« 「BONES シーズン3」 際立つキャラ立ち | トップページ | 「仮面ライダー555(ファイズ)」<平成仮面ライダー振り返り-Part4> »

2010年1月 1日 (金)

「スティング」 粋なカッコよさ

久しぶりに「スティング」を観ました。
本作は時折、思い出したように観るのですが、何度でも楽しめます。
ずいぶん古い映画(1973年)なので若い方ではご覧なっていない人も多いかもしれませんですが、テーマ曲の「The Entertainer」は聞いたことがあると思います。
本作はマフィアを相手にした大掛かりな仕掛けを使った詐欺師たちを描く物語で、この種の作品の常道で何度かドンデン返しがあります。
こういう詐欺師ものは、そのドンデン返しを知ってしまうと二回目以降は楽しめなかったりするものですが、本作は違います。
もちろんそのドンデン返しは最初観た時は、「おおっ、やられた」と思います。
ですが、タネを知ってしまっても、そしてだからこそ本作は楽しめます。

まずはジョージ・ロイ・ヒル監督の丁寧な仕事ぶりが楽しみの一つ。
最近の映画は勢いだけで見せきってしまう作品とか、ゲージツ的なのか観念的でわかりにくい作品など
が見受けられますが、本作はとてもオーソドックスに作られています。
ドンデン返しというのも、きちんと前振りというか、布石を打っているからこそ(本作だと革手袋の殺し屋とか)、それが生きてくるわけであって、本作はそういう監督のきちんとした仕事が観られます。
映画の中の詐欺師たちの手口としても列車の中のポーカーから布石を打って最後のとどめの一撃に繋がるというストーリーを描いていますが、映画としての構成もきちんと組み立てられています。
本作は章立てで進みますが、これはその映画の構成がしっかりしているからこそ。
若い方で映画を作ってみたいっていう人もいるかもしれませんが、「スティング」のようにオーソドックスだけれどもきちんと構成されている映画を観るのも勉強になるかもしれません。

あと楽しめる点としては、映画の中で描かれている雰囲気。
舞台となるのは30年代のシカゴ。
そして映画が公開されたのは73年。
この二つの時代の雰囲気が映画の中に出ていて、なんだかカッコいいのです。
言ってみれば「粋」なんですよ。
伊達男を気取った若い詐欺師フッカー(ロバート・レッドフォード)、渋めのベテラン詐欺師ゴンドーフ(今は亡きポール・ニューマン)が、それぞれにカッコいい。
これはキメキメでカッコいいというの(例えば「パブリック・エネミーズ」のジョニデとか)とも違うんですよね。
なんだろ、余裕のあるカッコよさというか、親しみのあるカッコよさとでも言うのかな。
つまりは「粋」なんですよ。
彼らの「粋」な、その雰囲気を観ているのが楽しいのです。

また何年かして、思い出したように観るのだろうなあ・・・。
若い頃のロバーロ・レッドフォードって、やはりブラピに雰囲気似てますねえ。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「BONES シーズン3」 際立つキャラ立ち | トップページ | 「仮面ライダー555(ファイズ)」<平成仮面ライダー振り返り-Part4> »

コメント

rose_chocolatさん、こんばんは!

そうですよねー、似てますよね、ブラピに。
新しいテクノロジーが出てくると、それを上手く利用する犯罪が出てくるってことがわかりますよね。
「スティング」の時代だったら電話。
今だったらメールとかインターネットということになるのでしょうか。
時代に合わてミステリーとかサスペンスっていうのも変わっていくっていうことなんでしょうね。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年12月17日 (金) 22時26分

若かりし頃のロバート・レッドフォード、ブラピに似てましたねー。
ちょっとドキドキ(笑)

今だったら、ネットとか写真とかがあれば一発で見破れる
タネでしたけど、それが昔の話だからハラハラして
面白いんですよね。
何もなければ知恵で作りだすって感じが、この映画のいいところです。

投稿: rose_chocolat | 2010年12月15日 (水) 21時50分

Agehaさん、こんばんは!

そうですよね、僕もブラピとレッドフォードは似ていると思います。
そうか、そういえば「スパイゲーム」で共演していましたねえ。
そもそもブラピが脚光を浴びたのは、レッドフォード監督「リバー・ランズ・スルー・イット」ですから昔から二人は不思議な縁があるのかもしれないですね。
ブラピも俳優としてだけではなく、プロデューサーとしても活躍していますし、そこもレッドフォードと似ているなあと思ったりもします。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年2月22日 (月) 20時09分

でしょう~。なんか久しぶりに見てヤッパリブラピとレッドフォードってどっかしら似てる。だからってワケじゃないけど「スパイゲーム」で共演したときはキャーもんでした。
私が映画にハマるきっかけとなった作品でもあるのでオススメ度200%(笑)
2人の主役だけじゃなくて脇を固めるひとら、名前こそ忘れてててもその演技を忘れてないくらい誰もが輝いてた気がします。

投稿: Ageha | 2010年2月21日 (日) 20時22分

kenntaroさん、こんばんは!

ほんと二人ともカッコ良かったですよね。
彼らのスタートは復讐なのですけれど、そういう重さはなくてあくまで粋な感じで楽しめるところが、何度も観たくなるところなんですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年1月14日 (木) 22時03分

「スティング」の粋なカッコよさにやられた一人です。師の死の知らせをを聞いて飲んだくれていた(想像ですが)ゴンドーフを訪れたフッカーの動機に賛同した瞬間のゴンドーフのキラリと光る眼。一番最後の場面で、100%返事が分かっていながら「分け前をどうするのか」と聞いたゴンドーフの質問に対してフッカーが返答した瞬間は本当にカッコイイですね。

投稿: kenntaro | 2010年1月13日 (水) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/47180296

この記事へのトラックバック一覧です: 「スティング」 粋なカッコよさ:

» スティング [こんな映画見ました〜]
『スティング』 ---THE STING--- 1973年(アメリカ) 監督:ジョージ・ロイ・ヒル 出演:ロバート・レッドフォード ジョニー・フッカー ポール・ニューマン ヘンリー・ゴンドルフ ロバート・ショウ ドイル・ロネガン  1936年。シカゴの下町で、詐欺師の3人組が通り掛かりの男をヒッカケて金をだまし取る。 しかし彼らが手にしたその金は、いつもとは段違いの思わぬ金額だった。悪い予感は的中。その金は、ニューヨークの大物ロネガン(ロバート・ショウ)の手下が、賭博の上がりを... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 23時29分

» スティング [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 1936年、シカゴに近いジョリエットの下町で道路師と呼ばれる詐欺師3人が通りがかりの男から金を奪いました。  数日後、主謀者が死体で発見されます。犯人はニューヨークの大親分のロネガン(ショウ)の手下で、賭博の上がりを届ける途中、金を奪われた男でした。  3....... [続きを読む]

受信: 2010年1月 6日 (水) 20時50分

» 『スティング』7P [OL映画でいやし生活]
 私的オススメ度:7P本や映画が好きな先輩が「俺の一押し映画だよ!」といって貸してくれたDVDが『スティング』でした。名作と聞くけど、見たことなかったので楽しみにみましたぁ。(って借りてばかりだな・・)【STORY】1930年代の暗黒街のメッカ、シカゴでは血を血で...... [続きを読む]

受信: 2010年1月 7日 (木) 22時33分

» スティング [小部屋日記]
The Sting(1973/アメリカ)【NHKBS】 監督:ジョージ・ロイ・ヒル 出演:ポール・ニューマン/ロバート・レッドフォード/ロバート・ショウ/チャールズ・ダーニング/レイ・ウォルストン 先日亡くなった名優ポール・ニューマン出演映画、追悼としてNHKで放送されたので鑑賞。 今までみてなかったことが悔やまれるほど、おもしろい! アカデミー賞7部門受賞、名作といわれるのも納得。 「スティング」の訳は信用詐欺。 監督はジョージ・ロイ・ヒル。「明日に向かって撃て!」で起用したポール・ニューマ... [続きを読む]

受信: 2010年1月12日 (火) 22時58分

» 【午前十時の映画祭】『スティング』(1974)/ア... [NiceOne!!]
原題:THESTING監督:ジョージ・ロイ・ヒル出演:ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、ロバート・ショウTOHOシネマズ午前十時の映画祭『スティング』ページはこちら。<St... [続きを読む]

受信: 2010年12月15日 (水) 21時41分

» スティング [ダイターンクラッシュ!!]
2011年4月17日(日) 15:50~ TOHOシネマズみゆき座 料金:1000円 スティング 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]出版社/メーカー: UPJ/ジェネオン エンタテインメントメディア: DVD 『第二回 午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本』公式サイト TOHOシネマズの『午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本』の赤の50本のひとつ。 公開当時のコピーは、「いっちょカモろうぜ!」だったと記憶している。 ということで、幼少の身で公開当時に新宿... [続きを読む]

受信: 2011年5月 8日 (日) 02時51分

» [映画] スティング [日々の書付]
私の今年の目標は「気になっていたけれど、見逃していた名作映画を観る」です。 今回は「スティング」を鑑賞。ロバート・レッドフォードと、ポール・ニューマン主演の有名な詐欺師ムービー。 若い詐欺師フッカーが騙した相手は、ギャングの集金係だった。そのせいで親同然の師匠・ルーサーを殺害され、フッカーは復讐のため、伝説的詐欺師・ゴンドーフを頼り、ギャングのボス・ロネガンから金をだまし取ろうと計画する。仲間を集め、ニセの賭博場を開き、計画は着々と進行するものの、フッカーはロネガンの雇った殺し屋や悪徳刑事・... [続きを読む]

受信: 2012年10月28日 (日) 12時20分

« 「BONES シーズン3」 際立つキャラ立ち | トップページ | 「仮面ライダー555(ファイズ)」<平成仮面ライダー振り返り-Part4> »