« 「TSUNAMI-ツナミ-」 一瞬の決断に生き様が集約される | トップページ | 本 「失われた町」 »

2010年9月26日 (日)

「十三人の刺客(2010)」斬って斬って斬りまくれ!

300人対13人、まさに多勢に無勢。
現実的には、この戦力差を逆転することはほとんど無理でしょう。
けれどもそれをやってしまうのが映画的なカタルシス。
「七人の侍」やオリジナルの「十三人の刺客」だけでなく、古今東西(「300」とか「水滸伝」等もそうですよね)少数が多勢に対して、知略と卓越した技量、そして不屈の精神、仲間への信頼で戦いを挑み、そして勝利し果てるという物語には、男は魂を揺さぶられるようなロマンを感じるわけです。
後半の落合宿での大チャンバラ、無理を承知をまさに命を賭けての大勝負に挑む13人の侍たちの活劇に、観ている側としては大きく溜飲を下げるといった快感を得ることができます。
稲垣吾郎さん演じる斉韶を救いようもないほどに極悪非道にしたのは正解で、相手が真っ黒であるからこそ「斬って斬って斬りまくる」ことへのカタルシスが生まれるわけです。
人によっては登場人物の描き方が浅いという方もいるかもしれませんが(特に十三人側)、これはそれをわかっていて割り切ったのだと思います。
たぶんそれをやってしまうとそれこそ「七人の侍」級の長さになってしまう、それでは割り切って後半の大チャンバラに焦点を合わせようという考え方ではなかったかと思います。
このあたりの割り切りの判断はよかったのではないでしょうか。
それだけに後半のチャンバラはまさに手に汗握るという表現がぴったりの大迫力でした。
まさに「斬って斬って斬りまくれ」という新左衛門の言葉のもとに、十三人が三百人を相手に大立ち回りを演じます。
このあたりの活劇はさすが「ジャンゴ」や「クローズ ZERO」などの大人数でのアクション映画を手がけてきた三池監督だけあって迫力ありました。
この大殺陣を楽しみ、映画的カタルシスに浸るというのがこの作品の正しい見方でしょう。
実際の世の中では大悪がばっさり成敗されるということなどはあまりないですから、映画の中だけでもそういうカタルシスに浸りたいものです。

僕は89年の「将軍家光の乱心 激突」という東映の時代劇がけっこう好きで、この作品も将軍家に少数の侍が戦いを挑むという話でした。
こちらの作品はJAC(現JAE)がメインとなったアクションがかなり見ごたえありました。
そちらでは松方弘樹さんが、本作でいう半兵衛と同じように主君を守る側で、好敵手である刑部(緒形拳さん)と対峙するというした役でした。
今回は逆の役回りというのが因縁めいてました。

泰平の時代に戦うことを職業として侍という存在というのは、アイデンティティを保つというのはたいへんであったのかもしれませんね。
新左衛門も「ずっと死に場所」を探していたと言います。
彼にとって、侍として命を賭けるに値するものを見つけられるかということが命題であったのでしょう。
新左衛門が見つけたのは、民草を苦しませないようにするために戦うということがその答えであったわけです。
同じく半兵衛もそうで、彼は「主君への義」こそが命を賭けるに値するものだと思ったわけです。
また斉韶にしても、「侍とは」という言葉を何度も口にします。
彼は歪んだ精神の持ち主ではありましたが、彼なりに「命を賭けるに値するもの」を探していたとも言えなくもありません。
もちろん戦はないほうがいいに決まってます。
そうであるとすると、戦う力を持っている人というのは、いかにその力を自分の中でコントロールし、制御しきれるかというのが大切になってくるということなのでしょうね。
刀はむやみやたらに抜けばいいというものではない。
抜くというそのときをいかに判断するか、そして抜く時は躊躇いなく抜けるか。
武士が、武士道といった精神性の高い考えを育んでいくというのはそのような時代的な素地があったからなのかもしれません。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「TSUNAMI-ツナミ-」 一瞬の決断に生き様が集約される | トップページ | 本 「失われた町」 »

コメント

たいむさん、こんばんは!

斉韶はああいうみっともない姿をさらさせるのが、三池監督らしいかなと。
三池さんって、カッコよく終わらせないというようなところがあるんですよね。
しょーもない笑いとか、残虐さとか。
最近はお客も動員できるメジャー監督な感じですが、けっこう中身はインディーズっぽいところを持っているところが僕は好きですねー。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年10月 2日 (土) 22時39分

はなこさん、こんばんは!

そうですね、三池監督はけっこう割り切りのいい監督なので、最後の大立ち回りが見せ所だとわかってやっていたんだと思います。
人物像についても個々に描いていたら冗長になってしまいますからね。
「お前たちの命、使い捨てにいたす」という新左衛門の言葉に応じる11人を描くシーンで彼らの連帯感というのが一発で描かれましたし、このあたりは上手だなと。
たくさんの描写するのではなく、一つのシーンで描いてしまったところはさすが三池監督だなと思いました。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年10月 2日 (土) 21時26分

こんにちは。
チャンバラ重視は確信的な配分だろうと私も感じましたが、それでも島田家の2人くらいはもう少し背景が欲しかったかも。山の男の絶倫なんてどうでもいいところだし。

斉韶もね、歪んじゃいるけどコチラも自覚のある歪みだと思っていただけに、最期のあがきはちょっとがっくりでした。無心なんてしないで皮肉な笑みを浮かべながら逝ってほしかったなぁ。ゴロちゃんの悪っプリが良かっただけに、カッコよく?終わらせてあげたかったですw

投稿: たいむ | 2010年10月 2日 (土) 19時14分

初めまして。TBありがとうございました。記事を拝読して、新たな見方を提示していただいたようで、参考になりました。

自分が文章を書いていて思うのですが、やはりいろいろ書きたいことはあっても、その全てを書こうと思ったら冗長になったり散漫になったりして、結局焦点がぼやけてしまうんですよね。

映画もたぶん同じで、監督が最優先して表現したいものの為に、敢えて斬り捨てるものがあるのだと思います。何を残し、何を捨てるか。それを明確にできることが、監督の重要な力量のひとつなのだろうと。

今回は後半50分の大チャンバラに、監督は賭けたのだと、私は推察します。オリジナルは30分だったそうで、人数だけでなく、中身もいかに濃くしつつ、スケールアップさせるのか、腐心した結果が本作なのかな。

私は現実の世界でも13人のメンバーがいたら、目立つ人とそうでない人が出てくると思うので、あまり目立たない人は目立つ人と絡めて描くことで、本作でも十分存在感を持たせることができていたのではと解釈しました。

投稿: はなこのアンテナのはなこ | 2010年10月 2日 (土) 17時03分

ノラネコさん、こんばんは!

理屈抜きなチャンバラでしたよね。
ずっと後半は殺陣でしたもんね。
ドラマの部分は最低限におさえて、見せるっていうことにこだわっていたように思います。
割り切って「これ、見てえだろ」って差し出してくれる感じがします、三池監督は。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年9月29日 (水) 20時30分

少年漫画ばりの熱血さに燃えました。
これほどパワフルな本格チャンバラ映画って何時以来だろう。
ベネチアで受けたのもわかります。
この手の映画を待ち望んでる人は世界中にいたってことでしょうね。
まあ映画祭のテイストから言っても受賞はしないと思ってましたが(笑

投稿: ノラネコ | 2010年9月27日 (月) 23時19分

KLYさん、こんばんは!

あら、KLYさんはだめでしたかー。
僕はけっこう楽しめました。
正統派ではないですが、「ジャンゴ」など三池監督のアクションはけっこう好きなんです。
松方さんの殺陣は緩急があるところがあって、そこが時代劇特有のケレン味を出していますよね。
おっしゃる通り芸術的です。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年9月27日 (月) 20時16分

合戦シーン(今回は合戦と言っていいかわからないけれど)は中途半端が一番白けます。
逆にこの手の作品は合戦シーンさえ満足できたら意外とあとは不満があっても引きこまれ
ちゃいますよね。これって例えば『レッドクリフ』観たいな作品にも言える事ですけども。
細かい部分で不満であったり、現実的でなかったりするところはあって、正直文句はつけ
ちゃいます。でもやっぱり面白い。
特に13人だからこそ、判官びいきの日本人の感性に強く訴える部分がありました。
松方さんの殺陣、もはや芸術です。

投稿: KLY | 2010年9月26日 (日) 21時19分

rose_chocolatさん、こんばんは!

三池さんの作品って、けっこうエグイところもあるんですけれど、基本的にエンターテイメントとして見せるというところが一貫しているんですよね。
後半のエネルギーはスゴかったなあ。

乱のときにこそ力を発揮する人というのはいますよね。
実際の生き死にっていうことにはなりませんが、会社でもここは絶対譲れないっていうラインがあって、それでも言うか言わないかっていう葛藤もありますから、確かに通じるものはあるかもしれません。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年9月26日 (日) 19時43分

何だか、残忍なはずなのに楽しんでしまった、不思議な作品でした。
どこを取ってもお見事としか言いようもなく。。。

ここの登場人物、どの人も現在にもいるよなーという感覚で観てました。
武士=サラリーマンにも通じるところは十分あって、でも武士の掟の方が
はるかに厳しい。
泰平の世だと自分を生かす場所がなく、それが故に力を持て余すというのも皮肉な話ですね。

投稿: rose_chocolat | 2010年9月26日 (日) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/49567432

この記事へのトラックバック一覧です: 「十三人の刺客(2010)」斬って斬って斬りまくれ!:

» 『十三人の刺客』(2010)/日本 [NiceOne!!]
監督:三池崇史出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、六角精児、波岡一喜、近藤公園、石垣佑磨、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、松本幸四郎、稲垣... [続きを読む]

受信: 2010年9月26日 (日) 18時13分

» 劇場鑑賞「十三人の刺客」 [日々“是”精進!]
「十三人の刺客」を鑑賞してきました1963年の傑作時代劇を「クローズZERO」「ヤッターマン」の三池崇史監督が豪華キャストでリメイクした時代劇エンタテインメント大作。権... [続きを読む]

受信: 2010年9月26日 (日) 20時06分

» 十三人の刺客 [花ごよみ]
監督は三池崇史。 出演は 役所広司、山田孝之、 市村正親、伊原剛志、松方弘樹、 稲垣吾郎、伊勢谷友介、沢村一樹、 古田新太、松本幸四郎 六角精児、、高岡蒼甫、 窪田正孝、吹石一恵等、 超豪華キャスト。 島田新左衛門(役所広司)以下、 13人の刺客は、 将軍の弟で悪辣な暴君、 松平斉韶(稲垣吾郎)を討ち取ろうとする。 斉韶の参謀には新左衛門のかつての同門、 鬼頭半兵衛(市村正親)。 斉韶を暗殺すべく、13人の刺客が 斉韶の参勤交代の帰国の道中となる、 落合宿にて迎え撃つ。   13人対... [続きを読む]

受信: 2010年9月26日 (日) 20時06分

» 十三人の刺客 [LOVE Cinemas 調布]
1963年に公開された工藤栄一監督の『十三人の刺客』を『クローズZERO』、『ヤッターマン』の三池崇史監督がリメイク。悪逆非道な暴君を天下万民の為に討つべく集まった十三人の刺客の命がけの戦いを描く。主演は役所浩司だが、共演にも稲垣吾郎、松方弘樹、市村正親、松本幸四郎、山田孝之、伊勢谷友介と言った超豪華なキャストが揃う。... [続きを読む]

受信: 2010年9月26日 (日) 21時12分

» 「十三人の刺客」万民のため殺された者たちの無念を晴らすため暴君と戦った刺客たち [オールマイティにコメンテート]
9月25日公開の映画「十三人の刺客」を鑑賞した。 この映画は1963年に公開された 「十三人の刺客」を再び映画化した作品で、 暴君により殺された人々のために命を懸けて 暴君を討とうと13人の刺客を集めて 暴君を討とうとする仇討ストーリーである。 映画に登....... [続きを読む]

受信: 2010年9月26日 (日) 22時11分

» 十三人の刺客 [悠雅的生活]
み な ご ろ し [続きを読む]

受信: 2010年9月26日 (日) 22時17分

» 映画『十三人の刺客』試写会鑑賞 [続・蛇足帳〜blogばん〜]
 19日は有楽町朝日ホールで映画『十三人の刺客』の試写会を観て来ました。25日から劇場公開されますが、一足早く観られて嬉しかったぁ♪  ... [続きを読む]

受信: 2010年9月26日 (日) 22時48分

» 【映画】十三人の刺客(2010) [★紅茶屋ロンド★]
<十三人の刺客(2010) を観て来ました> 製作:2010年日本 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ ヤプログさんのご招待で、試写会にて鑑賞しました。いつもいつもありがとうございます。 1963年に製作された工藤栄一監督作品を「クローズZERO」「ヤッターマン」の監督三池崇史がメガホンを取り、主演役所弘司を向かえリメイクした時代活劇。 江戸時代末期、罪無き民衆に対して不条理な殺戮を繰り返していた明石藩主、松平斉韶。その暴君振りを訴える為、明石藩江戸家老の間宮が切腹自害した。 斉韶は将軍・... [続きを読む]

受信: 2010年9月26日 (日) 22時57分

» 「十三人の刺客(2010)」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「十三人の刺客」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2010年、東宝 *出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、六角精児、波岡一喜、近藤公園、石垣佑磨、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、吹石一恵、谷村美月、斎藤工、..... [続きを読む]

受信: 2010年9月27日 (月) 04時53分

» 十三人の刺客 だいわはうちゅ〜o( ̄ー ̄;)ゞううむ [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=42 -13-】 試写会、三池監督と役所広司が舞台挨拶で、お客さんを巻き込んで写真撮影があった。 おはよう朝日(関西ローカルの朝の番組)とかスポーツ新聞に取り上げられるかと思ったけど扱い小さめ、スポーツ報知は文字だけやし、日刊スポーツは2人だけしか写ってないやん〜俺はどこだ〜!AKB48に扱い負けた〜ΣΣ┏(_□_:)┓iii  島田新左衛門の下に集められた13人の刺客は天下万民のため、将軍の弟・松平斉韶に一世一代の戦いを挑む。生来の残虐な性質で罪なき民衆に不条理な殺戮を繰... [続きを読む]

受信: 2010年9月27日 (月) 09時31分

» 十三人の刺客 [Akira's VOICE]
痛快と興奮と切なさに満ちた男たちの生き様!   [続きを読む]

受信: 2010年9月27日 (月) 10時01分

» 『十三人の刺客』は世界を目指す! [映画のブログ]
 トドーン!と迫るぶっとい毛筆のタイトル。黒澤映画もかくやと思わせる迫力に、三池崇史監督の覚悟と意気込みのほどが知れよう。  これぞ... [続きを読む]

受信: 2010年9月27日 (月) 20時20分

» 13人の刺客 [シネマ大好き]
将軍の腹違いの弟であるため、 残忍な非道な行いにもお咎めのない明石藩主・松平斉韶(稲垣吾郎)。そればかりか彼には次の老中職が待っている。彼が幕府で権力をふるうのを阻止するため、お目付け役の島田新左衛門(役所広司)に斉韶暗殺の密命が降り、新左衛門は集まった..... [続きを読む]

受信: 2010年9月27日 (月) 20時41分

» 庄内映画事情PART16~「十三人の刺客」その1 [事務職員へのこの1冊]
庄内映画事情PART15「鶴岡まちなかキネマその2」はこちら。  開巻、その居住 [続きを読む]

受信: 2010年9月27日 (月) 22時44分

» 『十三人の刺客』・・・殺陣それぞれの魅力 [SOARのパストラーレ♪]
片や正義のために暴君を斬らんと命を賭して戦う男たち。片やその暗殺集団から主君を守るべく命を賭して忠義を尽くす男たち。 泰平の世にあって人を斬ったことのない侍たちが、要塞と化した宿場を敵味方入り乱れながら駆け抜ける。 返り血を浴び、自らも血を流し、汗にまみれ泥にまみれ、それでもなお命尽きるまで斬り合う壮絶な終盤は圧巻。 背筋がゾクゾクするほどに見応えある骨太のアクション時代劇だった。... [続きを読む]

受信: 2010年9月28日 (火) 00時11分

» 十三人の刺客 [Diarydiary! ]
《十三人の刺客》 2010年 日本映画 江戸時代の末期、将軍の実弟で明石藩主の松 [続きを読む]

受信: 2010年9月28日 (火) 20時20分

» 十三人の刺客 [うふふ・映画三昧。]
徳川家慶の弟・斉韶が権力を手にすることになる。 この人が、とんでもなく悪い奴で、こんな人が偉くなっちゃたまらん! 密かにやっつけちゃおう! と、参勤交代で移動中の斉韶様ご一行を、十三人の刺客が狙い打つ物語。 ざっくばらん。 冒頭、内野聖陽さん渾身の演技、切腹のシーンから始まる。 額に浮き出た血管が、マジで切れちゃうんじゃないかと思うほどの迫力。 私は一気に映画の世界に引きずり込まれた。本当に素晴らしいのだ。 続いて、斉韶の暴君ぶりが明かされる。 両腕、両... [続きを読む]

受信: 2010年9月28日 (火) 23時11分

» 「十三人の刺客」 [NAOのピアノレッスン日記]
〜命を、燃やせ〜オリジナル世代の人がたくさん観に来ていました。だから、ものすごい?加齢臭に悶絶しながらの鑑賞だったけど。2010年 日本    PG12指定  (10.9.25公開)配給:東宝      上映時間:141分監督:三池崇史原作:池上金男(池宮彰一郎)音楽:遠藤浩二オフィシャル・コンセプトソング:EAGLES/DESPERADO                        (ワーナーミュージック・ジャパン) 出演:役所弘司・・・・・・・・・・・・・島田新左衛門 (刺客達を率... [続きを読む]

受信: 2010年9月29日 (水) 08時27分

» 十三人の刺客 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
『悪人』を観ようか、コチラにしようか迷ったんだけど・・・【story】罪なき民衆に不条理な殺戮を繰り返す暴君、松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田新左衛門(役所広司)の下に13人の刺客が集結する。斉韶のもとには新左衛門のかつての同門・鬼頭半兵衛(市村正親)ら総勢200人超の武士が鉄壁の布陣を敷いていたが、新左衛門には秘策があった―     監督 : 三池崇史 『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』 『クローズZERO』【comment】   ・・・・・わ・私の趣味には合いませんでした〜あわわというこ... [続きを読む]

受信: 2010年9月29日 (水) 22時11分

» 『十三人の刺客(2010)』 ('10初鑑賞124・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 9月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:55の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年9月29日 (水) 23時39分

» ★「十三人の刺客」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
三池崇史監督の時代劇は「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」以来かな。 これ好きだったので、今回も期待してました。 [続きを読む]

受信: 2010年9月30日 (木) 01時50分

» 三池崇史監督「十三人の刺客」(★★★★) [詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)]
監督 三池崇史 出演 役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、松方弘樹、松本幸四郎、稲垣吾郎、市村正親  この映画がおもしろいのは、ストーリーがわかっていること。観客に、ではなく、登場人物に、わかっていること。  役所広司をはじめとする13人は稲垣吾郎を殺すことで彼らのストーリーが完結することを知っている。完結させるために集まった。一方、市村正親の方は13人がもくろんでいるストーリーを知っていて、それをどう突き破るかを考える。稲垣吾郎を殺させない、というのが市村正親のストーリーであり、そのストーリーを役所... [続きを読む]

受信: 2010年10月 1日 (金) 01時12分

» 「十三人の刺客」 (2010) [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2010年日本映画監督:三池崇史原作:池上金男脚本:天願大介 1963年に東映で作られた、池上金男(後の小説家・池宮彰一郎)脚本、工藤栄一監督による集団抗争時代劇の傑作を、役所広司主演、三池崇史監督で... [続きを読む]

受信: 2010年10月 1日 (金) 03時04分

» 十三人の刺客 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
池宮彰一郎によって書かれた脚本「十三人の刺客」。その傑作が47年の時を経て再構築され、圧倒的なスケールとリアリティを追及したアクションエンターテインメントに仕上がった。共同プロデュースするのは、『おくりびと』など数々の作品を手がけた中沢敏明と、『戦場のメリ....... [続きを読む]

受信: 2010年10月 1日 (金) 14時36分

» 映画「十三人の刺客」 [itchy1976の日記]
「十三人の刺客(2010)」(映画.com) 「十三人の刺客(2010)」オフィシャルサイト 十三人の刺客@ぴあ映画生活 十三人の刺客 - goo 映画 ○作品情報(映画.com) 監督:三池崇史 製作総指揮:ジェレミー・トーマス、中沢敏明、平城隆司 原作:池上金男(池宮彰一郎) 脚本:天願大介 音楽:遠藤浩二 撮影:北信康 製作国:2010年日本映画 上映時間:141分 映倫区分:PG12 配給:東宝 キャスト:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、六角精児、石垣佑磨、高岡蒼甫、波... [続きを読む]

受信: 2010年10月 1日 (金) 20時41分

» 『十三人の刺客』(2010年・三池崇史監督版) [ラムの大通り]
「実はこの映画、 もう少し経ってからじっくりと喋りたかったんだけど、 今日のうちに話すことこそ意味があると思って…」 ----ん、どういうこと? 今日は、確か広島に原爆が落とされた日。 「そう。そこなんだ。 これは全くの偶然なんだけど、 そんな日にこの映画を観てしまった。 映画の冒頭、あるテロップが出る。 それは『広島、長崎に原爆が落とされる100年前…』といった内容」 ----へぇ〜っ。太平洋戦争終結ではなく、 なぜ原爆ニャんだろう? 「ぼくが思うに、この映画で監督の三池崇史は、 自らが深作欣二... [続きを読む]

受信: 2010年10月 1日 (金) 23時25分

» 十三人の刺客 [やっぱり邦画好き…]
原作:池宮彰一郎「十三人の刺客」? 幕末に命を燃やした男たちのイキザマを、三池崇史監督が圧倒的なスケールとリアリティを追求した本格時代劇エンターテインメント大作「十三人の刺客」が、この秋、スクリーンに放たれます。島田新左衛門役には役所広司、将軍の弟・松平斉韶には稲垣吾郎、新左衛門のかつての同門・鬼頭半兵衛に市村正親、他にも山田孝之、伊勢谷友介、伊原剛志、そして、松方弘樹、松本幸四郎など豪華キャストが集結...... [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 00時19分

» 十三人の刺客 [ぷち てんてん]
先日日曜日、見てきたよ。☆十三人の刺客☆(2010)三池崇史監督役所広司島田新左衛門(御目付七百五十石)山田孝之島田新六郎(新左衛門の甥)伊勢谷友介木賀小弥太(山の民)沢村... [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 09時04分

» 十三人の刺客 (試写会) [風に吹かれて]
どこまで丈夫なの伊勢谷友介公式サイト http://13assassins.jp9月25日公開1963年の工藤栄一監督作のリメイク監督: 三池崇史江戸時代末期、明石藩江戸家老、間宮図書(内野聖陽)が、 [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 14時11分

» 十三人目の刺客?もとい『十三人の刺客』 [はなこのアンテナ@無知の知]
[画像] ベネツィア国際映画祭でも好評だった(上映終了後、7分間に及ぶスタンディングオベーションだったらしい)と言う三池崇史監督、役所広司主演の『十三人の刺客』を見て来た。今から47年前の1963年に公開された『十三人の刺客』(工藤栄一監督、片岡千恵蔵主演)のリメイクらしい。本作は、暴君の名を欲しいままにする、将軍の腹違いの弟で明石藩主の松平斉韶を、密かに集められた十二人プラス一人の刺客が暗殺を企てる、と言う物語である。  私は過去の古い映画(特に邦画の時代劇)には疎いので、殆ど予備知識なしに本作... [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 16時46分

» 「十三人の刺客」みた。 [たいむのひとりごと]
いきなり”ハラキリ”シーンで始まるこの映画。しかも介錯が居ないものだから痛いわ長いわ辛いわ[E:bearing]  斬って斬って斬りまくる作品だとは承知していたが、冒頭の数分間は下っ腹に力を入れつつ堪... [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 19時08分

» 十三人の刺客 [Diarydiary! ]
《十三人の刺客》 2010年 日本映画 江戸時代の末期、将軍の実弟で明石藩主の松 [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 21時45分

» 十三人の刺客 リアルチャンバラに圧倒された! [ぱるぷんて海の家]
いやあぁ 面白かった! 久しぶりにチャンバラらしいチャンバラを見た気分です。 それも 昔懐かしい様式美のチャンバラでなく 云ってみれば リアルチャンバラ 落合宿でのラスト50分の死闘 まさしく死闘と云うに相応しい。 実に見応えありました。 若い頃....... [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 22時42分

» 『十三人の刺客』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
13人VS 300人という数の差はちゃんとあって、斬っても斬っても次から次に敵が出て来るし、斬り合いがいちいち長い。とにかく長い。時代劇はド派手な大立ち回りがなくっちゃという方、「あー、こんな時代劇が見たかった!」 ということ間違いなし。チャンバラ世界にタイムス…... [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 02時15分

» ★ 『十三人の刺客』 [映画の感想文日記]
2010年。「十三人の刺客」製作委員会。   三池崇史監督。  1963年の工藤栄一監督版のオリジナルの『十三人の刺客』は見たことがない。集団時代劇の最高傑作とも称される作品だけに、見ていたら... [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 07時33分

» 十三人の刺客 [HAPPY LIFE]
GTF トーキョーシネマショー2010 十三人の刺客  命を、燃やせ。 2010.9.4 SAT 東商ホール ☆2010年9月25日公開 【監督】三池崇史 【原作】池宮彰一郎 【脚本】天願大介 【音楽】遠藤浩二 【CAST】 役所広司 山田孝之 伊勢谷友介 沢村一樹 古田新太 高岡蒼甫  六角精児 波岡一喜 近藤公園 石垣佑磨 窪田正孝 伊原剛志 松方弘樹  吹石一恵 谷村美月 斎藤工 阿部進之介 内野聖陽 光石研 岸辺一徳 平... [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 15時58分

» 『13人の刺客』切って、切って、切っ・・・お腹一杯 [コナのシネマ・ホリデー]
凄い!斬りも斬ったり300人超。50分にわたる壮絶な殺陣シーンは、まさに死闘。観ているこちらまで、もう少しで、息絶えそうでした。もう、お腹一杯、大満足のアクションエンターテインメント... [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 20時19分

» ★十三人の刺客(2010)★ [CinemaCollection]
命を、燃やせ。上映時間141分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2010/09/25ジャンル時代劇/アクション/サスペンス映倫PG12【解説】63年の傑作時代劇を「クローズZERO」「ヤ... [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 23時04分

» 『十三人の刺客』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・台詞、内容に触れています。1963年に公開された工藤栄一監督『十三人の刺客』を『オーディション』『中国の鳥人』『ゼブラーマン』『妖怪大戦争』『クローズZERO』『神様のパズル』など(本当に多数、撮... [続きを読む]

受信: 2010年10月 4日 (月) 12時20分

» 十三人の刺客 [象のロケット]
江戸時代末期。 将軍の弟で、翌年には老中への就任が決定している明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)は、残虐な性質で不条理な殺戮を繰り返していた。 幕府老中・土井は斉韶暗殺を決断し、御目付役・島田新左衛門に密命を下す。 新左衛門は刺客を集め準備を進めるが、明石藩御用人で、かつて新左衛門と剣の同門であった鬼頭半兵衛は計画を察知していた…。 時代劇。... [続きを読む]

受信: 2010年10月 4日 (月) 18時41分

» 十三人の刺客【試写会&舞台挨拶】 [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:十三人の刺客 制作:2010年・日本 監督:三池崇史 出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、六角精児、波岡一喜、石垣佑磨、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、吹石一恵、岸部一徳、松本幸四郎、稲垣吾郎、市村正親 あらすじ:幕府の権力をわが物にするため、罪なき民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君・松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田新左衛門(役所広司)の下に13人の刺客が集結する。斉韶のもとには新左衛門のかつての同門・鬼頭半兵衛(市村正親)ら総勢3... [続きを読む]

受信: 2010年10月 5日 (火) 00時41分

» 「十三人の刺客」(試写会) [ドゥル的映画鑑賞ダイアリー]
お勧め度:★★★★★ 製作年 : 2010年 製作国 : 日本 配給 : 東宝 上映時間 : 141分 監督 : 三池崇史 出演 : 役所広司 、 山田孝之 、 伊勢谷友介 、 沢村一樹 、 古田新太 、 高岡蒼甫 、 六角精児 、 波岡一喜 、 近藤公園 、 石垣佑磨 、 窪田正孝 、 伊原剛志 、 松方弘樹 、 松本幸四郎 、 稲垣吾郎 、 市村正親 あらすじ 島田新左衛門の下に集められた13人の刺客は天下万民のため、将軍の弟・松平斉韶に一世一代の戦いを挑む。生来の残虐な性質で罪なき民衆... [続きを読む]

受信: 2010年10月 6日 (水) 02時02分

» 【十三人の刺客】 [日々のつぶやき]
監督:三池崇史 出演:役所宏司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、波岡一喜、石垣佑磨、稲垣吾郎、   松本幸四郎、市村正親、三石研     命を、燃やせ。 「江戸時代末期、老中就任が決まっている明石藩主松平成韶、将軍の異母兄弟であま... [続きを読む]

受信: 2010年10月 6日 (水) 11時37分

» 十三人の刺客 (2010) [青いblog]
あらすじ '63年に公開された工藤栄一監督による時代劇映画『十三人の刺客』を、三 [続きを読む]

受信: 2010年10月 7日 (木) 13時02分

» 十三人の刺客 [to Heart]
命を、燃やせ。 製作年度 2010年 上映時間 141分 原作 池宮彰一郎 脚本 天願大介 監督 三池崇史 出演 役所広司/山田孝之/伊勢谷友介/沢村一樹/古田新太/六角精児/石垣佑磨/... [続きを読む]

受信: 2010年10月 7日 (木) 21時20分

» 十三人の刺客 [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>>幕府の権力をわが物にするため、罪なき民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君・松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田... [続きを読む]

受信: 2010年10月 9日 (土) 00時12分

» 映画「十三人の刺客」の試写会に行ってきちゃいました♪ [モコモコ雲を探しに♪]
映画「十三人の刺客 」 の試写会に行ってきちゃいました♪ 【題名】      「十三人の刺客」 【出演者】 島田新左衛門:役所広司、島田新六郎:山田孝之、木賀小弥太:伊勢谷友介、倉永左平太:松方弘樹、三橋軍次郎:沢村一樹、平山九十郎:伊原剛志、佐原平蔵:古田新太、日置八十吉:高岡蒼甫、大竹茂助:六角精児、石塚利平:波岡一喜、樋口源内:石垣佑磨、堀井弥八:近藤公園、小倉庄次郎:窪田正孝、吹石一恵、谷村美月、岸部一徳、平幹二朗、松本幸四郎[9代目]、稲垣吾郎、市村正親 【監督】三池..... [続きを読む]

受信: 2010年10月 9日 (土) 09時45分

» 十三人の刺客 [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  たった13人で300人に立ち向かう。一人当り23人倒さなければならない勘定だ。そして結局は、ラスト50分の大バトルで、これを成し遂げてしまうのだからもの凄い。 そもそもなぜこんな事になってしまったのか。将軍の弟と言われる明石藩主・松平斉韶の、狂... [続きを読む]

受信: 2010年10月 9日 (土) 10時40分

» 『十三人の刺客』 [唐揚げ大好き!]
  暴政の限りを尽くす、 将軍の弟を暗殺せよ。   ■島田新左エ門(役所広司)の下に集められた13人の刺客は天下万民のため、将軍の弟・松平斉韶(稲垣吾郎)に一世一代の戦いを挑む。生来の残虐な性質で罪なき民衆に不条理な殺戮を繰り返し、幕府の権力を我が物にし... [続きを読む]

受信: 2010年10月10日 (日) 06時26分

» 『十三人の刺客』 (2010) [よーじっくのここちいい空間]
痛快さの理由は、稲垣吾郎演じる暴君・松平斉韶が、限りなく非情でクールだったこと。あそこまで徹底して悪人だと、憎いという感情より、アッパレって思っちゃうんだよね。 [続きを読む]

受信: 2010年10月10日 (日) 17時26分

» 映画:「十三人の刺客」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成22年10月11日(月)。 映画:「十三人の刺客」感想。 【監  督】三池崇史 【原  作】池宮彰一郎 【脚  本】天願大介 【音  楽】遠藤浩二 【キャスト】役所広司・山田孝之・伊勢谷友介・沢村一樹・古田新太・高岡蒼甫・六角精児      …... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 13時51分

» 『十三人の刺客』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「十三人の刺客」□監督 三池崇史 □脚本 天願大介□原作 池宮彰一郎 □キャスト 役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、      六角精児、波岡一喜、石垣佑磨、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、      松方弘樹、吹石一恵、谷村美月、斎藤工、阿部進之介、内野聖陽、      光石研、岸部一徳、平幹二朗、松本幸四郎、稲垣吾郎、市村正親■鑑賞日 10月3日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感... [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 12時29分

» 「十三人の刺客」斬って、斬って、斬りまくれ~! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[十三人の刺客] ブログ村キーワード  三池崇史 監督が、真面目に遊ばず(?)に撮った時代劇エンタテインメント大作。1963年に製作された、工藤栄一 監督作のリメイク。「十三人の刺客」(東宝)。迫力満点!ちょこちょこユーモアもありますが、エグいシーンもテンコ盛り。三池さんの趣味、テイストもテンコ盛り!  江戸時代末期。明石藩家老・間宮図書(内野聖陽)が、老中・土井大炊頭(平 幹二朗)の屋敷の門前で切腹。間宮は、藩主・松平斉韶(稲垣吾郎)の暴君ぶりに抗議しての切腹だった。将軍・家慶の異母弟... [続きを読む]

受信: 2010年10月13日 (水) 13時43分

» 十三人の刺客 [だらだら無気力ブログ]
1963年に公開された工藤栄一監督の傑作時代劇『十三人の刺客』を『ヤッタ ーマン』の三池崇史監督がリメイクしたエンターテインメント時代劇。 将軍の弟ということでやりたい放題の凶悪な暴君を暗殺するために、集めら れた13人の刺客達が、暴君を守る300人以上の藩士を…... [続きを読む]

受信: 2010年10月16日 (土) 00時30分

» 映画『十三人の刺客』試写会にて鑑賞。 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
9月14日、芸術創造センターにて  一足早く試写をみせていただきました。  山田孝之くん勝手にサポーター[E:heart [続きを読む]

受信: 2010年10月17日 (日) 23時12分

» 十三人の刺客 ①~Get busy living or get busy dying~ [Piattの私的映画生活]
                          63年の傑作時代劇を「クローズZERO」「ヤッターマン」の三池崇史監督が豪華キャストでリメイクした     時代劇エンタテインメント大作。権力を笠に言語道断の蛮行を繰り返す将軍の弟を暗殺すべく集められた   ... [続きを読む]

受信: 2010年10月18日 (月) 00時44分

» 十三人の刺客 [映画的・絵画的・音楽的]
 ヴェネチュア国際映画祭では評判が高かったと聞こえてきたこともあり、『十三人の刺客』を有楽町のTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1) [続きを読む]

受信: 2010年10月30日 (土) 09時16分

» 十三人の刺客/役所広司、山田孝之、伊勢谷友介 [カノンな日々]
いま現在、日本でアクション映画を作らせたらおそらくこの監督がナンバーワンの三池崇史監督による時代劇エンターテインメント作品です。最初に劇場予告編を目にした時点でかなり面白そうだなぁと思ったのですが、なんでも1963年に公開された名作といわれる時代劇映画のリメ....... [続きを読む]

受信: 2010年10月30日 (土) 18時32分

» 十三人の刺客 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
1963年に公開された工藤栄一監督による時代劇映画「十三人の刺客」を三池崇史監督がリメイクした作品。オリジナルは未見です。 弘化元年。明石藩主、松平斉韶の暴君ぶりは、江戸幕府中枢にも届きますが、斉韶は将軍の弟でもあり、幕臣たちは彼に何らかの処分を加えることができ... [続きを読む]

受信: 2010年11月 7日 (日) 09時47分

» 映画 「十三人の刺客」 [ようこそMr.G]
映画 「十三人の刺客」 [続きを読む]

受信: 2010年11月 7日 (日) 11時49分

» 『十三人の刺客』 [・*・ etoile ・*・]
'10.09.15 『十三人の刺客』(試写会)@よみうりホール rose_chocolatさんからのお誘い。いつもありがとうございます! 気になって自分でも応募しようかと思っていた作品。よろこんで行ってきた♪ *ネタバレありです 「江戸末期、将軍の腹違いの弟で明石藩主松平斉韶は、権力にモノを言わせ、残虐な行為をくり返していた。将軍は彼を野放しにしているだけではなく、来年には老中にするという。これを憂慮した老中 土井大炊頭利次は、密かに御目付役 島田新左衛門に、斉韶暗殺の命を下す…」という話で、... [続きを読む]

受信: 2010年11月15日 (月) 00時28分

» 十三人の刺客 [ルナのシネマ缶]
オリジナルは観たことは ないのですが、 結構ハードボイルドな 時代劇でした。 前半のゴローちゃんの悪行の グロさには、ちょっと 引いてしまいましたが 後半のバトルはなかなか 見応えがありました。 将軍の腹違いの弟という立場に甘んじ、悪行の限りを尽くす明石藩主・ 松平斉韶(稲垣吾郎)。 幕府の老中は、この暴君が国の要職に就く前にひそかに闇に葬るよう、 御目付役・島田新左衛門(役所広司)に密命を下す。 新左衛門は、信頼が置けて腕の立つ13人刺客を集め、 斉韶が参勤交代で江... [続きを読む]

受信: 2010年11月22日 (月) 23時36分

» 「十三人の刺客」 [It's a wonderful cinema]
 2010年/日本  監督/三池 崇史  出演/役所 広司     山田 孝之     松方 弘樹  1963年の同名作を三池崇史がリメイクした作品。壮絶な殺陣シーンが見ものです。ちなみにオリジナルは未見。  弘化元年。明石藩主・松平斉韶は将軍の弟なのをいいことに、暴君の限りを尽くしていた。あまりの残虐ぶりに土井家は斉韶暗殺を決断。目付役島田新左衛門に白羽の矢を立てる。新左衛門は刺客集めを始める。一方、新左衛門の旧友で、斉韶の家臣鬼頭半兵衛は不穏な動きを察知する・・・というストー... [続きを読む]

受信: 2010年11月24日 (水) 01時45分

» 10-262「十三人の刺客」(日本) [CINECHANが観た映画について]
万民のため   江戸時代末期。将軍・家慶の弟で明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)の暴君ぶりは目に余った。斉韶は近く、老中への就任も決まっている男。幕府の存亡に危機感を募らせる老中・土井利位は、かねてより良く知る御目付・島田新左衛門に斉韶暗殺の密命を下す。  さっそく、甥の新六郎をはじめ十一人の腕に覚えある男たちを集めた新左衛門は、後に加わる山の民・木賀小弥太を含む総勢十三人の暗殺部隊を組織、入念な計画を練り上げていく。  しかし、斉韶の腹心・鬼頭半兵衛もまたその動きを抜け目なく察知し、大...... [続きを読む]

受信: 2010年11月28日 (日) 00時11分

» 映画レビュー「十三人の刺客」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
十三人の刺客 オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆集団抗争劇の傑作をアクション大作としてリメーク。熾烈なバトルは侍の大義も忠義も蹴散らしていく。 【70点】 島 ... [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 23時19分

» 『十三人の刺客』 [つれづれなるままに]
HTB映画試写会 『十三人の刺客』に行ってきました。 なんと、サプライズゲストで [続きを読む]

受信: 2011年1月 4日 (火) 20時39分

» 十三人の刺客 [シネマDVD・映画情報館]
十三人の刺客 将軍の腹違いの弟という立場に甘んじ、悪行の限りを尽くす明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)。幕府の老中は、この暴君が国の要職に就く前にひそかに闇に葬るよう、御目付役・島田新左衛門に密命を下す。斉韶の凶行の数々を知った新左衛門は、命がけで......... [続きを読む]

受信: 2011年3月 3日 (木) 14時39分

» 十三人の刺客 [いやいやえん]
密命を受けた御目付たちが参勤交代の大名行列を襲うというシンプルなストーリー性が、この作品を面白くしていますね。脚本がお上手です。これ、リメイクなんですね。オリジナルも観たくなりました。 稲垣吾郎さん演じる松平斉韶は、いわゆる悪役なのですがこれが意外とはまっていた…極悪ぶりで怪演していたと思います、印象に残るキャラクターです。非道ぶりは冒頭でとくと語られます…。 スピード感や緊迫感もあり、また渋い役者さんを起用していることもあって引き締まり、緩急に富んだ作品になっていました。 主人公らは... [続きを読む]

受信: 2011年5月13日 (金) 18時49分

» 十三人の刺客 [銀幕大帝α]
10年/日本/141分/時代劇アクション/PG12/劇場公開 監督:三池崇史 原作:池宮彰一郎「十三人の刺客」 出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、六角精児、伊原剛志、松方弘樹、吹石一恵、谷村美月、斎藤工、神楽坂恵、岸部一徳、松本幸四郎...... [続きを読む]

受信: 2011年5月13日 (金) 21時40分

» 『十三人の刺客』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 十三人の刺客 』 (2010) 監  督 :三池崇史キャスト :役所広司、市村正親、山田孝之、沢村一樹、吹石一恵、高岡蒼甫、松方弘樹、松本幸四郎、稲垣吾郎、古田新太 1963年に公開された工藤栄一...... [続きを読む]

受信: 2011年5月20日 (金) 02時31分

» 十三人の刺客(三池崇史監督) [映画、言いたい放題!]
予告編、面白そうだったんですよね。 弘化元年3月。 明石藩江戸家老間宮図書が、 明石藩主・松平斉韶の暴虐ぶりをしたためた訴状と共に 老中・土井邸の門前で切腹自害。 将軍・家慶の弟である斉韶は、 明年には老中への就任が決まっていた。 土井は斉韶暗殺を決断、御目... [続きを読む]

受信: 2011年6月 6日 (月) 14時04分

» 十三人の刺客 [映画と本の『たんぽぽ館』]
太平の世で行き場をなくした男たち            * * * * * * * * 片岡知恵蔵主演工藤英一監督による同作品のリメイク。 まあ、そちらは見たことはありませんが、 三池崇史監督により、見事に迫力ある現代の時代劇となっています。 江戸時...... [続きを読む]

受信: 2011年7月20日 (水) 20時11分

» 十三人の刺客 [さむこの部屋]
三池崇史監督が約半世紀の時を経てリメイク。 江戸幕府史上最悪の暴君を暗殺するため、13人の刺客たちが命を懸けた一世一代の戦いを挑む。 役所広司、稲垣吾郎、山田孝之、伊勢谷 ... [続きを読む]

受信: 2011年7月26日 (火) 21時56分

» 十三人の刺客 [C note]
地元での上映はほぼ終わってしまい諦めていたところ、所用で訪れた広島県呉市の映画館 [続きを読む]

受信: 2011年7月27日 (水) 15時25分

» ■映画『十三人の刺客』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
いやいや、これはすごい…。まさに“手に汗握る”衝撃作でした。 前半は“いかにも時代劇”なカット割りやカメラワークで静かに物語を説明していき、後半は怒涛の大アクション・ムービーに変身するこの映画『十三人の刺客』。 堪能させていただきました。 ここのところの時... [続きを読む]

受信: 2011年8月 8日 (月) 04時50分

» 『十三人の刺客』 [R.LiFE]
いまさらながらですけど『十三人の刺客』を観ました。 この映画、良くも悪くも松平左兵衛督斉韶を演じた稲垣吾郎の怪演ぶりが際立って、それでこそ成立する面白さが随所にあった。個人的には、ちょっとラスト50分が長いなぁと思ったものの、松方弘樹の殺陣のうまさに痺れまくったので満足でした! では、あらすじを。 将軍の腹違いの弟という立場に甘んじ、悪行の限りを尽くす明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)。幕府の老中は、この暴君が国の要職に就く前にひそかに闇に葬るよう、御目付役・島田新左衛門に密命を下す。斉韶の凶行の数々を... [続きを読む]

受信: 2011年9月 9日 (金) 07時09分

» 三池崇史監督 「十三人の刺客」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。]
工藤栄一監督が1968年に撮った名作「十三人の刺客」を、「ヤッターマン」や「クローズ・ZERO」そして「忍たま乱太郎」等を撮った三池崇史監督がリメイクした2010年の作品 SMAPの稲垣吾郎が残虐な殿さま役だった事で話題に DVDで観ました。 http://1...... [続きを読む]

受信: 2011年9月10日 (土) 11時36分

» 十三人の刺客 (2010) 141分 [極私的映画論+α]
 PG12? うそやん・・……(-。-) ボソッ [続きを読む]

受信: 2011年11月 9日 (水) 22時01分

» 命を、燃やせ。「十三人の刺客」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
[続きを読む]

受信: 2011年11月23日 (水) 15時11分

» 『十三人の刺客』'10・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ暴君・松平斉韶を暗殺するため、島田新左衛門の下に13人の刺客が集結する・・・。感想片岡千恵蔵、嵐寛寿郎、里見浩太朗、西村晃山城新伍、丹波哲郎が出演した工藤栄一監... [続きを読む]

受信: 2011年12月14日 (水) 21時47分

» 『十三人の刺客』'10・日 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじ暴君・松平斉韶を暗殺するため、島田新左衛門の下に13人の刺客が集結する・ [続きを読む]

受信: 2011年12月14日 (水) 21時48分

» 十三人の刺客(感想212作品目) [別館ヒガシ日記]
十三人の刺客はケーブルTVで鑑賞したけど 結論は最後の宿場町&稲垣吾郎は良かった [続きを読む]

受信: 2012年1月22日 (日) 13時24分

» 別館の予備(感想212作目 十三人の刺客) [スポーツ瓦版]
1月22日 十三人の刺客(感想212作目) 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11141788705/7980161b 宇宙戦艦ヤマト ... [続きを読む]

受信: 2012年1月22日 (日) 13時24分

» 映画「十三人の刺客」 [<花>の本と映画の感想]
十三人の刺客 監督 三池崇史 出演 役所広司, 山田孝之, 伊勢谷友介, 伊原剛志, 松方弘樹 稲垣吾郎 十三人の刺客 通常版 [DVD]/役所広司,山田孝之,伊勢谷友介 ¥3,990 Amazon.co.jp 『クローズZERO』の三池崇史監督... [続きを読む]

受信: 2012年3月25日 (日) 21時54分

» 十三人の刺客 [B-scale fans log]
2010年 三池崇史監督     出演 役所広司、山田孝之、伊勢谷友介 他 『明石藩主・・松平斉韶は民を苦しめる暴君であったが、  将軍の弟であるために幕府の力でも、  罰することが出来なかった。  その為、参勤交代の途中で襲撃することに・・・』 新評価 2....... [続きを読む]

受信: 2013年8月18日 (日) 16時18分

» 映画「13人の刺客」のDVDを見ました(お盆には帰ります)  [翼のインサイト競馬予想]
映画「13人の刺客」のDVDを見たので、レビュー記事を書いてみたいと思います。 [続きを読む]

受信: 2013年11月11日 (月) 16時02分

« 「TSUNAMI-ツナミ-」 一瞬の決断に生き様が集約される | トップページ | 本 「失われた町」 »