« 「オカンの嫁入り」 この人しかいないと思えるキャスティング | トップページ | 「片腕マシンガール」 やっぱ、無理・・・ »

2010年9月11日 (土)

「BECK」 確かに「ケミストリー」はある

ハロルド作石さんのヒット漫画「BECK」の堤幸彦監督による映画化作品です。
原作は読んでいませんが、何故に観に行ったかというと水嶋ヒロさんと佐藤健さんの2ショットが観たかったからに他ありません。
こちらのブログでも書いているように、僕は「仮面ライダー」の大ファンでありまして。
水嶋ヒロさん、佐藤健さんは、それぞれ「仮面ライダーカブト」、「仮面ライダー電王」の主演でブレイクをし、その後一気に若手俳優の中でも人気もまた実力もトップクラスまで駆け上がっていきました。
オダギリジョーさん以来、平成仮面ライダーシリーズは若手俳優の登竜門と言われるようになっていますが、最近の中ではこのお二人は頭一つ抜きん出ている感じがします。
その二人の共演ですから、ライダーファンにはたまりません。
と思ったら、「新・電王」シリーズでNEW電王であった桜井通さん(コユキを苛めている同級生)、「電王トリロジー」でG電王を古川雄大さん(ヨシキ役)も出演していて、「あー、仮面ライダーばっかりじゃん」と思った次第でした。
我が強く身勝手な「オレ様」気質のある竜介は「カブト」で水嶋ヒロさんが演じていた天道総司を髣髴とさせますし、気弱で引っ込み思案なところもありながらも芯は実は強いコユキは「電王」で佐藤健さんの役であった野上良太郎を思い出させてくれました。
そういう意味ではお二人の今回の役柄は、イメージ通りと言っていいかもしれません。
桐谷健太さんの千葉なども彼の演じてきたキャラクターを感じさせるところがあり、本作はキャスティングが俳優が持っているイメージにかなり忠実であったのではないかなと思います(ま、佐藤健さんは非常に演技が上手なのでどんな役でもいけますが)。
あ、中村獅童さんは最近こういう役ばっかりな気もしますが・・・。

ストーリーとしては極めて王道なものでありました。
個性のあるバンドメンバーが集まり、その中で次第に「BECK」というバンドが育っていく。
育っていく間には、メンバーの確執もありながらも、それぞれが互いにかけがいのない存在であることを認識していきます。
複数の人間が集まりものを作っていく場面には、竜介が言うように確かに「ケミストリー」があるように思います。
違った考え、異なる感覚を持つ者が集まれば、そこには反発もあるでしょう。
それでもそれを乗り越えたところには、確かに個々の能力を越えた爆発的な化学反応があるのですよね。
音楽ではないですが、デザインや広告の仕事をしていたりすると、やはりそのような「ケミストリー」がある時っていうのが何回かあって。
これは自分だけじゃできなかったよなあと思うこともあります。
たぶんバンドをずっとやっている人というのは、やはり自分の能力を越えちゃったところに行ってしまった気分を味わっちゃったんですよね。
それをもう一度味わいたいっていうところがあるのかもしれません。

先にも書いたように物語としては非常に王道で、ラストのライブに向かっての感情の盛り上がりも十分にありましたし、出来が悪い作品ではありません。
でもちょっと不満足なところはあるのですよね。
堤監督という人はたぶん非常に器用な人なのだと思います。
「TRICK」みたいなクセのある作品も撮れますし、元々のイメージが重視される原作ものもそれを損なわずに映像化してくれます。
本作などもそういう作品なのだと思いますが、器用すぎてしまってある種まとまりすぎている感じがしてしまいました。
堤監督らしい感じがもっとあってもよかったかなと。
贅沢なことを言っているのかもしれませんが、やはりそこまで期待してしまいます(とはいえ人気コミックをイメージ通りの映像化するだけでも普通の監督にはできないことなのかもしれませんが)。

コユキの歌の部分だけ、ある種ごまかしているのは気になりました。
これはなかなか難しかったところだとは思いますが。
原作ではコユキは天性のヴォーカリストと言われているということ。
それこそその歌を聴いたときメンバーは自分たちがステージに上がっている姿の啓示を受けたわけですから。
これは生半可な歌では表現できません。
佐藤健さんは起用な方なので、歌も十分にこなせると思うのですが(「電王」でも挿入歌を歌っていてうまいと思った)、原作ファンから初めて映画を通じてこの物語に触れる僕みたいな人まですべてを納得させるのはハードルが高いという判断ではあったのでしょう。
仕方がないのかなとは思いつつも、コユキが歌う場面だけ「イメージ」になってしまうのは、映画を観ている側とすると断絶感があったんですよね。
最後のライブくらいは実際に歌ってもらっても良かったんじゃないかなと思います。
うまい下手というよりも、コユキの「伝えたいこと」が伝わる歌であればよかったと思うから。
ここはちょっと残念だったところです。

水嶋ヒロさん主演「仮面ライダーカブト」の記事はこちら→
佐藤健さん主演「仮面ライダー電王」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「オカンの嫁入り」 この人しかいないと思えるキャスティング | トップページ | 「片腕マシンガール」 やっぱ、無理・・・ »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

僕もコユキの歌はあったほうがよかったかなと思います。
確かに難しいのは確かで、原作ファンの方からすればそれぞれのコユキの声のイメージがあるわけですから。
でもやはりコユキの気持ちがこもった歌が聞きたかったなあ。
うまい下手じゃないとは思うのですよね。
佐藤健さんはその気持ちが伝えられる役者さんだと僕も思います。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年9月13日 (月) 20時45分

堤監督のそつのなさみたいなもんは、感じますよね。
原作イメージぴったりの配役連れてきて、原作ファンをその気にさせて、おいしい部分をうまーく料理する。
マンガって特に絵面がありますから、イメージしやすいと思うんですよ。
矢口監督は、ほとんどを絵コンテで表わすとか。
堤監督の場合は、うまく拝借している・・・・という風でしょうかねえ。
日本のマンガのレベルの高さを、表わしているようにも思えますが、こういった原作探しをしてるのかな。
今回の作り方はちょっと傲慢さを感じます。
俳優に対して、礼を失していると思います。健君の感性は、素晴らしいですもん。
声がなくてもあれだけの表現力が出来たのは、ひとえに健君のおかげだと思うのですが、魂こもった歌を歌わせてやりたかったです。

投稿: sakurai | 2010年9月13日 (月) 07時54分

こんばんは!

原作コミックに思い入れがあると映画化作品は複雑な気持ちになりますよね。
特に音楽ものの場合は、読んでいる方の心の中で曲が鳴り響くので、誰にも聞ける音として定着してしまうとイメージが壊れてしまうように感じてしまうこともありますね。
特に本作などはそうでしょう。
「20世紀少年」はキャストのビジュアルを漫画の絵に合わせるということができましたが、音楽はそうはいかないですからね。
なかなか難しい映画化作品であったと思います。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年9月12日 (日) 20時51分

原作ファンであるなら
この作品は見るべきではない。

Webサイトのトップで流れるライブシーンを見てしまって
とてもショックを受けてしまいました。

原作を読んでいる時から
「BECKの音を聞いてみたい!」
と思っていました。

私も学生の頃からずっとバンドをやっています。

本当に小さいながらも栄光と挫折、友情、恋、
世代を越えた人とのかかわり合いがありました。
社会人になった今も、年齢を超えて趣味としてやっています。

BECKの成長している姿やライブハウスでの雰囲気など
自分の時と重ねたりしていました。

だからこそ、BECK映画化!となったときに複雑な思いでした。
確かにキャラクターの雰囲気など、作品を大切にしているのはわかります。

ですが音楽が

FUCK!

としか言いようがありません。

全てが台無しでした。
ペラペラで何にも伝わらない。

これが原作で多くの人を震わせたBECKだと思えませんでした。

映画としてはいい作品と思います。
ですが、原作ファンにとっては物足りなく、
不完全燃焼の感が残る作品でした。

イケメン並べとけばいいや な
ルーキーズ商法にBECKが使われた事が
ショックでショックでたまりませんでした。

音楽監督出てこい!

。。。ちくしょう(涙

投稿: | 2010年9月12日 (日) 19時15分

rose_chocolatさん、こんにちは!

佐藤健さんもそうですよー。
彼は最近のライダーの中では一番の出世頭かもしれません。
古川さんは劇場版でちょこっとだけでした。
獅童さんはねー、こういうワンポイント悪役が何か多いですよね。
出てきた瞬間から、「こいつが悪役ね」みたいな。

歌はねー、難しい判断だったと思います。
けれどやっぱり気持ちはそこで切れちゃいます。
うまい下手ではなく、気持ちが伝わる歌でよかったと思うんですけどね、どうなんだろ。
佐藤健さんも下手じゃないんだけどなあ。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年9月12日 (日) 08時58分

KLYさん、こんにちは!

コユキの歌は悩ましいところですよね。
佐藤さんは歌も下手じゃないし、特にラストは歌が上手かどうかというよりも、人の心にコユキの心の歌が届くかどうかがポイントだったと思うんですよね。
同じような音楽の映画だと最近では「ソラニン」がありましたが、あちらではそれまで歌ったことのない宮﨑あおいさんに歌わせていました。
誰にも負けないほど上手ということではないですが、確かに心に響いてきたんですよね。
本作もラストくらいは佐藤さんに歌ってもらってもよかったかなと思いました。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年9月12日 (日) 07時28分

佐藤健くんもライダーつながりでしたか。 知らなかったなあ。
そして古川雄大さんも?
その目線で鑑賞すると相当この映画濃いですね(笑)
獅童さんは笑っちゃったけど。。

歌の部分は賛否両論ありますね。
どっちに転んでも判断は難しかったと思います。

投稿: rose_chocolat | 2010年9月12日 (日) 05時59分

そうですね。断絶感、解ります。
そういう手法もアリだとは思います。
ですがアレじゃ感動はしなかったというのも現実です。
特に千葉の桐谷くんの魂のラップが直前にありましたから…。
映画は映画、漫画は漫画。原作ファンに向けて映画を作る
必要は全くないですから、歌わせれば良かったと思います。
佐藤くんは俳優として、コユキを全力で演じようとしていました。
彼の歌声が本当に全ての人を魅了する必要なんかないんだと
思うんですよ。そんなもの存在するはずないのだから。
でも、彼が全力で演じようとしているその重要な手段の一つで
ある声を奪ってしまったのは監督の失敗じゃないかと思うのです。
監督は原作ファンだとか。「20世紀少年」の時もそうでしたが、
堤監督は原作のイメージを大事にしすぎる、ファン目線で映画を
作ってしまっているのではと感じました。
それが良いほうには出ている部分もあれば、駄目な部分もある
ということかと思います。

投稿: KLY | 2010年9月12日 (日) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/49419387

この記事へのトラックバック一覧です: 「BECK」 確かに「ケミストリー」はある:

» BECK [LOVE Cinemas 調布]
「月刊少年マガジン」に連載されていたハロルド作石による人気漫画を「20世紀少年」の堤幸彦監督が実写映画化。苛められっこの高校生が、帰国子女の天才ギタリストひょんなことから知り合い、その音楽の才能に気付く。そしてバンド“BECK”を結成し様々な困難を乗り越えてゆく様子を描いた青春ドラマだ。出演は水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、中村蒼、向井理ら今旬の若手俳優が揃った。... [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 00時46分

» 『BECK』(2010)/日本 [NiceOne!!]
監督:堤幸彦原作:ハロルド作石出演:水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼、向井理公式サイトはこちら。<Story>内気な高校生の幸雄(通称コユキ、佐藤健)は、あ... [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 05時55分

» 理屈では語れない映画。『BECK』 [水曜日のシネマ日記]
人気コミックを実写版映画化した作品。バンドを組んだ青年たちの物語です。 [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 08時34分

» BECK [映画鑑賞★日記・・・]
2010/09/04公開 日本 145分監督:堤幸彦出演:水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼、向井理、カンニング竹山、松下由樹、中村獅童奇跡の出会いによって生まれたバンド、ベック。青春のすべてが、ここにある。平凡な毎日を送るごく普通の高校生コユキ(佐藤健)が、...... [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 22時10分

» BECK[ベック] [象のロケット]
ニューヨーク帰りの天才ギタリスト竜介、ベースの平、ラップヴォーカルの千葉が集って結成し、最高の音楽を目指して活動を続けるバンド“BECK(ベック)”。 竜介からギターの薫陶を受けた高校生コユキは、親友でドラマーのサクと共にBECKに加入することになり、歌の才能も開花させてゆく。 次第に頭角を現してゆくBECKだったのだが…。 青春音楽ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 22時56分

» 映画「BECK」 [FREE TIME]
映画「BECK」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2010年9月13日 (月) 06時38分

» BECK [迷宮映画館]
ショックは薄かったので、よしとしましょう! [続きを読む]

受信: 2010年9月13日 (月) 07時54分

» 『BECK』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「BECK」□監督 堤幸彦□脚本 大石哲也□原作 ハロルド作石□キャスト 水嶋ヒロ、佐藤 健、桐谷健太、中村 蒼、忽那汐里、向井 理■鑑賞日 9月5日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  帰国子女が二人(水嶋ヒロ&忽那汐里)も居たから、この映画って随所に英語が混ざるけどイケたんだろうなぁ〜 しかも水嶋ヒロに向井 理、佐藤 健とくりゃ、とびきりのイケメンバンド (別に、桐谷健太をイケメンから外しているわけで... [続きを読む]

受信: 2010年9月13日 (月) 08時26分

» BECK [Akira's VOICE]
微妙なドラマを消し去る音楽のパワー!   [続きを読む]

受信: 2010年9月13日 (月) 10時27分

» BECK [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
BECK10:日本◆監督:堤幸彦「20世紀少年」3部作「明日への記憶」◆出演:水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼、向井理 ◆STORY◆内気な高校生の幸雄(通称コユキ)は、ある日、ニューヨーク帰りで天才的なギターテクニックを持つ竜介と運命的な出会い....... [続きを読む]

受信: 2010年9月14日 (火) 17時02分

» 「BECK」バンドの成長過程を経た先にみた雨の意向にかき消されたサイレントミュージック [オールマイティにコメンテート]
9月4日公開の映画「BECK」を鑑賞した。 この映画はハロルド作石原作の「BECK」を映画化した作品で、 平凡に過ごしていた高校生が帰国子女の男と 出会い音楽に目覚めてバンドに入り個性ある 5人が集まったバンドBECKがロックフェスティバルを経て 成長し人気バンドに....... [続きを読む]

受信: 2010年9月15日 (水) 00時47分

» 『BECK』 [ラムの大通り]
※この映画にはあっと驚く仕掛けがありますが、 ネタバレになりますので、それについては触れてありません。 ----“発行部数1500万部を超える大ヒットコミック”? 出版不況と言いながら、コミックの人気はあいかわらずスゴイね。 「そうなんだよね。 最近は、電車の中でマンガ雑誌を読む人の姿を あまり見かけなくなったから、それほどの実感はなかったけど、 日本の映画はこのコミックとか、 携帯小説、あるいはテレビのヒットシリーズなど、 あらかじめ、ある程度の集客が予想できる企画に 流れていっている気がする... [続きを読む]

受信: 2010年9月15日 (水) 23時36分

» 良かったよ~~!!『BECK』【映画】 観てき... [やっほっほ~]
BECK観てきました!!平凡な毎日を送るごく普通の高校生コユキ(佐藤健さん)が、偶然天才ギタリストの南竜介(水嶋ヒロさん)と出会い、才能あふれる千葉(桐谷健太さ... [続きを読む]

受信: 2010年9月16日 (木) 10時01分

» 「BECK」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 月刊マガジンに連載された、ハロルド作石原作の人気漫画を、「20世紀少年」の堤幸彦監督で映画化。 どうも水嶋ヒロと佐藤健くんは、コンビのごとくいつも一緒に仕事をしている... [続きを読む]

受信: 2010年9月16日 (木) 22時46分

» 映画 「BECK」 [ようこそMr.G]
映画 「BECK」 [続きを読む]

受信: 2010年9月16日 (木) 23時34分

» 【BECK】 [日々のつぶやき]
監督:堤幸彦 出演:佐藤健、水嶋ヒロ、向井理、桐谷健太、中村蒼、忽那汐里  本当にへ平凡な人生だった・・・あの男に出会うまでは。 「コユキは同級生のパシリをさせられるような地味な高校生、毎日の退屈な日常が竜介と出会って変わった。ニューヨーク帰りのギ... [続きを読む]

受信: 2010年9月17日 (金) 10時46分

» BECK [★ Shaberiba ]
この↑でっかい前売り券にビックリしました−−−!(笑) [続きを読む]

受信: 2010年9月21日 (火) 23時48分

» BECK (佐藤健さん) [yanajun]
映画『BECK』は、「月刊少年マガジン」で連載されたハロルド作石さんの同名漫画を、映画『20世紀少年』や『TRICK』シリーズで知られる堤幸彦監督が映画化した作品です。佐藤健さんは、コユキこと田中幸雄 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010年9月23日 (木) 21時46分

» BECK☆独り言 [黒猫のうたた寝]
イケメンだらけですが堤監督・・・漫画が原作。そして上映時間も結構長めっということで、どうなの?っと思いつつ、佐藤健くんのコユキに魅せられての観賞。既に、ステージシーンの処理の仕方に対してネットで判明していたから、いざそのシーンになったときはこれか~~~っ... [続きを読む]

受信: 2010年9月23日 (木) 21時59分

» BECK [やっぱり邦画好き…]
映画「BECK」の監督は『20世紀少年』『TRICK』など、数々の大ヒット作のメガホンをとった堤幸彦。本作「BECK」はコユキの成長と竜介の葛藤を軸に、彼らが様々な苦難を乗り越え活躍していく青春ストーリーである。原作は累計発行部数1,500万部超、第26回講談社漫画賞少年部門を受賞したハロルド作石の同名コミック「BECK」...... [続きを読む]

受信: 2010年9月24日 (金) 11時30分

» BECK【劇場鑑賞】 [MAGI☆の日記]
映画BECKを見てきました。物販ではパンフレットとマフラータオルを購入しました。袋にもBECKと書かれているのでちょっとビックリしましたが、物販も全く混んでおらずパンフレットを購... [続きを読む]

受信: 2010年9月24日 (金) 20時35分

» BECK [幕張コーポ前]
仕事帰りに「BECK」観てきました。ぼんやり高校生が、ギターと出会って、ジャカジャーンと弾けるようになったら、アメリカから殺し屋がやって来る。というようなお話。バンドが題材の話は、葛藤している姿とか挫折を繰り返し、それを乗り越えて、音楽だけじゃなくて、人間関... [続きを読む]

受信: 2010年9月25日 (土) 06時37分

» BECK [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
ハロルド作石の同名漫画を映画化した作品。原作は未読です。 高校生のコユキは、気弱で平凡な高校生。上級生の使い走りをさせられる日々を過ごしていました。ある日、マイナーながら人気の出始めていたバンドの天才ギタリスト竜介と出会い、竜介にギターを贈られます。やがて、... [続きを読む]

受信: 2010年9月25日 (土) 21時51分

» BECK[ベック] [だらだら無気力ブログ]
ハロルド作石の大ヒット同名コミックを『20世紀少年』シリーズや 『トリック』シリーズの堤幸彦監督が映画化した青春音楽ストーリー。 取り柄もなにもない平凡な毎日を過ごす高校生が帰国子女の天才ギタリストと 出会うことで音楽の魅力に取りつかれ、天才ギタリストが結…... [続きを読む]

受信: 2010年9月26日 (日) 01時45分

» BECK [映画的・絵画的・音楽的]
 このところよく見かける青春音楽映画の一つにすぎないのではと思いましたが、予告編で見て面白そうでもあったため、『BECK』を近くの吉祥寺で見てきました。 (1)この映画のストーリーは、マイナーな存在ながらテクニックは抜群のロックバンド“BECK”が、紆余曲折を経ながらもビッグなライブを成功させるというものです。  それではあまりにも味気ないので、もう少し述べてみましょう。  毎日平凡すぎる高校生活を送るコユキ(佐藤健)は、苛められている風変わりな犬BECKを助けるのですが、そのお礼に、飼主・竜介(... [続きを読む]

受信: 2010年9月27日 (月) 05時10分

» BECK [voy's room]
平凡な毎日を送るごく普通の高校生コユキ(佐藤健)は偶然NY帰りの天才ギタリスト南竜介(水嶋ヒロ)と出会う。竜介は才能溢れるメンバー千葉(桐谷健太)、平(向井理)を誘い、バンドを結成。 さらに竜介は強引にコユキとサク(中村蒼)という若いメンバーを加えてバンドBECKとしての活動を始める。BECKは小規模ながらもライブ活動を皮切りに徐々に頭角を現し始め、CDデビューやライブハウスでの成功を重ね注目度が加速!だがある事件をきっかけに、音楽メジャーシーンを牛耳るプロデューサーの陰謀に巻き込まれ、数々の試練に... [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 08時17分

» 「BECK」 [みんなシネマいいのに!]
 ハロルド作石の漫画の実写映画化。 つまらない毎日を送っている高校生が、帰国子女 [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 09時02分

» BECKについて [ハクナマタタ]
関連記事→「BECK 鑑賞 3歳児の嘘くらいバレバレ 」 上記は公開初日、劇場で鑑賞し書いた感想です。 長いですが、ざっくり感想を言うと「複雑だ」 これで〆ています。 その後、コメントをいただき、トラックバックをいただき、 それ以外の方々の感想も、いろい... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 20時08分

» 10-285「BECK」(日本) [CINECHANが観た映画について]
いつか、自分の気持ちを伝えたくなる時が来る   自分はつまらない人生を送るだろうと半ば諦めていた平凡な高校生、コユキ。  そんな彼の前に、音楽のことだけは妥協を許さないニューヨーク帰りの天才ギタリスト、南竜介が現われる。彼の飼い犬“BECK”を助けたことが縁で知り合い、古いギターを譲り受けたコユキは次第に音楽にのめり込んでいく。  そんな中、新バンドのメンバー探しをしていた竜介は、ボーカルの千葉とベースの平をスカウト、飼い犬にちなんで命名したバンド“BECK”を結成する。  一方、...... [続きを読む]

受信: 2011年1月14日 (金) 00時05分

» 『BECK』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 BECK 』 (2010)監  督 :堤幸彦キャスト :水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼 向井理、カンニング竹山、倉内沙莉、水上剣星、古川雄大 ハロルド作石の漫画『BECK』を原作とした青...... [続きを読む]

受信: 2011年2月24日 (木) 14時35分

» BECK [食はすべての源なり。]
BECK ★★★☆☆(★3つ) 向井理、水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、中村蒼の豪華メンバーが話題となっていた、人気コミックの映画化。 特に好きな俳優さんがいなかったので、DVD鑑賞です。 いや~、天性の才能を開花させるヴォーカル、コユキ(佐藤健)の声は出ない!(違うBGMが流れる)と聞いていたので、そこの期待はなかったのですが・・・。 最後のクライマックスに1回かと思いきや・・・、いやいやいやいや、何回BGMでごまかすんですか?!笑っちゃうじゃん。 コミックは読んでないけど、男の青春!って感じで... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 14時20分

» BECK [映画鑑賞★日記・・・]
2010/09/04公開 日本 145分監督:堤幸彦出演:水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼、向井理、カンニング竹山、松下由樹、中村獅童奇跡の出会いによって生まれたバンド、ベッ ... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 23時01分

» 奇跡の出会いによって生まれたバンド、ベック。青春のすべてが、ここにある。「BECK」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
[続きを読む]

受信: 2011年11月12日 (土) 12時09分

» 『BECK』'10・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ平凡な毎日を送るごく普通の高校生コユキとNY帰りの天才ギタリスト南竜介は偶然に出会い・・・。感想お前の肛門何痔だよ『ゴリラーマン』のハロルド作石の累計発行部数1... [続きを読む]

受信: 2011年12月10日 (土) 20時37分

» 『BECK』'10・日 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじ平凡な毎日を送るごく普通の高校生コユキとNY帰りの天才ギタリスト南竜介は [続きを読む]

受信: 2011年12月10日 (土) 20時37分

» BECK (2010) 145分 [極私的映画論+α]
向井理と佐藤健は7歳違い(笑) [続きを読む]

受信: 2013年6月 9日 (日) 07時08分

« 「オカンの嫁入り」 この人しかいないと思えるキャスティング | トップページ | 「片腕マシンガール」 やっぱ、無理・・・ »