« 本 「甲骨文字の読み方」 | トップページ | 「パリより愛をこめて」 パリはハリウッドよりビター »

2010年6月 5日 (土)

「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル」 小林靖子脚本の真骨頂

まさに東映の思うつぼなのですけれど、怒濤の「電王」の3連続上映の2回目「EPISODE BLUE」に行ってきました。
それも朝一の回・・・。
何やってんだ自分、と思ったりもしますが、朝一だけあってお子様は少なく大きなお友達ばかり。
騒がしくない分よいか・・・。

「EPISODE RED」が「電王」の懐深さを見せるラブストーリーで変化球だったのに対して、「EPISODE BLUE」は「電王」らしさが強く出ていた作品だと思いました。
「電王」のメインライターである小林靖子さんは「電王」にしても「シンケンジャー」にしても年間を通しての大仕掛けをうまくまとめあげる手腕に注目されますが、キャラクターの描き方もとても深く魅力的、それゆえに登場人物たちに観る側を感情移入させるのが得意なのですよね。
その手腕はメインのキャラクターだけではなく、一回だけのゲストについても発揮されます。
テレビシリーズの「電王」も最初の方のエピソードは、ゲスト登場人物はそれぞれに過去に対する後悔や想いを持ち、それゆえにイマジンと契約してしまいます。
彼らのエピソードはなにか切なく、だからこそ観る側が感情移入してしまうのです。
平成仮面ライダーを多く手がけられている井上敏樹さんのキャラクター造形がどちらかというとアクが強い強烈なものだとすると、小林靖子さんのそれは優しく切ないイメージがあります。
「EPISODE BLUE」の主人公は、野上良太郎の孫、野上幸太郎。
幸太郎は今までの「電王」の劇場版に登場してきましたが、それはゲスト的な立場が強く、あまり掘り下げられることがありませんでした。
良太郎の孫である幸太郎も祖父と同じく運が悪い星回りだということ、けれど良太郎がそれを受け入れるのに対し、幸太郎は悪運に立ち向かうというのが二人の違うところだということがわかりました。
良太郎がすべてを受け入れるのは彼の強さであるのですが、幸太郎が悪運に逆らおうとするのもまた強さ。
二人の血がつながっているがゆえの共通点、そして違いなどはうまくキャラクター作りをしたなと感心しました。
相棒のイマジンであるテディも、他のイマジン(モモやデネブ、そしてジーク!)があまりにキャラ立ちしているため、やや存在感が薄いというところもありました。
本作ではその幸太郎、そしてテディのキャラクターを掘り下げ、良太郎とモモタロスらイマジンたち、侑斗とデネブの関係とはまた違った、二人の関係を上手に描いているなと思いました。
幸太郎とテディ、そしてゲストである美来とおばあちゃんの関係の対比も上手でした。
この二組の関係のセンチメンタルな余韻はさすが小林靖子脚本の真骨頂といったところです。
そう、小林靖子さんの脚本はトリッキーな設定も料理する腕前、魅力的なキャラクターを想像する力だけでなく、このセンチメンタルさが魅力なのではないかなと思いました。
ラストの幸太郎とテディの別れなどは、かなり切ないところがありました。
この場面は同じく「時」をテーマにしたアニメの「時をかける少女」の別れの場面にもひけをとらないんじゃないかな。

幸太郎のキャラクターが確立したことによって、なんだかまだまだ「電王」はいけるような気がしてきました。
おそるべし。
しかし、ジークは登場してきて何もしないのに印象度は高い。
おいしいキャラです。

ここまできたら当然のことながら「EPISODE YELLOW」も観に行きます。
まさに東映の思うつぼ。

「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル」の記事はこちら→
「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ」

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「甲骨文字の読み方」 | トップページ | 「パリより愛をこめて」 パリはハリウッドよりビター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/48548834

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル」 小林靖子脚本の真骨頂:

» 超電王トリロジー EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル [5125年映画の旅]
イマジンとの戦いで良太郎が大怪我を負ってしまった。パスを盗んで逃亡したイマジンを追うため、助っ人として幸太郎とテディが呼び出されるが、オーナーは「幸太郎とテディの契約はここまで」という衝撃の事実を告げる。テディと別れて傷心の幸太郎は、事件を解決出来るの....... [続きを読む]

受信: 2010年6月10日 (木) 08時16分

» 『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー 超電王トリロジー/派遣イマジンはNEWトラル』(20... [【徒然なるままに・・・】]
『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー 超電王トリロジー THE MOVIE/EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル』・・・やっぱり、タイトル長っ! ターミナルでチケットの盗難事件が発生。たまたま居合わせた良太郎とモモタロスは犯人であるイマジンを追うが、相手はなかなかの強敵で二人は重傷を負ってしまい、イマジンも取り逃がしてしまった。この事態にオーナーは幸太郎を助っ人として呼ぶが、張り切ってイマジン追跡に出掛けようとした幸太郎に対し、テディとの契約は終了したと告げるのだった。 ... [続きを読む]

受信: 2010年6月12日 (土) 08時30分

» 『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー... [やっほっほ~]
仮面ライダー仮面ライダー仮面ライダーTHE MOVIE超電王3(トリロジー)EPISODE BLUE派遣イマジンはNEWトラル マンティスイマジンとの戦い... [続きを読む]

受信: 2010年6月12日 (土) 17時02分

» 仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダーTHE... [MAGI☆の日記]
仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダーTHEMOVIE超・電王トリロジー『EPISODEBLUE派遣イマジンはNEWトラル』を見てきました。初日は仕事だったので公開2日目に見ましたが、泣けるいい映画... [続きを読む]

受信: 2010年6月12日 (土) 22時22分

» 「超・電王トリロジー EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル」見た。 [+++turbo addiction+++]
今日は「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル」 を見に行ったよー♪ http://www.den-o-3.com/blue/index.html ちょっと感動した!! 。゚・(ノД`)人(´Д`)人(Д` )・゚。 幸太郎とテディの絆っていい☆..... [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 20時11分

» 超電王トリロジーEPISODEBLUE「派遣イマジンはNE... [ユルユル行こう]
昨日はエピソードレッドに引き続き。家族でエピソードブルーを見て来ました。今回は良太郎の孫の幸太郎と相棒のテディの絆がメインに描かれるお話でした。例によって劇場版なので詳... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 13時11分

» 仮面ライダー電王エピソードブルー、観まし... [ほかのさなぎ。]
以下バレあり注意!ぐは~!! 劇場でボロボロ泣いたの久しぶりだ!!初めは悪者でも化けてたのかと思ってましたが・・・ドッペルゲンガー。んでもって実は後から忘れ物を取りに戻って... [続きを読む]

受信: 2010年6月15日 (火) 19時45分

» 仮面ライダー 超電王トリロジー NEW電王編 [愛猫レオンとシネマな毎日]
第2弾、NEW電王編です。 今回は負傷した良太郎の代わりに孫の幸太郎が登場! NEW電王、幸太郎の相棒は、テディ。 でもオーナーが、いきなり二人の契約は終了したと言う・・・ いつも当たり前に傍にいてくれる人を失って初めて気付くものとは・・・ ストーリーは、友情の大切さや、肉親の愛情をテーマに描いてました。 前回のゼロノス編に比べると、お子ちゃまにはピッタリの内容だったかなぁ~ でも大人のワタシにとっちゃあ、幸太郎を演じた桜田通君のカッコ良さにしか 目がいかなかったけどね(笑) 三浦春馬君に似て... [続きを読む]

受信: 2010年6月17日 (木) 20時49分

» 【仮面ライダー 超電王トリロジー NEW電王編】 [日々のつぶやき]
レッド、ゼロノス編がイマイチだったからもういいやーって思っていたのに甥っ子、忘れてはいませんでした。 絶対に見るんだってさー。 仕方なく連れていってきました。 「デンライナーの乗車チケットがイマジンに盗まれる事件が起こった。 良太郎とモモタロスがチ... [続きを読む]

受信: 2010年6月26日 (土) 17時38分

» 仮面ライダーX仮面ライダーX仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル [象のロケット]
ターミナルでイマジンによる乗車チケットの盗難事件が発生。 奪い返そうとする良太郎とモモタロスの助っ人に現れたのは、ジーク…ではなく幸太郎とテディだった。 しかし、いきなり2人の契約は終了したとオーナーが衝撃発言を…!? NEW電王が捨て身で立ち上がる、友情のミラクル・ジャーニー!≪超・電王シリーズ新作が三乗!≫人気ヒーローアクション劇場版・3作品連続公開・第2弾。... [続きを読む]

受信: 2010年6月26日 (土) 17時51分

« 本 「甲骨文字の読み方」 | トップページ | 「パリより愛をこめて」 パリはハリウッドよりビター »