« 「ピンクパンサー(2006)」 ダンバーガー!? | トップページ | 「LOST シーズン5」 フラッシュあっちこっち  »

2010年4月28日 (水)

「座頭市 THE LAST」 抜きたくない剣を抜かされる

久しぶりに試写会に行ってきました!
「座頭市」と言えば勝新太郎さんのイメージが強いですが、近年は北野武監督の「座頭市」や綾瀬はるかさん主演の「ICHI」などユニークな解釈をされているシリーズになります。
「THE LAST」というタイトル、また僕の好きな阪本順治監督なので期待して行ってきました。

阪本監督は僕は特に初期の作品が好きなんです。
「鉄拳」とか「王手」とか。
物語としては荒削りなところもあるのですが、それすらもエネルギーとしてしまうようなパワーを作品が持っていたと思います。
それは張りつめた緊張感とでも言いましょうか。
最近は熟練してしまったところもあって、阪本作品はややまとめすぎな感じがあるのも否めないのですけれど。
試写会では出演者の上映前に出演者の方々の舞台挨拶があったのですが、みなさん口々に撮影時にとても緊張感があったとお話しされていました。
観る側もそうですが、出演される方々も緊張感を感じるからこそ阪本順治監督の作品にはある張りつめた感じというのがあるのでしょうね。
本作はこのところ変化球の多かった「座頭市」シリーズにおいて原点回帰的な話でもあり、また阪本作品としても初期の作品に通じるようなストーリーであったと思います。
「座頭市」というシリーズは、本来は社会的弱者であり被差別者である側が、その中でももっとも差別されやすい視覚障害者である座頭市という存在を通して、差別者に痛撃を与えるという爽快感にあると思います。
しかし市というキャラクターは社会的弱者でありながらも、居合いの達人と意味では強者であるという点でひどく矛盾した立場に立つのです。
「七人の侍」などでも描かれるように、実は弱者は弱者なりにたくましく生きる術をみつけていく。
多少の犠牲を払いながらも頭をひっこめても結局生き延びるたくましさを持っています。
しかし市は強者であるという側面もあり、彼の存在自身が戦いを呼び込んでしまうのです。
彼自身は戦いたくないと思いながらも、戦いを彼が呼び込んでしまう。
抜きたくない刀を彼は抜かされる。
この悲哀が座頭市というキャラクターの真髄でしょう。
座頭市の物語と阪本監督は親和性が高いと思います。
初期の「鉄拳」などはまさしく現代の座頭市とも言える物語とみることができます。
主人公は元才能であるボクサーでありますが、事故により指を義手にします。
そういう障害を持ちながらも彼は再起を目指しますが、障害者を目の敵にする集団に付け狙われます。
彼の大事な人々もその集団に襲われ、彼は戦わざるを得なくなる。
彼が拳を振るうとき義手であるため、それには激しい痛みを伴います。
それでも大切な人を守るためすべてを犠牲にして拳を振るう。
これは哀しみながら人を斬る市というキャラクターに通じるように思えました。

これまで述べたように物語としては阪本監督との親和性がものすごくあると思います。
随所に出演者がお話ししていたような緊張感は感じました。
しかし初期作品にあるような荒削りなテンションはやはり感じなかったのも確かです。
あれは若さ故とも言えるのですが、ややそのあたりはもの足りなかったところでもあります。
また座頭市を演じていた香取慎吾さんは随所に非常にいい演技の場面もありました。
ただ彼の持つポジティブさ、明るさというのがどうしても拭いきれず、市というキャラクターが持つ悲哀といったところとの乖離があったように見えました。
このあたりは非常にもったいなかったと思います。
香取さんの演技がどうこうというより、キャスティングで彼を選択したというところでやはり市というキャラクターとの距離感をどのようにするのかといったところがやや曖昧になったような気がしました。
物語と阪本監督の親和性が高そうであっただけにやや残念です。

綾瀬はるかさん主演「ICHI」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ピンクパンサー(2006)」 ダンバーガー!? | トップページ | 「LOST シーズン5」 フラッシュあっちこっち  »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

そうですねー、座頭市というキャラクターはやはり勝新さんのものであるのかもしれません。
北野監督の「座頭市」も曽根監督の「ICHI」も変化球だったのは、オリジナルと同じ土俵では戦えないということだったのかもしれません。
本作はあえて原点回帰を図ったというところもあったのですが、やはりちょっと厳しかったような気がします。
確かに他に誰かふさわしい人がいるのかというと、やはり唸らざるをえないのですけど。

投稿: はらやん | 2010年7月 4日 (日) 21時15分

すんごく共感。まさにその通り。
阪本監督の目指すところと、座頭市のもつ精神は、非常にぴったりマッチなのですが、決定的に違ってたのが、市を演じた方のキャラクターでしたね。
やっぱ慎吾ちゃんじゃ、根はいい人オーラが出まくってましたね。
じゃ、誰がよかったかなあ・・と考えるのですが、誰がいいでしょうね~。
思い浮かばないんですよ。やっぱあれは勝新のものだったなあとつくづく。

投稿: sakurai | 2010年7月 4日 (日) 19時59分

michiさん、こんにちは!

香取さんは普段の若々しくてポジティブなイメージが強かったからでしょうか。
でも勝新太郎さんが座頭市を最初に演じたのは香取さんと同じくらいの年頃だったそう。
勝新、若いうちからどんだけ老けてたんだか・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年5月30日 (日) 16時04分

>市というキャラクターが持つ悲哀といったところとの乖離…

市のキャスティングに
賛否両論あるようですね。
どちらかというと、難色を示した人が多いのかな。

私は単純に、カッコイイ~と思って観てきたのですが
はらやんさんのレビューを拝見し、
なるほど。。。と思いました。

今度、勝新の座頭市もレンタルしてみようと思ってます!

投稿: michi | 2010年5月30日 (日) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/48209147

この記事へのトラックバック一覧です: 「座頭市 THE LAST」 抜きたくない剣を抜かされる:

» 座頭市 THE LAST [象のロケット]
最愛の妻・タネに「これが最後だから」と約束し、最後の死闘に向かった盲目の渡世人・座頭市。 しかしその時、タネが命を落としてしまう。 傷心の市は故郷に帰り、かつての親友・柳司の家に身を寄せ、百姓の見習いを始める。 ところが、村は非道な天道一家に牛耳られており、追いつめられた百姓達は市に助けを求めるのだった…。 時代劇 ≪愛は見えない。愛は切れない。≫... [続きを読む]

受信: 2010年5月25日 (火) 06時04分

» 劇場鑑賞「座頭市THELAST」 [日々“是”精進!]
座頭市THELASTオリジナル・サウンドトラック「座頭市THELAST」を鑑賞してきましたSMAPの香取慎吾が盲目の居合の達人に扮した“座頭市”シリーズ完結編。愛する者との約束を果たすた... [続きを読む]

受信: 2010年5月29日 (土) 14時11分

» 座頭市 THE LAST [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★☆☆☆☆    (★×10=満点)    試写 スペース汐留にて鑑賞    2010年05月29日 公開  監  督:阪本順治 キャスト:香取慎吾       石原さとみ       反町隆史       工藤夕貴、他 ■内容■... [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 10時12分

» 「座頭市 THE LAST」 [みんなシネマいいのに!]
 撮影中に人が死んだことばかりが話題になった勝新太郎監督・主演で遺作となった「座 [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 21時38分

» 座頭市 THE LAST [やっぱり邦画好き…]
盲目の流れ者・市が電光石火の早業で人を斬るというアクション時代劇の傑作シリーズ『座頭市』。日本映画の伝説とも言えるそのシリーズは長きに渡って人気を博し、勝新太郎や北野武... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 02時42分

» 『座頭市 THE LAST』 [唐揚げ大好き!]
  たった一度の市の愛。 斬っても切れない”哀”がある。 これが最期の座頭市。   ■最愛の妻・タネ(石原さとみ)と「これが最期だから」と約束して、市(香取慎吾)は最期の死闘にのぞむ。その死闘がやっと終わるかと思ったその時、タネが追手の刃に落ちてしまう... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 06時47分

» 座頭市 THE LAST [Akira's VOICE]
白黒つけたぜ・・・   [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 16時26分

» 座頭市 THE LAST [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
映画冒頭の愛する人を失うエピソードが、この物語の大筋になっている。卑怯者によって命を失う不条理さは、刀を振り回すことの無意味さを象徴している。香取伸吾も脇役陣も熱演している。力作だと思う。... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 23時20分

» 座頭市 THE LAST [ダイターンクラッシュ!!]
2010年6月1日(火) 19:45~ TOHOシネマズ有楽座 料金:1000円(映画サービスデイ) パンフレット:未確認 『座頭市 THE LAST』公式サイト THE LASTということで、勝新、北野、ついでに綾瀬はるかが演じてきた市は、香取の本作で最後だと。 著作権が2017年に切れ、誰でも扱えるようになるから、今の著作権保有者の「今後は作らせない」の発言は意味が無いそうだが。 香取の殺陣は、想像以上の熱演。素直に褒めることができる。 不良役ばかりのあおいの亭主は、気の弱い青年をまあまあ... [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 20時39分

» 座頭市 THE LAST [だらだら無気力ブログ]
SMAPの香取慎吾が盲目の居合の達人に扮した“座頭市”シリーズ完結編。 愛する者との約束を果たすため仕込み杖の抜刀を封印し静かな余生を過ごし 始めるものの、宿命に抗えず悪党に立ち向かうこととなる市の壮絶な顛末を 描く。監督は「亡国のイージス」「闇の子供たち..... [続きを読む]

受信: 2010年6月 3日 (木) 00時45分

» 『座頭市 THE LAST』 ('10初鑑賞80・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆★-- (10段階評価で 5) 5月29日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:10の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 10時14分

» 座頭市 THE LAST [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
生活感あふれる座頭市という視点が新しいアクション時代劇だ。市は盲目の流れ者で剣の達人。数々の修羅場をくぐってきたが、愛する妻タネのため、人を斬る生活を捨てて静かに暮らすことを決意する。しかし、市を追うヤクザとの戦いでタネが命を落とす。身も心も傷ついた市は....... [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 23時48分

» 「座頭市 THE LAST」壮絶な戦いの末にみた市の不完全燃焼な戦いの最期 [オールマイティにコメンテート]
5月29日公開の映画「座頭市 THE LAST」を観賞した。 この映画は座頭市シリーズのラストを飾る作品で、 百姓になろうとした市が村を救うために 最後の戦いに挑むストーリーである。 座頭市シリーズ最後としては インパクトに欠ける感じもあるけれど、 一時代の終わり...... [続きを読む]

受信: 2010年6月 6日 (日) 10時55分

» [映画『座頭市 THE LAST』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆皆さん、「なんだよ、今週の封切り作品の感想じゃないのかよ」と御思いでしょう。  私、可愛い幼女が殺されるような映画は不愉快で観れないのです(『告白』)。  また、『セックス・アンド・ザ・シティ』シリーズは見たことなく、この間、ビデオでテレビシリーズを見てみようかなとも思ったのですが、シリーズが何シーズンもあって、挫折した次第です^^;  それから、『孤高のメス』は、うちのバァちゃんが見たがっていたので、その内、一緒に行きます。  で、本日は、香取慎吾主演の『座頭市 THE LAST』を見て... [続きを読む]

受信: 2010年6月 6日 (日) 17時13分

» 「座頭市THE LAST」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 名優・勝新太郎のハマリ役にして、日本映画界きってのアウトロー剣客ヒーロー「座頭市」。その最期を「どついたるねん」「亡国のイージス」の坂本順治監督、香取慎吾主演で映画化... [続きを読む]

受信: 2010年6月 8日 (火) 21時47分

» 「座頭市 THE LAST」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2010年・日本/フジTV=東宝監督:阪本 順治原作:子母澤 寛脚本:山岸 きくみ  勝新太郎の当り役であった“座頭市”の、“これが最後”とのふれ込みによる映画化。 …であるのだが、主演がSMAPの香... [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 02時00分

» 座頭市 THE LAST [LOVE Cinemas 調布]
勝新太郎が余りにも有名な時代劇「座頭市」の完結編。主人公・市を演じるのはSMAPの香取慎吾だ。愛する妻を失い静かな余生を望む市だったが、戦いの宿命は彼を再び修羅の道へと呼び戻す。壮絶な最期を遂げる市を描くのは、『亡国のイージス』の阪本順治監督。反町隆史、倍賞千恵子、石原さとみ、仲代達矢といった豪華共演陣にも目を奪われる。香取自らが120点!と豪語する殺陣にも注目だ。... [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 14時52分

» 「座頭市 THE LAST」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2010年・日本/フジTV=東宝監督:阪本 順治原作:子母澤 寛脚本:山岸 きくみ  勝新太郎の当り役であった“座頭市”の、“これが最後”とのふれ込みによる映画化。 …であるのだが、主演がSMAPの香... [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 15時56分

» 『座頭市 THE LAST』 [ラムの大通り]
----最近、また邦画づいているようだニャあ。 『パレード』も『時をかける少女』も話さなかったのに、 なんでまた、この映画を…。 「やはり、これは話題作。 日本映画が生んだヒーロー、 あの座頭市をSMAP香取慎吾が演じるわけだから…」 ----それって、あまりにもイメージが違う気がするニャあ。 「ぼくも観るまではそう思っていたし、 おそらく、公開されてからもそのことに話題は集中するだろうね。 この映画は、開巻早々、市は 愛する妻・タネ(石原さとみ)を 死闘の巻き添えで失ってしまう」 ----えっ、そ... [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 21時52分

» ■映画『座頭市 THE LAST』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
SMAPの香取慎吾があの座頭市を演じた映画『座頭市 THE LAST』。 勝新太郎の名作がどんなふうになるのか、恐る恐る観に行ったのですが、これがどうして、なかなかの出来! 阪本順治監督の凝りに凝った演出も冴えわたっているし、カメラさん、音声さん、みんなが素晴らしい仕... [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 06時19分

» 座頭市 THE LAST [迷宮映画館]
風景、背景、バックはよかった・・・のですが。 [続きを読む]

受信: 2010年7月 4日 (日) 19時59分

» 10-161「座頭市 THE LAST」(日本) [CINECHANの映画感想]
百姓にはなれなかった  “これが最後”と最愛の妻タネに約束し、死闘に臨んだ市。だが、その戦いが幕を閉じるかと思った矢先、タネが追手の刀によって命を落としてしまう。  悲しみと絶望に打ちひしがれる市だったが、タネとの最後の約束を守るため、もう人は斬らないと決意し、故郷の旧友・柳司のもとで静かな暮らしを送ることに。仕込み杖を置き、柳司一家と共に百姓として平和な日々を過ごす市。  しかし、村は極悪非道な天道一家に支配されており、百姓たちは一味に全てを搾取され苦しみ続けていた。そんな彼らに助...... [続きを読む]

受信: 2010年8月31日 (火) 00時42分

« 「ピンクパンサー(2006)」 ダンバーガー!? | トップページ | 「LOST シーズン5」 フラッシュあっちこっち  »