« 本 「ベイジン」 | トップページ | 「大奥(2010)」 薄っぺらい、安っぽい »

2010年10月 2日 (土)

「恋愛戯曲~私と恋におちてください。~」 人は何故に書くのか?

鴻上尚史監督の恋愛コメディ。
鴻上監督の作品を観るのは、「ジュリエット・ゲーム」以来?
えらく久しぶりです。
ちらりと観た予告編がおもしろそうな感じだったので、観に行ってきました。
観に行ってきましたが、おもしろかったかと問われれば・・・。
恋に落ちないとラブストーリーが書けない人気女流シナリオライターの谷山真由美(深田恭子さん)。
彼女の無理難題に振り回されるテレビ局プロデューサー向井正也(椎名桔平さん)。
谷山女史の脚本の中に登場するシナリオライター志望の主婦、そしてその主婦が書いている作品中の脚本家という三層構造、言わば劇中劇中劇という構成になっています。
試みとしてはおもしろいものの、劇中劇自体が安っぽくおもしろくないので、なかなかにのれません。
劇中劇がしょぼいと谷山が才能あるシナリオライターに見えないのが、一番の問題ではないでしょうか。
このあたり匙加減が難しいとは思います。
誰もが駄作だと思わせながらも、その中のよさに向井だけが気づくということにしないといけないので。
でもそれがこの作品の生命線。
それができていない時点で、この作品も評価は定まってしまったと言えるでしょう。
谷山がほんとに才能が枯渇したワガママ女に見えるだけなので。

人は何故にものを書くのでしょう。
たぶんそれは自分というものを理解してもらいたいからなのではないでしょうか。
自分でブログを書いていても思います。
映画や本の感想を書いていますが、そこに書いているのは自分がどう感じたかで、そこには自分の日頃思っていること感じているということが入ります。
実はそういうことを伝えたいという気持ちの方が強いのではないかと。
作家さんにしても同じことではないかなと思います。
そもそも私小説なんていうのはその最たるものですよね。
小説家、シナリオライターなど作家さんは読んでみるとこの人らしいという作風があるものです(ない人もいますが)。
その作風というのは題材は違いこそすれ、その底辺に流れているテーマみたいなものは共通していることが多かったりします。
そのテーマはその作家さん自身の人生や生き方に根ざしたものであったりするのですよね。
僕はそういうその人の言いたいことが底辺に流れている作家さんの方が好きだったりします(ギラギラと出過ぎている人はそれはそれで好きではない)。
本作の谷山真由美はまさに自分の経験をベースに作品を生み出すタイプの作家です。
たぶんまだ彼女は作家として若いのですよね。
経験そのままではなくて、その経験をもっとエッセンス化した自分のコア、スタイルみたいなものが見つけられると、設定がいくら変わったとて自分らしい作品が書けるのではないでしょうか。
スタイルっていうのは外側の設定っていう意味ではなく、あくまでエッセンスなのです。
谷山が陥っているスランプは外側の設定だけをユニークにしようとあがいているところからきているのでしょう。
彼女らしさを自分自身で見つけられれば、自信をもって作品を書けるようになるのでしょう。
たぶんそれは自分だけでは見つけられるものではなくて、小説家なら編集者、シナリオライターならプロデューサー、なり自分以外で自分自身をわかってくれるパートナーと巡り会えた作家というのは幸せなのかもしれません。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「ベイジン」 | トップページ | 「大奥(2010)」 薄っぺらい、安っぽい »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

あー、鴻上さんってそういう感じありますねー。
なんとなく恋愛を肥やしにしていくようなイメージが。
自己像投影かしらん。
フカキョンって男性ももちろんですが、女性からの支持が高い方な気がします。
気取らなくて、自分に素直そうなところが魅力なのかな。
本作の役はフカキョンにぴったりであったと思います。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年11月28日 (日) 19時08分

自分が体験してきことがベースになってる、、、と自分で自分を縛ってしまっては、そこから広がっていくのは大変だろうなあ・・・と思いましたが、あれはコーカミさんのことなんだろうか。
フカキョンちゃんは、可愛いですよね。女性の目から見てもつくづく。彼女のおばちゃんになったときって、どんな感じだろう??と、ちょっと思ったりして。

投稿: sakurai | 2010年11月28日 (日) 14時39分

KLYさん、こんにちは!

ストーリーはどうにも評価しにくいですね。
確かに深キョンはあまりうまくはないのですけれど、他の女優さんにはない存在感があるというか。
不思議な女優さんですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年10月 3日 (日) 09時09分

まあ一言で言ってツマラン話でした。(爆)
でもいいです。深キョンが可愛かったですから。
ぶっちゃけ彼女観るための映像作品だとすら思ってます。^^;
いつまでたっても下手くそですが、それでも主演張れるこの
もって生まれた華やかさというかオーラ。数少ない女優さん
だなと思います。

投稿: KLY | 2010年10月 3日 (日) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/49623498

この記事へのトラックバック一覧です: 「恋愛戯曲~私と恋におちてください。~」 人は何故に書くのか?:

» 恋愛戯曲~私と恋におちてください。~ [LOVE Cinemas 調布]
人気劇作家・鴻上尚史の大ヒットした同名舞台を自らが監督し映画化した。極度のスランプに陥った女性脚本家とテレビ局プロデューサーが台本完成の為にあの手この手を尽くすダタバタなコメディーだ。主演は『ヤッターマン』の深田恭子と『アウトレイジ』の椎名桔平。共演に塚本高史、中村雅俊、清水美沙、西村雅彦といった人気俳優が揃う。一人3役をこなす深キョンに注目だ。... [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 00時33分

» 恋愛戯曲 私と恋におちてください。 [象のロケット]
人気脚本家・谷山真由美はスペシャルドラマの脚本を執筆中だが、締め切りを過ぎているのに1行も書けていない! 大パニックのTV局が谷山のもとに送り込んだのは、冴えない制作プロデューサー・向井。 「先生、お願いですから原稿書いてください。何でもしますから」 「じゃあ、私と恋に落ちて!」 はじまりは、強制恋愛! さあ、原稿はどうなる…?! ラブ・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2010年10月 4日 (月) 22時40分

» 恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜 [to Heart]
製作年度 2010年 上映時間 106分 監督/脚本 鴻上尚史 出演 深田恭子/椎名桔平/塚本高史/中村雅俊/清水美沙/西村雅彦/井上順 人気劇作家・鴻上尚史の大ヒット舞台「恋愛戯曲」を、鴻上自らメガホンを取って映画化したラブコメディー。 {/bo...... [続きを読む]

受信: 2010年10月 5日 (火) 20時04分

» 恋愛戯曲 私と恋におちてください。 [やっぱり邦画好き…]
疾走ラブコメディ映画『恋愛戯曲 私と恋におちてください。』は、人気劇作家・鴻上尚史が、自信の舞台の中で「一番映像にしたかった」と語る「恋愛戯曲」を映画化。舞台を映画化するにあたり、今の恋愛事情をふんだんに盛り込んだ新たな脚本を映画『恋愛戯曲 私と恋におちてください。』で書き下ろした...... [続きを読む]

受信: 2010年10月 9日 (土) 02時50分

» 恋愛戯曲 [映画的・絵画的・音楽的]
 おしゃれな映画という感じがありましたので、『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』を渋谷シネセゾンで見てきました。 (1)この映画は、劇作家の [続きを読む]

受信: 2010年10月 9日 (土) 06時24分

» 恋愛戯曲~私と恋におちてください。~ [ダイターンクラッシュ!!]
2010年10月24日(日) 17:20~ ヒューマントラストシネマ有楽町2 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:800円(買っていない) 『恋愛戯曲~私と恋におちてください。~』公式サイト 早々に上映回数を削られた作品。 人気脚本家(深田恭子)とテレビ・プロデューサー(椎名桔平)のラブ・コメディ。 最近不調の深田恭子に、締め切りの迫ったテレビドラマのシナリオを書かすべく任命された桔平。 鴻上尚史の人気舞台劇のようだが、劇中劇が致命的につまらないためか、劇中劇中劇が浮世離れ... [続きを読む]

受信: 2010年10月28日 (木) 12時55分

» 恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜/深田恭子 [カノンな日々]
深キョンの主演映画ってもしかして『下妻物語』以来なのかな?と思ったらどうやら『天使』も深キョン主演作みたいで、4年ぶりとなるこの主演作は劇作家・鴻上尚史さんの舞台作品「恋愛戯曲」をご自身が監督して映画化された作品です。 出演はその他に、椎名桔平、塚本高史...... [続きを読む]

受信: 2010年10月30日 (土) 18時32分

» 恋愛戯曲 〜私と恋におちてください。〜 [moromoro_tomoart]
a href="/_images/blog/_c13/tomoart/T0009023p.jpg" target="_blank">「恋愛戯曲 〜私と恋におちてください。〜」(監督:鴻上尚史) 大御所脚本家・谷山真由美(深田恭子)は全盛期を過ぎたと見られている上に遅筆で有名。ピュアハート化粧品の記念スペシャルドラマの脚本を依頼された彼女は、今回も締切を過ぎて一向に脚本が上がらず、制作・営業・編成など、テレビ局の各部門をやきもきさせていた。 いよいよ後数日の間に上がらなかったら穴が空く、というギリギ... [続きを読む]

受信: 2010年11月 1日 (月) 00時16分

» 恋愛戯曲 [迷宮映画館]
ギョーカイの話だとしても、登場人物おおくね・・? [続きを読む]

受信: 2010年11月28日 (日) 14時40分

» 10-270「恋愛戯曲 私と恋におちてください。」(日本) [CINECHANが観た映画について]
無理に好きになるなんて、できません   脚本家の谷山真由美は関東テレビからスペシャルドラマの脚本を依頼されたものの、締め切りを過ぎてもいまだ1行も書けずに困っていた。  たまりかねた局側は、冴えないプロデューサー向井正也を送り込む。何でもするから書いてくれという向井に、恋をしないと書けないからと、自分と恋に落ちてと迫る谷山。  こうして、ようやく書き始めた谷山だったが、主人公の設定を勝手に“人気女流作家”から“くたびれた主婦”に変えてしまう。何とか思いとどまらせようとする向井だったが...... [続きを読む]

受信: 2010年12月19日 (日) 13時07分

» ■映画『恋愛戯曲~私と恋におちてください~』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
劇作家の鴻上尚史が自身の舞台を監督して映画化した『恋愛戯曲~私と恋におちてください~』。 舞台版は2001年と2006年に二度上演されており、鴻上尚史が「自身の舞台の中で一番映像にしたかった」という作品だそう。 まあ、でもなんと言うのかな…。 映像と言い、演出と言い... [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 02時29分

» 『恋愛戯曲 私と恋におちてください。』 [ラムの大通り]
----これって、鴻上尚史の監督作だって…。 懐かしいニャあ、第三舞台。 「おいおい、フォーン。いくらなんでもそれはないだろう。 第三舞台は80年代のお芝居だよ。 まあ、この映画自体、 確かに舞台の映画化ではあるけどね」 ----どんな、お話ニャの? 「まあ、これが実...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 22時15分

» 恋愛戯曲 私と恋におちてください [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
恋愛戯曲 私と恋におちてください(初回限定生産版) [DVD]/深田恭子,椎名桔平,塚本高史 ¥3,990 Amazon.co.jp 人気劇作家、鴻上尚史が自身の大ヒット舞台「恋愛戯曲」を自身で監督して映画化した作品。 ダメ社員のレッテルを貼られた向井正也は、スランプに... [続きを読む]

受信: 2011年6月19日 (日) 10時16分

» 『恋愛戯曲 ~私と恋におちてください。~』 ('11初鑑賞142・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆★-- (10段階評価で 5) 10月17日(月) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 20時29分

» 映画 恋愛戯曲〜私と恋におちてください〜 をみた [僕のつぶやき。 ネットの窓から。]
恋愛戯曲 私と恋におちてください(初回限定生産版) [DVD]クリエーター情報なしキングレコード この映画は劇作家・鴻上尚史さんの舞台『恋愛戯曲』を鴻上自らが映像化作品である。 みどころは脚本家の谷山真由美(深田恭子)の三変化とダメプロデューサー(椎名桔平)そ...... [続きを読む]

受信: 2012年6月 6日 (水) 21時14分

« 本 「ベイジン」 | トップページ | 「大奥(2010)」 薄っぺらい、安っぽい »