« 「TRICK 新作スペシャル2」 再シリーズ化? | トップページ | 「ボックス!」 真の親友、真のライバル »

2010年5月16日 (日)

本 「塩の街」

有川浩さんのファンと言いながら、実はデビュー作である本作「塩の街」は未読だったんです。
本作とともに自衛隊三部作と呼ばれる「空の中」「海の底」は読んでいたんですけれどね。
角川文庫で出たのを機に、やっとこさ読んでみました。
あとがきで有川さんが書いてらっしゃるように構成などで拙いところもあるにはあるのですが、なにか青臭いところがかえって彼女のいいところかなと思います。

読んでみて思ったことですが、やはり有川さんって新井素子さんの影響を受けているのではないかなと。
「図書館戦争」シリーズのレビューのときもちらっと書いたのですが、まず主人公の男女二人の不器用さ加減が「星へ行く船」のあゆみと太一郎を髣髴させるんですよね。
本作の真奈と秋庭も同じような印象を受けました。
また本作では宇宙から飛来した塩の結晶により、人間が塩化していってしまい、人類が滅んでしまう危機を向かえるという設定になっています。
この設定も新井素子さんの「ひとめあなたに・・・」に通じるものがあるなと思いました。
細かい内容は忘れてしまったのですが、やはり宇宙から飛来する隕石により世界が終末をむかえようとするとき、誰といっしょにいたいのかというお話だったと記憶しています。
かなり切ないお話でけっきょく世界は終末をむかえるわけですが、「星へ行く船」を読んでいた僕は少々驚きました。
でも本作は真奈と秋庭はハッピーエンドに終わってくれて、これは嬉しかったですね。
後日談も楽しませてもらいました。
こちらのエピソードでもあゆみと太一郎を感じたんだよなあ。

自衛隊三部作「空の中」の記事はこちら→
自衛隊三部作「海の底」の記事はこちら→

「塩の街」有川浩著 角川書店 文庫 ISBN978-4-04-389803-9

|

« 「TRICK 新作スペシャル2」 再シリーズ化? | トップページ | 「ボックス!」 真の親友、真のライバル »

コメント

SOARさん、こんにちは!

有川浩さんは新井素子さんの影響は確実にありますよね。
特に処女作であるこちらはそう感じました。
でも女性なのに自衛隊などの軍事系フェチな感じがあるのはとても不思議ですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年6月19日 (土) 18時28分

やっと読みました~。角川文庫版です。
自衛隊三部作として『空の中』『海の底』と同列に語るにはさすがに稚拙な感じがしましたが、
なるほど、かつての新井素子をイメージするとこれはまた違った意味で味わいある作品かもしれませんね。(新井素子、大好きでした!)
有川氏が(彼女曰く“血反吐を吐いて”)挿入位置にこだわったという唯一の挿絵、
腹を見せて夜空を飛ぶF14には私ヤラレました~。
フル爆装で上がったはずのトムキャットがLANTIRNポッドのみをぶら下げて飛ぶ姿、
これが秋庭のミッション終了と生還を一瞬で伝えるんですよね。
ページをめくった瞬間に鳥肌立っちゃいましたよ。

投稿: SOAR | 2010年6月16日 (水) 22時35分

みきさん、こんばんは!

「クジラの彼」は「塩の街」のスピンアウトだったんですね。
そちらはまだ読んでいないので、今度読んでみたいと思います。
有川さんは最近は幅も広くなっておもしろい作品を続々と出していますよね。
ぜひ、またいらっしゃってください。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年5月22日 (土) 20時35分

たいむさん、こんにちは!

やっぱり新井素子さんの影響はあるんですねー。
高校生で男子だったのに、「星へ行く船」を読んでるのも自分、相当変わっていたなあ。
今思い出したけど、好きだった女の子に勧められたのだった・・・。

こちら文庫→ハードカバー→文庫でしたっけ?
後日談は最初の文庫では入ってなかったのかな?
「海の底」と「空の中」は角川文庫版を買ったので、「塩の街」は出るだろうとそれを待ってました。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年5月22日 (土) 08時03分

自分の周りで有川浩さんの話ができる人がいないのでうれしいです(*^-^)

私は、スピンアウトの『クジラの彼』を読んでファンになりました。

またここのページ遊びに来させてください♪

投稿: みき | 2010年5月21日 (金) 10時10分

hitoさん、こんばんは!

そうでしょー!
↓たいむさん情報によれば、やっぱり新井素子さんの影響あるんですね。

頭をくしゃってやるところなど(確か「図書館戦争」でもあった)は、「星へ行く船」でもあったような。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年5月19日 (水) 20時06分

ご名答!
有川センセ、明言してますよ、新井素子作品が好きだったこと。
私はどちらかというと氷室冴子派だったのだけど、
SF系ライトノベルも友達と回し読みしてましたw
「星を行く船」シリーズ、懐かしいですねー♪

えーっと、これは単行本の文庫化の文庫ですよね?
デビュー作はややこしいことになっているんで、
こうして再文庫化されて嬉しく思ってます。
とはいえ、私は全部単行本買いなんだけど~~(^^;

投稿: たいむ | 2010年5月18日 (火) 18時53分

あー!
あゆみちゃんと太一郎さん確かに似ているかも。
ちょっとツンデレな太一郎さんと不器用で照れ屋な二人、うんわかる気がします。

投稿: hito | 2010年5月17日 (月) 14時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/48370873

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「塩の街」:

» 本『塩の街』有川浩 [日々のつぶやき]
「塩害で人がどんどん塩化していく地球、谷田部遼一は重いリュックを背負い海に向かって歩き空腹と疲労で倒れたところ少女に出会った。彼女の名は小笠原真奈、連れていってくれた家には大家の秋庭がいて人間を拾ってくるなと少女を叱った。 二人の協力で海に向かうこと... [続きを読む]

受信: 2010年5月17日 (月) 14時20分

» 塩の街―wish on my precious [ろーれるの本(読書)ブログ]
塩の街―wish on my precious (電撃文庫)/有川 浩 ¥578 Amazon.co.jp 表紙の裏そでより『塩が世界を埋め尽く塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。  その... [続きを読む]

受信: 2010年5月19日 (水) 22時32分

» 恋する気持ちは「ついでに」世界を救う。~「塩の街」・有川浩 [TSUTAYA×枚方駅前]
ハイ、Agehaです。やっと読めました。(笑) 最近どうも有川さんの作品に偏りぎみでございます。 しかもやたらハマってダー泣く。 年のせいかもしれませんが(ハハハ)なんていうか 作者の思うツボなんでしょうね。 彼女の作品は外で絶対に読まねーぞと固く心... [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 01時26分

» 有川浩「塩の街―wish on my precious」感想 [Wilderlandwandar]
塩の街 (電撃文庫) 最近良く見かける作家、有川浩さんが気になっていたのですが、まずはデビュー作と言う事で「塩の街」を読 [続きを読む]

受信: 2010年6月 6日 (日) 18時23分

» 塩の街<単行本>(有川浩) [Bookworm]
・・・ふぅ。 いやぁ~。いやいや、いやいや。読み応えありました。ありすぎました。 文庫の単行本化なんでね、既に文庫版を読んでて再読なんだよね。にも関わらず、ぐじぐし派手に泣きながら読んでるアタシってどうよ?と読みながら思わず突っ込みをいれたくなっちゃったよ。... [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 12時44分

» 塩の町 / 有川浩 [ねこやま]
抜粋 もし明日世界が滅ぶとしたら、あなたはどうしますか……? 塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。 塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。 その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女。 男の名は秋庭、少女の名は真奈。 静かに暮らす二人の前を、さま...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 8日 (日) 07時42分

» 塩の街 有川浩 [苗坊の徒然日記]
塩の街 オススメ! 塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。 塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。 その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女。 男の名は秋庭、少女の名 ... [続きを読む]

受信: 2012年5月12日 (土) 21時27分

» 「塩の街」有川浩 [ナナメモ]
JUGEMテーマ:読書 ある日、突然空から降ってきた塩の結晶。そして人々は塩の結晶になってしまった。細々と機能する人間の生活。そんな崩壊寸前の東京で暮らす広瀬と真奈。そんな二人が関わる人たち。そしてその後の物語。 電撃文庫で出ているのは知っていたんです。だけどどうもあの表紙が好きじゃない。そうこうしているうちに、その後の物語を追加した単行本が出るって知りました。わーい。やっぱり有川さん。甘い、甘い。デビューから乙女の心鷲づかみです。大好きだわぁ。 主人公は秋庭と真奈。秋庭は元自衛官... [続きを読む]

受信: 2012年5月17日 (木) 08時24分

» 本『塩の街 (角川文庫)』著・有川浩 読んだ〜 [よくばりアンテナ]
塩の街 (角川文庫)(2010/01/23)有川 浩商品詳細を見る 有川浩さんのデビュー作。電撃ゲーム小説大賞受賞作。 自衛隊三部作の陸自編。 やられた〜Σ( ´д`;) のっけから、ありえない設定が出来すぎて...... [続きを読む]

受信: 2013年6月17日 (月) 21時03分

« 「TRICK 新作スペシャル2」 再シリーズ化? | トップページ | 「ボックス!」 真の親友、真のライバル »