« 「食堂かたつむり」 倫子の「言葉」 | トップページ | 本 「ボーン・コレクター」 »

2010年2月19日 (金)

本 「ストロベリーナイト」

最近お気に入りの作家、誉田哲也さんの姫川玲子シリーズの第一作「ストロベリーナイト」を読んでみました。
僕は誉田さんの作品は「武士道シックスティーン」から入りましたが、作品の魅力はその物語のキャラ立ち具合でしょう。
ちょっと行き過ぎるとコミックやライトノベル的になってしまうギリギリのところでキャラクターを立たせるところのが上手な方だなと思いました。
その後「ジウ」シリーズを読んでみたのですけれど、女性警官二人のダブル主役ということで「武士道シックスティーン」的な物語と思って読んだら、けっこうハードな内容で驚きました。
キャラクターの立ちは誉田さんらしくしっかりありますが、題材となる事件そのものはかなり陰惨で。
キャラ立ち具合と、陰惨な事件というとかなり食い合わせが悪い感じのような気もしますが、不思議と誉田さんの作品はそのバランスが絶妙にとれているような気がします。
本作「ストロベリーナイト」も起こる事件そのものはかなり陰惨ですし、描写としてもかなりゲッとなるところがあります。
けれども、主人公姫川玲子を始め、登場するキャラクターはそれぞれ個性的なキャラクターであり、その陰惨さみたいなものとバランスをとっていると思います。
キャラクター力と、物語力で、ストーリーをグイグイと引っ張っていく力が誉田さんの作品にはありますね。
本作はそのあたりが好評を得たようで、シリーズ化となっていて現在4作品となっています。
本作以降のシリーズについても今後読んでみたいと思います。

テレビドラマ「ストロベリーナイト」の記事はこちら→
姫川玲子シリーズ「ソウルケイジ」の記事はこちら→
姫川玲子シリーズ「シンメトリー」の記事はこちら→
誉田哲也さん作品「武士道シックスティーン」の記事はこちら→
誉田哲也さん作品「ジウ」の記事はこちら→

「ストロベリーナイト」誉田哲也著 光文社 文庫 ISBN978-4-334-74471-7

|

« 「食堂かたつむり」 倫子の「言葉」 | トップページ | 本 「ボーン・コレクター」 »

コメント

hitoさん、こんにちは!

「武士道シリーズ」も文庫化されましたねー。
こちらもおもしろいですよ。
映画化もされますが、そちらも期待したいと思います。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年2月20日 (土) 17時49分

こんにちはー♪

このシリーズいいですよね!
玲子よりも周りのキャラが好みですー

私は武士道シリーズ未見で、やっとシックスティーンが文庫落ちしたのでこれから楽しみに読みます!

投稿: hito | 2010年2月20日 (土) 12時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/47610434

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「ストロベリーナイト」:

» ストロベリーナイト [ろーれるのブログ]
ストロベリーナイト (光文社文庫)/誉田 哲也 ¥700 Amazon.co.jp 裏表紙より『溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに... [続きを読む]

受信: 2010年2月20日 (土) 07時50分

» 本『ストロベリーナイト』誉田哲也 [日々のつぶやき]
面白い!!!! 他のジャンルでも面白かったり感動したり好きな作品はたっくさんあるけれど、やっぱりミステリーを読んでいると一番ワクワクするなー 「おもしろいよー!」って叫びながら読みたい感じ。やめられないとまらない、です。 「警察庁捜査一課、主任姫川... [続きを読む]

受信: 2010年2月20日 (土) 12時42分

» ストロベリーナイト (誉田 哲也 ) [花ごよみ]
警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子が、 事件を追っかける。 猟奇事件の捜査上で浮かび上がった、 ある言葉「ストロベリーナイト」 この言葉に関連した事件が、 連続して起こる。 1年ほど前、少し読んで、 内容がグロすぎるので 途中で読むのをあきらめたのですが、 ドラマ化と言うことを目にし またもう一度、 最初から読み始めました。 なので、むごいシーンを、 2回も読む羽目に… 今回は我慢して読み進めましたが やっぱりきつかったです。 あんな人間性を喪失した 犯人の頭の中身は、 崩壊しているとしか... [続きを読む]

受信: 2010年10月10日 (日) 22時14分

» ストロベリーナイト [映画三昧、活字中毒]
ストロベリーナイト 著  者: 誉田哲也 出版年: 2008年 出版社: 光文社文庫/光文社 東京都葛飾区の都立水元公園の釣り堀の近くで、腹部に大きな創傷のある男性の遺体がビニールシートに包まれたままの...... [続きを読む]

受信: 2013年5月12日 (日) 11時50分

« 「食堂かたつむり」 倫子の「言葉」 | トップページ | 本 「ボーン・コレクター」 »