« 「大奥(2010)」 薄っぺらい、安っぽい | トップページ | 「けいおん!」 居心地のよい場所、贅沢な時間 »

2010年10月 3日 (日)

本 「納豆大全 -愛すべき伝統食品の謎を解く-」

著者の町田忍さんという方をご存知じゃない方も多いかもしれないですが、庶民文化を研究されている方です。
特に銭湯についてはいろいろと研究されていて、以前に著作を読んだことがあります(僕も銭湯が好きなので)。
町田さんは銭湯以外にも、納豆のラベルのコレクターとしてもすごいらしく(他にコレクションしている人がいないからかもしれないですけれど)、こういう本まで出しているわけです。

納豆というと以前は関西の人は食べないと言われていましたが、最近では健康的な食品として扱われるので、関西の人でも食べる方が多くなってきましたよね。
納豆というのは、ご存知の通りもともとは藁についていた納豆菌が大豆を発酵させてできた食品です。
日本は醤油や味噌、日本酒など発酵食品の宝庫とも呼べる地域ですが、納豆もその代表的な食品と言っていいでしょう。
納豆と言えば、あのネバネバの糸。
あの糸の成分はポリグルタミン酸と多糖類のフルクタンという物質です。
ポリグルタミン酸はペチプドの一種で、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。
この本によれば、納豆をよく食べる地域では骨粗鬆症が少ないんだとか。

僕は関東の人間なので、納豆はよく食べます。
ですが少々変わった食べ方で・・・。
納豆を食べる時は普通、醤油なりたれなりをかけて(場合によっては卵など)、グチャグチャとかきまぜますよね。
僕はあれが苦手なのです。
ようはネバネバの糸がきらいなんですよね。
納豆の臭いとか味とかはまったく問題ないんですけれど。
どちらかというと箸がツルツルして食べにくいとかそんなことなんですよね。
ですので、食べる時は醤油だけ垂らして、そのままかき混ぜずに食べる。
ネバネバがなければ納豆じゃなくて、大豆食えばいいじゃんというかもしれないですが、だってあの味が好きなんだもん。
食卓には欠かせません。

「納豆大全 -愛すべき伝統食品の謎を解く-」町田忍著 角川書店 文庫 ISBN4-04-367801-0

|

« 「大奥(2010)」 薄っぺらい、安っぽい | トップページ | 「けいおん!」 居心地のよい場所、贅沢な時間 »

コメント

qさん、こんにちは!

こちらお読みになりましたかー。
こんな本、読んでいる人自分くらいしかいないだろーと思っていましたが。
餃子の皮で包んでの揚げ焼きはおいしそうですねー。
確かにお酒のお供にはよさそう!

リンクの件、問題ありません。
よろしくお願いします。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年10月10日 (日) 09時17分

coldsweats01そ・そ・そ・そっか
そういう「混ぜ混ぜしないの好き」って人もいるよね

さてさて。私もこれを読みました
も~このオクメーター度の高さったら素敵ですよ
heart02.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.heart02
私。納豆大好きで
ネギとカツオブシとカラシとメンツユぽとっ
これで混ぜ混ぜして食べる
shineゥマ━━((☆≧Д≦)p━━ィ♪・:,shine
bell納豆でビビンバ→混ぜ混ぜしない人向きのレシピかも
bell納豆(金のつぶ ほね元気が良い)2バックと葱の小口切り沢山
餃子の皮で包んで揚げ焼き
油揚げを開いて納豆とネギを入れて 甘め味噌で・・・
どちらも呑み助達からリクエストの多いメニューだよ~
shine業務連絡
今回は qの「読書ブログ」のリンクを入れました
えーと。qの映画ブログはhttp://blog.goo.ne.jp/qwetty
はらやんさんのブログを
映画ブログと読書ブログにリンクに加えて良いですか?!

投稿: q 映画ブログはhttp://blog.goo.ne.jp/qwetty | 2010年10月 9日 (土) 22時56分

ゴーダイさん、こんばんは!

おやおや、お仲間ですねー!
僕は他のおかずを箸でつまみにくくなったり、他のおかずの風味も納豆味になるのがちょっとイヤなんですよね。
納豆自体は好きなんですけれど。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年10月 9日 (土) 22時01分

rose_chocolatさん、こんにちは!

確かに確かに、夫婦で食べ方違うと大変かも。
親は母親は納豆好きでしたが、父親はだめで。
納豆食べてた箸でおかずをつつくといやがっていました。
自分もかき混ぜられて出されたら、「やめてくれー」って言ってしまうかも。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年10月 9日 (土) 15時26分

はらやんさんこんにちは。

>納豆を食べる時は普通、醤油なりたれなりをかけて(場合によっては卵など)、グチャグチャとかきまぜますよね。
僕はあれが苦手なのです。

うわああ、同じ人がいた!crying私もです!そういえば中学時代の担任の先生も同じ食べ方していました。

投稿: ゴーダイ | 2010年10月 8日 (金) 17時01分

かき混ぜ厳禁の人って初めて聞いた~。
笑えるー。
醤油かけるだけだと、冷や奴とかおひたしの感覚?
自分は納豆にはたくさん具を入れて、ネバネバとかき混ぜるのが好きですが(笑)

納豆の食べ方って好き嫌い分かれますよね。
カップルとか夫婦でこれが違うともう大変らしいですよ。

投稿: rose_chocolat | 2010年10月 6日 (水) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/49639584

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「納豆大全 -愛すべき伝統食品の謎を解く-」:

« 「大奥(2010)」 薄っぺらい、安っぽい | トップページ | 「けいおん!」 居心地のよい場所、贅沢な時間 »