« 「グリーン・ホーネット 3D」 悪い化学反応 | トップページ | 本 「岩崎彌太郎 -「会社」の創造-」 »

2011年1月28日 (金)

「僕が結婚を決めたワケ」 で、そのワケは?

ロン・ハワード監督の久しぶりのコメディ作品です。
彼の昔の作品は好きだったんですけれど。
「スプラッシュ」とか「コクーン」、「バックドラフト」、「アポロ13」・・・。
でも最近はどうも「好きっ!」って言える作品がないんですよね。
ですので観に行こうか迷ったんですけれど、やっぱりハワード監督だしなあということで行ってきました。

邦題は「僕が結婚を決めたワケ」。
結婚していない自分としてはぜひとも「結婚しよう!」と思う時の気分というのを知りたいわけですので、そのあたりを重点的に観てみようと(笑)、観てみましたが・・・。
「で、そのワケは?」
と聞きたい。
そもそも物語はそういうことが主題ではなかったような。
ふとパンフレットの原題を観てみれば「THE DILMMA」とありました。
ふむ、ジレンマ、ね。
それはこの作品のテーマそのままですね。
誰なんだ、変な邦題つけた人は?

主人公ロニーはつき合っている恋人と結婚しようか悩み中で、今一歩踏み込めない状態にいます。
ようやく覚悟を決めた彼が目撃してしまったのは、学生からの大親友の妻の浮気現場。
彼は正直でありたいと思い、親友に真実を告げようか告げまいか悩みます。
言うべきか、言わざるべきか、それが問題だ、と。
まさにジレンマです。
個人的にはあまり秘密を持つことができない(隠す方がエネルギーがかかるので)ので、基本的にロニーのように正直であるほうがいいなと思っています。
そのほうが秘密を抱えるより楽だと思うんですよね。
とはいえ、すべて正直であれば皆ハッピーであるかと言われればそうではないわけで、隠しておいたほうがいいことがあるというのはわかっているつもりです。
でも本作の主人公ロニーはそうじゃないんですよね。
そういう真正直なロニーと周囲の人々の困惑、ドタバタぶりが笑いどころのコメディなのだとは思いますが・・・。
なんというか、笑えない・・・。
恋人のご両親の結婚40周年パーティでのロニーの大演説は、まさにKYだし・・・。
心理療法の場での大暴露もいかがなものかと。
正直であるという自分は満足かもしれないけれど、周囲の人は相当居心地悪いよ・・・。
もう少し「空気を読んで」ほしいぞ、ロニー。
ということでコメディ映画なのに、大笑いするのではなく、苦笑するしかなかった微妙な作品でした。
うーむ、ロン・ハワード、どうした?

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「グリーン・ホーネット 3D」 悪い化学反応 | トップページ | 本 「岩崎彌太郎 -「会社」の創造-」 »

コメント

KLYさん、こんにちは!

ほんと邦題が良くないですね。
最近の洋画はこの手のタイトルが多くて、何かがヒットするとすぐそれに乗じた感じになってしまうので、もう少し配給会社も考えてほしいものです。
お話もなんだか、うだうだ悩むだけでその結末も決して後味がいいものではなく、なんだかなーという感じでした。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年1月29日 (土) 10時29分

全く同感です。
全然結婚を決めたワケとか話と関係ないし。(苦笑)毎度の事ながらどうしてこうしてスットコな邦題つけちゃうんでしょうね。
完全にロニーが浮気の事を言うかどうか迷うってだけの話をなんだかやたら回りくどく魅せてただけのように思いました。^^;

投稿: KLY | 2011年1月28日 (金) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/50712391

この記事へのトラックバック一覧です: 「僕が結婚を決めたワケ」 で、そのワケは?:

» 僕が結婚を決めたワケ [LOVE Cinemas 調布]
『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』の巨匠ロン・ハワードが2組の中年男女を描いたライトテイストコメディー。出演は『イントゥ・ザ・ワイルド』のヴィンス・ヴォーン、『最後の恋のはじめ方』のケヴィン・ジェームズ、『そんな彼なら捨てちゃえば? 』のジェニファー・コネリーそして『スター・トレック 』のウィノナ・ライダー。... [続きを読む]

受信: 2011年1月28日 (金) 23時08分

» 僕が結婚を決めたワケ(2010)◆◇THE DILEMMA [銅版画制作の日々]
 結婚前に、あなたは「秘密」をどうしますか? 東宝シネマズ二条にて鑑賞。ちょうどシネマズデイということで、1000円で鑑賞出来ました。仕事前にということで、朝一番の鑑賞となりました。 実は男性陣のお顔はまったくもって知りませんでした。ヴィジュアル的にも...... [続きを読む]

受信: 2011年1月29日 (土) 11時21分

» 『僕が結婚を決めたワケ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「僕が結婚を決めたワケ」□監督 ロン・ハワード □脚本 アラン・ローブ □キャスト ヴィンス・ヴォーン、ケヴィン・ジェームズ、ジェニファー・コネリー、ウィノナ・ライダー、クイーン・ラティファ、チャニング・テイタム■鑑賞日 1月16日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  ロブ・ハワード監督作品だと思わなければ、そこそこのラブ・コメディーだが、  ロブ・ハワード監督作品だと思うと、B級作品だなぁ(笑... [続きを読む]

受信: 2011年1月30日 (日) 21時34分

» 『僕が結婚を決めたワケ』'11・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじロニーは恋人ベスとの結婚を考え始めていたが親友ニックの妻の浮気を知り・・・。感想メタボ中年男コンビ『フォー・クリスマス』のヴィンス・ヴォーン『チャックとラリーお... [続きを読む]

受信: 2011年1月31日 (月) 09時07分

» 矛盾の中で生きている。『僕が結婚を決めたワケ』 [水曜日のシネマ日記]
親友の妻の不倫現場を目撃してしまった40歳独身男性と彼を取り巻く人間模様を描いたラブコメディーです。 [続きを読む]

受信: 2011年2月13日 (日) 15時50分

» 僕が結婚を決めたワケ~笑えないぞ [Osaka-cinema-cafe]
大好きなラブコメで、監督がロン・ハワードと聞いて、 これは見なくてはと、映画館へ。 え、これって、ラブコメって宣伝してましたよね? タイトルと映画の内容、合ってますか? 原題は「THE DILEMMA 」 なのに、邦題は「僕が結婚を決めたワケ」 あらすじ: ロニー(ヴィンス・ヴォーン)はシカゴで大学時代からの 親友ニック(ケヴィン・ジェームズ)と、車のエンジンデザインの 会社を営んでいる。 理想の恋人ベス(ジェニファー・コネリー)と... [続きを読む]

受信: 2011年3月 8日 (火) 03時13分

» ■映画『僕が結婚を決めたワケ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
「恋人はいるんだけど、なかなかプロポーズしてくれなくて…」 などと、なかなか結婚を言い出さない恋人にいらついているアラサー、アラフォーの女性がプロポーズされるためのヒントを求めて飛びつきそうなタイトルのこの映画『僕が結婚を決めたワケ』。 軽いラブコメかと思い... [続きを読む]

受信: 2011年3月27日 (日) 03時26分

« 「グリーン・ホーネット 3D」 悪い化学反応 | トップページ | 本 「岩崎彌太郎 -「会社」の創造-」 »