« 「噂のモーガン夫妻」 プライドと期待 | トップページ | 「ソラニン」 夢を追うこと、止めること »

2010年4月 3日 (土)

本 「重力ピエロ」

伊坂幸太郎さんが原作の映画はよく観ているんですが、実は原作を読んだことがあるのは「アヒルと鴨のコインロッカー」だけ。
本作を読んでみて思ったのは、伊坂さんの文章はとても気が利いているんですよね。
これはセンスがいいというのともちょっと違うんですけれど、登場人物、特に泉水と春との会話などでそういうことを感じます。
二人の会話はたわいもない掛け合いに見えながらも、そこには二人の繋がりというものがそこから伝わってくる、そういう感じがします。
説明的な台詞は無粋なものですが、そういうところはいっさいありません。
物語としては非現実的であるのですが、会話のやりとりからなにか登場人物の人生、人生観みたいなものがにじみ出てくるんです。
そしてその中で、ポンと印象的な台詞が出てくる。
これが気が利いていて、極めて印象的なんですよね。
それは春の言葉であったり、父親や母親の言葉であったりするのですが、ちょっとありそうでない一言であったりするのに、その意味合いというのがすっと心にはいってくるというか(うーん、上手く表現できないのですが、わかってくれる方いらっしゃいますよね・・・?)
こういうところが伊坂さんの言葉のセンスがいいところかなと思ったりします。
扱っているテーマはかなり重いのに、読後の印象がそれほど口当たりが悪くないのはこの伊坂さんの言葉のセンスによるところが大きいと思います。
改めて伊坂さんの作品の良さに気づいたので、他の作品も読んでみますね。

映画「重力ピエロ」の記事はこちら→

「重力ピエロ」伊坂幸太郎著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-125023-6

|

« 「噂のモーガン夫妻」 プライドと期待 | トップページ | 「ソラニン」 夢を追うこと、止めること »

コメント

にくきゅ~う★さん、こんにちは!

「モダンタイムス」は読んでいる方が多いですねー。
みなさん、いろいろな作品をお薦めくださったので、順番に読んでいこうかと思います。
ありがとうございました。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年4月 8日 (木) 06時11分

こんにちは~♪

伊坂ファンの一人です。
2月に「砂漠」と「モダンタイムス」を読みました。

「砂漠」は大学生活に起こった出来事で、「モダンタイムス」は”ネット”に関係してる話で怖ろしかったです。
井坂さんの作品に出てくる人物は魅力ある人ばかりですね~^^
両方面白かったですよ~^^

「重力ピエロ」は私も大好きな作品です。
映画も面白かったですよね。
「アヒルと鴨のコインロッカー」も映画も原作も面白かったです。
ただ猫のシーンは猫好きの私にはきつかったです。

ひろちゃんが言ってるように、他の作品に出てきてた人物がチョコチョコ現れて、探すのも面白いですよ。

伊坂さんつながりで「モダンタイムス」をTBさせてもらいますね。

投稿: にくきゅ~う★ | 2010年4月 6日 (火) 18時29分

ひろちゃんさん、こんにちは!

伊坂さんの作品はファンの方が多いですねー。
映画化が多いのもわかる気がします。
お薦めいただいた作品、読んでみますねー。
感想お待ちください。
ではでは。

投稿: はらやん | 2010年4月 6日 (火) 05時40分

こんばんは☆彡

伊坂さんの本は、それなりにみんな私は
好きですが、短編集で良いなら、『死神の精度』『チルドレン』が私は好きです^^

他に読んだのは、『陽気なギャングは地球を回す』、『グラスホッパー』『ラッシュライフ』『オーデュポンの祈り』だったかな・・
それぞれにやはり好きです(^^ゞ

今のところ、1番好きなのは、『重力ピエロ』なんですけど(笑)

読書家のはらやんさんにお薦めなんて
おこがましいのですが、一応コメント
させて頂きました♪
こにさんがおっしゃっているように初期の
作品からと言うのがいいかもしれませんね(^_-)-☆

伊坂さんの本のはらやんさんの感想が
楽しみです♪

投稿: ひろちゃん | 2010年4月 5日 (月) 01時14分

こにさん、こんにちは!

「アヒルと鴨のコインロッカー」は読みましたが、確かにちょっと動物虐待のところはぐっとくるところがありましたよね。
そういう行為に対する純粋な者の怒りや憤りみたいなものが伊坂作品には通じているのかもしれないですね。
初期作品から順繰り読んでみます!

投稿: はらやん(管理人) | 2010年4月 4日 (日) 16時26分

こんにちは♪

アヒルと鴨のコインロッカー
での動物虐待

オーデュボンの祈り
での殺害シーン
など

ヘビーだなぁ
と思いますが
はらやんさんの仰る通り読後は爽快感が残る
不思議な作家さんですよね

他の作品を読まれるのなら
初期の作品から順に読むことをお薦めします


(*^.^*)

投稿: こに | 2010年4月 4日 (日) 10時10分

ひろちゃんさん、こんにちは!

けっこう扱っている題材は非現実的なんですけど、それでもとても人の気持ちが描かれているのが、伊坂さんの魅力ですよね。
文章も読んでいて気持ちいいですし。
次は何にしようかなー。
お薦めありますか?

投稿: はらやん(管理人) | 2010年4月 4日 (日) 06時30分

こちらにもお邪魔します♪
私が伊坂さんにハマったのは、この
作品からでした。実はこの本、友人に借りたのですが、手元に置きたくて譲ってもらっちゃいました(笑)

>うーん、上手く表現できないのですが、
わかってくれる方いらっしゃいますよね・・・?)
すっごくよくわかります^^
ほんと、すっと心に入ってきますよね(^_-)-☆

伊坂さんの作品全部は読んでいませんが
この本を読んでから、たて続けに10冊
くらい読みました(笑)

伊坂さんの作品ってその作品に出てきた登場人物が、別の作品に出ているって言うのも
たくさん読んで行くと出てくるので、また一つの楽しみになってます♪

はらやんさん、伊坂作品、次は何を読まれるのかな?

投稿: ひろちゃん | 2010年4月 4日 (日) 01時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/47985797

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「重力ピエロ」:

» ■モダンタイムス■伊坂幸太郎 [猫とHidamariで]
モダンタイムス 伊坂幸太郎講談社モダンタイムスモダンタイムス特別版漫画家の花沢健吾さんの挿絵入検索から、監視が始まる。漫画週刊誌「モーニング」で連載された、伊坂作品最長1200枚。岡本猛はいきなり現われ脅す。「勇気はあるか?」渡辺拓海は言う。「勇気は実家に...... [続きを読む]

受信: 2010年4月 6日 (火) 18時28分

» 【本】重力ピエロ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
          『重力ピエロ』     伊坂幸太郎     新潮文庫【comment】遅れ馳せながら(汗)、近年稀に見る才能のキラメキに出会った気がした―魅力溢れるキャラクター、惹き込まれる題材、深遠で切なく考えさせられるテーマ、そして心地良い文体のリズムとセンスの良いユーモア・・・とても面白い小説だった―「由香ちゃんはきっと好きだと思うよ―」今回私にこの本を薦めてくれたのは、敬愛するお友達の娘さん、中学3年生の女の子だ。どうやら私は、中学生にまで見抜かれるくらいの単純構造人間らしく、彼女が思っ... [続きを読む]

受信: 2010年4月 7日 (水) 22時37分

» 重力ピエロ (井坂幸太郎) [花ごよみ]
結構、読むのに時間が、 かかってしまいました。 ただ集中して読める時間が、 余りとれなかったことも、 大きな理由ですが、 少しずつゆっくり読んでいっても、 話に楽について行ける そんな物語でした。 優しい父、亡くなった美くしい母、 弟、春と、兄、泉水。 血のつながりは半分だけ、 でも、僕とお兄ちゃんは最強。 血のつながりなんかどうでもいい 最強の家族の話。  春は初めて洞窟壁画を描いた  ホモサピエンス、 つまりはクロマニヨン人の末裔。 クロマニヨン人って、  この本より、一つ前に読ん... [続きを読む]

受信: 2010年4月11日 (日) 07時56分

» 重力ピエロ [悠雅的生活]
伊坂幸太郎 著新潮文庫 [続きを読む]

受信: 2010年4月11日 (日) 23時54分

» 本「重力ピエロ」伊坂幸太郎 [日々のつぶやき]
 ☆本プロからの移行☆  2006/7/12 私の好きな伊坂作品とはちょっとテイストが違うようでした。どちらかと言うと「オーデュボンの祈り」の雰囲気に近いような・・。実際ちょっとだけリンクする場面もありましたし。 遺伝子の関連の会社に勤める兄の泉水、壁の落書きを... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 12時32分

» 本『重力ピエロ』伊坂幸太郎 [日々のつぶやき]
再読です。 以前読んだのは平成18年の7月・・すっかり細かなストーリー忘れています。 前の感想はこちら → ☆ 間もなく映画が公開になるので原作読みたくなっちゃいました。 今回は前読んだ時とは違い、ストーリーを追うのではなく一つ一つの会話などをじ... [続きを読む]

受信: 2010年4月16日 (金) 16時54分

» 伊坂幸太郎 『重力ピエロ』 [映画な日々。読書な日々。]
重力ピエロ/伊坂 幸太郎 ¥660 Amazon.co.jp 兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そしてその... [続きを読む]

受信: 2010年6月 7日 (月) 15時17分

« 「噂のモーガン夫妻」 プライドと期待 | トップページ | 「ソラニン」 夢を追うこと、止めること »