« 本 「嗤う伊右衛門」 | トップページ | 本 「アメリカの論理」 »

2010年3月10日 (水)

本 「オリンピックの身代金」

これはよくできた作品です。
最近映画では昭和ノスタルジーものといった感じの作品がよく作られています。
高度成長期の昭和という時代に対するノスタルジー、つまりは美化みたいなものを感じたりもしますが、本作はそれだけでなく、あの時代より前、そして現在まで続く日本人の性質みたいなものを描いているような気がします。
本作では犯人はオリンピックに関わる場所へ爆弾をしかけ、それにより政府より大金をせしめようとします。
物語は犯人と、それを追う警察、そして犯人の関係者という複数の視点で展開していきます。
その中で浮き彫りになってくるのが、「もはや戦後ではない」と言われ高度成長を謳歌した日本という国の明るい部分と暗い部分の格差です。
現在において東京と地方の「格差」の問題にフォーカスがあたっています。
あの時代は国民総中流化と言われ、格差がなかったかのように思われますが、本作でも描かれているように東京と地方の格差は今よりもずっとずっとあったわけです。
僕が生まれたのは東京オリンピックよりもすこしあとなのですが、思い返せば当時は風呂は石炭で湧かしていました。
たぶんびっくりする方も多いかもしれませんが、当時は全然普通だったりするのです。
日本という国は、みんな同じレベルと思いがちなのですが、実はずっと前から「格差」というものはあったということなのです。
また本作が浮き彫りにしているのは、日本人という国民の対応力・適応力の高さでしょう。
これはいい意味でも、悪い意味でもです。
戦後の焼け野原から15年でオリンピックを開催できるまでに力をつけた日本というのは、戦前の社会システムから大きく変化があったにも関わらず見事に適応し、国力をつけてきました。
これは明治維新時の適応力も同様だと思います。
またバブル景気以降の「失われた10年」で日本人は低成長とういうものを受け入れ、それに適応したとうのは海外からみても驚くべきことと言われています。
日本人という民族は社会の激変に対し、それになんとか社会全体がうまく対応してしまうというのが性質であるように思います。
ですので、日本においてマルクス主義的な「革命」というのはなかなかに難しいと感じるわけです。
本作の犯人島崎というのは、先の「格差」においては東京と地方の狭間におり、また国家から市井の国民、果てはヤクザまでが東京オリンピックを賛辞する状況において、唯一その実施に疑問をもつ人物でもあります。
島崎は、ある種の右へ倣え的な性質を持つ日本人という民族のアウトサイドに立つ人物として描かれているように思います。
彼の存在が、日本人の性質をより明確に浮き彫りにしていると思います。
以上のことがこの作品がよくできていると評するポイントなんですが、もちろんエンターテイメント小説としても完成度は高いと思います。
作品としてはボリュームがありますが、読み応えのある小説と言っていいでしょう。

「オリンピックの身代金」奥田英朗著 角川書店 ハードカバー ISBN978-4-04-873899-6

|

« 本 「嗤う伊右衛門」 | トップページ | 本 「アメリカの論理」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/47771610

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「オリンピックの身代金」:

» 「オリンピックの身代金」奥田英朗著 [千の天使がバスケットボールする]
これは映画になる。絶対になる! 1959年生まれの著者なのだが、何故か「終戦後から30年代の東京が好き」という奥田氏。そもそも年齢からいってそんな昭和の30年代の記憶なんかないだろ、とつっこみたくなるのだが、その昭和の東京にこだわり舞台にし忠実に時代の熱気と雰囲気を再現したのが本書の「オリンピックの身代金」。 1964年夏、日本は敗戦から立ち直り驚異的な復興を遂げ、世界に再生した「日本」をアピールする絶好の機会でもあるアジア初の五輪開幕を控えた東京で、謎の連続爆発事件が勃発する。あたかも警察を愚弄す... [続きを読む]

受信: 2010年3月13日 (土) 12時28分

» 奥田英朗「オリンピックの身代金」 [お花と読書と散歩、映画も好き]
昭和39年 東京オリンピック開催間近の東京 秋田の貧しい村出身でノンポリ東大院生・島崎国男は警察を狙った爆破事件を起こす 島崎国男の行動はアカと呼ばれる学生達の行動とは源を全く異にするもの 高度成長時代の始まり、日々姿を変えていく東京 その変貌を支えていたのは、地方からの出稼ぎ労働者達 出稼ぎ先で急死した兄の代わりに夏休み中飯場でアルバイトを始めた国男 今まで自分の知らなかった「底辺」の世界、そこで一生懸命働き、家族に仕送りをし、しかし決して裕福にはなれない人々との関わりを通して国男の中で価値観が... [続きを読む]

受信: 2010年3月18日 (木) 18時51分

» 奥田英朗『オリンピックの身代金』 [itchy1976の日記]
オリンピックの身代金奥田 英朗角川グループパブリッシングこのアイテムの詳細を見る 今回は、奥田英朗『オリンピックの身代金』を紹介します。東京オリンピックが開催されようとするときに、警察を狙った爆破事件が起こった。これは、国民に伝わることはなかった。最後には、オリンピックを妨害するという。内密に捜査している警察側と東大生島崎国男との攻防は見ものだ。これは、長編大作で社会派サスペンスなんだろう。物語は節ごとに、島崎国男、警察官僚を父にもつテレビ局勤務の須賀忠、警察側が交互に話が展開される。 昭和39... [続きを読む]

受信: 2010年3月20日 (土) 00時57分

» 「オリンピックの身代金」奥田英朗 [ナナメモ]
オリンピックの身代金 奥田 英朗 JUGEMテーマ:読書 昭和39年夏、オリンピック開催に沸きかえる東京で警察を狙った爆発事件が発生した。しかし、そのことが国民に伝わることはなかった。これは一人の若者が国に挑んだ反逆の狼煙だった。 語る人の視点が変わり、日付も前後しながら進む物語。面白かったです。昭和39年、オリンピックはもうすぐ。そんな時にどんどんきれいになっていく東京と電気もとまるような昔ながらの生活をする地方。東京で何不自由ない生活をする人達と地方で生きて行くのが精一杯の人... [続きを読む]

受信: 2010年3月21日 (日) 10時09分

» 「奥田英朗」の感想 [読書感想トラックバックセンター]
「奥田英朗(おくだひでお)」著作品についての感想文をトラックバックで募集しています。 *主な作品:邪魔、空中ブランコ、ウランバーナの森、イン・ザ・プール、マドンナ、ガール、延長戦に入りました、町長選挙、東京物語、最悪、サウスバウンド、真夜中のマーチ、他 書評..... [続きを読む]

受信: 2010年3月21日 (日) 14時14分

» 本「オリンピックの身代金」 [<花>の本と映画の感想]
オリンピックの身代金 奥田英朗  角川書店 2008年11月 オリンピックの身代金/奥田 英朗 ¥1,890 Amazon.co.jp 中 央テレビに似勤める須賀忠... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 21時39分

» 奥田英朗「オリンピックの身代金」 [ご本といえばblog]
奥田英朗著 「オリンピックの身代金」を読む。 このフレーズにシビれた。  日本中が待った東京オリンピックが、いよいよ始まった。 [巷の評判] キャッチヘルブルーでは, 「読みごたえ十分。/スケールの大きいサスペンス。/ラストがちょっと物足りない気もするが、大満足で...... [続きを読む]

受信: 2010年3月27日 (土) 06時48分

» 奥田英朗「最悪」 [ご本といえばblog]
奥田英朗著 「最悪」を読む。 このフレーズにシビれた。  ほら、映画なんかで外人がメイドに何かを頼むシーンがあるじゃない。たばこ買ってきてくれとか、下着洗ってくれだとか。ああいうのって、おれらにはできないじゃない。なんか自分のことで人を使うのって申し訳なくて...... [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 09時58分

» 奥田英朗「ウランバーナの森」 [ご本といえばblog]
奥田英朗著 「ウランバーナの森」を読む。 このフレーズにシビれた。  来たのか、とジョンは身を固くした。次の瞬間、自分の体からザーッと音を立てて血の気が引いていくのがわかった [巷の評判] 読書中毒では, 「自分自身のトラウマと向き合い、癒されていくジョン。最後...... [続きを読む]

受信: 2010年5月13日 (木) 08時21分

» オリンピックの身代金 [勝手に書評]
タイトル : オリンピックの身代金 著者 : 奥田英朗 出版社 : 角川書店 出版年: 2008年 ---感想--- 題材となっているオリンピックは、1964年の東京オリンピック。当時の時代背景もきちんと物語りに描かれており、現代との時代の流れを感じさせられます。 物語は、犯人の青年が何故犯人になって言ったのかと言う事を過去から振り返る時間の流れと、今まさに犯人を追いかけている現代の時間の流れの二つの時間の流れで進んでいきます。それが、犯人を追い込むサスペンス感を生み、ドキドキハラハラさせられま... [続きを読む]

受信: 2010年5月17日 (月) 22時30分

» 奥田英朗「マドンナ」 [ご本といえばblog]
奥田英朗著 「マドンナ」を読む。 このフレーズにシビれた。  ただ、これでやっかいな夢想からは解放されるなと春彦は思った。 明日からは、心に波風が立たない、普通の生活に戻るのだ。 [巷の評判] "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!では, 「小説としてはどれも楽...... [続きを読む]

受信: 2010年5月28日 (金) 16時24分

» 奥田英朗「邪魔」 [ご本といえばblog]
奥田英朗著 「邪魔」を読む。 このフレーズにシビれた。  堕ちてみるか――。喘ぎに似た、小さな吐息が漏れた。一度汚れてしまえば、汚れを気にしなくて済む。きれいでいたいと思うから、余計な苦しみが増えるのかもしれない。 [巷の評判] かみさまの贈りもの〜読書日記〜....... [続きを読む]

受信: 2010年6月 8日 (火) 18時40分

» 奥田英朗「町長選挙」 [ご本といえばblog]
奥田英朗著 「町長選挙」を読む。 このフレーズにシビれた。  あのね、宮崎さん。デモクラシーなんてものは、実は最善じゃないの。機能するのは一定規模が必要なの。一万人以下のコミュニティだと、昔の藩主みたいなのがいて治めたほうが却って栄えるんじゃない?ぐふふ [....... [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 13時33分

« 本 「嗤う伊右衛門」 | トップページ | 本 「アメリカの論理」 »