« 本 「宇宙から恐怖がやってくる! -地球滅亡9つのシナリオ-」 | トップページ | 本 「エデン」 »

2010年4月24日 (土)

「シャッター アイランド」 「騙される快感」がない

マーティン・スコセッシ&レオナルド・ディカプリオの名コンビが挑むミステリー。
あおりが効いた予告編にミステリー好きの血が騒ぎ、期待していたのだが・・・。
・・・ううむ、これはちょっといかがなものだろうか・・・。

<ここからはネタバレ&辛口モードなので注意>

まずはこの作品は予告編がいけない。
両端が割れた2本の平行線。
片方の線は先割れが内側に、もう片方の線は先割れが外側に。
同じ長さだが、長さが違って見えるという有名な錯視の例をあげ、見えるものを信じるなという趣旨の予告でした。
そして本編上映前にも丁寧に、見えるものが真実ではない、謎が解けるかという挑戦状めいた前振りがありました。
これはミステリーとしてあおりたいという気持ちが表れているのだと思いますが、こういう予告だと観客ははなからすべてを疑ってしまうわけです。
つまりはディカプリオ演じるテディ保安官の言うこと、見ることを額面通り信じるわけがないのです。
カンがいい人だと「シークレット ウインドウ」と同じ仕掛けかなと、わかるんではないでしょうか。
実際にその通りでしたが。
優れたミステリーというのは、読む人、見る人に気づかないようにミスリードを巧妙に行ったうえで最後に種明かしをすることにより「ヤラレタ!」と思わせるのです。
このとき観客はその手際がよいほどに「騙される快感」に浸れるのだと思います。
本作は「だますぞ、だますぞ」と最初から言うものだから、観る側は警戒心をもって観てしまうのです。
これによって「騙される快感」を奪っているような気がしてならないのです。
そういう意味で本作の予告編やプロモーションは誤っているような気がします。

またミステリーとしても中途半端なところを感じました。
「ツイン・ピークス」のような虚実が一緒くたになって現実と非現実が混ざり合って混沌としているわけでもなく。
「シックス・センス」のように精巧に組み立てられた大仕掛けがあるわけでもなく。
こういう物語自体が仕掛けとなるタイプのミステリーは精密機械のように組み立てられた構成か、もしくは現実と非現実の入り交じったカオスかといった極端なものしか成功しないような気がします。
そういう意味で本作は中途半端であった気がします。
テディの見る幻想・夢に現れるイメージと、テディが体験している(と思っている)現実の共通点を見ていくと真実というのは早々に想像できます。
姿が見えないレディス=テディであるというのは事前のあおりによりだいたい想像できるので、そうなると細かい伏線はだいたい読めてしまうわけです。
逆にあおりがない状態で見た場合、前半はテディの現実と夢・幻想が断片的に積み重なっているだけなので、実は脈略がない感じにも見えるような気がします。
僕がずっと批判的に書いているあおり予告も、実際のところそういう風にしないと観客がわけがわからん状態になってしまうことへの対策ではないかと思えるほどです。
最初にテディが怪しいという疑いを持って観てもらえれば、伏線を探そう探そうと集中して観てもらえるのではという思惑があったという感じがしなくもありません。
話題になっている超訳日本語版もそういうわかりにくさへの対処ではないでしょうか。
そういう意味でミステリーとしてはあまり出来がいい作品とは思えませんでした。

騙すなら、見事に騙してほしかった。
うーん、辛口。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「宇宙から恐怖がやってくる! -地球滅亡9つのシナリオ-」 | トップページ | 本 「エデン」 »

コメント

はるみんさん、こんばんは!

そうですね、予告の出来で作品への期待度が上がったり下がったりしますよね。
あんまり上がりすぎてもハードルが高くなってしまうので難しいところです。
予告編作りは興行的にも大事なところですよね。

投稿: はらやん | 2013年10月19日 (土) 09時27分

はらやんさん、TBありがとうございます。

今頃ですが観ました。
私は何気に借りたので(たぶん何かと勘違いして)、何も知らず真っ新な気持ちで見たので、途中なんとなく~?って思いながらもドキドキさせられ楽しめました。
予告って難しいですね。見所出し過ぎてるのもありますよね。
まだどんな映画かよく分からない方がいいかなって思います。

投稿: はるみん | 2013年10月16日 (水) 00時53分

ノルウェーまだ〜むさん、こんにちは!

ディカプリオの演技は良かったんですよね。
彼は年をとるごとに深みがでてきて、いい感じの役者さんになってきました。
それだけに、日本の配給会社の煽り広告はいかがなものかと・・・。
完全にこれは広告戦略ミスです。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年5月29日 (土) 16時01分

はらやんさん、こんにちは☆
私はロンドンにいて、日本の煽りCMを見ていなかったせいか、存分に楽しめました。
(勿論日本語字幕で)
勿論、最初は訳わかんなくて、ミステリアスな雰囲気を楽しめたし、途中から謎が解けても、それはそれでディカプリオの演技を楽しむことが出来ました。
なので、もう一度注意深く観たいナァ~と。
煽らなければ、2回劇場に足を運んでもらえたかもですね。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2010年5月26日 (水) 16時48分

ななさん、こんにちは!

予告がはなからミスリードなんですよね。
おっしゃるとおり俳優さんの演技も良かったので、素直な気持ちで見せてもらったほうがよかったですねー。
配給側は観客がわからないと思ったのかな?
それはそれで観客を侮っている感じがしますね。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年4月29日 (木) 06時35分

たまさん、こんばんは!

僕もわかりにくいのではないかという配給側の不安をとるための予告であったのではと思ってしまいました。
でもそれで純粋に観ようという気持ちはなくなってしまうわけで、結果的に作品にとって良かったのかな?と思いました。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年4月28日 (水) 20時06分

こんばんは

たしかにあの「目の錯覚」を持ち出すのは不適切でしたね。
なんか方向がまったく違うような・・・・

まっさらの気持ちで観た方がずっと楽しめたと思います。
謎解きにこだわらなくても
ストーリーや人間ドラマそのものでも
十分面白い作品なのになぁ。

投稿: なな | 2010年4月27日 (火) 21時02分

この作品はやはり宣伝がいけませんでしたね。
こういう宣伝だと、いったいどんな話なのか理解しにくい観客への
前もった対策だと思ってしまいます。
確かに、この宣伝がなかったら、
特に中盤かなり退屈な映画になっていたのではないか、、
という危惧もあります。
もう一度見て、また判断しようと思います。

投稿: たまさん | 2010年4月27日 (火) 14時58分

piattさん、こんばんは!

みなさん、あの予告編は・・・って感想ですよね。
あまりあおり過ぎると素直に楽しめなくなります。
役者さんの演技は良かったのでもったいないなと思いました。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年4月26日 (月) 22時12分

こんばんは、いつもTBありがとうございます。

ほんとに邪魔でした。アレは・・・(笑)。
私も辛口でレビュー書いてしまいましたが、
内容は謎解き以外でも楽しめる場面や台詞がかなりあり
もったいないなぁと思って観ました。

今後、映画会社の反省材料にして頂ければ、と思います。

結末は原作とはちょっと違ってますが、
謎解きの初級編のオチということで、深読みしない方が
楽しめるようですね。

投稿: piatt | 2010年4月26日 (月) 21時02分

sakuraiさん、こんばんは!

ほんと予告編であおり過ぎですよね。
ディカプリオは最近観るごとに渋みもでてきていい感じになったのに、もったいないです。
あの時代はロボトミーなども画期的な治療法とされていたんですよね。
最後の選択はぐっとくるものありました。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年4月26日 (月) 20時45分

ほんとに、役者さんたちは、みんな素晴らしい演技で、そこを堪能できたはずなのに、「だましますよ!!」といわれたら、見るほうは、はなっから見方が構えますよね。
完全に予告と、宣伝の間違いだったと思います。
あたしは、その辺のミステリーの部分よりも、戦争のトラウマとか、赤狩りとか、そこから派生する精神病院のあり方なんかがとっても興味深く見れたんで、よしとしてます。

投稿: sakurai | 2010年4月26日 (月) 16時07分

kiraさん、こんばんは!

ディカプリオはいい演技をしていましたよね。
この人はどんどん演技に凄みがでてきます。
次回作の「インセプション」も謎ものですよね。
これもノーラン監督なので、ちょっと期待してしまいます。
でも今回の反省を元に素で挑みたいと思います。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年4月25日 (日) 19時10分

こんにちは♪
最近の自分の傾向を省みても、騙されていたことのカイカンは
とても重要な気がしますね。
最近では「半分の月・・」がそうでしたが、大抵の場合
年齢から来る経験値が、そうさせてくれません(笑)
これは最初からある程度予想していましたので皆さんとは大きく見方が違っていたようです。
レオの演技を楽しみました。
次回作も、予告等に目をつぶり、まっさらな状態で楽しもうと思いますwink

投稿: kira | 2010年4月25日 (日) 14時08分

たいむさん、こんにちは!

そうですよー、宣伝でちょっとあおりすぎていたかなあ。
観る側としては変に力を入れて観てしまいますよね。
次の作品はけっこう期待しています。
ノーランだし、不可思議な世界になりそうな気がします。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年4月25日 (日) 06時41分

こんにちは。
「騙すぞ、騙すぞ」と感じてられたのは、すべてあの宣伝活動のせいじゃないかと。
内容は良くできていると思うのだけど、そのおかげで台無しになっちゃった気がしてます。
でも、次のレオ出演作も騙し系?
ヘンに作用しないといいのだけどな。

投稿: たいむ | 2010年4月24日 (土) 16時47分

KLYさん、こんにちは!

予告編、あおり過ぎですよね〜。
僕も最初の方は「少しの手がかりも見逃すまい!」とガン見してしまいました。
あまりあおり過ぎるとちょっとやそっとじゃ驚かないですよねえ。
最後の台詞だけは良かったですが、全体的にはううむ・・・。

投稿: はらやん | 2010年4月24日 (土) 12時15分

予告は良くないですよね。完全にミスリードされました。ま、自分が悪いんですけど…
とにかく超ガン見。院長の部屋で話してる時の後ろの時計は何時指してるとかね。ええ、何にも関係なかったですけど。っていうか、普通に観てたら「え?」って拍子抜けするぐらい強調してるし。^^;
最後の最後までこのままじゃ終わらないぞぉぉ!って自分に言い聞かせてましたが、このままで終わりました。(笑)

投稿: KLY | 2010年4月24日 (土) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/48163996

この記事へのトラックバック一覧です: 「シャッター アイランド」 「騙される快感」がない:

» シャッター アイランド / Shutter Island [勝手に映画評]
まず最初に記しておきます。この映画は、ネタバレ禁止です。 1954年。ボストン沖合で、精神を病んだ犯罪者の収容施設が設置されているシャッター アイランド。脱出不能の施設から女性患者が行方不明に。レオナルド・ディカプリオ演じる連邦保安官テディ・ダニエルズは、その謎を解くべく、島へと赴いた・・・。 いやぁ、ネタバレ禁止と言われても、あれで本当に良いんですか? って言うか、最後まで見ても、まだ騙されている気が・・・。何が本当で、何が虚構なのか。一応の見た目は、ああ言う、結構ビックリの結末ですけどね。似... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 08時59分

» 『シャッター アイランド』 [ラムの大通り]
※ネタバレ注。 と言ってもネタバレはしていないつもりです。 ただ、勘の鋭い方は、結果的に気づいてしまわれる箇所もあるかもしれません。 もうしわけありませんが、公開されてからお読みいただくことをお勧めします。 (原題:Shutter Island) ----この映画って、当初の予定から公開が延びてしまった作品だよね。 マーティン・スコセッシ& レオナルド・ディカプリオコンビというのに、 あまりできがよくなかったのかニャ? 「いや。全米では2月19日、No.1発進。 このコンビ作としては史上最高... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 09時36分

» シャッター アイランド [LOVE Cinemas 調布]
レオナルド・ディカプリオ主演最新作はミステリーサスペンスだ。精神障害犯罪者を収容する島“シャッター アイランド”を舞台に次々と浮かび上がる謎が主人公に襲い掛かる。共演に『帰らない日々』のマーク・ラファロ、『エレジー』のベン・キングズレー、『脳内ニューヨーク』のミシェル・ウィリアムズが出演。監督は『ディパーテッド』以来2年ぶり、ディカプリオと4は度目のコンビとなるマーティン・スコセッシ。... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 09時49分

» 前振りが逆効果?『シャッター アイランド』 [水曜日のシネマ日記]
異常な犯罪者ばかりが収容されている孤島を舞台に描かれたサスペンス映画です。 [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 09時53分

» シャッターアイランド [Akira's VOICE]
謎はたいした事ないが, ディカプリオはたいした事ある。   [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 10時18分

» 【シャッターアイランド】 [日々のつぶやき]
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キンズレー すべての謎が解けるまで、この島を出ることができない 「1954年9月、ボストンから遠く離れた孤島の犯罪者専用のアッシュクリフ精神病院から一人の女性の姿が消え... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 10時54分

» シャッターアイランド(2009)字幕版 [銅版画制作の日々]
                              全ての“謎”が解けるまで               この島を出る事はできない。 公開初日に鑑賞しました。今回はMOVX京都で、、、、、超吹き替え版で観るべきでした(涙) レオナルド・ディカプリオ主演、監督はマーティン・スコセッシ。これで4度目のタッグとなるそうです。う〜んなるほど、こういうオチだったんだ!私は見抜けなかった(汗)情けないわ〜〜。一体誰を信じたらいいのかとデカプリオと同じ立場になっちゃいましたよ。だってそういう目線で物語... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 11時15分

» シャッター アイランド 日本語吹替版 (試写会) [風に吹かれて]
何が真実か見極めてこの謎を解け公式サイト http://www.s-island.jp4月9日公開同名小説(デニス・ルヘイン著)の映画化監督: マーティン・スコセッシ出演: レオナルド・ディカプリオ  [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 12時32分

» シャッターアイランド/Shutter Island [いい加減社長の映画日記]
マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオのコンビ。 かなり前から予告編も流れていて、そのミステリアスな感じに期待が高まっていて。 公開日に、会社をちょっと早めに抜け出して、「シャッターアイランド」を鑑賞。「UCとしまえん」は、金曜日の夕方としては、普通かな。 「シャッターアイランド」は、大きめのスクリーンで、4割程度。 【ストーリー】 1954年9月、ボストンのはるか沖合に浮かぶ孤島“シャッター アイランド”。 精神を患った犯罪者を収容するアッシュクリフ病院で、鍵のかかった病室から女性患... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 12時39分

» シャッター アイランド [ともやの映画大好きっ!]
(原題:SHUTTER ISLAND) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) クリント・イーストウッド監督の「ミスティック・リバー」やベン・アフレック監督の「ゴーン・ベイビー・ゴーン」の原作を手掛けたデニス・ルヘインの同名小説を映像化。 精神を患った犯罪者だけを収容する絶海の孤島を舞台に、ある目的を秘めながらこの地を訪れた連邦保安官が、謎と混乱と恐怖に呑み込まれていく様を描いたミステリー・サスペンス。 1954年9月。連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)と相棒の... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 12時45分

» 劇場鑑賞「シャッターアイランド」 [日々“是”精進!]
オリジナル・サウンドトラックシャッターアイランド「シャッターアイランド」を鑑賞してきましたマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオの4度目のタッグとなるミス... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 13時21分

» シャッター アイランド [そーれりぽーと]
今時M・ナイト・シャマランの映画でもありえないくらいに「この謎を解くことは出来るのか?」と挑戦的な宣伝文句でハードルを上げまくってきたこの映画。 さらに「字幕じゃ大事なシーンを見逃してしまうから」と超日本語吹替版等と銘打ったものまで用意する程の丁寧っぷり。 あんまりしつこく言うもんだから、よっぽど誰にも謎が解けなくてラストで驚かしてくれる映画なのかと思って『シャッター アイランド』を観てきました。 ★★★ 何も言っちゃいけないらしいので、イキナリネタバレ全開でいきますが、観てない方は読まないように... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 15時23分

» 「シャッター アイランド」みた。 [たいむのひとりごと]
謎解きだの、脳が作り出しただのうんぬん。どうも煽り過ぎが逆効果なんじゃないかなぁ~という印象。この手の映画に良くある上映開始前のお約束「ネタばれはしないように」とのお達しなので、無粋なことはしないけれ... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 16時37分

» シャッター・アイランド [★YUKAの気ままな有閑日記★]
少し前に原作を読みました〜 『シャッター・アイランド』デニス・ルヘイン原作本の発売当時、“ラストが袋綴じになっていた”―というネタばれ厳禁ストーリーがどう映画化されたのか気になっていました【story】精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメッセージを残して姿を消す。孤島で起きた不可解な失踪事件の担当になった連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、この孤島の怪しさに気付き始める―     監督 : マーティ... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 16時59分

» シャッターアイランド [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『全ての“謎”が解けるまで この島を出る事はできない。』  コチラの「シャッターアイランド」は、精神を患った犯罪者だけを収容する絶海の孤島「シャッターアイランド」を舞台に、4度目となるマーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演で、描かれる4/...... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 18時05分

» シャッター アイランド/レオナルド・ディカプリオ [カノンな日々]
シネコンで最初に宣伝ポスターを見かけたのはたしか1年以上も前だったと思うのですが、それ以来とても興味を持っていたのになかなか公開日も発表されず劇場予告編もかからずでけっこう長い月日気になり続けていた作品なんですよね。ようやく公開となってとても嬉しいんですけ...... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 21時35分

» 『シャッターアイランド』(2009)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:SHUTTERISLAND監督:マーティン・スコセッシ原作:デニス・ルヘイン出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キンズレー公式サイトはこちら。<Story>1954... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 22時01分

» シャッター・アイランド [りらの感想日記♪]
【シャッター・アイランド】 ★★★★☆ 試写会(7)ストーリー ボストンの遥か沖合に浮かぶ孤島“シャッター アイランド”。そこに、精神を患っ [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 22時09分

» シャッターアイランド [Diarydiary! ]
《シャッターアイランド》 2009年 アメリカ映画 - 原題 -SHUTTER [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 22時14分

» 『シャッター アイランド』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「シャッター アイランド」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 レータ・カログリディス□原作 デニス・ルヘイン □キャスト レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、パトリシア・クラークソン、マックス・フォン・シドー、エミリー・モーティマー、ジャッキー・アール・ヘイリー、イライアス・コティーズ、テッド・レヴィン、ジョン・キャロル・リンチ、クリストファー・デナム■鑑賞日 4月11日(日)■劇場 チネチッタ■c... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 23時53分

» 映画レビュー「シャッター アイランド」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
シャッター アイランド オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆孤島が舞台の謎解きミステリーの秀作。幻想的な心象風景が美しく、映像センスに鋭さがある。 【70点】 1954年のアメリカ。連邦保安官のテディは、精神を患った犯罪者の収容施設があるシャッターアイラ...... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 23時59分

» 『シャッター アイランド』... [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:アメリカ映画、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キンズレー出演。 [続きを読む]

受信: 2010年4月25日 (日) 01時30分

» ★「シャッター アイランド」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みのシネコン2本目。 ひらりん的にはディカプリオは天才だと思ってますが、 これだーーっという、はまり役が少ないのかなーーー。 今回はバリバリのミステリーサスペンス丸出しの予告編だったので、 腕の見せ所でしょう。... [続きを読む]

受信: 2010年4月25日 (日) 02時29分

» シャッター アイランド [ダイターンクラッシュ!!]
2010年4月11日(日) 19:40~ TOHOシネマズ スカラ座 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『シャッター アイランド』公式サイト 本編上映前に、「予想だにしない衝撃的な結末は、まだご覧になっていない方に決して話さないでくれ。」とかいうような『シックスセンス』な臆面の無い煽りが入る。 本来大期待となるのだが(インドの人のとか大抵ガッカリだけど・・・)、そこはマーティン・スコセッシが、そんなの得意と思えないので、「あっそっ」程度で終わってしまった。... [続きを読む]

受信: 2010年4月25日 (日) 03時04分

» 「シャッター アイランド」 [みんなシネマいいのに!]
 精神が病んだ犯罪者だけを収容する絶海の孤島“シャッターアイランド”で鍵のかかっ [続きを読む]

受信: 2010年4月25日 (日) 08時04分

» シャッター アイランド [小部屋日記]
Shutter Island(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ/マーク・ラファロ/ベン・キングズレー/ミシェル・ウィリアムズ/エミリー・モーティマー/パトリシア・クラークソン/マックス・フォン・シドー/ジャッキー・アール・ヘイリー 全ての“謎”が解けるまで この島を出る事はできない。 「ミスティック・リバー」のデニス・ルヘイン原作の同名小説をマーティン・スコセッシ監督&レオナルド・ディカプリオ主演で映画化。謎解きミステリーというよ... [続きを読む]

受信: 2010年4月25日 (日) 08時56分

» 「シャッターアイランド」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                            「シャッターアイランド」 中野サンプラザにて、試写会。 監督・マーティン・スコセッシ 今回は<超>日本語吹き替え版(何が<超>なのかよく解りませんが)の試写でした。 いや〜、謎が謎を呼ぶサスペンス・ミステリーだけに、ネタバレ厳禁ですな。 あらすじは必要最小限だけにとどめます・・。 1954年9月。 連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)と新しい相棒のチャック(マーク・ラファロ)は、ある島へ向かっていた・・。 その島は... [続きを読む]

受信: 2010年4月25日 (日) 10時54分

» シャッター アイランド [映画の話でコーヒーブレイク]
う〜ん、この映画どうなんでしょう? 「史上最高のオープニング興収を記録!!」 「アカデミー賞コンビが新たにおくる、究極の謎解き映画!」 「この映画は、全てがおもしろい。」 「”閉ざされた島”の謎解きに参加せよ!!」 「最期の謎解きが解けた時、本当の驚きが待っている!」 「”超”日本語吹き替版で映像に集中せよ!」 「二度見キャンペーン実施中!」 などのコピーがおどり、 「あなたの脳を信じてはいけない」として、東大の脳研究者池谷裕二氏の 『脳は自分の都合の良い方に解釈します。この映画はあなたの「脳」を... [続きを読む]

受信: 2010年4月25日 (日) 12時33分

» シャッター アイランド [to Heart]
全ての“謎”が解けるまで この島を出る事はできない。 製作年度 2009年 原題 SHUTTER ISLAND 上映時間 138分 原作 デニス・ルヘイン 『シャッター・アイランド』(早川書房刊) 監督 マーティン・スコセッシ 出演 レオナルド・ディカプリオ/マーク・ラファロ/ベン・キングズレー/ミシェル・ウィリアムズ/エミリー・モーティマー/マックス・フォン・シドー/パトリシア・クラークソン マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオの4度目のタッグとなるミステリー・サスペンス。「ミス... [続きを読む]

受信: 2010年4月25日 (日) 13時33分

» シャッターアイランド [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
シャッター アイランド'09:米◆原題:SHUTTER ISLAND ◆監督: マーティン・スコセッシ「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」「ディパーテッド」◆出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キンズレー◆STORY◆1954年9月、ボストンのはるか....... [続きを読む]

受信: 2010年4月25日 (日) 20時16分

» シャッター アイランド [映画鑑賞★日記・・・]
【SHUTTER ISLAND】 2010/04/09公開 アメリカ PG12 138分監督:マーティン・スコセッシ出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、エミリー・モーティマー、マックス・フォン・シドー、パトリシア・クラークソン、....... [続きを読む]

受信: 2010年4月25日 (日) 22時00分

» シャッターアイランド [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
スコセッシ監督×ディカプリオ主演の4作目は、「ミステック・リバー」の人気推理作家デニス・ルへインのベストセラー小説を原作に映画化! “閉ざされた島”にやって来た捜査官を襲う底知れぬ恐怖と謎!・・・孤島の病院を舞台に描くトリッキーなサスペンス・スリラー。....... [続きを読む]

受信: 2010年4月25日 (日) 22時34分

» 【シャッター アイランド】試写会★レオナ... [猫とHidamariで]
全ての”謎”が解けるまで  この島を出る事はできない。精神を病んだ犯罪者だけを収容する島から、一人の女性が消えた―シャッターアイランドHP注意!最後の謎が解けた時  本... [続きを読む]

受信: 2010年4月25日 (日) 23時12分

» シャッターアイランド(2回目) [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[シャッターアイランド] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年32本目(30作品)です。 【あらすじ】 1954年。 精神を患った犯罪者の収容施設があるボストン沖の孤島、シャッター アイランド。 四方を海に囲まれた厳戒監..... [続きを読む]

受信: 2010年4月26日 (月) 00時34分

» シャッターアイランド [5125年映画の旅]
精神障害を患う犯罪者を収容する孤島・シャッターアイランド。そこで一人の女性患者が忽然と姿を消した。連邦保安官のダニエルズは捜査のために島を訪れるが、彼には捜査以外にある目的があった。脱出不可能の監獄島で女性はどこに消えたのか。ダニエルズが探すレディスと...... [続きを読む]

受信: 2010年4月26日 (月) 10時57分

» 「シャッター・アイランド」 [てんびんthe LIFE]
「シャッター・アイランド」ユナイテッドシネマ豊洲で観賞 ラストを人に話すなとか、ヒントがたくさんとかいろいろガイドが画面に出てくるので、最初から、全員を疑いながら観賞。 勿論、ラスト知らなかったんですが、冒頭のシーンで船がどうもインチキっぽいじゃないですか。 海が完全にCGだったし、あ、これはわざと偽物っぽく作ってあるのかと思ったわけです。 でも個人的にこういう作品には極度に騙されやすいので超吹き替え版をもう一度見た方がいいのかとちょっぴり思ったりもしました。 ところが、初めのアナウン... [続きを読む]

受信: 2010年4月26日 (月) 11時29分

» シャッターアイランド [迷宮映画館]
謎解きがどうの、よりも時代背景が面白かった。 [続きを読む]

受信: 2010年4月26日 (月) 16時05分

» シャッターアイランド~記憶は曖昧な嘘をつく~ [Piattの私的映画生活]
         1954年(昭和29年)、ボストンの遥か沖合に浮かぶ絶海の孤島“シャッターアイランド(閉ざされた島)”で     奇妙な事件が発生する。     四方を海と断崖絶壁に囲まれ、脱出はほとんど不可能というこの島には、精神を患った犯罪者を収容す     ... [続きを読む]

受信: 2010年4月26日 (月) 20時43分

» 『シャッター アイランド』 ('10初鑑賞55・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 4月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 17:20の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年4月26日 (月) 21時50分

» 映画『シャッター・アイランド』 [闘争と逃走の道程]
 映画の観賞料1800円は、貧乏人にはけっこう痛いので、1300円の前売り券を買っとくことはよくあるのだけれど、今回はそれが完全に裏目に出まし... [続きを読む]

受信: 2010年4月26日 (月) 23時50分

» 『シャッター アイランド』・・・もうひとひねり欲しかったような [SOARのパストラーレ♪]
とりあえず面白かった。ただ、“謎解き”をしきりに強調する前宣伝に少々振り回されてしまったように思う。あれで妙な先入観を持ってしまった気がするのだが、あるいはそういう誘導のための仕組まれた宣伝だったのかな。となると公開が半年近くも延期になったこと自体詮索したくなるけど・・・それは勘繰り過ぎか。... [続きを読む]

受信: 2010年4月26日 (月) 23時51分

» シャッターアイランド☆独り言 [黒猫のうたた寝]
さすがに超日本語吹替版なら寝ないだろうっと思いながらの観賞でしたが…今年初のうたた寝指数60分。原作を読んでいるから、かなり脳内補完されているせいもあるせいか、あらっと思ったらシーンが変わってる(爆)いや、確かにスコセッシ監督の作品寝てるものが多いとはいえ、... [続きを読む]

受信: 2010年4月27日 (火) 09時24分

» シャッターアイランド [花ごよみ]
監督は『ディパーテッド』の、 マーティン・スコセッシ、 レオナルド・ディカプリオが『ディパーテッド』と 同じく主演をつとめます。 舞台はある事件が起きた孤島。 この島で謎解きが展開されます。 原作はデニス・ルヘインの小説。 ディカプリオが連邦保安官の役を演じ、 この不可解な事件が起きた島を捜査します。 閉ざされた島=シャッターアイランド。 この島は精神を病んだ、 犯罪者を収容しています。 共演はマーク・ラファロ、 ベン・キングズレー。 キャッチ-コピーは〈謎解きに参加せよ〉 謎が謎を... [続きを読む]

受信: 2010年4月27日 (火) 13時15分

» 映画『シャッター アイランド』 [たまさんのHR/HM シネマカフェ]
ラストはこれから観る人に誰にも教えてはいけない。『シックス・センス』の時にもこん [続きを読む]

受信: 2010年4月27日 (火) 15時00分

» シャッターアイランド [C note]
マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオのコンビによる4作目。 原作 [続きを読む]

受信: 2010年4月27日 (火) 18時08分

» シャッターアイランド [象のロケット]
1954年。 ボストン沖合、絶海の孤島“シャッターアイランド”にある、精神を患った犯罪者を収容する“アッシュクリフ病院”の鍵のかかった病室から、女性患者レイチェルが失踪する。 捜査のため島へやってきた連邦保安官テディと相棒チャックにとって、唯一の手掛かりは、彼女が残した暗号だった…。 謎解きミステリー。 ≪全ての謎が解けるまで、この島を出る事はできない。≫... [続きを読む]

受信: 2010年4月27日 (火) 18時42分

» シャッターアイランド [虎猫の気まぐれシネマ日記]
スコセッシ&ディカプリオがタッグを組んだ作品は,正直これまでのものはどれも,私的にはイマイチだった。(「ディパーテッド」しかり,「ギャング・オブ・ニューヨークしかり,「アビエイター」しかり)だからあまり期待もせずに観たのだが,これはいろんな意味で素晴らしく,近年のレオの代表作にもなる1本だと思った。... [続きを読む]

受信: 2010年4月27日 (火) 21時03分

» シャッターアイランド [ぷち てんてん]
スコセッシ監督~~、こ!これは~~~!!☆シャッターアイランド☆(2009)マーティン・スコセッシ監督・「タクシードライバー」「ギャング・オブ・ニューヨーク」等レオナルド・... [続きを読む]

受信: 2010年4月27日 (火) 23時02分

» シャッター アイランド [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:映画は吹き替え? 字幕? 参加中 映画を、吹き替えで観るか?字幕で観るか? それが問題だ。 両方、良いところがありますよね。 字幕は、演じ手の声が聞けること、 吹き替えは、映像に集中できるし、 文字の制限が字幕ほどないのでニュアンスが伝わりや... [続きを読む]

受信: 2010年4月29日 (木) 00時15分

» ●「シャッターアイランド」 [月影の舞]
日曜日、「ウルフマン」を観た後、 同じスクリーンで「シャッターアイランド」を観る。 「ウルフマン」がガラガラだったのに比べ、 こちらはほぼ満席。 これはストーリーに少しでも触れると、 ネタバレになるという難しい映画。 ネタバレはしないけど、これから... [続きを読む]

受信: 2010年4月29日 (木) 09時18分

» 「シャッター アイランド」:枝川バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}あそこの建物、何に見える? {/kaeru_en4/}倉庫だろ。 {/hiyo_en2/}とんでもない。ロッカールームなのよ。 {/kaeru_en4/}な、なんだって!倉庫に見える建物が実はロッカールームだって!そりゃ、驚愕の事実だ。 {/hiyo_en2/}って思うような頭の持ち主が宣伝担当だったんでしょうね、「シャッター アイランド」は。 {/kaeru_en4/}「あなたの脳を信じてはいけない」とか「この映画には隠された謎がたくさんあります」とか、挙句の果てには「絶... [続きを読む]

受信: 2010年4月29日 (木) 16時38分

» 『シャッター アイランド』 (2010) [よーじっくのここちいい空間]
別の観方をするべき作品なのかもしれませんが、主人公の「心理」とか「切なさ」とかが胸に迫ってくる作品として創るなら、構成・展開は、かなり破天荒にしたほうが面白かったかもしれません。... [続きを読む]

受信: 2010年4月29日 (木) 19時41分

» シャッターアイランド/Shutter Island [いい加減社長の日記]
マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオのコンビ。 かなり前から予告編も流れていて、そのミステリアスな感じに期待が高まっていて。 公開日に、会社をちょっと早めに抜け出して、「シャッターアイランド 」を鑑賞。... [続きを読む]

受信: 2010年4月29日 (木) 23時32分

» シャッター・アイランド~騙されたのか? [Osaka-cinema-cafe]
恐らく、期待した映画ほど期待はずれになることも 多いはず。 この映画もかなり宣伝が上手く、かなり煽る映像で これは見に行かないと、思い、でも、この手の映画って、 よくあるパターンもあるしなあと、考えつつ映画館へ 映画「シャッター・アイランド」 あらすじ: 精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、 シャッター アイランド。 厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎の メッセージを残して姿を消す。 孤島で起きた不可解な失踪(しっ... [続きを読む]

受信: 2010年4月29日 (木) 23時58分

» シャッターアイランド [★ Shaberiba ]
巧妙に仕組まれた映像!?確かにもう1回見直したくなる作品だ(笑) [続きを読む]

受信: 2010年4月30日 (金) 22時39分

» 『シャッターアイランド』お薦め映画 [名機ALPS(アルプス)MDプリンタ]
人間の心こそ最大のミステリー。何分で仕掛けに気づくか、同伴者と競うも良し。ラストについて、自説を語るも良し。または肩ひじ張らず、素直に観てしっかり騙されるのも楽しいお薦め作品だ。... [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 01時58分

» シャッターアイランド [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
全ての“謎”が解けるまでこの島を出る事はできない。 [続きを読む]

受信: 2010年5月 5日 (水) 00時56分

» 『シャッター アイランド』 配給会社のばかな宣伝展開が、映画の良さを台無しに… [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
にほんブログ村 『シャッター アイランド』 ディカプリオ主演、“究極の謎解きサスペンス”というふれ込みの映画です。 早くも、“リピーター(二度見)続出”だ、そうです。 そもそも、そういう宣伝・PRの切り口が、 この映画の本当の良さを台無しにしていま... [続きを読む]

受信: 2010年5月 5日 (水) 15時47分

» No.215 シャッターアイランド [気ままな映画生活]
予告編も含めて、あらゆるメディアでこの謎に 挑みどの時点で真相が掴めるのか・・・と 煽り文句を並べた映画というのは過去に、あったけど 今回も過大解釈をせずに、観賞しました。 [続きを読む]

受信: 2010年5月 5日 (水) 16時53分

» シャッターアイランド [愛猫レオンとシネマな毎日]
「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ監督の最新作です。 主演は、レオナルド・ディカプリオ。 もう何度もタッグを組んで、息もピッタリの二人です。 精神障害の犯罪者だけを収容する島”シャッターアイランド” 四方を海に囲まれた絶海の孤島を舞台にしたミステリーでした。 こういった作品のレビューは難しいですね。 詳しく書いちゃうと、ネタバレになっちゃって、面白さが半減しちゃいますから・・・ ですから、レビューを2つに分けました。 *******まだ見られてない方へ******* 宣伝しているよ... [続きを読む]

受信: 2010年5月 8日 (土) 21時54分

» 『シャッターアイランド』 [唐揚げ大好き!]
  全ての”謎”が解けるまで この島を出る事はできない。   ■四方に海に囲まれた厳戒な監視体制の「閉ざされた島<シャッターアイランド>」から一人の女が煙のように消えた。そこには「暗号」が残されていた。解けば解くほど謎は深まっていく。この島はいったい何... [続きを読む]

受信: 2010年5月12日 (水) 05時56分

» ★ 『シャッターアイランド』 [映画の感想文日記]
2009年。アメリカ。Shutter Island.   マーティン・スコセッシ監督。デニス・ルヘイン原作。  あまり評判が良くない映画、これほどすばらしい映画がなぜつまらない映画だとみなされてしまうのか、すべての責任は配給会社の宣伝企画にあるように見... [続きを読む]

受信: 2010年5月13日 (木) 23時04分

» 10-114「シャッターアイランド」(アメリカ) [CINECHANの映画感想]
モンスターとして生きるか、人間として死ぬか  ボストンの遥か沖合に浮かぶ孤島“シャッター アイランド”。そこに、精神を患った犯罪者を収容するアッシュクリフ病院があり、厳重な監視の下に運営されていた。  ところが1954年9月、レイチェルという女性患者が忽然と姿を消してしまう。事件を調べるため、連邦保安官のテディが新たな相棒チャックと共に島を訪れる。折しも、激しい嵐が近づいており、捜査の行方に不安がよぎる。  さっそく2人は、患者たちへの聞き込みを開始するが、テディは事件と無関係な“ア...... [続きを読む]

受信: 2010年5月14日 (金) 00時49分

» 487: シャッター アイランド [さくらの映画スイッチ]
Someone is missing. [続きを読む]

受信: 2010年5月23日 (日) 06時15分

» 映画:シャッターアイランド [よしなしごと]
 もう終わってしまった映画館も多いですが、本格的ミステリーがおもしろそうなシャッター アイランドを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2010年5月23日 (日) 18時30分

» 「シャッターアイランド」デカプリオの演技力 [ノルウェー暮らし・イン・London]
甘いマスクで一世を風靡したディカプリオも、最近はすっかり貫禄がついてしまったけど、演技のほうは・・・? と思っていたら、ごめんなさい。 いつの間にか、しっかり演技派俳優になっていたとは・・・・ しかし、その丸顔ベビーフェイスが災いして~... [続きを読む]

受信: 2010年5月26日 (水) 16時30分

» ♯25 「シャッター アイランド」 [ここはここ]
映画 「シャッター アイランド」 Shutter Island を観ました        マーティン・スコセッシ監督 2009年 アメリカ 私、英語も出来ませんが、日本語聞き取りもヘタでございます。 よって、場面を見逃すな!と宣伝お勧めの超吹替版ではなく字幕で観てきました。 未見の方の為にネタバレしないでね〜とお願いされても、 何を書いてもネタバレになりそうな私には無理だ〜と、 以下、未見の方でネタバレ嫌な方は読まないで下さいね〜と、お願いしときます。 (先に謝罪しときます、文章はひどいっス・・... [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 02時24分

» シャッター アイランド (Shutter Island) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 マーティン・スコセッシ 主演 レオナルド・ディカプリオ 2010年 アメリカ映画 138分 サスペンス 採点★★★ “ショック死したらハワイにお墓を建ててあげます!”とか“戦慄のサーカム・サウンド!”とか、なんのことかサッパリ分かりませんが、やたらと魅惑…... [続きを読む]

受信: 2010年9月18日 (土) 10時49分

» シャッター アイランド(2009) SHUTTER ISLAND 138分 [極私的映画論+α]
 2度見ました? [続きを読む]

受信: 2010年9月23日 (木) 06時33分

» 「シャッターアイランド」(SHUTTER ISLAND) [シネマ・ワンダーランド]
名作「タクシードライバー」や、「ニューヨーク・ニューヨーク」「ギャング・オブ・ニューヨーク」などの作品で知られる、鬼才マーティン・スコセッシ監督がレオナルド・ディカプリオを主演に、メガホンを執った驚愕(きょうがく)のサスペンス「シャッターアイランド」(2009年、米、138分、パラマウント映画配給)。この映画は。精神をわずらった犯罪者を収容する医療施設が存在する絶海の孤島、‘シャッターアイランド’を舞台に同島へ乗り込んだ連邦保安官が次第に恐怖と混とんの中に呑み込まれていくさまを、重厚な映像...... [続きを読む]

受信: 2010年10月 6日 (水) 01時33分

» 【映画】シャッターアイランド [★紅茶屋ロンド★]
<シャッターアイランド を観ました> 原題:Shutter Island 製作:2010年アメリカ ←クリックしてね♪ランキング参加中 今更なんですが、シャッターアイランドみましたー。 ヤプログさんから試写会当たっていたのに、バイトで観にいけなかったというお決まりのパターン。 試写会は超日本語吹き替え版として、新たな試みだったようですが、一般的に評価はどうだったんでしょうかね?結局DVDは初期設定が日本語字幕だったのでそのまま観ました。 一瞬の顔の表情も見逃さないように…と、台詞を追うこと... [続きを読む]

受信: 2010年10月10日 (日) 19時21分

» シャッター アイランド [ぶっちゃけ…独り言?]
4点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) マーティン・スコセッシ×レオナルド・ディカプリオです。 数年前ならwktk状態、期待値も上がりまくりだったかもしれませ...... [続きを読む]

受信: 2010年11月 1日 (月) 02時38分

» mini review 10501「シャッター アイランド」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
『ディパーテッド』のマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが再びタッグを組んだ、不可解な事件が起きた孤島を舞台に、謎解きを展開する本格ミステリー大作。原作は『ミスティック・リバー』の著...... [続きを読む]

受信: 2010年11月13日 (土) 05時52分

» シャッター アイランド [ルナのシネマ缶]
ちょっと前に再映館にて 鑑賞してきました。 なるほどねぇ・・・・ 酷評が多かったわけは、 たぶん後味の悪いオチというか、 この消化不良な気分の せいでしょうかねぇー。 精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッターアイランド。 厳重に管理された施設から、一人の女性患者が姿を消す。 孤島で起きた不可解な失踪事件の担当になった 連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、 この孤島の怪しさに気付き始めるのだが・・・。 映画の冒頭で『この映画の最後... [続きを読む]

受信: 2010年11月22日 (月) 23時40分

» 【映画】シャッター アイランド…スコセッシが宇宙人とか云うハズないので安心 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
三連休(※私は二連休)最後の日曜日です。 本日は…嫁さんが風邪をひいたらしく、遊びとかに行く訳にも行かず30分ほど最低限の食料品を買いに出かけただけの一日。後は溜まったHDDの中から「仮面ライダーオーズ」と「ヘタリア」を観たり、PSPで遊んだり、パソコンの前に坐...... [続きを読む]

受信: 2011年2月13日 (日) 22時33分

» シャッター アイランド [mama]
SHUTTER ISLAND 2010年:アメリカ 原作:デニス・ルへイン 監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、イライアス・コティーズ、ベン・キングズレー、パトリシア ... [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 00時09分

» 別館の予備(感想197作目 シャッターアイランド) [スポーツ瓦版]
6月5日 感想197作目 シャッターアイランド TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10907736771/1a693c0c トリック霊能力者&ゼブラシティの逆襲&ハルヒの消失& パイレ ... [続きを読む]

受信: 2011年6月 5日 (日) 12時03分

» DVD『シャッター アイランド/SHUTTER ISLAND』 [オタマ・レベルアップ]
DVD『シャッター アイランド/SHUTTER ISLAND』を見たよぉ~ オフィシャル・サイト http://www.s-island.jp/ シャッター アイランド スペシャル・コレクターズ・エディション(Blu-ray Disc)価格:3,794円(税込、送料別) メディア 映画 上映時間 138分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(パラマウント) 初公開年月 2010/04/09 ジャンル ミステリー/サスペンス 映倫 PG12 解説・・・ マーティン・ス... [続きを読む]

受信: 2011年7月12日 (火) 23時41分

» シャッター アイランド [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:シャッター アイランド 制作:2009年・アメリカ 監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、エミリー・モーティマー、マックス・フォン・シドー、パトリシア・クラークソン、ジャッキー・アール・ヘイリー、イライアス・コティーズ あらすじ:精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメッセージを残して姿を消す。孤島で起きた不可解な失踪(しっ... [続きを読む]

受信: 2011年7月27日 (水) 09時01分

» シャッター アイランド [goo goo g’joobな散文日記/水野 哲]
毎日、一本(のみ)映画を観る、目標は着々と進んでます。 実は、忙しいのもあり、一年以上は、家で映画を観てませんでした。 なんでも極端なので、急激に観る、見る、といった行為に及んでますが・・・ 昨夜は「シャッター アイランド」を視ました。 この間「デ... [続きを読む]

受信: 2011年10月12日 (水) 17時37分

» 「シャッターアイランド」レオナルド・ディカプリオ 主演 [コレ、いいかも☆goo]
精神を病んだ犯罪者だけを収容し、四方八方を海に囲まれた「閉ざされた島」から一人の女が姿を消した。島全体に漂う不穏な空気、何かを隠した怪し気な職員たち、解けば解くほど深まる謎hellip;。事件の捜査に訪れた連邦保安官テディがたどり着く驚愕の真実とは!? 誰...... [続きを読む]

受信: 2012年12月 2日 (日) 23時24分

» シャッター アイランド [rambling rose]
謎が解けるまでは島から出られない・・ [続きを読む]

受信: 2013年3月14日 (木) 15時59分

» シャッターアイランド [はるみのひとり言]
DVDで観ました。精神を病んだ犯罪者だけを収容する島で、一人の女性患者が失踪。事件の担当になった連邦保安官のテディと部下のチャックが捜査のため島に来てみたら・・・。この手のパターンってあるので、途中で実は〇〇だったなんだろうなと思いながらも、最後までどっ...... [続きを読む]

受信: 2013年10月16日 (水) 00時54分

» 映画『シャッター アイランド』★人の心も、閉ざされた島かと [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
. 映画レビューしました(ネタばれなし) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id334301/rid126/p1/s0/c1/ “その後”のことは、折々、話しを詰めてみたい結末でした。 作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/150885/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 ....... [続きを読む]

受信: 2013年11月23日 (土) 17時59分

» シャッター アイランド [いやいやえん]
オチはありがちで驚くことはないものの、その間のストーリーや雰囲気がいいですね。全体の色使いや孤島という舞台、などなど…ただ、若干消化不良なのは否めないところ。 レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレーさんら豪華俳優陣が共演しています。 伏線が多岐にわたり、あとであれはなんだったのかと考えるのもこういったミステリーものの楽しみですが、今作はディカプリオの演技にかなり支えられていると思います、私彼はあまり好きじゃないんですが、レオさん今回いいですよ。とくにラストの台詞は良か... [続きを読む]

受信: 2013年11月24日 (日) 20時06分

» 映画:「シャッター アイランド」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成22年4月14日(水)#63647;。 映画:「シャッター アイランド」レポ。 監  督:マーティン・スコセッシ 原  作:デニス・ルヘイン キャスト:レオナルド・ディカプリオ・マーク・ラファロ・ベン・キングズレー・ ミシェル・ウィリアムズ・エミリー…... [続きを読む]

受信: 2013年11月26日 (火) 09時11分

« 本 「宇宙から恐怖がやってくる! -地球滅亡9つのシナリオ-」 | トップページ | 本 「エデン」 »