« 本 「<中東>の考え方」 | トップページ | 「ちょんまげぷりん」 現代に生きるにはエネルギーがいる »

2010年7月31日 (土)

「ジェニファーズ・ボディ」 肉食系女子。

肉食系女子。
たぶん多くの映画ブロガーさんが同じようなタイトルをつけると思いますが、やはりこの作品はこういうタイトルにしたくなるでしょう。
というか、ほんと食ってるし。

作品としてはとりたててすごいというというところはないのですが(ミーガン・フォックスとアマンダ・セイフライドの○○シーンはちょっとドキドキしたけど)、こういう作品が作られる時代性みたいなものを考えてみたいと思います。
脚本家は「JUNO/ジュノ」(残念ながら未見)でアカデミー脚本賞を受賞したディアブロ・コディ。
現代のティーンを女性の視線でうまくとらえたことが評価されましたが、本作も題材は違えど同じようなスタンスと言えましょう。
以前はホラー映画やサスペンス映画といったら、襲いかかるワルモノは必ず男だし、彼らと戦うヒーローも当然男性。
そしてそのヒーローに守られるのはかよわく美しい女性、というのが典型でした。
その後ジェームズ・キャメロンやリュック・ベッソンの作品あたりから、「戦う女性」が主役になることも出てきました。
それでも彼女たちが戦う敵は、基本的には男性的な存在のもの(ターミネーターなど)であったと思います。
しかし本作「ジェニファーズ・ボディ」においては、敵となる存在も女性であり、それと戦う存在も女性。
その構図にはまったく男性は存在しておらず、男性の役割は補食されるもの、もしくは守られるべきものという役割になっています。
本作においては、いままでの作品にあるような男性が守り女性が守られるという構図が、まったく逆転しているのです。
というより男性が介在しなくても物語は成立してしまったりするのです。
ここにおいてずいぶん前は映画では女優は綺麗な華以上の役割はないというようなことを言われていたのと、まったく逆の現象が起きているわけです。
ミーガン・フォックス自身が「トランスフォーマー」でバイクに横たわるセクシーポーズをとることがイヤだったと言って物議をかもしましたが、そういう点においては彼女の意趣返しになっているかもしれません。
まさに「男女逆転」(ああ、そういう意味で今度公開される「大奥」にも通じるものがあるのかも)。
全世界的に男性が弱くなり、女性が強くなるという傾向が顕著になってきているのかもしれないですね。

変わりつつある時代性を反映した作品であるなと思いつつも、変わらないところもあるのかなと思いながら観ていたところもありました。
それはジェニファーとニーディの関係。
二人は親友でありながらも、相手のことを妬んだり、快く思っていないところがある関係。
男だと嫌いな奴、気に入らない奴とは基本的に友人としてつきあわないもの(上下関係とか、仕事関係は別よ。我慢してつき合うわけです)なのですけど、このあたりの女性ならではの関係というのは普遍的なものだったりするのかなと思いました。
このあたり男性である僕はなかなか心情がわからないのですが、けっこう女性間ではドロドロっとした心情があるというのを聞いたりします(特に女子校などはいろいろあると聞きます)。
このあたりは以前も、今も変わらないのかな。
ここらへんは女性の方に聞いてみたいところです。

今回ニーディ役のアマンダ・セイフライドはイケてない子を演じていましたが、海外ドラマの「ヴェロニカ・マーズ」では、本作のジェニファーばりにイケイケの子を演じていました。
その子も殺されてしまいましたが。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「<中東>の考え方」 | トップページ | 「ちょんまげぷりん」 現代に生きるにはエネルギーがいる »

コメント

KLYさん、こんにちは!

作品としてはとりたてて、ここがいいっていうのもなかったですよね。
キスシーンはやはりドキドキしましたが、やっぱりそのくらい?
僕は、強い女性が描かれているのに時代性を感じるなあと思いながら観てました。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年8月 1日 (日) 06時10分

基本的に2人の女優は好きなので見入ってしまうのです。
のですが、なんだかどうも中途半端で…。
怖くもないし、グロくもないし、エロくもないしで何やらいま
いちどういう観方をして良いのやらでした。
まあ、結果としてミーガン美人やねぇ、とか胸元すご!と
か2人のキスシーンにドキドキしたりとか、要は別に役が
どうこうでなく、2人の女優を観る事に徹している自分が
いました。(笑)

投稿: KLY | 2010年7月31日 (土) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/49021684

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジェニファーズ・ボディ」 肉食系女子。:

» ジェニファーズ・ボディ [LOVE Cinemas 調布]
『JUNO/ジュノ』のオスカー脚本家ディアブロ・コディの授賞後第1作。とある田舎町を舞台に、悪魔に取り付かれた美人女子高生ジェニファーが同級生を次々と襲う。親友のニーディーは何とか彼女を止めようとするが…。ジェニファー役を『トランスフォーマー』シリーズのミーガン・フォックス、ニーディ役を『マンマ・ミーア!』のアマンダ・セイフライドが演じる。監督はカリン・クサマ。 ... [続きを読む]

受信: 2010年7月31日 (土) 23時19分

» 「ジェニファーズ・ボディ」エロエロSexyダイナマイト! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ミーガン・フォックス] ブログ村キーワード  “Sexyダイナマイト!ミーガン・フォックス主演”「ジェニファーズ・ボディ」(ショウゲート)。直訳したら『ジェニファーの身体!』エロいよ~、エロさ満開だよ~!!  アメリカの田舎町“デヴィルズ・ケトル”に住む2人の女子高生、美人でSexyなジェニファー(ミーガン・フォックス)と、内気で地味な“メガネっ子”ニーディ(アマンダ・セイフライド)は、幼馴染。ニーディはいつもわがままなジェニファーに振り回されていたが、彼氏もいてそれなりに幸せな高校生... [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 16時14分

» ジェニファーズ・ボディ [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
才人ディアブロ・コディの脚本と聞いて大いに期待したが、蓋を開けてみればトホホの出来ばえで、脱力した。とある田舎町に住む、学園一の美女ジェニファーと内気で地味なニーディは幼馴染。正反対の2人はなぜか親友だが、ニーディはジェニファーに振り回されてばかりだ。あ....... [続きを読む]

受信: 2010年8月 2日 (月) 23時54分

» ジェニファーズ・ボディ [だらだら無気力ブログ]
「JUNO/ジュノ」でアカデミー脚本賞に輝いたハリウッドの新星 ディアブロ・コディが受賞後第1作として書き上げた注目の脚本を、 「トランスフォーマー」シリーズのセクシー女優ミーガン・フォックスと 「マンマ・ミーア!」のアマンダ・セイフライド主演で映画化した..... [続きを読む]

受信: 2010年8月 7日 (土) 20時02分

» ジェニファーズ・ボディ [そーれりぽーと]
嫌われ女優ミーガン・フォックスがもっと嫌われたくて出たのか? 『ジェニファーズ・ボディ』を観てきました。 ★★★ どんだけ妖艶さをアピールしたいのか、それとも開き直ってなりふり構わず悪女を超えてクリーチャー入ってる悪魔を演じてしまったのか、ミーガン・フォックス終わりの足音が聞こえてくる「素」としか思えない芝居が炸裂。 その辺がもうツボで、個人的には楽しんでしまったw アマンダ・セイフライドの落とされっぷりも面白い。 ミーガン・フォックスを引き立たせる為か、ブサイクメイクだけに留まらずブ男とエッチ... [続きを読む]

受信: 2010年8月 9日 (月) 23時06分

» ジェニファーズ・ボディ/ミーガン・フォックス [カノンな日々]
これも予告編での印象がとても強くて気になってた作品です。『トランスフォーマー』のヒロインで脚光を浴びたミーガン・フォックス主演のサスペンス・ホラー。なんですが、予告編ではコメディ要素もみられて少女マンガ風のホラーっぽそうな感じが面白そうで観に行ってきちゃ....... [続きを読む]

受信: 2010年8月10日 (火) 21時54分

» ジェニファーズ・ボディ [5125年映画の旅]
美人で人気者のジェニファーと地味なニーディ。正反対な二人は昔からの親友同士だった。ある日二人はインディーズバンドのライブで事故に遭ってしまう。その日を境に、ジェニファーは人が変わってしまい、さらに二人の通う学校の生徒の内臓が食われるという恐ろしい殺人事件....... [続きを読む]

受信: 2010年8月11日 (水) 08時34分

» ジェニファーズ・ボディ(2009) [銅版画制作の日々]
 JENNIFER'S BODY トランスフォーマーに出演して、ブレイクしたミーガン・フォックスがアマンダ・セイフライドとダブル主演している作品。ミーガン・フォックス、セクシーな女性として注目を集めているそうですが、個人的にはあまり好感のもてる感じじゃないですね。しかし男性には良いのかもしれませんが。本作では女子高校生という役なんですが、ちょっと無理があるような気もするんですが、、、、。まああちらの高校生って、年齢より老けているから、OKなのかも。 さて本作はミーガン演じるジェニファーは学園一美... [続きを読む]

受信: 2010年8月12日 (木) 17時07分

» 映画 「ジェニファーズ・ボディ」 [ようこそMr.G]
映画 「ジェニファーズ・ボディ」 [続きを読む]

受信: 2010年8月13日 (金) 17時35分

» ジェニファーズ・ボディ☆独り言 [黒猫のうたた寝]
『トランス・フォーマー』のミーガン・フォックスと『マンマ・ミーア!』のアマンダ・セイフライド共演のホラー性格は真逆でも幼馴染で親友のジェニファーとニーディジェニファーのお気に入りのインディーズバンドが彼女たちの町にやってきたその日を境に、小さな町で殺人事... [続きを読む]

受信: 2010年8月14日 (土) 07時36分

» ジェニファーズ・ボディ [象のロケット]
アメリカ中西部デヴィルズ・ケトル。 高校生のジェニファーは誰もが羨む学校一の美女で行動的。 一方、親友のニーディは内気で地味な女の子。 ある日、2人でライブを観に出かけたバーで火災が発生し大惨事となる。 その夜を境に、静かな田舎町で若い男の子ばかりを狙う、凄惨な殺人事件が相次ぐようになった…。 セクシー・サスペンス・ホラー。 ≪彼女の美しさには秘密がある。≫... [続きを読む]

受信: 2010年8月14日 (土) 14時13分

» ジェニファーズ・ボディ [Movies 1-800]
Jennifer's Body (2009年) 監督: カリン・クサマ 出演: ミーガン・フォックス、アマンダ・セイフライド、ジョニー・シモンズ、アダム・ブロディ 悪魔に取り付かれた女子高生とその親友の対決を描く青春ホラー映画。 大物になる為にと悪魔に魂を売ったロックバンドにより生贄にされた女子高生ジェニファーは処女でなかったがばかりに悪魔の化身となり、男子高校生を襲うようになる。彼女の変化にいち早く気づいた親友ニーディは彼女の蛮行を止めようとする・・・。 「JUNO/ジュノ」でオスカー受賞のデ... [続きを読む]

受信: 2010年8月17日 (火) 00時35分

» 10-205「ジェニファーズ・ボディ」(アメリカ) [CINECHANの映画感想]
小悪魔じゃない、本物の悪魔よ  アメリカの田舎町、デヴィルズ・ケルト。この町の高校に通うジェニファーとニーディは幼なじみの大親友。モデル並みのルックスと派手好きな性格で男子を魅了する小悪魔タイプのジェニファーに対し、地味で内気な純情少女のニーディ。  そんな2人は、地元で行われたインディ・バンドのライヴ会場で火事に巻き込まれ九死に一生を得る。その直後、同じく惨事を逃れたバンドのヴォーカルに誘われたジェニファーは、ニーディの心配をよそについて行ってしまう。そしてこの日を境に、ジェニファー...... [続きを読む]

受信: 2010年9月20日 (月) 00時29分

» 【映画】ジェニファーズ・ボディ [★紅茶屋ロンド★]
<ジェニファーズ・ボディ を観ました> 原題:Jennifer's Body 製作:2009年アメリカ ←クリックしてね♪ランキング参加中 予告を観た時から、「思いきったB級映画」な雰囲気がムンムン。お色気もムンムン。 だってミーガン・フォックスですもの!「トランス・フォーマー」シリーズでヒロインを演じている彼女は、女優として、もっと演技がしたい!という事でマイケル・ベイと決裂(?)して、今後のシリーズには登場しないみたいなんだけど、美人でスタイルも良い彼女。 演技がしたい!という意欲は素晴... [続きを読む]

受信: 2010年10月25日 (月) 22時26分

» ジェニファーズ・ボディ [あーうぃ だにぇっと]
7月21日(水)@一ツ橋ホールで鑑賞。 もともとあまり観る気のなかったこの映画。 ザ・ロードをシャンテで観たとき予告編の一発目がこれだった。 ジェニファーがライターで舌をあぶるシーンが強烈に印象に残った。 ホラー傾向の作品であることも知らなかったのだ。 改めて一念発起、某サイトに応募してめでたく試写状をゲットした。... [続きを読む]

受信: 2011年1月 9日 (日) 10時39分

» 「ジェニファーズ・ボディ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
去年映画館で見逃した作品。 ミーガン・フォックスは「トランスフォーマー」シリーズのオネエチャン、 アマンダ・セイフライドは「マンマ・ミーア」でメリル・ストリープの娘役の子。... [続きを読む]

受信: 2011年1月26日 (水) 04時07分

» ジェニファーズ・ボディ (Jennifer's Body) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 カリン・クサマ 主演 ミーガン・フォックス 2009年 アメリカ映画 108分 ホラー 採点★★ 子供の喧嘩って往々にして煮詰まってくると「絶交だっ!」で幕を閉じますが、そんな喧嘩如きで絶交する事なんて滅多にないんですよねぇ。「ゴメンなぁ」もなく、いつの…... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 15時15分

» 映画「ジェニファーズ・ボディ」怖くないのが致命的、でもいくつか見どころあり [soramove]
「ジェニファーズ・ボディ」★★★wowowで鑑賞 ミーガン・フォックス、アマンダ・セイフライド出演 カリン・クサマ監督 102分、2010年7月30日より公開, 2009,アメリカ,ショウゲート (原作:原題:JENNIFER'S BODY) >→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「公開時に見逃していた作品、 てっきりサスペンス映画と思ったが 見てたらこれは... [続きを読む]

受信: 2011年8月13日 (土) 01時43分

» 『ジェニファーズ・ボディ』 ('11初鑑賞111・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆---- (10段階評価で 2) 8月14日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 09時51分

» ジェニファーズ・ボディ [いやいやえん]
ミーガン・フォックス、アマンダ・セイフライドでおくる「オカルトホラー青春サスペンス」です。 田舎町の学校一の美女ジェニファーと地味系ニーディは正反対の性格の幼馴染。親友なんだけど微妙な関係ってところがミソですね。 結局、売れないロックバンドが黒魔術でのし上がろうとした儀式で、生贄として捧げたジェニファーが処女でなかったために儀式が失敗して、 悪魔に転移されてしまうんです。いくら田舎とはいえ、どこをどうみたら処女にみえたのか疑問ですが、勢いで言った「処女」を信じちゃったのね。そして男をまさに「... [続きを読む]

受信: 2014年10月31日 (金) 19時17分

» ジェニファーズ・ボディ [rambling rose]
美人で派手好きなジェニファーと地味で内気なニーディは幼馴染の親友同士。ある日地元のライヴ会場で火事に巻き込まれた二人だったが、バンドのイケメンに誘われたジェニファーはそのまま彼らについて行ってしまい・・... [続きを読む]

受信: 2014年11月 2日 (日) 11時17分

« 本 「<中東>の考え方」 | トップページ | 「ちょんまげぷりん」 現代に生きるにはエネルギーがいる »