« 本 「犯人に告ぐ」 | トップページ | 本 「1968年」 »

2010年3月22日 (月)

「スパイアニマル・Gフォース」 ホジ ホジ ホジ ホジ ホジ ホ Gフォース

まったく観る気はなかったのですが、予告編やCMで流れる「Gフォース Gフォース G4フォース、ホジ ホジ ホジ ホジ ホジ ホ Gフォース」という歌がどうも頭から離れなくなったので、仕方なしに(笑)観に行ってきました。
あんまりバラエティとか観ないんで知らなかったのですが、こちら吉本興業のユニット「紫SHIKIBU」の歌なんですねえ。
エンディングに流れるのかと思っていたら流れなかった・・・。
さすがにディズニーで吉本の歌はないか・・・。

ということで完全に侮りモードで観に行ったのですが、けっこうおもしろく楽しんじゃったりしたのです(爆)。
子供向けプログラム(子供が好きなうんちネタとかあり)かと思いきや、しっかりちゃんと作っています。
さすがジェリー・ブラッカイマーのプロデュース。
コーヒーメーカーが変形したり、巨大なロボット的なものも出てきたりするのは、やはり「トラ○スフォー○ー」をパロっているんでしょうねえ。
そしてディズニーの映画ということで、さすが3D映像の見せ所がわかっているアトラクション的な楽しみ方もできますので、ファミリーで観に行くには向いているのではないでしょうか。
ストーリーとしても子供向けだと思いきや、悪事の黒幕が「彼」であったりするところなどは、なかなか凝っていてよくできていると思います。
このあたり暗喩として深読みしようとすればできるのですけれど、こちらの作品の本意ではないと思いますので、やめときましょう。
悪事自体も買った家電に仕込まれているチップによって、知らぬうちにいつの間にかネットワークされてしまうなどというところなどは今日的でした。
マ○クロソ○トやイ○テルがやっていたらひとたまりもありません。

四日連続での映画鑑賞だったので、ラスト日はお気楽な作品で楽しく締められました。
来週からまたドタバタするので、しばらく映画観れないかも・・・。
SEE YOU!

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「犯人に告ぐ」 | トップページ | 本 「1968年」 »

コメント

KLYさん、こんばんは!

そう掘り出し物!って感じです。
気負わずに観に行ったからかもしれないですけれど。
モルモットも和みキャラでしたよね。
なにげに大物ビル・ナイまででていてビックリ。
ブラッカイマー人脈ですかねー。
関係ないですが、意外とモルモットって大きいんだーと思いました。
ハムスターとは違うのね。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年3月23日 (火) 22時12分

そうそう、エンドロール観てジェリー・ブラッカイマーかぁって思いました。これって以外に掘り出し物でよく出来てますよね。モルモット君たちが主人公なんで、話の展開がどんなでもどことなく和んでるし。(笑)しかも大好きなビル・ナイを脇に回して大活躍してたり。ゴキブリのあの攻撃はある意味最強ですよね、そりゃ怖いって。(爆)

投稿: KLY | 2010年3月22日 (月) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/47877823

この記事へのトラックバック一覧です: 「スパイアニマル・Gフォース」 ホジ ホジ ホジ ホジ ホジ ホ Gフォース:

» スパイ・アニマル Gフォース [だらだら無気力ブログ]
FBIによって養成されたモルモット達がスパイとして活躍する様を描いた アドベンチャーコメディ。 Gフォースのモルモット達の声をニコラス・ケイジやペネロペ・クルスらが 担当する。人間が忍びこめない場所に忍び込み、任務を遂行する特殊スパイチーム・ “Gフォース..... [続きを読む]

受信: 2010年3月23日 (火) 01時18分

» [映画『スパイアニマル・Gフォース 3D』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆甥っ子を連れて観に行った。  予告編での変な歌が気に入っていたのだ。  かつて、東京12チャンネルでは、午後6時半から、毎日、アメリカ製アニメが放送されていて、その色んな作品の主題歌の数々の、無理矢理に日本語の歌詞を付けたような雰囲気が気に入っていた。    映画『スパイアニマル・Gフォース』応援歌 「飛び出せ!Gフォース!」(クリック!)  甥っ子を誘うときには、「ネズミたちがトランスフォーマーと戦うんだぜ!」と言った。    ◇  3D作品であることに、チケット売り場で気がついた。... [続きを読む]

受信: 2010年3月23日 (火) 12時46分

» スパイアニマル Gフォース [ともやの映画大好きっ!]
(原題:G-FORCE) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) かわいいモルモットたちが、FBIによって養成された最強スパイとなって大活躍するファミリー・アドベンチャー・コメディ。 ベン・ケンドール博士(ザック・ガリフィナーキス)が中心となり、訓練した動物たちでスパイ活動を行う機関"Gフォース"。しかし部署閉鎖の危機が迫り、早急に実績を挙げる必要に迫られていた。そんな彼らが目を付けたのは、FBIのキリアン部長(ウィル・アーネット)が2年間極秘捜査しているにも関わらず、尻尾を掴むことの... [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 22時17分

» スパイ・アニマル Gフォース [★YUKAの気ままな有閑日記★]
『ダレンシャン』を愛読書としていて、外伝を含め全作読んでいる息子が映画化を楽しみにしていたんだけど、、、あまり評判が良くないことに怖じ気づき、劇場に行ってから急にコチラを観ると言いだしました(笑)ということで、急遽吹き替え2Dで鑑賞―【story】ケードル博士によりBIOラボで特殊訓練を施された部隊“Gフォース”。彼らの正体はモルモット&モグラだった!人語を解し、コンピューターの暗号解読までする彼らだが、FBIによりラボが閉鎖、Gフォース解散を命じられていた。なんとか解散を避けようと、家電メーカーの... [続きを読む]

受信: 2010年3月26日 (金) 21時16分

» 【スパイアニマル・Gフォース】 [日々のつぶやき]
甥っ子連れてー2D、吹替版での観賞です。 監督:ホイト・イェットマン 出演:ザック・ガリフィアナキス、ビル・ナイ それは、FBIが極秘で開発した最終兵器―。 「FBIの特殊部隊Gフォースは、博士が特殊な訓練と開発した装置で人間と話もできるモルモット... [続きを読む]

受信: 2010年3月27日 (土) 10時47分

» ■映画『スパイアニマル・Gフォース』 [Viva La Vida!]
可愛いネズミたちが大活躍する映画『スパイアニマル・Gフォース』。 最新のデジタル・ガジェットを身に着けたネズミたちが、空に陸にと大活躍します。 それにしても、なんでアメリカ映画って、やたらとネズミを主人公にしたがるんだろう。 疫病の伝染源なはずなのに…。... [続きを読む]

受信: 2010年3月27日 (土) 14時26分

» 『スパイアニマル・Gフォース』 もう1つの『トランスフォーマー』 [映画のブログ]
 『スパイアニマル・Gフォース』の原題は『G-Force』。  G-Forceといえば、『科学忍者隊ガッチャマン』を米国で放映したときの名称である[*1]。 ... [続きを読む]

受信: 2010年3月28日 (日) 04時00分

» スパイアニマル Gフォース 3D [5125年映画の旅]
天才ヒーロー ダーウィン熱血レーサー ブラスターお色気ガールの フアレスおとぼけルーキー ハーレーGフォース 小さな体だって世界守れるヒーローさGフォース ヤホー ヤーホヤホー僕らはスパイ Gフォース今、4匹のモルモットが世界を救う ハリウッドを代表す...... [続きを読む]

受信: 2010年4月 1日 (木) 17時36分

» スパイ・アニマル Gフォース 3D/ゴリ、川田広樹(ガレッジセール) [カノンな日々]
お子様向けっぽい映画と思いつつも劇場予告編での『トランスフォーマー』風な映像演出がちょっと気になったりもして、時間的に余裕があって評判が悪くなければ観てみようかなと考えていたんですが、上手い具合に他の用事のついでに鑑賞してくることができました。 一応、....... [続きを読む]

受信: 2010年4月 4日 (日) 08時42分

» スパイアニマルGフォース☆独り言 [黒猫のうたた寝]
モルモットがFBIのスパイとしてデビューー(笑)予告編は吹替版なのですが、変な歌付きで印象に残ることは間違いないって作品です。でもこれ、思いもよらないいい出来のディズニー作品。ボイスキャストもニコ刑事、ペネ、サム・ロックウェルおまけにブシュミなんて持ってき方... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 01時17分

» スパイアニマル Gフォース(アメリカ) [映画でココロの筋トレ]
ビリーちゃんが「Gフォース、観るの」というので「スパイアニマル Gフォース」を観ました。 なんと2週連続で。ひー! ( → 公式サイト  ) 出演:ザック・ガブリウィナーキス、ウィル・アーネット、ビル・ナイ 声の出演:ゴリ、川田広樹、高木歩、本田貴子、中... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 14時16分

» スパイアニマル・Gフォース [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
小動物のモルモットが世界を救う意外性が楽しいスパイ・アクション。億万長者セイバーは、一般家庭のあらゆる家電製品を武器に変えてしまう邪悪なミッションで世界征服を計画していた。そんなセイバーに戦いを挑むのが特殊部隊のGフォース。彼らの正体は特殊訓練を施された....... [続きを読む]

受信: 2010年4月13日 (火) 00時02分

» 『スパイ・アニマル Gフォース 3D(吹替え版)』 [唐揚げ大好き!]
  それは、FBIが極秘で開発した最終兵器――。   ■巨大な悪による世界滅亡へのカウントダウン・・・。立ち向かうのは、FBIの最終秘密兵器と噂され、超ハイテク・アイテムと、最強のチームワークを武器に戦う、”特殊スパイ部隊”――Gフォース&... [続きを読む]

受信: 2010年4月14日 (水) 05時32分

» 10-98「スパイアニマル Gフォース」(アメリカ) [CINECHANの映画感想]
超モルモット捜査官  人間が侵入できない場所へも忍び込み、驚くべき運動能力とハイテクメカを駆使して悪に立ち向かうFBIが誇る最強スパイ・チーム“Gフォース”。その正体はなんと、高度な訓練を受けた小さなモルモットたちだった。  予算削減によりチーム解散の危機が迫る中、恐るべき殺人家電で世界征服を目論む億万長者レナード・セイバーの陰謀阻止に立ち上がるGフォースだったが。(「allcinema」より)... [続きを読む]

受信: 2010年5月 1日 (土) 01時31分

» 『スパイアニマル Gフォース』(2009) [【徒然なるままに・・・】]
一見するとただのモルモット、実は高度な訓練を受けたFBIのスパイ、というアニマルたちが活躍するアクション映画です。 メンバーにはモグラやハエ、ゴキブリなんかもいますが、これらは皆CGの産物。技術が進歩すると何でも当たり前のように見えちゃいますが、表情といい、仕種といい、毛の質感といい、見事なもんです。 お話の方は、世界征服を企む元・武器商人にして現・大企業のCEOの魔の手から、密かに結成されていたGフォースが世界を救うというもの。 予算削減で部署が閉鎖されそうになってしまったので、Gフォー... [続きを読む]

受信: 2010年6月29日 (火) 06時32分

» 映画『スパイアニマル・Gフォース』 [たまさんのHR/HM シネマカフェ]
FBI所属のモルモットの特殊部隊〈Gフォース〉の活躍を描いたジェリー・ブラッカイ [続きを読む]

受信: 2010年6月29日 (火) 14時14分

» スパイアニマル・Gフォース [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:スパイアニマル・Gフォース 制作:2009年・アメリカ 監督:ホイト・イェットマン 出演:サム・ロックウェル(ガレッジセール・ゴリ)、ジョン・ファヴロー(ガレッジセール・川田広樹)、トレイシー・モーガン(高木渉)、ペネロペ・クルス(本田貴子)、ニコラス・ケイジ(中尾隆聖) あらすじ:邪悪な億万長者、レナード・セイバー(ビル・ナイ)の企みで、アメリカ中の家庭が殺人マシーンに攻撃される危機にさらされていた。闘いを挑むために政府がミッションを言い渡したのは、知的な頭脳と高度な戦闘技術を... [続きを読む]

受信: 2010年7月 3日 (土) 00時21分

» スパイアニマル・Gフォース [しーの映画たわごと]
ニコラスケイジが声優担当ということで、「アントブリー」で懲りずにまたやったのかと。さらにペネロペもやってたりする。ディズニー配給なので、そういう目線でみれば観られないこともない。... [続きを読む]

受信: 2010年8月26日 (木) 09時22分

» スパイアニマル・Gフォース [晴れたらいいね〜]
夏バテというには、まだ早いような気がするんですが、週末ヘタってしまって…。そんなときは、こういう映画が合う。楽しく観られました。Disneyとブラッカイマーが組んだファミリー ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 3日 (火) 00時18分

« 本 「犯人に告ぐ」 | トップページ | 本 「1968年」 »