« 「コララインとボタンの魔女 3D」 ヒトリボッチの世界 | トップページ | 本 「オリンピックの身代金」 »

2010年3月 9日 (火)

本 「嗤う伊右衛門」

本作映画化(こちらは未見)もされましたが、有名な四谷怪談を元にした京極夏彦さんの作品です。
四谷怪談といえば、こちらも数々の映像作品にされている物語で、貞女お岩が夫伊右衛門に裏切られ、毒薬に顔を醜くされた上、死に至り、その後伊右衛門のところに祟って幽霊として出てくるというストーリーになります。
本家の物語は伊右衛門は自分の欲を優先し他人を不幸にする悪人として描かれています。
けれども、本作では伊右衛門はストイックすぎるぐらいにストイックである男として描写され、また岩もただの貞女ではなく、誇り高い激情の女として造形されているところが新しいところとなっています。
オリジナルと異なり、伊右衛門も岩も互いに相手のことを愛しているのにも関わらず、彼らが元々持っていた価値観、性格によって、相手に対する愛情表現を上手にすることができず、たがいにすれ違い、愛情があるゆえにわだかまりが大きくなっていく過程を描いています。
欲望に支配されているのは、逆に彼らの周りに登場する人物たちであり、彼らの思惑により伊右衛門と岩の間の溝も大きく広がっていってしまいます。
本家の四谷怪談は江戸時代ならではの夫婦の関係をベースにしている物語で、その時代においてはリアリティがあったと思います。
本作は舞台は江戸時代に置きながらも、岩の性格を現代女性のように自我が強い人物として描いたことにより、現代にも通じる物語になっているようになっていると思います。
伊右衛門と岩は互いに情があるにも関わらず、相手へのコミュニケーションの術を知らないという二人であり、これは現代の人々にも当てはめることができるでしょう。
ですので、伊右衛門と岩の感情がすれ違い、しだいにずれていく様は妙にリアリティがあるように感じました。
四谷怪談を大胆に翻案し、現代に通じる物語によく仕上げたなあと感心した作品でした。

「嗤う伊右衛門」京極夏彦著 角川書店 文庫 ISBN4-04-362001-2

|

« 「コララインとボタンの魔女 3D」 ヒトリボッチの世界 | トップページ | 本 「オリンピックの身代金」 »

コメント

悠雅さん、こんばんは!

>いい意味で予想を裏切られた
まさにそうですねー!
僕も京極さんは好きでかなり読んでいるのですが、こちらは有名なお岩さんの話だったので、それほど新鮮味もないだろうと後回しにしてました。
ところがほんとに元とは違い二人の哀しいラブストーリーになっていて、おっしゃるようにいい意味で裏切られました。
映画の方はあまりよくないですかー。
だったら、この好印象のままそっとしておこうかなー。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年3月14日 (日) 21時14分

『コラライン』にTBいただいてありがとうございます。
お邪魔したら、この本のご感想があったので、
コメントはこちらにお邪魔しました。

京極夏彦作品はデビュー当時からたくさん読んでいて、京極堂シリーズの大ファンですが、
そのくせ、一番好きな作品はと考えると、『嗤う伊右衛門』です。
「恨めしや、伊右衛門殿」という岩の言葉に、どれほどの思いが篭っていたのか…
読んでいて涙に暮れてしまった、いい意味で予想を裏切られたラブストーリーでした。

ちなみに、映画は蜷川幸雄演出、宇崎竜童の音楽でしたが、
小説を読んでいなければ(耳で聞いただけでは)わからないであろう単語や展開が多く、
あんまりいい評判じゃなかった気がします。
あまりに小説が好きで観に行ったんですけど、
作品としては小説のほうが好きでした。

投稿: 悠雅 | 2010年3月14日 (日) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/47763215

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「嗤う伊右衛門」:

» 【本】嗤う伊右衛門 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
        『嗤う伊右衛門』        京極夏彦       中央公論新社【comment】自称“京極夏彦”ファンだけど、暫く作品を読んでいない私。未読の作品がまだ何冊もあることに気付き、、、コチラの本を古書店で購入― -story-小股潜りの又市は、按摩の宅悦に、民谷又左衛門の娘の岩の仲人口を頼まれる。しかし、その岩は、顔は疱瘡を患い醜く崩れ、髪は縮れて白髪が混じり、腰も海老のように曲がっている醜女だった。又左衛門は、先だって又市が、娘の梅を手ごめにされた薬種問屋の依頼を受け、... [続きを読む]

受信: 2010年3月 9日 (火) 08時19分

» 「京極夏彦」の感想 [読書感想トラックバックセンター]
「京極夏彦(きょうごくなつひこ)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。 *主な作品:京極堂シリーズ、巷説百物語シリーズ、姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)、鉄鼠の檻(てっそのおり)、魍魎の匣(もうりょうのはこ)、嗤う伊右衛門(わらういえもん)、覘..... [続きを読む]

受信: 2010年3月11日 (木) 04時01分

» 嗤う伊右衛門 / 京極夏彦 著 [ただの映画好き日記]
疱瘡を病み、姿崩れても、なお凛として正しさを失わぬ女、岩。娘・岩を不憫に思うと共に、お家断絶を憂う父・民谷又左衛門。 [続きを読む]

受信: 2013年1月 3日 (木) 09時06分

» 『嗤う伊右衛門』 [観・読・聴・験 備忘録]
京極夏彦 『嗤う伊右衛門』(角川文庫)、読了。 有名な四谷怪談をモチーフにした作品です。 かなり大きく手を入れて、新しい四谷怪談になっているようですね。 一つ勉強になったのは、「お岩さん」と...... [続きを読む]

受信: 2013年6月 8日 (土) 18時36分

« 「コララインとボタンの魔女 3D」 ヒトリボッチの世界 | トップページ | 本 「オリンピックの身代金」 »