« 「サロゲート」 突き抜け感がない | トップページ | 「Dr.パルナサスの鏡」 テリー・ギリアムの物語の作り方 »

2010年1月23日 (土)

「ソフィーの復讐」 妄想ガール

これまではどちらかというとクール・ビューティな役柄が多かったチャン・ツィイーが初めてコメディに挑戦した「ソフィーの復讐」を観てきました。
エヴァ・ジンという女性監督の初作品ということもあったので、それほど期待度は高くなかったのですが、これが意外にも(失礼!)おもしろいのです。
意志の強いキリッとした表情のイメージが強いチャン・ツィイーですが、本作では泣いたり、笑ったり、怒ったり、落ち込んだりとクルクルと豊かに表情が変わっていくのがとびきりキュートでした。
チャン・ツィイーはけっこういけます、コメディも。
圧倒的な美貌を誇る女優さんで、アクションもでき、さらにこういうコメディエンヌの才能もあるとなると、ほぼ無敵ですねえ。

本作はジャンルとしては王道のラブコメです。
漫画家ソフィー(チャン・ツィイー)は結婚寸前の恋人に突然ふられてしまいます。
というのも彼には新しい恋人ができてしまい、その相手はと言えば今売り出し中の美人女優。
ソフィーは泣き寝入りするのではなく、そんなの我慢ならないと、なんとか元カレを振り向かせて謝らせようとリベンジ作戦を開始します。
ソフィーは漫画家だからか、ちょっとエキセントリックなところもあって、思い込んだらすぐ行動というタイプ。
感情の浮き沈みも激しい彼女は、そんでもって妄想癖があったりします。
森ガールならぬ、妄想ガールですね。
このソフィーの妄想シーンがけっこうおもしろいのです。
コメディというのは動きも表現も極端な方が笑えますよね。
そのあたり、本作はチャン・ツィイーの芝居もエヴァ・ジンの演出(吸血虫のシーンはけっこう好き)もけっこうトンデいて良かったです。

冒頭より彼にふられて落ち込んで漫画も手につかず、部屋は散らかり放題でだらだらと過ごしてしまうソフィーが描かれます。
なんだこれ、どこかで観た感じ、既視感が・・・。
あ、これ「のだめ」じゃん!
リベンジ作戦につき合わせている男友達ゴードンに飯を作らせているとこなども、千秋に飯をねだるのだめみたいです。
ソフィーの妄想は、まさにのだめの「変態の森」かも。
ソフィーに振り回されているゴードンは、のだめに振り回されている千秋みたいだし。
「のだめ」好きな人には、本作はけっこうお薦めですよ。

お客さんはラブコメなのにおばさま比率高し。
なんでだろう?と思ったら韓国の俳優さん(ソ・ジソプ)が出てたからなんですね。
やはり韓流ファンはイケメン韓国俳優がいるところにはどこでも出かけますね。
とはいえ、チャン・ツィイー目当てで観に行っている自分も人のことを言えた義理ではないですが(爆)。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「サロゲート」 突き抜け感がない | トップページ | 「Dr.パルナサスの鏡」 テリー・ギリアムの物語の作り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/47369648

この記事へのトラックバック一覧です: 「ソフィーの復讐」 妄想ガール:

» ソフィーの復讐 [LOVE Cinemas 調布]
『ホースメン』のチャン・ツィイーが送るラブコメディ。結婚1ヶ月前に振られた漫画家ソフィーが、恋人を取り戻そうと様々な作戦を展開する。共演に『映画は映画だ』のソ・ジソブ、『墨攻』のファン・ビンビン、『着信アリ2』のピーター・ホーが出演。脚本・監督はエヴァ・ジン。チャン・ツィイーのキュートなコメディエンヌぶりに注目だ。... [続きを読む]

受信: 2010年1月23日 (土) 18時32分

» ソフィーの復讐 [だらだら無気力ブログ]
結婚間近に恋人にフラれた女性が、元彼を今の彼女から取り戻し、その上で こっちから元彼をフッて復讐しようと悪戦苦闘する様をコミカルに描いた ロマンティックコメディ。 自分をフった恋人を取り戻そうとする女性・ソフィーを中国四大女優の一人 であるチャン・ツィイー..... [続きを読む]

受信: 2010年1月24日 (日) 01時04分

» 10-10「ソフィーの復讐」(中国・韓国) [CINECHANの映画感想]
必ず彼をふってやる  空想好きの漫画家ソフィーはイケメン外科医の恋人ジェフと結婚を目前に幸せの絶頂。ところがある日、ジェフは手術を担当した映画女優ジョアンナと恋に落ち、ソフィーは突然別れを告げられてしまう。  失意の彼女は、何とかしてジェフの心を取り戻し、今度は自分が振ってやると誓い、女友だちの助けを借りて様々な作戦を実行するものの、ことごとく失敗してしまう。  それでもめげないソフィーは、偶然出会った写真家ゴードンまでも仲間に引き入れ、さらなる復讐計画を実行に移すのだったが。(「a...... [続きを読む]

受信: 2010年1月24日 (日) 16時35分

» ソフィーの復讐 [ダイターンクラッシュ!!]
2010年2月21日(日) 12:50~ ヒューマントラストシネマ有楽町2 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:600円(買っていない) 『ソフィーの復讐』公式サイト チャン・ツィイーのコメディなんて過去にあったか? 彼女の主演のラブ・コメディ。 漫画家のスージーは結婚直前に婚約者の外科医を女優に取られ婚約破棄。 取り返して、結婚式の場で逆に三行半をつきつけようと復讐に燃える。 取り返す作戦を立てて、写真家の男の助けをえて実行に移すのだが・・・。 外科医が韓国人に... [続きを読む]

受信: 2010年2月25日 (木) 19時58分

» ソフィーの復讐◆◇SOPHIE'S REVENGE [銅版画制作の日々]
 中国語でのタイトルは、非常完美。リベンジするならハッピーエンド! レギオンの前に鑑賞したのは、チャン・ツィイー&ソ・ジソブ初共演のこの作品です。「映画は映画だ」での彼の印象はとにかく格好良いという感じでした。今回は何と中国語での初演技だということで、ちょっと楽しみにしていました。お相手はあのチャン・ツィイー。前作「ホースメン」は今一つでしたが。考え込むような暗いお話ではなかったのが、良かった!!たまにはこういうハッピー気分になれるラブコメがやはり良いですね。といってもラストはありきたりのハッピー... [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 23時48分

» ソフィーの復讐 [ダイターンクラッシュ!!]
2010年2月21日(日) 12:50~ ヒューマントラストシネマ有楽町2 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:600円(買っていない) 『ソフィーの復讐』公式サイト チャン・ツィイーのコメディなんて過去にあったか? 彼女の主演のラブ・コメディ。 漫画家のスージーは結婚直前に婚約者の外科医を女優に取られ婚約破棄。 取り返して、結婚式の場で逆に三行半をつきつけようと復讐に燃える。 取り返す作戦を立てて、写真家の男の助けをえて実行に移すのだが・・・。 外科医が韓国人に... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 15時30分

» 「ソフィーの復讐」 [てんびんthe LIFE]
「ソフィーの復讐」新宿ピカデリーで観賞 チャン・ツィイーがコメディー作品を自分でプロデュース。 何をやっても愛らしいチャン・ツィイー。 ライバル役のファン・ビンビンもものすごくキュート。 完全に香港風のドタバタコメディーで途中何が何だか分からなくなる場面もあるものの、マンガを見ている雰囲気で楽しめました。 ソフィーそのものがマンガ家という設定でそんな作品を描こうという意思があるのでそんな風に見ていても全く偏見ではありません。 婚約者役のジソプがかっこいいんですが…。 (そんなことは... [続きを読む]

受信: 2010年6月 4日 (金) 11時24分

» 「ソフィーの復讐」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
ひらりんお気に入り女優のひとり、チャン・ツィイー主演。 なんかマルシアと大鶴義丹に見えなくもないけど、 間違いなく、チャン・ツィイー主演です、茶髪は似合わないけど。 [続きを読む]

受信: 2011年1月26日 (水) 03時22分

» ソフィーの復讐 [rambling rose]
結婚直前に婚約者ジェフから別れを告げられてしまったソフィーは、色々な思いから、もう一度彼を振り向かせようと奮闘するが・・。 [続きを読む]

受信: 2013年3月11日 (月) 09時18分

« 「サロゲート」 突き抜け感がない | トップページ | 「Dr.パルナサスの鏡」 テリー・ギリアムの物語の作り方 »