« 「SP 革命篇」 | トップページ | 「REDLINE」 激速のチキチキマシン猛レース »

2010年10月10日 (日)

「TEKKEN 鉄拳」 ま、期待はしていなかったんですけれど

劇場で公開されていましたが、端っからDVDレンタルで十分だろうとスルーしていた作品。
観てみた結果としては、その判断は正しかったかなと。
有名なナムコの格闘ゲーム「鉄拳」の映画化作品なのですが、どうして日本のゲームの映画化作品というのは、出来がよくないのでしょうねえ(例外は「バイオハザード」ぐらい?)。
同じような格闘ゲームの映画化作品としては、まだ「DOA」の方が振り切っちゃっている分、おもしろかったかな(これもDVDでの観賞でしたが)。
出来がよくないのは、あのキャラクターがスクリーンの中に出てる!っていうところで観客が満足しちゃうからなのか。
それとも映画をきっかけにゲームへの流入を増やそうという意図が制作者側にあるからなのか。
どっちにしても映画としての完成度を高めようというモチベーションにはならないのですよね。
映画本来のおもしろさを追求するっていうところからちょっとずれちゃっているような感じになっている気がします。
まさにプロモーション用というか。
もちろんあのキャラクターがスクリーンに出てる!っていうのも作品の魅力の一つではあるのですけれど、それだけっていうのはちょっとさびしい。
ストーリーがありきたりなのはそれほど期待していなかったからいいのですけれど、格闘ゲームの映画化作品なのだから、アクションシーンはもうちょっと見ごたえあるものにしてほしかったですね。

とはいえ、ゲームの映画化作品はオリジナルがどんな感じで実写になっているのかというのは、楽しみどころの一つではあるわけで。
ニーナとかの衣装はゲームのイメージを持ってきながら、いい具合な感じにしていたような気がします。
クリスティの衣装はちょっとシゲキ的で目の保養にはなりました(笑)。
平八はあの髪型がリアリティがないのですけれど、あれで違う髪型だったら平八じゃないしなあ・・・という難しいところ。
どうせやるならワルノリして、ジャックとかクマとかパンダとか出してほしかった(ほとんど同じコマンドじゃん)。

まあ、「鉄拳」やったことがある人がDVDでの観賞するっていうので十分でしょう。
あんまり感想らしい感想も持たなかったので、今回は短めでということで。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「SP 革命篇」 | トップページ | 「REDLINE」 激速のチキチキマシン猛レース »

コメント

KLYさん、こんにちは!

「バーチャファイター」も映画化されていたんですねー。
まったくノーマークでした。
それにしてもこの手の映画は、どうして質が良くないのでしょうねえ。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年10月11日 (月) 07時08分

もちろんDVDというのは正しい判断だったと思います。
まあ私もまーーーったく期待せずに劇場に観に行って、
予想どうりのできでした。(笑)
これなら先に映画化されたバーチャファイターの方が
まだよかったかも。

投稿: KLY | 2010年10月11日 (月) 01時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/49704879

この記事へのトラックバック一覧です: 「TEKKEN 鉄拳」 ま、期待はしていなかったんですけれど:

» TEKKEN 鉄拳 [LOVE Cinemas 調布]
人気格闘ゲーム「鉄拳」を実写映画化。TEKKEN財閥に母を殺された主人公が総帥・三島平八に復讐を果たすべく武術トーナメントに挑む様を描いたアクションムービーだ。主演は『トム・ヤム・クン!』のジョン・フー。『HACHI 約束の犬』で大学教授役を演じたケイリー=ヒロユキ・タガワ、ケリー・オーヴァートンが脇を固める。監督はドラマ「24シーズン5」のドワイト・リトル。... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 00時41分

» TEKKEN 鉄拳 [ともやの映画大好きっ!]
(原題:TEKKEN) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 3D格闘アクションゲーム「鉄拳」シリーズを実写映画化。 近未来の世界。文明社会は崩壊し、巨大な力を持つ財閥が世界を牛耳るようになっていた。かつてのアメリカは、三島財閥の総帥である三島平八(ケイリー=ヒロユキ・タガワ)が支配し、首都TEKKENシティは繁栄を極めていたが、首都周辺はスラム街と化し、人々は貧困に喘いでいた。そんなスラム街で闇商売をして生きていた風間仁(ジョン・フー)は、母親の風間準(タムリン・トミタ)を三島財閥... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 17時56分

» 【映画】TEKKEN-鉄拳ー [★紅茶屋ロンド★]
<TEKKENー鉄拳ー を観ました> 原題:TEKKEN 製作:2010年日本・アメリカ合作 ←クリックしてね♪ランキング参加中 世界中で大人気の対戦アクション格闘ゲーム「鉄拳」の実写映画化。 ゲーム大好きなSUZUは、こんな男臭そうなゲームも大好きでしたよー(笑)!今はもう反射神経が追いつかないけど(苦笑)、学生の頃はほぼ毎日ゲーセンに通って、男性に混じって対戦に興じていました。 私が使っていたキャラはミシェールとシャオユウ。ま、へたっぴでしたけどー コンボとか決まると爽快なのよね~!それ... [続きを読む]

受信: 2010年10月13日 (水) 23時05分

» TEKKEN−鉄拳− [そーれりぽーと]
テレビゲームの実写映画化なんて、ましてや格闘ゲームの実写映画版なんてろくなものが…。 全く期待せずに『TEKKEN−鉄拳−』を観てきました。 ★★★ ん?いいんじゃない? 珍しく失望しなかった格闘ゲームの映画化でした。 鉄拳の世界観は再構築されているものの、キャラクターの外見、顔の雰囲気やコスチュームはゲームに極力忠実に再現。 キャラ設定も現実味を持たせてるものの無理のない変更程度、実践的じゃない技は使わず、ありえないエフェクトは映像として出さずに極力リアルなものとして鉄拳を実写化している。 ... [続きを読む]

受信: 2010年10月14日 (木) 00時18分

» TEKKEN 鉄拳 [だらだら無気力ブログ]
『アナコンダ2』のドワイト・リトル監督が大ヒット格闘ゲームを映画化 したアクション映画。 母親を殺された主人公が復讐のために、史上最大の格闘技大会に出場して それを足がかりに仇を討とうとする様を描く。各国の政府が崩壊し、世界の各大陸を巨大財閥企業が支配す…... [続きを読む]

受信: 2010年10月16日 (土) 00時33分

» TEKKEN 鉄拳/ジョン・フー、ケリー・オーヴァートン [カノンな日々]
対戦格闘ゲーム「鉄拳」も遂にハリウッドが映画化しちゃいました。格闘ゲームといえば「ストリートファイター」は私も好きでした。ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演で映画化もされたので覚えているんですけど「鉄拳」にもそういうドラマ設定があったんですね?「鉄拳」も....... [続きを読む]

受信: 2010年10月17日 (日) 08時22分

» TEKKEN 鉄拳 [りらの感想日記♪]
【TEKKEN 鉄拳】 ★★★☆ 試写会(5) エンドロール後に続きあり♪ストーリー 巨大な力を持つ財閥が世界を牛耳る近未来。スラム街で闇商 [続きを読む]

受信: 2010年10月17日 (日) 09時34分

» TEKKEN -鉄拳- [ダイターンクラッシュ!!]
2010年7月31日(土) 14:40~ 新橋文化劇場 料金:800円(会員割引料金) 『TEKKEN -鉄拳-』公式サイト 「ニンジャ・アサシン」と同じ構図のスチール画像。 格闘ゲームの映画化。格闘ゲームは苦手なので、当然これもプレイしたことがない。唯一プレイした格闘ゲームは、スーパーファミコンの女子プロレスのゲーム。情け無いほど平易なゲームなので、井上貴子でアジャ・コングを容易に撃破できたものだ。それぞれの選手、ボディ・スラムとかの基本以外のオリジナル技、3つくらいしかないし。井上貴子... [続きを読む]

受信: 2010年10月17日 (日) 23時35分

» 10-75「TEKKEN 鉄拳」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
あなたの言ってること、わかりません  巨大な力を持つ財閥が世界を牛耳る近未来。スラム街で闇商売をして生きる青年・風間仁は、TEKKENシティに本拠を置く三島財閥の警備部隊“鉄拳衆”の襲撃に遭い、目の前で母を殺されてしまう。  復讐を誓う仁は、TEKKENシティで開催される世界最強格闘技トーナメントに市民代表として出場することに成功、壮絶なトーナメントを勝ち上がりながら総帥・三島平八への復讐の機会を窺うが。(「allcinema」より)... [続きを読む]

受信: 2010年10月24日 (日) 14時56分

» 『TEKKEN -鉄拳-』('11初鑑賞44・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆★-- (10段階評価で 5) 3月27日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年4月17日 (日) 20時34分

» TEKKEN 鉄拳 [mama]
TEKKEN 2009年:アメリカ 監督:ドワイト・H・リトル 出演:ジョン・フー、ケリー・オーヴァートン、イアン・アンソニー・デイル、カン・リー、ダリン・デウィット・ヘンソン、ルー ... [続きを読む]

受信: 2011年9月22日 (木) 15時00分

« 「SP 革命篇」 | トップページ | 「REDLINE」 激速のチキチキマシン猛レース »