« 「シャッター アイランド」 「騙される快感」がない | トップページ | 「ダーリンは外国人」 夫婦はカルチャー・ギャップの擦り合わせ »

2010年4月24日 (土)

本 「エデン」

非常におもしろかった近藤史恵さんの「サクリファイス」の続編です。
前作はスポーツ小説と、青春小説と、ミステリー小説がいいバランスでとられていた良作でした。
本作は自転車レースの本場であるヨーロッパ、それもグラン・ツールを舞台としています。
前作の良いところを継承しようとする意識が強かったのか、やや前作ほどの感動がなかったような気がしました。
舞台は大きくなっていますが、作品としてのスケールはこじんまりしてしまったように感じました。
たぶん大きな要素としては、主人公、誓の成長という視点が前作に比べて薄かったからだと思います。
スポーツ小説としての自転車レースの駆け引き、ミステリー的要素も前作のようにあります。
ただ青春小説としての要素が弱くなっているのです。
これは仕方がないことでもあります。
前作で誓は事件をきっかけに自分の生き方をみつけました。
そういう意味では誓は一人の大人として成長したわけで、本作では前作のようなあがくような成長というのは描きようがありません。
その分の要素を、ニコラという新しい登場人物に背負わせようとしているのだと思いますが、本作は一人称の作品であるため、前作ほどの感情移入をさせられるにいたりません。
このあたりは仕方がないところなのかもしれません。
本作を読んで、改めて前作「サクリファイス」のバランスの良さを再認識しました。

前作「サクリファイス」の記事はこちら→
第3作「サヴァイヴ」の記事はこちら→

「エデン」近藤史恵著 新潮社 ハードカバー ISBN978-4-10-305252-4

|

« 「シャッター アイランド」 「騙される快感」がない | トップページ | 「ダーリンは外国人」 夫婦はカルチャー・ギャップの擦り合わせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/48167918

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「エデン」:

» 近藤史恵『エデン』 [日々のつぶやき]
あの「サクリファイス」の続編です! ( サクリファイスの感想はこちら → ☆  ) 「白石誓はフランスのチームの一員となっていたが、なんとチームからスポンサーが撤退するという話を聞いた。そうなるとどこかのチームにひろってもらうことは難しい自分の居場所... [続きを読む]

受信: 2010年5月11日 (火) 12時43分

» 『エデン』/近藤史恵 ◎ [蒼のほとりで書に溺れ。]
そういえば私、近藤史恵さんの単行本になった作品って、『サクリファイス』しか読んでなかったのね(笑)。 なんかもう、『Story seller』(1)~(3)を読んでたので、長編シリーズな気がしてました。 今回も主人公は白石誓、舞台は自転車ロードレースの頂点「ツール・ド・フランス」。 選手たちは、そこで『エデン』(楽園)を見たのだろうか。... [続きを読む]

受信: 2010年12月 5日 (日) 22時17分

» エデン(近藤史恵) [Bookworm]
「サクリファイス」の続編。 [続きを読む]

受信: 2010年12月 6日 (月) 12時53分

» 「エデン」近藤史恵 [ナナメモ]
JUGEMテーマ:読書 あれから三年―。白石誓は、たった一人の日本人選手として、ツール・ド・フランスの舞台に立っていた。だが、すぐさま彼は、チームの存亡を賭けた駆け引きに巻き込まれ、外からは見えないプロスポーツの深淵を知る。そしてまた惨劇が…。ここは本当に「楽園」なのだろうか?過酷なレースを走り抜けた白石誓が見出した結論とは。 「サクリファイス」の続編。とは言っても、いつものように内容を全然忘れているので「目を閉じてかんがえる。あの人なら、どちらを選ぶだろう」なんて書いてあったら、あぁ、... [続きを読む]

受信: 2010年12月 6日 (月) 20時04分

» 近藤史恵/「エデン」/新潮社刊 [ミステリ読書録]
近藤史恵さんの「エデン」。 日本を離れて三年。スペインのチームからフランス北部アミアンに本拠地を置くパート・ピカルディ に移籍した白石誓は、いよいよロードレースの最高峰であるツール・ド・フランスに参加する日が 近づいていた。しかし、そんな矢先、チームのスポンサーが撤退することが決まり、チーム解散 の危機を迎えることに。その上、有力な若手新人と注目されているニコラ・ラフォンの所属する クレディ・ブルターニュと共同戦線を組む話を受けた監督は、白石を始めとするパート・ピカルディ..... [続きを読む]

受信: 2010年12月 9日 (木) 06時49分

» 「エデン」近藤史恵 [本のある生活]
エデンクチコミを見る 「サクリファイス」がよかったので、その続編ということで迷わず読みました。 舞台となったツール・ド・フランスで展開されるレースの描写もおもしろかっ ... [続きを読む]

受信: 2010年12月 9日 (木) 20時28分

» 過酷なロードレース [笑う学生の生活]
小説「エデン」を読みました。 著書は 近藤 史恵 ツール・ド・フランスを舞台にした 自転車ロードレースのスポーツもの あの 「サクリファイス」の続編... [続きを読む]

受信: 2010年12月20日 (月) 18時59分

» 近藤史恵『エデン』 [itchy1976の日記]
エデン近藤 史恵新潮社このアイテムの詳細を見る 今回は、近藤史恵『エデン』を紹介します。自転車のロードレーサーにとってはエデンとも言えるツール・ド・フランスで白石誓(チカ)がパート・ピカルディチームの一員としてレースに臨むわけである。その後、チカにもスポンサーの撤退によりチーム存続の危機を知らされることになる。チーム存続のためには別チームのニコラのアシストをする必要がある。チーム存続と自分の役割との板ばさみにあうが、エースのミッコのアシストに徹することにするだろう。 ミステリーの要素は多少あるみ... [続きを読む]

受信: 2010年12月24日 (金) 21時50分

» 「エデン」 近藤 史恵 [日々の書付]
本読み達を魅了した自転車ロードレース小説「サクリファイス」。その待ちに待った続編「エデン」が発売されました。( ̄▽ ̄) 相変わらず自転車レースの知識は皆無に近い私ですが、読んでいくうちにどんどんツール・ド・フランスの世界へ引き込まれて行きました。 物語は前作の事件から3年後、スペインのチームからフランスのパート・ピカルディに移った白石誓(チカ)はロードレースの最高峰・ツール・ド・フランスへ出場することになったが、その直前、スポンサーの撤退によりチーム存続の危機を知らされる。 そんな中、パー... [続きを読む]

受信: 2010年12月27日 (月) 19時55分

« 「シャッター アイランド」 「騙される快感」がない | トップページ | 「ダーリンは外国人」 夫婦はカルチャー・ギャップの擦り合わせ »