« 本 「ヤフートピックスを狙え -史上最強メディアの活用法-」 | トップページ | 「12人の優しい日本人」 合意へのプロセス »

2010年10月24日 (日)

本 「アリアドネの弾丸」

「このミステリーがすごい!」大賞受賞で注目を集めた「チーム・バチスタの栄光」の田口・白鳥シリーズの第五弾になります。
「このミス」をとったと言っても「バチスタ」以降はミステリーではないのですけれどね。
でも本作「アリアドネの銃弾」はこのシリーズでは久しぶりのミステリー仕立てになっています。
ミステリーではありますが、ガリガリに構築されたミステリーと言ったわけではないので読みやすいかと思います。
本作で起こる事件は司法・警察VS医療・市民という構図として描かれます。
実際に医療が市民側かというと疑問もなくはないですが、司法が場合によっては事実すら改変しようとする力を持っているということを指摘しています。
本作のバックボーンには、冤罪と確定した足利事件があります。
足利事件で問題となったのは、警察と検察が自分たちで作ったストーリーに従って、事件を構築しようとし、それを実際にそうしてしまったことです。
DNA判定という方法が司法側しか行使できなかったとしたら、改ざんもしくは(意図的に)間違った解釈をされたデータを信用させられてしまうことを防げないということです。
本作シリーズではその新しい検死の方法がエーアイになるわけですが、それを司法側は自分のコントロール下に置きたくなるわけです。
先ほど本作のバックボーンには足利事件があると書きましたが、今この作品を読むと別の事件が思い浮かびます。

 捜査や司法は、真実よりも、真実らしく見える方を重視する。真実をつきとめるより、過去の事象を自分たちのストーリーに当てはめ、それに合わせて事実を改変する。

これは本作の中の一文です。
足利事件だけではなく、印象がまだ強い大阪地検の改ざん事件を思い出させます。
本作の事件を起こすのは物語を読み始めればすぐ見当がつくように、警察側です。
彼らが起こした事件がリアリティがあるかどうかは別にして、司法側の体質について、あたかも大阪地検の事件を予言したかのような題材はドキリとしますね。
大阪地検の件があったとき誰しも思っていながら口にしていませんが、「同じようなこと、今までもあったんじゃないか?」という疑問がわき上がります。
そういう疑問を払拭するためにも、司法側はやはり情報をオープンにし、できうる限り自分たちのしていることを知らせるということをしないと、彼らの組織、そして社会制度そのものの危機になるということを認識してほしいものです。
そういう意味で、本作はものすごくタイムリーなタイミングで出版されたものだなと思いました。

小説「チーム・バチスタの栄光」の記事はこちら→
小説「ナイチンゲールの沈黙」の記事はこちら→
小説「ジェネラル・ルージュの凱旋」の記事はこちら→
小説「イノセント・ゲリラの祝祭」の記事はこちら→

「アリアドネの弾丸」海堂尊著 宝島社 ハードカバー ISBN978-4-7966-7741-7

|

« 本 「ヤフートピックスを狙え -史上最強メディアの活用法-」 | トップページ | 「12人の優しい日本人」 合意へのプロセス »

コメント

たいむさん、こんにちは!

ほんとタイムリーな題材でした。
人間というのは分かりやすい話を好むというのは、確かにあると思います。
だからこそ、好みに左右されない証拠固めが大事になるんですよね。
ただその証拠というのが司法側に一方的に管理されているところは、司法が善であるということを前提にしているので、昨今の事件はそれを揺るがすものであって、そうとうに大きな出来事なんですよね。
そうじゃないと、本作のように司法以外にも証拠を扱える第三者機関(こちらでいうとエーアイセンター)みたいなものが必要ということになってしまうのですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年10月31日 (日) 09時46分

こんにちは!
ほんと「筋書き通り」を絶対のものにしようとするところは、昨今の逮捕劇と被りますね~。
裁判員制度でも、多少なり裁判官が誘導めいた形に進む傾向があったとか新聞に出てたし、長年の悪しき習慣というのか人間だなぁ~って思うところです。

田口・白鳥コンビは愉快でしたが(^^)

以下、変更後に削除してください。
タイトル、間違ってますよ(^^)

投稿: たいむ | 2010年10月30日 (土) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/49836404

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「アリアドネの弾丸」:

» 『アリアドネの弾丸』 (著)海堂 尊 [たいむのひとりごと]
久しぶりに田口&白鳥コンビが復活!神経内科医の医師と厚生労働省の役人の異色のぼこぼこコンビが医療事件の謎を解き明かす作風で人気の高いこのシリーズ。けれど、巻を重ねるごとにエンタメ色が減り、現実の暴露と... [続きを読む]

受信: 2010年10月30日 (土) 18時55分

» アリアドネの弾丸 (海堂 尊) [花ごよみ]
チーム・バチスタシリーズ第3弾の、 テレビドラマを見た後、 原作を読みたくなりました。 ドラマの放映中、 居眠りをしたりしていて 分からなくなってしまった部分も あったので… まだ文庫化はされていないので 図書館で予約して、 借りることができました。 原作はド...... [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 23時07分

» アリアドネの弾丸 [Yuhiの読書日記+α]
海堂尊著「アリアドネの弾丸」を読了しましたー!こちらは、「チーム・バチスタの栄光」から始まる田口・白鳥シリーズの本編第5弾にあたります。って、本編ではまだ5弾なんですねー。色んな番外小説を読んでるので、だんだん本編だか番外編だかが分からなくなってきてし...... [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 23時58分

» 『アリアドネの弾丸』 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
病院内での射殺事件に挑む田口・白鳥コンビ。 海堂尊著『アリアドネの弾丸』 [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 10時15分

» 本「アリアドネの弾丸」 [<花>の本と映画の感想]
アリアドネの弾丸 海堂尊 2010年9月 宝島社 アリアドネの弾丸/海堂 尊 ¥1,500 Amazon.co.jp 東城大学病院で再び殺人事件が!「この事件はすべてが不自然すぎる。絶対... [続きを読む]

受信: 2011年10月25日 (火) 21時03分

» 「アリアドネの弾丸」海堂尊 [ナナメモ]
JUGEMテーマ:読書 東城大学病院で再び殺人事件が!「この事件はすべてが不自然すぎる。絶対にどこかがおかしいんだ」東城大学病院に導入された新型MRIコロンブスエッグを中心に起こる事件の数々。さらには、病院長に収賄と殺人の容疑がかけられてしまう!殺人現場に残されていた弾丸には、巧妙な罠が張り巡らされていた…。不定愁訴外来の担当医師・田口公平が、駆けつけた厚生労働省のはぐれ技官・白鳥圭輔とともに完全無欠のトリックに挑む。 久しぶりの田口・白鳥コンビです。面白かったんだけど、白鳥ちょっと毒気... [続きを読む]

受信: 2012年5月17日 (木) 08時24分

» 『アリアドネの弾丸』海堂尊 [【徒然なるままに・・・】]
こちらは<田口&白鳥シリーズ>の5作目です。単行本が出てすぐに買ったのに、気が付くともう文庫本が出ています。最近は読むペースがドンドン落ちて・・・。 高階病院長に呼びつけられ、新設されるエーアイセンターのセンター長に任命されてしまった田口は、病院に新しく導入された新型の機械のレクチュアを、同じく副センター長を拝命した同期の島津の勧めもあって、技術者の友野から受けようとしていた。だがその矢先に病院内で友野は急死、死因は不明ながら過労死と判断された。 その一方でエーアイセンター運営連絡会議は続け... [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 22時54分

» 「アリアドネの弾丸 上・下」 海堂尊 [映画と本の『たんぽぽ館』]
高階氏が殺人犯?! そんなバカな!! アリアドネの弾丸(上) (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)海堂 尊宝島社 アリアドネの弾丸(下) (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)海堂 尊宝島社                       * * * * * * ...... [続きを読む]

受信: 2012年9月 8日 (土) 13時24分

» 久々にミステリ感 強! [笑う社会人の生活]
小説「アリアドネの弾丸」を読みました。 著者は 海堂 尊 田口、白鳥シリーズの5作目 一応 順番に読み進めていまして 今作はどうか・・・ 久々にミステリーといったタイプの話で バチスタ以来かな 楽しめました 今作もAI 画像診断の問題、医療側 司法側の攻防など...... [続きを読む]

受信: 2012年12月20日 (木) 21時24分

» アリアドネの弾丸  海堂 尊  宝島社文庫 [極私的映画論+α]
 なかなか「推理小説」してました(笑) [続きを読む]

受信: 2014年1月 1日 (水) 08時15分

« 本 「ヤフートピックスを狙え -史上最強メディアの活用法-」 | トップページ | 「12人の優しい日本人」 合意へのプロセス »