« 本 「バグダッドの秘密」 | トップページ | 「NINE」 遅すぎた成長 »

2010年3月20日 (土)

「プリンセスと魔法のキス」 ウキウキワクワクがディズニーのDNA

ディズニーがピクサーを買収し、ピクサーのジョン・ラセターがクリエイティブ・オフィサーとしてディズニーに乗り込んでくることとなったとき、戦々恐々としたのは従来型の手描きアニメ部門ではなかったでしょうか。
アメリカのアニメは主流は3DCGアニメに映ってきており、それを推進してきたのがピクサー社であったのですから。
けれどもジョン・ラセターはすぐに手描きアニメ部門のてこ入れを開始しました。
そこでできた作品が本作の「プリンセスと魔法のキス」です。
本作はディズニー伝統でお家芸となっている「プリンセス」ものの一つになるでしょう。
けれども主人公ティアナは正真正銘のお姫様ではなく、ニューオリンズに住み将来自分の店を持とうと夢見て働いている貧しい女性です。
本作は良い意味でディズニーが連綿と継承してきた、ディズニーらしさというものを引き継いでいます。
ミュージカル仕立てでテンポの良い映像は観ていて、ウキウキワクワクしてきます。
このウキウキワクワク感というのは、ディズニーランドに行ったときに味わうようなもので、ストーリー性というよりは現実を離れて、しばし夢の世界に浸るといったようなものだと思います。
最近、仕事でディズニーの方とお話しする機会があったのですが、彼らが大事にしているのは、物語性・世界観です。
創作された世界に観る者、触れる者がいかに浸れるかということを考えているというところに、感銘を受けました。
このあたりは数あるキャラクタービジネスを行っている会社とは大きく異なるような感じがしました。
とはいえガチガチではなく、物語性・世界観をきちんと守っていれば、思いのほかチャレンジャブルであるということも他にはないところだと思います。
チャレンジャブルと言えば、本作でもニューオリンズが舞台になっているため、音楽はジャズベースが多くそのあたりは今までの作品とは異なるような感じがします。
けれどもそれにより作品自体がテンポがアップしていてウキウキ感が高まります。
思わず音楽にあわせてステップを踏みたくなるような場面がいくつもありました。
この辺がやはりディズニーワールドへの没入感なのでしょう。
カエルの王子に王女がキスをしたら魔法が解けて人間に戻るというおとぎ話は有名でよく知っていましたが、本作はうまくアレンジをしていましたよね。
王子にキスをしたらキスをした本人もカエルになってしまったという設定が秀逸でした。
日頃ディズニーはあまり観ない(特にプリンセスもの)僕としては、この場面を予告で観ておもしろそう!と思いました。
ラストも気が利いていて、ハッピーな気分で終われたので良かったです。
こういうウキウキワクワクな映画を、ディズニーには作り続けてほしいですね。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「バグダッドの秘密」 | トップページ | 「NINE」 遅すぎた成長 »

コメント

rose_chocolatさん、こんばんは!

王道のハッピーエンドなストーリーでありながらも、プリンセス像は時代時代に合わせて変わっているんですね。
ティアナは今までのプリンセスの中でも一番自立して描かれていたと思いますが、これも世相なのでしょう。
日本もアメリカも女性の方がしっかりしているのかな。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年3月27日 (土) 18時13分

よくある、はっぴーはっぴーなディズニー? それならそれでいいかなーと思いながら鑑賞したら。 これがまあ、ドツボでした。
Ne-Yoをよくぞ持ってきました!という感じで、ニューオリーンズっていう舞台もぞくぞくします。
南部アメリカに対してのリスペクト、そして近年ハリケーン被害に遭ったニューオリーンズのへの温かい目線も感じられて。

たぶんディズニーも、新しい方向を模索しているんじゃないかな。
単純なサクセスストーリーだけではもう飽きられてしまうような流れの中、こういう、世相とリンクさせていく路線は成功していくと思います。

投稿: rose_chocolat | 2010年3月27日 (土) 10時31分

アイマックさん、こんばんは!

そうですねー、ディズニーは世界観・物語をしっかりと作りますよね。
夢を見させてくれてハッピーにさせてくれるプリンセスものの骨格は保ちながら、ジャズの音楽が新鮮味を与えてくれました。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年3月22日 (月) 21時20分

こんにちは!
ディズニーの関係者とお知り合いとはうらやましい。
ディズニーの世界観は夢をみさせてくれることですね。
物語もしっかりしていて、ブレないところがいいです。
ジャズベース、ヒロインも王子もカエルというのが新鮮でしたねー。

投稿: アイマック | 2010年3月22日 (月) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/47856165

この記事へのトラックバック一覧です: 「プリンセスと魔法のキス」 ウキウキワクワクがディズニーのDNA:

» プリンセスと魔法のキス [そーれりぽーと]
『魔法にかけられて』の大成功を受けて「いける!」とふんだのかどうかは知りませんが、ひっさびさのプリンセスものミュージカル調ディズニー長編アニメ映画が作られました! ディズニー・クラッシックス最後の『リトル・マーメイド』〜ネオ・クラッシックス『ターザン』辺りの、ヒーロー&ヒロインものはウキウキして大好きだったので、ここ10年無かったのがちょっと悲しかった分、めっさ期待して『プリンセスと魔法のキス』を観てきました。 ★★★★ 堪能! やっぱいいわー、軽快な楽曲でキャラクター達が画面狭しと歌って踊りちぎ... [続きを読む]

受信: 2010年3月21日 (日) 15時45分

» プリンセスと魔法のキス [悠雅的生活]
本当に必要なもの。蛍の光。星に願いを。(日本語吹替え版) [続きを読む]

受信: 2010年3月21日 (日) 21時40分

» プリンセスと魔法のキス/アニカ・ノニ・ローズ [カノンな日々]
ディズニーが原点ともいえる手書きアニメに立ち返って製作したというミュージカル・アニメです。ディズニーらしい魔法絡みのお伽話ながらも本作のヒロインは労働者階級の黒人女性で自立した生き方を目指しているという現代的なストーリーになっているということでちょっと楽....... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 09時47分

» プリンセスと魔法のキス【吹替え版】 [小部屋日記]
The Princess and the Frog(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ 出演:アニカ・ノニ・ローズ、ブルーノ・カンポス、キース・デビッド、ジェニファー・ルイス、ジョン・グッドマン、ジム・カミングス、マイケル=レオン・ウーリー、テレンス・ハワード、オプラ・ウィンフリー そのキスは、してはならぬ・・・。 児童小説「カエルになったお姫様」を、「リトル・マーメイド」「アラジン」のジョン・マスカー&ロン・クレメンツが映画化したディズニー長編アニメ。... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 11時18分

» プリンセスと魔法のキス(吹替え) [りらの感想日記♪]
【プリンセスと魔法のキス】(吹替え) ★★★★ 映画(祭)(11)ストーリー 貧しい家庭に育ち、自分のレストランを持つという夢を叶えるため懸 [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 17時39分

» 『プリンセスと魔法のキス(吹替え版)』 [唐揚げ大好き!]
  そのキスを、してはならぬ・・・。   ■ティアナはいつか自分のレストランを持つことを夢見て頑張っている女の子。ある仮装舞踏会の夜、プリンセスの衣装を着たティアナの前に一匹のカエルが現れ、自分は呪いによってカエルに姿を変えられたナヴィーン王子だと告げ... [続きを読む]

受信: 2010年3月23日 (火) 05時36分

» 正反対のようで似ていたふたり。『プリンセスと魔法のキス』 [水曜日のシネマ日記]
ディズニーのミュージカル・アニメ映画。レストランを開く夢を持つ女性とカエルの姿になってしまった王子の物語です。 [続きを読む]

受信: 2010年3月23日 (火) 14時49分

» 【プリンセスと魔法のキス】 [日々のつぶやき]
  そのキスを、してはならぬ・・・。 3歳の姪っ子のチョイス、甥っ子も連れて行ってきました。 さすがディズニー♪ 子供も大人も楽しめる映画でした。 「亡き父との自分たちのレストランを持つという夢を叶えるために、自分の楽しみを犠牲にしてクタクタにな... [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 14時59分

» ■映画『プリンセスと魔法のキス』 [Viva La Vida!]
ディズニーの2Dアニメ最新作『プリンセスと魔法のキス』。 この作品、2009年の制作だというのに、今どき2D、かつ手書きで作られているアニメです。 でも、とっても新しく、とっても可愛らしく、とっても面白い。 まさに、“故きを温ねて新しきを知る”とでもいうところでしょ... [続きを読む]

受信: 2010年3月25日 (木) 13時16分

» 「プリンセスと魔法のキス」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2009年:米/ディズニー・スタジオ原題:THE PRINCESS AND THE FROG監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ製作総指揮:ジョン・ラセター原作:E・D・ベイカー脚本:ロブ・エドワ [続きを読む]

受信: 2010年3月26日 (金) 02時07分

» プリンセスと魔法のキス [象のロケット]
一日中頑張って働いている女の子ティアナの夢は、いつか自分のレストランを持つこと。 ある仮面舞踏会の夜、プリンセスの衣装を着たティアナの前に、一匹のカエルが現れました。 自分は本当はナヴィーン王子で、キスしてくれれば呪いが解けて元の姿に戻ることができるのだと言います。 勇気を振り絞ってキスをしたのですが、変身したのはカエルではなくティアナでした…! ファンタジーアニメ。... [続きを読む]

受信: 2010年3月26日 (金) 04時58分

» プリンセスと魔法のキス [5125年映画の旅]
自分のレストランを持つことを夢見るティアナ。夢の実現まであと少しのところで挫折し落ち込む彼女の前に、一匹の喋るカエルが現れる。カエルは自分の正体は王子であると言い、キスで呪いを解いてくれればティアナにレストランを持たせてくれると提案してくる。意を決して...... [続きを読む]

受信: 2010年3月26日 (金) 07時04分

» 『プリンセスと魔法のキス』(2009)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:THEPRINCESSANDTHEFROG監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ声の出演:ジョン・グッドマン、アニカ・ノニ・ローズ、キース・デイヴィッド、ブルーノ・カンポス、ジェニファー・ルイス試写会場 : 一ツ橋ホール公式サイトはこちら。<Story>ニューオリ...... [続きを読む]

受信: 2010年3月27日 (土) 10時26分

» 『プリンセスと魔法のキス』 ('10初鑑賞33・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月12日(金) 神戸国際松竹 スクリーン3にて 19:05の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年3月27日 (土) 20時14分

» 映画「プリンセスと魔法のキス」 [Andre's Review]
the princess and the frog アメリカ 2009 10年3月公開 劇場鑑賞(字幕版) この日を何年待ったことか!! ディズニー映画ファンとして、手描きアニメでミュージカルが再び観られるというだけでも嬉しいのですが、期待以上の内容で大満足の1本でしたよ☆ 監督コンビは『オリビアちゃんの大冒険』、『リトル・マーメイド』、『アラジン』、『ヘラクレス』、『トレジャー・プラネット』と、過去の監督作品がどれも好きな作品ばかりだったので否が応でも期待が高まります。 舞台はニューオリンズ。... [続きを読む]

受信: 2010年3月27日 (土) 23時59分

» 「プリンセスと魔法のキス」 [prisoner's BLOG]
ディズニー初のアフリカ系のヒロインで、舞台もニューオーリンズ、ランディ・ニューマンの音楽もジャズ調で、ワニがトランペット吹きだったりする。 おなじみのミュージカル・ナンバーも「ライオン・キング」舞台版ばりにアフリカ美術を大々的にフューチャーしている。 悪役の黒魔術師も黒人得意の原色ギラギラの扮装。 彼が歌う歌の中でドル札のことをその色からgreenと呼ぶのが、カエルの色にひっかけている。日本語吹き替えではどうなっていたのだろう。 カエルの王子とヒロインがキスすると、王子が人間に戻るのではなくヒロ... [続きを読む]

受信: 2010年3月28日 (日) 06時07分

» プリンセスと魔法のキス [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
子供向けではなく、大人が楽しめるしっかりした内容のアニメ作品だ。アフリカ系ヒロインを最初に採用したディズニーアニメであり、カエルにキスをすると女性までカエルになってしまう仰天の展開としっかりした脚本に感動した。... [続きを読む]

受信: 2010年4月 2日 (金) 21時27分

» 『プリンセスと魔法のキス』 (2010) [よーじっくのここちいい空間]
ディズニーの創り手たちの思いが、お話の設定や展開に、いっぱい詰め込まれているステキな作品です。最近のテレビ用カートゥーンの発想から創られている『ティンカーベル』シリーズとは、出発点が完全に違っている点でも、特筆すべき作品だと私は思います。... [続きを読む]

受信: 2010年4月10日 (土) 19時23分

» 【映画評】プリンセスと魔法のキス [未完の映画評]
魔法でカエルの姿にさせられた王子様にプリンセスがキスをすると奇跡が起きるディズニーお得意のプリンセス・ミュージカル。 [続きを読む]

受信: 2010年4月10日 (土) 21時55分

» 映画:プリンセスと魔法のキス [よしなしごと]
 やっている映画館の多くが日本語吹き替え版、仕方ないのでいつも行く映画館ではないところまで出かけての鑑賞です。と言うわけで、プリンセスと魔法のキス字幕版を観てきました。... [続きを読む]

受信: 2010年4月18日 (日) 13時27分

» 10-84「プリンセスと魔法のキス」(アメリカ) [CINECHANの映画感想]
星に願いを、カエルにキスを  貧しい家庭に育ち、自分のレストランを持つという夢を叶えるため懸命に働く少女ティアナ。  仮装舞踏会の夜、プリンセスの格好をした彼女の前に一匹のカエルが現われる。そのカエルはティアナに、自分は魔法使いの呪いによってカエルに姿を変えられてしまったマルドニア王国の王子、ナヴィーンだと語る。  呪いを解くためにはプリンセスのキスが必要と、ティアナにキスを懇願、最初は拒絶するティアナだったが、1回ですむならとキスを受入れる。  ところが、王子に戻るどころか、ティ...... [続きを読む]

受信: 2010年5月22日 (土) 23時58分

» 「プリンセスと魔法のキス」 [ドゥル的映画鑑賞ダイアリー]
お勧め度:★★☆☆☆ 製作: 2009年 米 監督: ジョン・マスカー / ロン・クレメンツ 出演: アニカ・ノニ・ローズ / ブルーノ・カンポス / キース・デヴィッド / ジェニファー・ルイス / ジョン・グッドマン / ジム・カニングス / マイケル=レオン・ウーリー / テレンス・ハワード / オプラ・ウィンフリー / ジェニファー・コーディー / ピーター・バートレット あらすじ ニューオリンズでウェイトレスとして働く娘ティアナの夢は、自分のレストランを持つこと。ある日、幼なじみの... [続きを読む]

受信: 2010年7月22日 (木) 00時16分

» プリンセスと魔法のキス [映画を観よう]
プリンセスと魔法のキス [DVD]/ディズニー ¥3,360 Amazon.co.jp アメリカ 2009年  声の出演:アニカ・ノニ・ローズ(鈴木ほのか)、 ブルーノ・カンポス(丹宗立峰)、ピーター・バートレット(石住昭彦)、キース・デヴィッド(安崎求)、ジェニファー・ルイス(... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 01時48分

» プリンセスと魔法のキス [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:プリンセスと魔法のキス 制作:2009年・アメリカ 監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ 出演:アニカ・ノニ・ローズ(鈴木ほのか)、ブルーノ・カンポス(丹宗立峰)、ジェニファー・コーディ(三瓶由布子)、ケイス・デイヴィッド(安崎求)、ジム・カミングス(駒田一)、マイケル・レオン・ウーリー(小林アトム)、ジェニファー・ルイス(荒井洸子) あらすじ:いつの日が自分の手で夢を実現させたいと願う女性、ティアナ。ある日、ティアナの前に、言葉を話す一匹のカエルが現れる。かつて王子だったこ... [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 01時32分

» プリンセスと魔法のキス [I am invincible !]
カーニバルの日、ニューオリンズの資産家ビッグ・ダディことイーライ・ラボフ(声:ジョングッドマン)の家で開かれる仮装パーティーに、マルドニア王国のナヴィーン王子(声:ブルーノ・カンポス)が出席する事になった。... [続きを読む]

受信: 2010年7月26日 (月) 22時13分

» 【映画】プリンセスと魔法のキス…奇抜でも無いし新しくも無いのは残念 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
本日の日曜日(2010年9月5日)は公園の草抜きを頑張ったピロEKです さて9月になって既に5日目。9月と言えば当ブログの開設月です ここのところ毎回(毎年)書いていますが、ブログを始めた当初は、お仕...... [続きを読む]

受信: 2010年10月21日 (木) 13時40分

» DVD『プリンセスと魔法のキス/THE PRINCESS AND THE FROG』 [オタマ・レベルアップ]
DVD『プリンセスと魔法のキス/THE PRINCESS AND THE FROG』を見たよぉ~ メディア 映画Anime 上映時間 97分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2010/03/06 ジャンル ファンタジー/ミュージカル/ファミリー 映倫 G 解説・・・ ディズニーが伝統の手描きアニメーションの手法を復活させて贈るロマンティック・ファンタジー・ミュージカル。1920年代のニューオーリンズを舞台に、呪いでカエルにさ... [続きを読む]

受信: 2010年12月 7日 (火) 21時35分

» 『プリンセスと魔法のキス』'09・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじいつか自分のレストランを持つことを夢見るティアナがカエルに姿を変えられたナヴィーン王子の頼みでキスするとなんと自らもカエルになってしまい・・・。感想アカデミー賞... [続きを読む]

受信: 2010年12月 9日 (木) 09時23分

» プリンセスと魔法のキス [いやいやえん]
童話「カエルの王子」とはちょっと違います。自分は王子だというカエルにキスをしたら、ヒロイン自身もカエルになってしまうというストーリーです。 昔どおりのアナログの手書きアニメですが、丁寧に作られています。レストランを開くという夢にむかって一生懸命なしっかりとした働き者のヒロインと少々お気楽な王子様のラブストーリーです。 邪悪なブードゥーの魔術師にカエルにされてしまった王子は、幼馴染の金持ちのシャーロットから借りたプリンセス風ドレスに身を包んだティアナと出会い、プリンセスと思いキスをせがむんです... [続きを読む]

受信: 2015年3月 3日 (火) 09時05分

« 本 「バグダッドの秘密」 | トップページ | 「NINE」 遅すぎた成長 »