンが、ゲスト出演している。本編に... [続きを読む]

受信: 2011年3月20日 (日) 12時30分

» 映画『ウォール・ストリート』を観て [KINTYRE’SDIARY]
11-12.ウォール・ストリート■原題:WallStreet,MoneyNeverSleeps■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:133分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:2月5日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ... [続きを読む]

受信: 2011年3月21日 (月) 21時24分

» 映画:ウォール・ストリート [よしなしごと]
 ウォール・ストリートを観てきました。この作品を見る前に未鑑賞の前作品ウォール街を見ようと、TSUTAYAに何度か行ったのですが、1本しか在庫がなく、いつも貸し出し中。仕方なく前作は見ないでの鑑賞でした。公開から2週間もたっていないのに、シネコンの一番小さな劇場での上映でした。チケットを買う時に、間違えたのかと思い、「もう一番小さい劇場での上映なの?」と聞くと「はい。あまりお客さん入らないので。」と言ってました。えぇっええ~~!これから見ようとする人に、そんなに正直に答えるの?...... [続きを読む]

受信: 2011年3月23日 (水) 07時55分

» ウォールストリート [ダイターンクラッシュ!!]
2011年2月27日(日) 15:45~ ユナイテッド・シネマ豊洲9 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:未確認 『ウォールストリート』公式サイト バブル前夜期の「ウォール街」の続編。「ウォール街」は観ていない。本作前にレンタルしようと思ったが、3本ともレンタル中。 まあ、前作を観ていなくても対応できる内容だ。25年ほどたっているのだから、話に繋がりがあるほうが変というものだ。ただ、前作の主役級、奇行で知られるチャーリー・シーンが、ゲスト出演している。本編に... [続きを読む]

受信: 2011年3月26日 (土) 23時22分

» 映画 「ウォール・ストリート」 [SEA side]
 1988年に公開された「ウォール街」の続編。原題は、第1作が「WALL STREET」で、今回の続編にはサブタイトル「MONEY NEVER SLEEPS」が付いている。  マイケル・ダグラスはさすがの貫禄で存在感を示す。第1作の証券マン役チャーリー・シーンがチラリと顔を出すが、こ...... [続きを読む]

受信: 2011年4月20日 (水) 09時44分

» ウォール・ストリート #21 [レザボアCATs]
10年、アメリカ 原題:Wall Street : Money Never Sleeps 監督:オリバー・ストーン 製作:エドワード・R・プレスマン、エリック・コペロフ 製作総指揮:バ ド・カー、セリア・D・コスタス、アレックス・ヤング、アレッサンドロ・ケイモン 脚本:アレン・ローブ マイケル・ダグラス   : ゴードン・ゲッコー シャイア・ラブーフ   : ジェイコブ・ムーア ジョシュ・ブローリン  : ブレトン・ジェームズ キャリー・マリガン   : ウィニー・ゲッコー イーライ・... [続きを読む]

受信: 2011年4月24日 (日) 19時34分

» ウォール・ストリート [Blue Blue Blue]
基本的にはフィクションですが、サブプライムショックや リーマンショックの時期の話。 マネーゲームを演出する人、翻弄される人の悲喜こもごもが 描かれています。 専門用語がバンバン飛び交うのかと思ってましたが、 それほどではありませんでした。 自分も言うほど金...... [続きを読む]

受信: 2011年4月24日 (日) 21時50分

» ウォール・ストリート [愛猫レオンとシネマな毎日]
1987年に公開された「ウォール街」の続編になります。 当時、主人公ゲッコーを演じたマイケル・ダクラスとオリバー・ストーン監督が 再びタッグを組みます。 ストーリーは、今の時代を投影させた内容でした。 リーマンショックとか、サブプライムローンの事だろうなぁ~というものもあって リアルなウォール街の人間ドラマになってます。 でも予告編を見て期待してた程の内容ではなかったです。 予告編以上でも、予告編以下でもなかったと言うか・・・ もっと、マネーゲームの駆け引きが具体的に描かれているかと思ってた。 ... [続きを読む]

受信: 2011年5月26日 (木) 21時47分

» 映画「ウォール・ストリート」 [<花>の本と映画の感想]
ウォール・ストリート 監督: オリバー・ストーン 出演 マイケル・ダグラス, シャイア・ラブーフ, キャリー・マリガン, ジョシュ・ブローリン, スーザン・サランドン 2010年 ウォ... [続きを読む]

受信: 2011年8月30日 (火) 21時09分

» ウォール・ストリート [ぶっちゃけ…独り言?]
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) いや〜、何とかDVDが出るまでには感想をUPしたかったんですけどね〜。 残念ながら全っ然、間に合いませんでした。 で、23年ぶりの続編となったこの作品。 確かに前作『ウォール街』は面白かったですよ。...... [続きを読む]

受信: 2011年9月 9日 (金) 00時22分

» ウォール・ストリート [銀幕大帝α]
WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS/10年/米/133分/ドラマ/劇場公開 監督:オリヴァー・ストーン キャラクター創造:オリヴァー・ストーン 出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、イーライ・ウォラック、ス...... [続きを読む]

受信: 2011年10月12日 (水) 01時13分

» 【映画】ウォール・ストリート…バブルの恩恵は受けてないけど不況の煽りは感じる [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
記事のサブタイトル的な事は記事内には全く書いていませんので注意。 本日から夜勤のピロEKです。 久しぶりにブログ更新。前の記事をアップしたのが11月6日ですから随分空いちゃいました。 その間は、仕事が忙しかったり、本やらゲームやらのインプットが立て込んでア...... [続きを読む]

受信: 2011年11月21日 (月) 14時02分

» 『ウォール・ストリート』'10・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ若くしてウォール街での成功を手にした証券マン、ジェイク。美しい恋人と結婚秒読みという幸せな日々がある日一変する・・・。解説ゴールデングローブ助演男優賞ノミネート... [続きを読む]

受信: 2012年4月 4日 (水) 09時03分

» 『ウォール・ストリート』'10・米 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじ若くしてウォール街での成功を手にした証券マン、ジェイク。美しい恋人と結婚 [続きを読む]

受信: 2012年4月 4日 (水) 09時05分

» 「ウォール・ストリート」 [prisoners BLOG]
前作(1987)が作られてから金融界の腐敗が手のつけられないくらいひどくなったせいか、仇役だったゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)が、「ロッキー」のアポロ的に善玉に寄ってきている。 もともと欲望に忠実なキャラクターというのは一定の魅力は持つからでもあ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月 9日 (月) 09時51分

» ウォール・ストリート@オリバー・ストーンの名人芸を味わう [雨の日の日曜日は・・・]
ボルカ―ルールやらバーゼル3の規制を控え、黄昏ているウォール街ですが、ドラマティックな映画の舞台には、まだまだ悪くないんじゃないでしょうか。 そうなると主人公は、「伝説のディーラー」でしょうか? イイでしょう、映画なんだから、ヒーローが必要だ。 でもその描き方が、稚拙だと悲しいですよね。 ではどう描けば良いのか? 今回はオリバー・ストーンのこの作品から、その名人芸を書いていきたいと思います。 1)出所シーンのクルマの演出 ゴードン・ゲッコーが、他の囚人と出... [続きを読む]

受信: 2012年4月28日 (土) 23時29分

» ウォール・ストリート [いやいやえん]
「ウォール街(87)」をみたことがありません。話は続いているようですね。23年ぶりの続編。 シャイア・ラブーフ、マイケル・ダグラス共演。 前作の最後でインサイダー投資で投獄されたゲッコーが2001年に出所する所から始まります。 スピード感に溢れる株価チャートや取引現場なんかが妙に見ている側にも焦りを出しそうで、なかなか良かったです。これがマネーゲームのスリルというものなのか…ただ証券業界に全く詳しくないので何が起こってるのかさっぱり…という部分もありますけどね^; 1つの判断で全てを失う... [続きを読む]

受信: 2015年3月28日 (土) 16時31分

« 「ザ・タウン」 その街こそもう一人の主役 | トップページ | 「天装戦隊ゴセイジャー」 天使という設定の難しさ »