« 本 「ミステリーの人間学 -英国古典探偵小説を読む-」 | トップページ | 「ハート・ロッカー」 戦争の負の遺産 »

2010年2月28日 (日)

本 「サクリファイス」

最近はエコブームからか、自転車の注目度が高くなっていて、通勤等で日常的に使う人も多くなってきたと思います。
そういった日常使いの自転車とは、真逆にあるのがスポーツとしての自転車競技、ロードレース。
世界的に有名な大会は「ツール・ド・フランス」で、こちらはニュースでご覧になったことが多いでしょう。
自転車ロードレースというのはチーム競技ですが、中でも他のチーム競技と異なるのは、チームのエースを勝利するために他の選手がいるということ。
ロードレーサーともなるとその速度は自動車並みにはなるので、その空気抵抗はかなり強い。
その状態で100キロも走ればたちまち体力は失われてしまいます。
そのためチームのアシストは、エースを勝たせるために風よけとしてその前を走ったりします。
またエースのバイクがパンクした場合、自分のタイヤを提供してでも、エースを走らせようとします。
まさにアシストはエースのための「サクリファイス(犠牲)」となるのです。

本作の主人公、誓(ちかう)はインターハイでもいいところにいけるほどの陸上選手でした。
けれども周囲の期待に応え、勝ち続けなければいけないプレッシャーを厭い、自転車競技に転向しアシストとなったのです。
スポーツと言うと一番をとることが目的と思われがちですが、すべての人がそれを求めているのではないと思います。
スポーツに限らず、勉強でもビジネスでも同じこと。
僕も実はあまり一番になるのは好きではありません。
注目を浴びるのがあまり好きではないのです。
ですので、誓の気持ちというのにとてもシンパシーを感じてしまいました。
誓はエースのサクリファイスになることで、自分も達成感を感じることができました。
けれども本作で起こる事件により、自分自身も誰かの犠牲の上に立っているということに気づきます。
そしてその犠牲のために、自分も飛び出していかなければいけないことにも。
僕も仕事をしていてそういうことに気づく時がありました。
デザインのディレクターをしていても、すべてを自分でやることはありません。
デザイナーでございというほど我も強くないので、チームとしてやっていく方が好きなのです。
でもチーム外の人と何かを打ち合わせするとき、僕が背負っているものを強く感じる時があります。
いっしょにやってくれている人たちのためにも、ここは前に出なくてはいけないと思うときが。
前に出るのは好きではないのですが、自分のためだけにではなく、前にでなくてはいけない時があるんですよね。
「犠牲」は与えられた方がしっかりとそれを受け止めなくてはいけない、そういう責任があるということを、誓も学んだのだと思います。

本作、スポーツ小説としても、青春小説としても、ミステリーとしても読み応えあります。
とはいえ取っ付きにくいところもないので、お薦めの作品です。

続編「エデン」の記事はこちら→
第3作「サヴァイヴ」の記事はこちら→

「サクリファイス」近藤史恵著 新潮社 文庫 ISBN978-4-10-131261-3

|

« 本 「ミステリーの人間学 -英国古典探偵小説を読む-」 | トップページ | 「ハート・ロッカー」 戦争の負の遺産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/47688638

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「サクリファイス」:

» 本『サクリファイス』近藤史恵 [日々のつぶやき]
【サクリファイス=犠牲】 こんなに辛くて感動的な本!このタイトルがピッタリくる素晴らしい作品でした。 読み始めて納得していたタイトルの意味よりももっと深い意味があったとは。 読み終ってもまだ放心・・本当によかった! 間違いなく今まで読んだ近藤さんの... [続きを読む]

受信: 2010年3月18日 (木) 12時53分

» 本「サクリファイス」 [<花>の本と映画の感想]
サクリファイス/近藤 史恵 ¥1,575 Amazon.co.jp 近藤史恵  新潮社 2007年8月 白石誓は、大学で自転車部に入っていたが、オッジにスカウトされ、ロードレーサーとして活躍... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 21時37分

» サクリファイス (近藤史恵) [花ごよみ]
主人公、白石が新たに 生き甲斐を見出したのは、 自転車ロードレース。 ツールド・ジャパンの、 メンバーにまで 頭角をあらわします。 彼の本来の役割は石尾のアシスト。 その石尾に関する過去の暗い噂。 犠牲によって成り立つという 自転車ロードレースという競技の特性。 タイトルに秘められた真実とは? サクリファイス=犠牲、 多重なサクリファイス。 このテーマのもつ悲しさ。 自転車ロードレース選手特有の姿勢とは? 自転車ロードレースの魅力も 味わうことができました。 人間の表と裏。 ミス... [続きを読む]

受信: 2010年4月11日 (日) 07時59分

« 本 「ミステリーの人間学 -英国古典探偵小説を読む-」 | トップページ | 「ハート・ロッカー」 戦争の負の遺産 »