« 「カラフル」 人の心は黒いも白いも全部含めてカラフル | トップページ | 「仮面ライダーW」 いつまでも「二人で一人の仮面ライダー」 »

2010年8月29日 (日)

「ルー=ガルー」 京極ファンとしては食い足りない

京極夏彦さんの小説「ルー=ガルー 忌避すべき狼」の映画化です。
この日は奇しくも「カラフル」に続き、小説のアニメ映画化作品を観賞ということになりました。
「ルー=ガルー」は京極さんの作品としては珍しく、未来を舞台にしています。
今回パンフレットを読んで知ったのですが、この未来設定は公募によるものなのですね。
なるほど・・・。
とはいえ、小説は虚実の境目が曖昧になるような雰囲気が他の作品と共通していて、ある種の不安定感というか不確実感みたいなものを持っていて京極さんらしいなと思った記憶があります。

さて、その映画化作品である本作ですが、京極さんの作品の持つ虚実が曖昧になる不安感みたいなものはかなりオミットされているように感じました。
悪く言うと、近未来の管理社会に対する反抗というよくあるパターンの物語になってしまったような感じがします。
もともとはバーチャルによるコミュニケーションによって人との関わりが希薄化した近未来における実体と虚像の曖昧さみたいなものを描いていたように記憶しているのですが、そのあたりは省かれているように感じました。
京極さんらしさはなくなりよくあるアニメになってしまっているというのが、観終わったあとの感想です。
キャラクターデザインもシンプルな分、そもそも実在する存在である葉月、歩未などのキャラクターも、どうもアニメキャラ感が強すぎてそれこそバーチャルな存在のようにも見えてしまいました。
「カラフル」を観たあとだったから、余計にそう感じたのかもしれませんが。
個人的にはこの物語であったら、キャラクターデザインはもう少しリアル系でもよかったのかもしれないと思いました。
ま、マーケティング的には、いわゆるアニメファンを狙っているように思われるので、いたしかたないのかもしれません。
もしくは「けいおん!」を意識しすぎたか・・・。

京極ファンとしてはやや食い足りないという印象でした。

京極夏彦さんによる原作「ルー=ガルー 忌避すべき狼」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「カラフル」 人の心は黒いも白いも全部含めてカラフル | トップページ | 「仮面ライダーW」 いつまでも「二人で一人の仮面ライダー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/49281466

この記事へのトラックバック一覧です: 「ルー=ガルー」 京極ファンとしては食い足りない:

» 「ルー=ガルー」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 京極夏彦原作「ルー=ガルー 忌避すべき狼」を、「BLOOD+」の藤咲淳一監督、プロダクションI.G制作でアニメ映画化。 原作は未読。とはいえ、「攻殻機動隊」「ホッタラ... [続きを読む]

受信: 2010年8月31日 (火) 20時50分

» ルー=ガルー [だらだら無気力ブログ]
人気作家・京極夏彦の同名小説『ルー=ガルー 忌避すべき狼』を プロダクションI.Gが映像化。 モニタによる管理が徹底された近未来で、少女だけを狙った連続殺人事件が 起き、同級生がその事件に巻き込まれたことから、4人の少女達が事件に 立ち向かいつつ監視社会に反…... [続きを読む]

受信: 2010年9月 1日 (水) 00時08分

» ルー=ガルー [LOVE Cinemas 調布]
『魍魎の匣』の原作で、人気作家・京極夏彦の「ルー=ガルー 忌避すべき狼」をアニメ映画化。国家の完全モニタ下におけるヴァーチャルなコミュニケーションが確立した近未来を舞台にしたSFサスペンス。4人の少女たちがとある事件をきっかけに監視社会を打破する様子を描く。『テイルズ オブ ヴェスペリア ~ The First Strike ~』のプロダクション I.Gが制作。監督は「BLOOD+」の藤咲淳一。... [続きを読む]

受信: 2010年9月 4日 (土) 02時45分

» 10-243「ルー=ガルー」(日本) [CINECHANが観た映画について]
かつて狼というケダモノありき  近未来の日本。生徒たちはモニタで厳重に監視され、安全を守られていた。学校は廃止され、生徒たちは家庭のモニタで学習を行い、週に1度だけ、“リアルコミュニケーション”研修のためにセンターに通う。そして必要があれば、カウンセラーのカウンセリングも受けられた。  引っ込み思案な14歳の少女・葉月と、同じクラスに転入してきた少々変わり者の歩未。14~15歳の少女ばかりを狙った連続殺人事件が起きる中、失踪したクラスメイトの行方を追う2人は、天才少女の美緒と彼女の幼な...... [続きを読む]

受信: 2010年11月 1日 (月) 00時58分

« 「カラフル」 人の心は黒いも白いも全部含めてカラフル | トップページ | 「仮面ライダーW」 いつまでも「二人で一人の仮面ライダー」 »