« 「トップガン」 「カッコいい」が詰まってる | トップページ | 「新幹線大爆破」 150分間止まらない »

2010年11月20日 (土)

本 「告白」

中島哲也監督の映画版もすごいと思いましたが、原作本もさすが本屋大賞をとるだけのことはあってよくできていると思います。
タイトルが「告白」とあるように、本作は章ごとに主要な登場人物が誰かに(直接、間接的に)語りかけているという体裁をとっています。
この「語りかけている」というのが、いわゆる一人称スタイルの小説とは違った風合いを出しているような気がします。
この作品に近い感覚としては、ジャンルは異なりますがアガサ・クリスティの「アクロイド殺し」などがあげられると思います。
語っている主体が話している内容は全部事実のように感じられがちですが、これはそうとは言い切れません。
語っている内容は「まぎれもない事実」「本人が事実だと思い込んでいる事実」「本人が意識的に嘘をついている事実」だったりします。
また「あえて本人が伏せている事実」もあります。
この作品の中では語りの手法として、実際にしゃべているというのもありますが、日記やHPなどでの語りもあります。
これは直接会話ではありませんが、読み手を意識しているということでは同じです。
なぜ「まぎれもない事実」しか語らないかと言えば、それは話している主体が、話している相手に自分自身をこのように思ってもらいたいという意志が働いているからでしょう。
もしくは自分自身もこのようであると無意識的に思っていたいということもあるかもしれません。
そういうことは日常的にも自分自身の中にもあることだろうと思います。
自己というフィルターが、事実を無意識的に歪ませてしまうということが。
この作品はそれを小説ならではの手法で、見事に描いているなと思いました。

原作小説を読んだ後、改めて映画版が非常によくまとまっているなと思いました。
小説は小説ならではの技法を通じて人間の自己像への執着みたいなものを描きましたが、映画では同様の手法は使えません。
けれども作品自体のテーマや伝えたいことはほとんど変えずに、映画として再構成し直すことができた中島監督の手腕に脱帽です。

映画「告白」の記事はこちら→

「告白」湊かなえ著 双葉社 文庫 ISBN978-4-574-51344-8

|

« 「トップガン」 「カッコいい」が詰まってる | トップページ | 「新幹線大爆破」 150分間止まらない »

コメント

rose_chocolatさん、こんばんは1

おっしゃるとおり、映画は原作ありとしてはかなりレベルの高い作品ですよね。
原作は小説ならではの描き方をし、それを踏まえて映画は映画ならではの描き方をする。
ただ伝えようとするもののコアは基本的にぶれていないわけで。
この原作をあのような映画として作った中島監督の手腕に驚きます。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年11月21日 (日) 21時05分

淡々と語っているからこそ、逆に恐ろしくなるんでしょうね。
映画は、この原作の世界に忠実に、立体感を出していて、
例を挙げるならば、少年たちと悠子の娘がプールで繰り広げるシーンなどは、
まさにその通り! とうなずいてしまいました。

書籍の映画化としては、これを超えるものは当分出ないでしょうね。

投稿: rose_chocolat | 2010年11月21日 (日) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/50078280

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「告白」:

» 「告白」湊かなえ [日々のつぶやき]
あちこちで目にするこの「告白」ですが、読後感がよくないというのも耳にしていたので覚悟して読みました。 「幼い娘を亡くした女性教師が終業式で語った言葉。愛美はこのクラスの生徒に殺された。 そしてその衝撃よりも大きな告白、犯人二人を裁いた方法とは・・」... [続きを読む]

受信: 2010年11月20日 (土) 11時29分

» 「告白」湊 かなえ [ルナのシネマ缶]
なかなか衝撃的でした! それに、あのラスト! 先が気になり一気に 読んでしまいましたが 読んだ後の、後味の悪さも かなりのものです。 「愛美は死にました。しかし事故ではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです」 我が子を校内で亡くした中学校の女性教師による ホームルームでの告白から始まり、 語り手が「級友」「犯人の母親」「犯人」と 次々と変わり、事件の全体像が浮き彫りにされていく・・・。 登場人物のほとんどが自己中で恐ろしい。 冷静沈着な復讐者、森口センセ... [続きを読む]

受信: 2010年11月21日 (日) 00時15分

» 『告白』 湊かなえ [【徒然なるままに・・・】]
「私の娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。」 終業式のホームルーム、退職するという女性教師の告白から始まる、章ごとに語り手が変わるモノローグで構成されるドラマ。犯人、犯人の家族、クラスメートと様々な視点から事件が綴られて行きます。 それは、立場が変われば見方が変わる、ということだけではなく、皆が皆、自分の行為の正当性を主張している「だけ」なので、突き合わせてみれば相互に矛盾も出てきます。 誰が本当のことを言っていて、誰が嘘をついているのでしょうか。 そ... [続きを読む]

受信: 2010年11月21日 (日) 00時40分

» 告白 (湊かなえ) [花ごよみ]
第一章 聖職者 終業式、退職を控えた、 中学の女性教師が クラスの生徒を前にしての一人語り。 愛する一人娘を失った原因となる 教え子を告発。 その少年に対する復讐。 衝撃的な第一章の幕開け、 最初から、引き込まれます。 感情を交えないで語る、 女性教師がこわい。 第一章聖職者は驚きのラスト。 さらっとした書き方も、 よけいに不気味さを感じます。 第二章後は、登場人物が順々に、 真実を語るという構成。 感情移入は出来ない人達。 あまりに陰鬱で救いがないです。 事件を本人、級友、 家... [続きを読む]

受信: 2010年11月21日 (日) 00時55分

» 「告白」 湊かなえ [NiceOne!!]
もう来月には映画が公開されますよね。映画『告白』 公式サイトはこちら。予告も面白そうですし、主演も松さんなので結構楽しみにしています。この作品、中島哲也監督なので、たぶ... [続きを読む]

受信: 2010年11月21日 (日) 07時08分

» 「告白」/湊かなえ [京の昼寝〜♪]
「告白」/湊かなえ(双葉文庫刊) 今までにないタッチの文体と進行。ただただ一人称の世界が、“娘”というキーワードの下にあまりに淡々と語らせて、どんどん深みに落ち込んでいく。嫌がおうにも次のページを捲っている自分に気付く・・・。文庫本になったので、かみさんが買って来てくれたのだが、ページを開くと、びっちり埋められた漢字練習帳のように余白が殆どないページに、恐れることなく溺れていく。ほぼ一人称の世界で綴られていくこの作品は摩訶不思議なテンポと浮遊感を感じ... [続きを読む]

受信: 2010年11月21日 (日) 08時02分

» 「告白」 湊かなえ  [映画と本の『たんぽぽ館』]
壊れ行く人間社会・・・ [続きを読む]

受信: 2010年11月21日 (日) 17時45分

» 「告白」湊かなえ [ナナメモ]
告白 湊 かなえ JUGEMテーマ:読書 我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。 『「愛美は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」第29回 小説推理新人賞受賞選考委員をうならせた、驚異の大型新人現る!』なんて新聞広告に出ていて、すぐに予約したんだけどやっぱり長いこと待たされました。 それにしてもすごい。先が気になって気にな... [続きを読む]

受信: 2010年11月21日 (日) 20時48分

» 告白(湊かなえ) [Bookworm]
第29回小説推理新人賞受賞作。 [続きを読む]

受信: 2010年11月22日 (月) 12時28分

» 告白 [ろーれるの本(読書)ブログ]
ブログネタ:夜7時 何してる? 参加中 本文はここから 判定:★★★★☆(銀星) 告白/湊 かなえ [続きを読む]

受信: 2010年11月23日 (火) 19時52分

» 『告白』 [みゆみゆの徒然日記]
湊かなえ/著  松たか子主演で映画化されるというので書店でかなり宣伝されていて面白そうだなと思って、手にとってみました。こちらもサクサク読めました。  題材が少年犯罪だけあって、とても重かった・・・。確かにサクサク読み進めるし、それぞれの章が...... [続きを読む]

受信: 2010年11月23日 (火) 20時18分

» 湊かなえ『告白』 [itchy1976の日記]
[続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 02時42分

» 戦慄と衝撃…『告白』 湊かなえ [□□ 産後の読書案内 □□]
図書館で予約し順番待ち。 読みはじめたら、最後まで読まずにはいられませんでした… 告白/湊 かなえ 6章から成っています。 それぞれがモノローグ。 中学校内で、シングルマ... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 13時26分

» 「告白」湊かなえ [コレ、いいかも☆]
我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。第... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 21時17分

» 本「告白」 [<花>の本と映画の感想]
告白 湊かなえ 双葉社 2008年8月 教師森口悠子は、終業式の日、HRで、生徒たちに、今月いっぱいで教師を辞... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 21時34分

» 『告白』/湊かなえ ◎ [蒼のほとりで書に溺れ。]
前評判がすごかった、この『告白』、確かにスゴイ。 「事故だったはずの自分の娘の死は、本当はこのクラスの生徒に殺されたのだ」と女性教師が語り始めるという、インパクトのある序章、その後5章にわたって、事件と事件その後について、事件関係者とその周辺の人物が語る物語は、あまりにも陰惨で、救いがない。 予想をはるかに上回る、「人間」の醜さ。けれど物語の登場人物達の言動は、現実にあり得るのだ。... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 22時04分

» 告白 [本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]]
 第6回(2009年) 本屋大賞の受賞作で、松たか子主演で映画化もされた「告白」( 湊かなえ:双葉社)。読み終ったらイヤな気持になるミステリーを指す「イヤミス」としても評判の ... [続きを読む]

受信: 2010年12月 5日 (日) 10時32分

» 湊かなえ/「告白」/双葉社刊 [ミステリ読書録]
湊かなえさんの「告白」。 終業式の日、幼い我が子を失った女教師はHRの場で生徒に告白する―― 『愛美は事故で死んだ のではなく、このクラスの生徒にころされたのです』 。じわじわと、女教師は犯人AとBを告発し、 追い詰めて行く・・・第29回小説推理新人賞受賞作。 始め、書店で何気なく新書コーナーを物色していたら、 『全国の書店員絶賛』 の帯を見て 読んで見たいなーと漠然と思っていた本書。新人だし、そのうち開架に並ぶだろうなんて のんびり構えていたら、巷で..... [続きを読む]

受信: 2010年12月 5日 (日) 19時08分

» 【本】告白 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
         『告白』            湊かなえ            双葉社【comment】2009年本屋大賞第1位の本作は、中島哲也監督、松たか子主演により映画化され、かなり話題を呼んで大ヒットした。  映画『告白』の感想はコチラ私は、この映画に物凄く衝撃を受けて、映画への評価を5点満点にしたけれど、畳みかけるような負の連鎖に一種のホラーめいたものを感じて、物語そのものを好きにはなれずに、きっと読後感の良くないであろう原作に手を伸ばすことを躊躇していた。だが、とうとう読んでみちゃった... [続きを読む]

受信: 2010年12月 5日 (日) 20時36分

» 告白 [どくしょ。るーむ。]
著者:湊 かなえ 出版社:双葉社 感想: 今年の話題作「告白」。年末に発表されるランキング系雑誌でもランクインされていた人気作品です。 さて、感想は……。怖かったです。背筋 ... [続きを読む]

受信: 2010年12月 5日 (日) 22時26分

» 告白(原作本) [シネマ日記]
映画を見てすぐに原作本を買い、ワタクシにしてはかなり早いペースで読み終わりました。すぐに読破できてしまうほど、読みやすいし、面白いです。原作は本当にldquo;告白rdquo;なんですね。ト書きも場面描写も何もなく、ただただ登場人物が順番に告白してい...... [続きを読む]

受信: 2010年12月 7日 (火) 16時53分

» 「告白」湊かなえ [本のある生活]
告白クチコミを見る 話題になっていたので、ずっと気になってたのです。やっと予約の列が途切れたようで、図書館の書架に戻ってきたところを借りることができました。 読んでみ ... [続きを読む]

受信: 2010年12月 9日 (木) 20時30分

» 湊かなえ  告白 [マロンカフェ 〜のんびり読書〜]
新人作家だけど、ものすごいのを書いた人がいると聞いてチェックしたのがこの本。図書館でこの本を借りてきたとブログにアップしたら、それからこの本に関する検索ワードで訪問する方がぐっと増えました。新聞でも大きな広告が出てたそうですし、今ホットな本なんでしょうね〜 我が子を亡くした中学校女性教師が終業式のホームルームで、娘の死は事故ではなく殺人だと言い、犯人である2人の少年を指し示し辞職する。一つの事件をモノローグ形式で、級友・犯人・犯人の家族が語り、真相に迫ります。 改行がなくて会話混じりの一本調子で淀み... [続きを読む]

受信: 2011年1月 5日 (水) 23時45分

» 告白 [本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]]
 第6回(2009年) 本屋大賞の受賞作で、松たか子主演で映画化もされた「告白」( 湊かなえ:双葉社)。読み終ったらイヤな気持になるミステリーを指す「イヤミス」としても評判の ... [続きを読む]

受信: 2011年4月21日 (木) 19時49分

» 「告白」湊 かなえ [ルナのシネマ缶]
なかなか衝撃的でした! それに、あのラスト! 先が気になり一気に 読んでしまいましたが 読んだ後の、後味の悪さも かなりのものです。 「愛美は死にました。しかし事故ではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです」 我が子を校内で亡くした中学校の女性教師による ホームルームでの告白から始まり、 語り手が「級友」「犯人の母親」「犯人」と 次々と変わり、事件の全体像が浮き彫りにされていく・・・。 登場人物のほとんどが自己中で恐ろしい。 冷静沈着な復讐者、森口センセ... [続きを読む]

受信: 2011年4月24日 (日) 23時04分

» 告白 / 湊かなえ [ねこやま]
抜粋 愛美は事故で死んだのではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです。 我が子を校内で亡くした女性教師が、 終業式のHRで犯人である少年を指し示す。 ひとつの事件をモノローグ形式で 「級友」「犯人」「犯人の家族」から、 それぞれ語らせ真相に迫...... [続きを読む]

受信: 2011年4月27日 (水) 11時15分

» 告白 / 湊かなえ [ねこやま]
抜粋 愛美は事故で死んだのではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです。 我が子を校内で亡くした女性教師が、 終業式のHRで犯人である少年を指し示す。 ひとつの事件をモノローグ形式で 「級友」「犯人」「犯人の家族」から、 それぞれ語らせ真相に迫...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 2日 (月) 22時18分

» 【告白】 湊かなえ 著 [じゅずじの旦那]
愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたからです…はっきりいって、本音が語られてる怖い話です [:ショック:]  一日一回のポチッ、よろしくお願い致します [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る…警察からは「事故」と判断された中学校で起こった事件。シングルマザーの森口先生の娘がプールで溺死した。ちょっとしたき... [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 09時32分

» 「告白」 湊かなえ [タケヤと愉快な仲間達]
【解説】 「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が...... [続きを読む]

受信: 2014年12月21日 (日) 21時35分

« 「トップガン」 「カッコいい」が詰まってる | トップページ | 「新幹線大爆破」 150分間止まらない »