« 「SP 野望篇」 かなりマニアック | トップページ | 「牙狼<GARO> ~RED REQUIEM~」 耽美なアクション »

2010年11月 3日 (水)

「雷桜」 二人の恋のイコン

雷桜。
それはあるとき雷に打たれまっ二つに割れてしまった銀杏の樹に、いつしか桜が根付き葉を広げていった不思議な大木。
春には薄桃色の桜の花が咲き、秋には銀杏の黄色の葉が散る。
この作品のタイトルにもなっているこの不思議な大木は、この物語の様々な側面を象徴しています。
本作の主人公の一人、雷(蒼井優さん)。
彼女は幼い頃に攫われ人里離れた山奥で、雷として自由奔放に育てられました。
雷は、実は里の庄屋の遊という名の息女でありました。
彼女は育ての父が彼女のもとを去ったことをきっかけにし、里の実家へ降りてきます。
実家の家族は遊として彼女を歓迎しますが、雷としての彼女はどうしても里の生活に馴染めません。
自由奔放な彼女の精神は、里の様々な定めに縛られた生き方がどうにも窮屈に感じたのです。
彼女のセリフの中で、「オレは遊であり、雷なのだ」というものがあります。
遊という名には、なにかたおやかなゆったりとした感じ、まさに春のような豊かさ、やさしさといった印象を受けます。
たいして雷という名には自然の厳しさ、激しさを感じます。
自然は豊かさ、そして厳しさ双方を持っています。
まさに自然そのものであるのが、遊であり雷である彼女の存在であり、それを劇中で象徴しているのが雷桜であるわけです。
また生まれも身分も違う遊と、将軍の息子である斉道(岡田将生さん)の恋も、雷桜がイコンになっています。
春の桜、秋の銀杏、まるで異なる樹が、違うが故に魅かれあうように一本の大木となっている雷桜。
それは山育ちで自由奔放な遊と江戸で暮らし様々な縛りの中でいきてきた斉道の恋のようでもあります。
身分違いの恋、異なる生き方をしてきた二人の愛というのは、「ロミオとジュリエット」の例を出すまでもなく古今東西語られてきた恋物語です。
ありふれた物語ではあるのですが、作品の中で「雷桜」という文字通り中心にどんと一本筋を通している存在があるおかげで、それが他の同じようなテーマの作品とは違う存在感を与えているような気がしました。
そしてラストで明らかになる遊と斉道の間に生まれていた子供の存在。
彼はまさに異なる出自の二人がひとつとなったことの証しであります。
二人の子はまさに二つの異なる種類の樹がひとつになった雷桜に象徴されるのです。

この象徴がしっかりと物語を貫いたことの功績は、本作の美術、そしてロケ地によるところが大きいと思います。
まさしく作品の中心となる雷桜は、当然のことながら美術スタッフの手によるものですが、これが雄大であり、力強く、そして美しい。
春に桜の花を咲かせる雷桜も、秋に銀杏の葉を散らす雷桜も、美しい。
さきほど書いたようにこの作品の物語は、イコンとなる雷桜に集約されるわけであって、この作りが貧相であると物語全体がおなじようにさびしいものになってしまいます。
それを当然わかっているからこそ、このようなイコンにふさわしい雷桜を作り上げたのだと思います。
また遊が暮らす山の風景も非常に美しい。
人が入れないほどの原野でもなく、また人の手が入っているわけでもない、ほどよい里山の自然。
豊かで優しく、人とのほどよい距離感を持っている自然を画面から感じました。
遊と斉道が出会う草原。
二人が馬で疾駆する花畑。
優しく瑞々しい緑色、華やかな黄色。
ふたりの気持ちをこれも象徴している自然の色使いであったように思います。
よくこういう綺麗なロケ地を探したなと思ったら、主に沖縄で撮ったということですね。
時代劇で沖縄というのは意外と思いましたが、いま豊かな自然があるというのは沖縄なのでしょうね。
沖縄特有の南国感は出さずに、それでも二人の恋の背景となる豊かな自然な恵みといった感じを出していたのは上手だなと思いました。
普段はあまりこういう純愛ものは観ないほうなのですが、本作はとても気持ちよくやさしい気持ちになって観れた作品となりました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「SP 野望篇」 かなりマニアック | トップページ | 「牙狼<GARO> ~RED REQUIEM~」 耽美なアクション »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

こちらは時代劇って言ってもほとんどファンタジーとして観るのがよいかもしれませんね。
沖縄をロケ地に選んだのもそういうことだったのかなと思ったりもします。
蒼井優ちゃんはほんと何でもできる人ですよね。
感心してしまいます。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年11月 7日 (日) 17時31分

はらやんさん、なんてやさしいんだ・・・。
そういう優しい気持ちで見るべき映画でしたね。
設定のトンチンカンさに、どうも気持ちが乗れず、ちょっと残念な作品になってしまいました。
蒼井優ちゃんの演技力の確かさとお馬さんのうまさは素晴らしかったです・・・。

投稿: sakurai | 2010年11月 7日 (日) 14時21分

ひろちゃんさん、こんにちは!

雷桜は美しかったですよね。
美術やロケ地などが、物語のすばらしい背景になっていたと思います。
ベタな恋愛ものは観ない方ですが、この作品は気に入りました。

コメントいただいたらお伺いしているので、画像認証を入れわすれているかもしれません。
今度から気をつけます。
すみませんでした・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年11月 6日 (土) 10時23分

はらやんさん、こんにちは^^
予告編が感動的でしたので、本編は意外と
アッサリした物語に感じてしまいました(汗)
ですが、雷桜の美しさとラストの心地良さとで
好きな作品でした^^
映像(風景)が美しかったですよね♪
私も恋愛ものはあまり観ませんが、今回はタダでしたので
鑑賞しました(笑)

PS・もしかしたら・・・なのですが、はらやんさんのコメントが入って
いないかも?と思うことが何回かありました(汗)
コメいれたからコメのお返しをという必要はないのですが
TBのお返しだけで十分ありがたいのですが、いつもコメ
くださっていた、はらやんさんのコメがないのは、もしかしたら
画像認証のせいかも?と思って書かせていただきました。
コメを入れた場合は、コメントが書き込まれましたと出ます。
それが出ずにトップ画像が出たら、コメは入っていませんので
お気をつけ下さい。もし書いてくださっていたなら、読めずに残念と思い
まして書かせて頂きました。また画像認証制にしてからのことなので
余計な事と思いつつ書かせていただきました。。。
長々と記事に関係ないコメントですみませんでした(汗)

投稿: ひろちゃん | 2010年11月 5日 (金) 15時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/49923885

この記事へのトラックバック一覧です: 「雷桜」 二人の恋のイコン:

» 雷桜 [LOVE Cinemas 調布]
宇江佐真理の同名小説を映画化。将軍の息子として生まれた男と、幼い頃誘拐され山で育てられた娘がひょんなことから出会い恋に落ちる。身分違いの恋の行く末は…。主演に『重力ピエロ』の岡田将生と『フラガール』の蒼井優のフレッシュコンビ。そして柄本明、時任三郎、宮崎美子といったベテランどころが脇を固めている。監督は『余命1ヶ月の花嫁』の廣木隆一。... [続きを読む]

受信: 2010年11月 3日 (水) 15時01分

» 雷桜 [やっぱり邦画好き…]
(原作:宇江佐真理『雷桜』)誰も近づいてはならない。そう言い伝えられていた山の中腹に、一本の樹があった。雷に打たれ根元から折れた銀杏に桜が芽をつけた巨樹《雷桜(らいおう)》。その美しくも奇妙な樹の下で、二つの運命(さだめ)が、重なる。将軍家に生まれ、心に病を男・斉道(なりみち)。山で育てられた自由奔放な女・雷(らい)。それは、決して出会うはずのない二人だった。...... [続きを読む]

受信: 2010年11月 4日 (木) 08時12分

» 『雷桜』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「雷桜」□監督 廣木隆一 □脚本 田中幸子、加藤正人□原作 宇江佐真理□キャスト 岡田将生、蒼井 優、小出恵介、柄本 明、時任三郎■鑑賞日 10月24日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  「おまえはおまえだ」って、予告編での優チャンのセリフの一言で観ること決めちゃったけど、  この映画はできればポイント溜まった分(無料)で観ればよかったかも・・・(後悔)。 とてつもなく、二人の住む世界が違えど... [続きを読む]

受信: 2010年11月 4日 (木) 08時37分

» 雷桜 [Akira's VOICE]
淡白すぎて泣くに泣けない。   [続きを読む]

受信: 2010年11月 4日 (木) 10時22分

» 「雷桜」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「雷桜(らいおう)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:岡田将生、蒼井優、小出恵介、柄本明、時任三郎、宮崎美子、和田聰宏、須藤理彩、若葉竜也、忍成修吾、村上淳、高良健吾、柄本佑、大杉漣、ベンガル、池畑慎之介、坂東三津五郎、他 …... [続きを読む]

受信: 2010年11月 4日 (木) 12時49分

» 雷桜/岡田将生、蒼井優、小出恵介 [カノンな日々]
映画会社の枠を越えての時代劇キャンペーン「サムライ・シネマ」の作品の中では唯一のラブストーリーですね。劇場予告編での岡田将生くんの髷姿がかなり気になるところなんですが、さらに監督が私の好きな廣木隆一さんということで、たぶん初の時代劇だと思うんですけど廣木....... [続きを読む]

受信: 2010年11月 4日 (木) 21時47分

» ★雷桜(2010)★ [CinemaCollection]
女は、恋さえ知らなかった。男は、愛など信じなかった。美しくも奇妙なその桜が、二人の運命を変えた。上映時間133分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2010/10/22ジャンル時代... [続きを読む]

受信: 2010年11月 5日 (金) 15時04分

» 雷桜 [象のロケット]
心を病み瀬田村で静養することになった徳川将軍・秀斉の十七男・清水斉道(なりみち)は、天狗が棲むと言う山の中で、自由奔放な娘・雷(らい)と出会う。 雷は20年前に誘拐された庄屋の娘・遊だった。 その後、村に戻った遊と斉道は心を通わせていくが、周囲がそれを許すはずはなかった…。 純愛時代劇。 ≪あなたは、一番好きな人と、結ばれましたか?≫... [続きを読む]

受信: 2010年11月 5日 (金) 18時22分

» 「雷桜」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 将軍家に生まれ、心に病を抱えた男と、幼い頃から山で育ち、人々から「天狗」と恐れられた少女の、決して許される事のない恋を描く時代劇ラブストーリー。 日本版「ロミオとジュ... [続きを読む]

受信: 2010年11月 5日 (金) 21時28分

» 映画 「雷桜」 [ようこそMr.G]
映画 「雷桜」 [続きを読む]

受信: 2010年11月 6日 (土) 11時18分

» 雷桜☆独り言 [黒猫のうたた寝]
試写会で時代劇版ロミオとジュリエット観てきました。『雷桜』です。徳川家の体の弱い若殿の斉道と赤子の頃誘拐されて山の中で養父に育てられた瀬田村の庄屋の娘の遊。兄が斉道の用人となったのが縁で、瀬田村の山で出会った二人は、魅かれあうが、それは叶わぬ運命の恋・・... [続きを読む]

受信: 2010年11月 6日 (土) 23時23分

» 雷桜 [そーれりぽーと]
軽い気持ちで『雷桜』を観てきました。 ★★★★ ちょっと待ち合わせに時間が余ったので、「蒼井優出てるし時間も丁度合うし」ってノリで観に行ったんですが、最後の方の展開には不意を突かれて号泣し通しで観てしまった。 重いんだか軽いんだか、ちゃんと時代劇をやってるんだけどなんだか現代劇ライクな空気。 ジブリのアニメのようで、和製ディズニープリンセス物のよう。 なんて、そんな視点で観ていたらなんだか物凄く新しく感じて俄然面白くなってきた。 演技派な大人達が出しゃばらず暖かく囲ってるので、ちゃんと演技が出... [続きを読む]

受信: 2010年11月 7日 (日) 12時17分

» 雷桜 [迷宮映画館]
一発必中・・・ [続きを読む]

受信: 2010年11月 7日 (日) 14時21分

» 雷桜 [Diarydiary! ]
《雷桜》 2010年 日本映画 将軍家に生まれた斉道と山で育てられた雷の身分違い [続きを読む]

受信: 2010年11月 7日 (日) 19時45分

» *雷桜* [Cartouche]
徳川将軍・家斉の十七男に生まれた斉道。母を亡くし親の愛情を知らずに育った彼は、心に病を抱えていた。療養を兼ねて家臣の瀬田助次郎の故郷・瀬田村を訪れた彼は、天狗が住むと言われる瀬田山で、女の天狗と出会う。その正体は、幼い頃に誘拐され、山奥で育てられていた瀬田助次郎の妹・遊だった。世間を知らず奔放な遊に、斉道は惹かれていく。雷に打たれた銀杏の上から銀杏が芽を出した巨木・雷桜の前で、二人は恋に落ちる…。&..... [続きを読む]

受信: 2010年11月 7日 (日) 19時57分

» 雷桜 [りらの感想日記♪]
【雷桜】 ★★★  映画(57) ストーリー 将軍家に生まれ、重い宿命を背負いながらも心に病を抱えて生きる孤独な若い殿様、清水斉道(岡田将生 [続きを読む]

受信: 2010年11月 8日 (月) 21時11分

» 雷桜 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
多くの女性たちに支持されて17万部を突破、ベストセラーとなっている宇江佐真理の小説「雷桜」を映画化。物語:徳川将軍・家斉の十七男として生まれた斉道は、母の愛を知らずに心に病を抱え、孤独で退屈な毎日を過ごしていた。ある晩、なかなか寝付けない斉道に、家臣の瀬田....... [続きを読む]

受信: 2010年11月 8日 (月) 21時14分

» 「雷桜」 [みんなシネマいいのに!]
 将軍家に生まれ、母の愛を知らずに育った若殿・清水斉道は、静養先で、雷という名の [続きを読む]

受信: 2010年11月28日 (日) 18時40分

» 【雷桜】 [日々のつぶやき]
監督:廣木隆一 出演:岡田将生、蒼井優、柄本明、小出恵介、時任三郎、宮崎美子  女は、恋さえ知らなかった。    男は、愛など信じなかった。 「徳川家将軍家斉の息子である斉道は、幼少の頃母親が精神的な病になりその後亡くなったため、親の愛情を知らず... [続きを読む]

受信: 2010年12月 2日 (木) 11時18分

» 10-276「雷桜」(日本) [CINECHANが観た映画について]
さだめとは何だ!?   将軍家に生まれ、重い宿命を背負いながらも心に病を抱えて生きる孤独な若い殿様、清水斉道。家臣・瀬田助次郎が語る“故郷の瀬田村には天狗がいる”という話に興味を持ち、静養のため瀬田村へと向かう。  道中、“天狗の棲む山”にさしかかると、家臣の制止を振り切り、ひとり山へと馬を走らせる斉道。そこで出会ったのは雷という山育ちの若い娘だった。天狗の正体が雷と知り、そのことを助次郎に話したところ、助次郎は乳飲み子の頃に藩の政争に巻き込まれ掠われた妹の遊に違いないと確信する。 ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 2日 (水) 00時59分

» 雷桜 [いやいやえん]
宇江佐真理さんの原作ですが、原作はおとぎ話に近く、残念ながら映画版ではそのありえない純愛を納得させてくれるストーリー性ではなかったように思います。 ただ雷(遊)を演じた蒼井優さんが非常に魅力的に描かれていました。天狗と呼ばれる役柄と、深く激しい愛情をもつ女性を演じるのは難しかったのではないでしょうか。ただ肝心の雷桜や景色が、キレイなのですが変なCG効果でちょっと萎えてしまうところもありました^; 山への遠乗りにかこつけて次第に近づいていく二人…遊といるときだけ、斉道も、笑う。雨の中のシーンは... [続きを読む]

受信: 2011年5月14日 (土) 15時49分

» 雷桜/Raiou [継続は力なり!なのか?]
悲しいストーリーでもあるけど、おもしろいストーリーでもあった。柄本明の切腹シーンがインパクトありましたね。意外と柄本明のかっこいいシーンが多かった。... [続きを読む]

受信: 2011年8月19日 (金) 14時57分

» 『雷桜』 ('11初鑑賞138・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 10月10日(月・祝) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年10月13日 (木) 20時30分

» ■映画『雷桜』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
「へー、蒼井優ちゃんとV6の岡田くん、時代劇で共演するんだー。そういうの、事務所的にOKなのかな」 随分前にこの映画の情報をチラリと見た時、勝手にそんなことを思っていた映画『雷桜』。 よく見ると、V6の岡田准一くんではなく、岡田将生くんだったのですね。 ああ、勘... [続きを読む]

受信: 2011年10月21日 (金) 11時26分

» 映画 雷桜 をみた [僕のつぶやき。 ネットの窓から。]
雷桜 スタンダード・エディション [DVD]クリエーター情報なしTCエンタテインメント この映画は宇江佐真理さんの同名小説を映像化した作品である。 時は江戸時代将軍家の血を引く名家であるがゆえに心の病を抱える清水斉道(徳川家斉の十七男)-岡田将生・と人里離れた山奥...... [続きを読む]

受信: 2012年11月18日 (日) 21時32分

» 映画『雷桜』★“結ばれぬ運命の恋”にこだわりたいこと [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
映画レビューしました。(ネタバレ表示なし) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id336592/rid44/p1/s0/c1/ 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/153392/ ↑ あらすじ・クレジット はこちらを参照ください。 ..... [続きを読む]

受信: 2013年4月21日 (日) 23時51分

» 映画 雷桜 [こみち]
JUGEMテーマ:邦画nbsp; nbsp; 浚われて山で育てられた武家の娘。 nbsp; 山での生活が身についているので、今更武家の家に入っても nbsp; 傾奇者扱いされるだけ。 nbsp;  気がおかしくなって子育てを放棄された徳川家の息子も nbsp; 同じような境遇で清水斉道と遊は、気が合うのでしょう。 nbsp; 山の風景や桜がとても綺麗に... [続きを読む]

受信: 2014年4月 2日 (水) 05時56分

« 「SP 野望篇」 かなりマニアック | トップページ | 「牙狼<GARO> ~RED REQUIEM~」 耽美なアクション »