« 「インセプション」 ノーランのイマジネーションが溢れ出ている | トップページ | 「プレデター2」 シリーズ展開の道筋を作った »

2010年7月25日 (日)

「エアベンダー」 どうした?ナイトシャマラン!

どうした?ナイトシャマラン!

「シックスセンス」があまりに強い印象を残したために、その後なにかと「どんでん返し」ばかり期待されてしまうようになってしまったナイトシャマラン監督。
最近の作品にいろいろ意見がある人も多いとは思いますが、僕個人としてはナイトシャマラン監督の作風は嫌いじゃない。
確かに出来不出来はあるけれど、他の監督にはないこういう作風の人がいてもいいとは思っているんですよね。
そのナイトシャマラン監督の最新作は、東洋的香りの漂うファンタジー。
「どんでん返し」はありません。
目指すは東洋版「ロード・オブ・ザ・リング」なのでしょうか。

あまりに「どんでん返し」ばかりを言われるのに監督は嫌気がさしてしまったのでしょうか。
大衆受けしそうな正統派のファンタジー(味付けは東洋風だけど)も撮れるということも証明しないと、その後のオファーが厳しいと判断したのかと勘ぐりたくなります。
その試みはうまくいっているとは言いがたい。
ファンタジーというと中世ヨーロッパをベースにした世界観を持つ作品が多いですが、それらに対して東洋的な世界観を作ろうとした試みは評価できます。
ただそれを存分に描ききれていたかというとどうもそうはうまくいってない。
ナイトシャマランが作った話はもっともっと長く壮大であったのだと想像できます。
それを映画の中に無理に収めようとしたのか、どうもブツ切れ感、ダイジェスト感を感じてしまいます。
このブツ切れ感が、壮大な叙事詩となることを阻害しているような気がします。
また登場する人物についても描き込みが足りないのも、この世界へ入り込みにくくする要因であると思います。
「ロード・オブ・ザ・リング」はその世界観を迫力のある映像として表現したことだけが評価されているわけではありません。
フロドにしても、アラゴルンにしても、彼らの人生が描かれているからこそ、ファンタジーでありながらそこにリアルな感情を感じることができ、観ている僕たちがあの中ツ国に入っていくことができたわけです。
本作では、主人公のアンについては彼がアバターの役割を受け入れるかどうかの葛藤とその運命に向かい合うまでの心情はもっと深く描くべきです。
火のベンダーであるズーコ王子が父王に遠ざけられることへの不満、それでも期待に応えようとする気持ちについてももっと語らなくてはいけません(「ロード・オブ・ザ・リング」のファラミアのように)。
水のベンダーのカタラにおいては、ただの道先案内人というか、「語り」でしかありません。
物語にしても、登場人物にしても、描き込みが中途半端であったため、作品として非常に締まりのないものとなってしまいました。
一般ウケするものも撮れるということでチャレンジしたと思われる本作、ナイトシャマランはやはり自分らしさを追求した方がよいのではないかと確認する作品となってしまったと思います。

土のベンダーは出てこなかったなーと思ったら、ラストはああいう終わり方。
もしや続編を作る気、満々か?
無理じゃないかなあ・・・。
「エラゴン」や「ライラ」の二の舞になるような気がします。

最後に。
もともと本作は「アバター」というタイトルにしたかったらしいです。
でも先にあちらの「アバター」が公開されるということが判明し、タイトル変更したようです。
本作を観てみると、「そりゃ『アバター』にしたかったろうなあ・・・」と納得するわけです。
残念、ナイトシャマラン。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「インセプション」 ノーランのイマジネーションが溢れ出ている | トップページ | 「プレデター2」 シリーズ展開の道筋を作った »

コメント

maru♪さん、こんにちは!

うーん、ダメでしたねー。
というよりシャマランじゃなかったら、満足したのかもしれないですが。
シャマランのことは僕はあの独特の個性が好きなので、その方向でがんばってほしいんですよね。
だから誰でも撮れそうなこういう作品は撮ってほしくないなという感じです。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年9月10日 (金) 12時39分

あら・・・ ダメでしたか・・・
個人的には嫌いじゃなかったです。
シャマランは『ロード・オブ・ザ・リング』好きですよね多分(笑)
以前から何となくオマージュのようなものを感じていました。
今回は、原作アニメありきですが、おそらく三部作ですよね(笑)
続編については今のところ未定のようですが・・・

投稿: maru♪ | 2010年9月 7日 (火) 00時17分

ひろちゃんさん、こんばんは!

映像は迫力ありましたよね。
僕はやっぱりキャラクターの描き込みの浅さと、端折りすぎな展開がちょっといまいちだったかな。
好きなシャマラン監督なので、続編があったら行くと思いますが、そもそも続編作れるのだろうか・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年8月 7日 (土) 22時11分

はらやんさん、こんばんは♪

>また登場する人物についても描き込みが足りないのも、
この世界へ入り込みにくくする要因であると思います

私もそれは感じました(^_^;)VFXの映像やカンフーアクションはいいのに、登場人物の
心理描写が浅く感情移入できないなって思いました(^_^;)
それでも、私は意外と楽しめました・・・と言いながら欠伸も何回か出ましたが(笑)
設定や世界観などは好きなので、続編ができたら、きっと観ると思います(^^;

タイトルはアバターにしたかったですよね・・・シャマラン監督お気の毒でした(T.T)

投稿: ひろちゃん | 2010年8月 7日 (土) 00時03分

たいむさん、こんばんは!

確かにナイトシャマラン監督に対しての思い入れによって、受け入れ方が違いますよね。
僕は作風が好きな監督なので、こういう普通の作品は他の人にまかせて彼じゃなければ撮れない映画をとってほしいです。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年7月30日 (金) 20時57分

KLYさん、こんばんは!

僕はあんまりピンときませんでした。
監督のスタイル云々という前に物語を先に進めるので精一杯という感じがしました。
これはファンタジーものにはありがちなところなのですが。
世界観を説明するのにある程度の時間は必要で、登場人物が多ければその背景を説明しなくていはいけない。
物語もドライブしなくてはいけない。
けっこう難しいのですが、どうもそれができているような気がしません。
僕はシャマランしかとれない作品があるなら、やはりそれをやるべきかなと思います。
こういう作品は他の人でも撮れるような気がしますので。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年7月28日 (水) 16時49分

思い入れの違いかな?
私は楽しく観られましたが(^^)

投稿: たいむ | 2010年7月28日 (水) 16時30分

migさん、こんにちは!

僕も彼の作品は好きな方なので、他の監督とあまり変わらない作品撮ってもらってもなんか残念な感じがします。
雰囲気は東洋風で新しい感じはしたんですけれど、ストーリーは凡庸な感じがしました。
やはり2作目作りますかねえ〜?

投稿: はらやん(管理人) | 2010年7月28日 (水) 12時58分

『シックス・センス』に迫るのは流石に難しいでしょうね。
今回もまあありがちなファンタジーでしたが、コレはコレで私は中々好きです。
私もそうですが、映画ファンは監督に特別な期待を抱いている方が多いです。
しかし一般的にみたら興行収入も1億ドルは軽く突破してますからね。
そういう意味では失敗作ではないと思います。
実際に監督が何を考えているのかは解りませんが、今後どういう路線をとって
いくのかなぁ。特定のファンのためだけに撮っているわけではないというならば、
それも一つの選択なんで、私は何も言うことはないです。

投稿: KLY | 2010年7月26日 (月) 00時58分

こんばんは☆はらやんさん、ザンネンですよね〜。
シャマラン好きなので、こんなフツウの大作撮ってほしくなかったっていうのが正直なところです。

次回続編だったら観ないなぁ(笑)

投稿: mig | 2010年7月25日 (日) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/48972396

この記事へのトラックバック一覧です: 「エアベンダー」 どうした?ナイトシャマラン!:

» エアベンダー [LOVE Cinemas 調布]
『シックス・センス』、『ハプニング』のM・ナイト・シャマラン監督最新作。アメリカの人気TVアニメ「アバター 伝説の少年アン」を実写映画化したファンタジー・アドベンチャーだ。気・水・土・火という4つのエレメンツを操るアバターの少年アンの活躍を描いている。主演は大抜擢のノア・リンガー。共演に『スラムドッグ$ミリオネア』のデヴ・パテル、クリフ・カーティスらが出演している。... [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 20時40分

» エアベンダー / THE LAST AIRBENDER 2D字幕版 [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 幽霊、超人、宇宙人、怪物、妖精、植物ときて、 今度は、アバター{/eq_1/} これまでテーマにして来たものは、どれも実際には目にすることができない 不可解なものだったり、現象だったり。 そこが好きだし興味深いので、 評判がどうあれ毎年気になる、Mナイト・シャマランの新作{/m_0006/} 既に公開されている、全... [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 20時58分

» 「エアベンダー」みた。 [たいむのひとりごと]
ファンタジー作品にはすっかり食傷気味なのでまったく期待していなかったのだけど、久しぶりに素直に「面白かった」と言いたくなった作品。近頃必ずのように「シャマラン」の名ばかりが先行し、良くても悪くても厳し... [続きを読む]

受信: 2010年7月28日 (水) 16時31分

» エアベンダー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
7月半ばから8月いっぱいは多忙です記事の更新やお返事が遅れがちになりますが、どうぞ宜しくお願いします〜【story】気、水、土、火の4つの王国が均衡を保つ世界。しかし、火の王国が反乱を起こし、人々の平和が脅かされる事態に。気の王国の生き残りであり、気を操ることができる“エアベンダー”、アン(ノア・リンガー)に希望が託される。しかし、彼が世界に調和をもたらすには、気、水、土、火の4つすべてを操る“アバター”を目指さねばならず―     監督 : M・ナイト・シャマラン 『ハプニング』【comment】... [続きを読む]

受信: 2010年7月28日 (水) 18時06分

» エアベンダー [そーれりぽーと]
米国では相当評判の悪い『エアベンダー』。 3Dの質の評判も悪いので、2D版を観てきました。 ★★★ 本国で評判が悪いのは、原作を台無しにしてる点が一番の理由なのだそうで、『DRAGONBALL EVOLUTION』を経験した身からすると同情しまくり。 ご愁傷さまとしか言いようが無いんだけど、『DRAGONBALL EVOLUTION』が酷かったのは原作無視以前に単品で観てもあまりにチャチ過ぎた点もあった訳で、あれに比べたら『エアベンダー』はマシ。 というか、何も知らずに観たら見応えたっぷりのVF... [続きを読む]

受信: 2010年7月30日 (金) 23時47分

» エアベンダー [5125年映画の旅]
世界を分ける4つの大国。火の国、水の国、土の国、気の国。各国はそれぞれのエレメントを司り、そのエレメントを駆使する者をベンダーと呼んだ。ある時、火の国が反乱を起こした。それを静めるため4つのエレメントを使いこなす伝説の人物・アバターが誕生しようとしていた....... [続きを読む]

受信: 2010年7月31日 (土) 08時43分

» エアベンダー [Movies 1-800]
The Last Airbender (2010年) 監督:M・ナイト・シャマラン 出演:ノア・リンガー、デヴ・パテル、ニコラ・ペルツ、ジャクソン・ラスボーン 全米で人気のTVアニメの実写映画化で、気・水・土・火の4つのエレメントを自在に操る者“アバター”の承継者である少年アンの成長を描くファンタジー。 物語が始まるまでの背景が不明なので、何故、火の国の横暴を他の3国は傍観しているだけなのかよくわからず、それ故、主人公アンの存在が何故、それほど重要なのかもよくわからない。 おそらくアニメを見ている... [続きを読む]

受信: 2010年7月31日 (土) 21時58分

» エアベンダー [映画鑑賞★日記・・・]
【THE LAST AIRBENDER】 2010/07/17公開 アメリカ 103分監督:M・ナイト・シャマラン出演:ノア・リンガー、デヴ・パテル、ニコラ・ペルツ、ジャクソン・ラスボーン、ショーン・トーブ、アーシフ・マンドヴィ、クリフ・カーティス、セイチェル・ガブリエル4つの王国。1つ....... [続きを読む]

受信: 2010年7月31日 (土) 22時01分

» 『エアベンダー』(2010)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:THELASTAIRBENDER監督・脚本・製作:M.ナイト・シャマラン出演:ノア・リンガー、デヴ・パテル、ジャクソン・ラスボーン試写会場 : スペースFS汐留公式サイトはこちら。<St... [続きを読む]

受信: 2010年7月31日 (土) 23時19分

» 映画「エアベンダー」今年の最低点だ、3Dも効果なし [soramove]
「エアベンダー」★★ ノア・リンガー、ニコラ・ペルツ、デヴ・パテル、ジャクソン・ラスボーン出演 M.ナイト・シャマラン監督、111分 、2010年6月12日より順次公開、2009,アメリカ,FOX (原題:THE LAST AIRBENDER)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「期待したけど結局またダメだった、 子供向けファンタジーってところか、 「ナルニア」を思い出した。 ま... [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 08時46分

» エアベンダー [C note]
シャマラニアン(シャマラニスト?)ってほどじゃないけど、『シックスセンス』以降劇 [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 13時37分

» 劇場鑑賞「エアベンダー」 [日々“是”精進!]
「エアベンダー」を鑑賞してきました「シックス・センス」「ハプニング」のM・ナイト・シャマラン監督が、初めてオリジナル脚本ではなく、原作のある物語に挑戦したファンタジック... [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 20時10分

» エアベンダー [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
良くも悪くも観客を翻弄するシャマラン監督の新作だが、なんと物語半ばでプツリと終わる。これでは映画の評価は難しいのだが、とりあえずは、シャマランがストーリーより映像に重きを置いた点は注目したい。有史以前、気・水・土・火の4つの王国が均衡を保つ世界。各国には....... [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 23時42分

» タイトルデザイン_18・エアベンダー・PictureMill [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『シックス・センス』『サイン』『ヴィレッジ』のM・ナイト・シャマラン監督の新機軸『エアベンダー』。全米公開時の不評を聞いていたが、結構楽しめた(原作を知っているか知らないかの差?)。物語・気、水、土、... [続きを読む]

受信: 2010年8月 2日 (月) 01時48分

» エアベンダー [だらだら無気力ブログ]
『サイン』『ハプニング』『レディ・イン・ザ・ウォーター』など、個人的 にはlt;微妙もしくはつまんないgt;っていうような作品を送り出してきた M・ナイト・シャマラン監督が初めてオリジナル脚本ではなく、原作のある 話を映画化したファンタジーアドベンチャ..... [続きを読む]

受信: 2010年8月 3日 (火) 00時03分

» エアベンダー [Diarydiary! ]
《エアベンダー》 2010年 アメリカ映画 - 原題 -THE LAST AIR [続きを読む]

受信: 2010年8月 7日 (土) 19時14分

» 『エアベンダー 3D』 なぜかシャラマン監督が選んだ、アニメ原作のファンタジー作品 [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
『エアベンダー 3D』 (C)2010 paramount pictures. all rights reserved. シャラマン監督の前作『ハプニング』には、完全にズッコけさせられたからなあ。 って、シャラマン・ファンのトラウマになっていることでしょう。 で、そのシャラマン監督がなぜアメリカの... [続きを読む]

受信: 2010年8月10日 (火) 12時53分

» 『エアベンダー』 ('10初鑑賞103・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 7月22日(水) OSシネマズ ミント神戸  スクリーン7にて 15:10の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年8月10日 (火) 21時05分

» エアベンダー/ノア・リンガー、デヴ・パテル [カノンな日々]
M・ナイト・シャマラン監督の最新作です。『シックス・センス』があまりに良過ぎたのかその後の作品の評判が何だかイマイチな感じなんですけど、私は『ハプニング』も好きだったし酷評された『レディ・イン・ザ・ウォーター』も嫌いじゃないとい奇特な人です(笑)。でも『サイ...... [続きを読む]

受信: 2010年8月13日 (金) 21時35分

» 10-183「エアベンダー」(アメリカ) [CINECHANの映画感想]
それがアバターの宿命  氣・水・土・火の4つの王国によって均衡が保たれていた世界。各王国には、それぞれ国の要素“エレメント”を操る使い手“ベンダー”がいた。その中でも4つ全てのエレメントを操ることができる者は“アバター”と呼ばれ、世界に調和をもたらす唯一の存在といわれていた。  アバターは輪廻転生により各国順番に現われ、今世そのアバターとして生まれたのは、氣の国の民で“エアベンダー”の少年アンだった。しかし、アバターの重責に堪えきれず逃げ出したアンは氷の中に閉じ込められてしまう。  ...... [続きを読む]

受信: 2010年8月15日 (日) 01時26分

» エアベンダー [ルナのシネマ缶]
迷走するシャラマン監督ですが 今回は大どんでん返しを封印して アニメの原作モノを・・・。 予告編では、 何も言っていませんでしたが、 どうやら3部作らしいです。 評価はちょっと悪いようですが、 私的にはとりあえず、 次を観てみないとなんとも・・・。 気、水、土、火の4つの王国が均衡を保つ世界。 しかし、火の王国が反乱を起こし、人々の平和が脅かされる事態に。 世界に調和をもたらすことができる存在「アバター」になるべく 選ばれし者として気の王国の最後の生き残り、 アン(ノア... [続きを読む]

受信: 2010年8月18日 (水) 01時23分

» 映画:エアベンダー [よしなしごと]
 今回は他の書込を見てもすこぶる評判の悪いエアベンダーを観てきました。  あっ、3Dではなく2Dです。たぶん、今後も2D字幕版がやっている映画は2Dで観る予定です。トイストーリー3が2D字幕版というのが近くの映画館ではやっていないので3D字幕版を観ようと思いますけど。。。... [続きを読む]

受信: 2010年8月18日 (水) 20時38分

» エアベンダー [映画、言いたい放題!]
M.ナイト・シャマランが監督と聞けば 何となく観に行って、失敗! このパターンが、もうかなり続いているので 今回は止めようと思ったのですが、 おすぎさんが褒めていたので 観ることにしました。 かつて世界は“気”“水”“火”“土”の4つの王国が調和をとって存在し... [続きを読む]

受信: 2010年8月22日 (日) 00時14分

» エアベンダー(アメリカ) [映画でココロの筋トレ]
劇場予告がおもしろかったので「エアベンダー」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:ノア・リンガー、デヴ・パテル、ニコラ・ペルツ、ジャクソン・ラスボーン 上映時間:103分  氣・水・土・火の4つの王国によってバランスが保たれていたというのに、... [続きを読む]

受信: 2010年8月25日 (水) 20時45分

» 『エアベンダー』 [・*・ etoile ・*・]
'10.07.09 『エアベンダー』(試写会)@スペースFS汐留 rose_chocolatさんのお誘い♪ 決算期なので心配だったけど、なんとか無事に上がれた。開場時間は過ぎてしまったけど… この日は、美容学校の主催だったみたいで、平成20年に世界理容美容技術選手権大会で優勝した理容師 飛田恭志氏によるヘアカットイベントがあった。事前にある程度の形は整えてあったっぽいけど、宣伝マン2人のサイドの部分に、刈り込みを入れていく。最後の1人は既に刈り込みをしてあったところに、さらに追加していく。インタ... [続きを読む]

受信: 2010年9月 7日 (火) 00時07分

» エアベンダー [RISING STEEL]
エアベンダー / THE LAST AIRBENDER 火の国、水の国、土の国、気の国という4つの王国によって成り立つ世界。 それぞれのエレメントを操る者”ベンダー”により均衡は保たれていたが ある時、火の国が反...... [続きを読む]

受信: 2011年5月22日 (日) 20時31分

» エアベンダー [mama]
THE LAST AIRBENDER 2010年:アメリカ 監督:M.ナイト・シャマラン 出演:ノア・リンガー、デヴ・パテル、ニコラ・ペルツ、ジャクソン・ラスボーン、クリフ・カーティス、セイチェル・ ... [続きを読む]

受信: 2011年7月18日 (月) 01時30分

» 『エアベンダー』(2010) [【徒然なるままに・・・】]
脚本・監督はM.ナイト・シャマラン。 といっても、とうとうオリジナル作品は撮らせてもらえなくなったのか、人気TVアニメ(らしい)『アバター/伝説の少年アン』実写映画化プロジェクトの雇われ監督になってしまった。 お馴染み、ハッタリを効かせたサスペンス映画ではなく、アクション・ファンタジー映画なのが目新しい点。 気の国、水の国、土の国、火の国の4つの王国で成り立っているらしい世界。 各国にはそれぞれの国のエレメントを操るベンダーと呼ばれる人たちがいるが、中でも4つのエレメント全てを操る者... [続きを読む]

受信: 2011年7月27日 (水) 22時48分

« 「インセプション」 ノーランのイマジネーションが溢れ出ている | トップページ | 「プレデター2」 シリーズ展開の道筋を作った »