« 本 「世界の中心で、愛をさけぶ」 | トップページ | 本 「シアター!」 »

2010年1月 3日 (日)

「よなよなペンギン」 りんたろう監督らしい映像と音

好きなアニメーション監督の一人、りんたろうさんが久しぶりに監督するということで観に行ってきました。
りんたろうさんと言えば、「銀河鉄道999」や「幻魔大戦」という作品があがるかと思いますが、僕は「カムイの剣」という作品が好き。
こちらについてはいずれこちらのブログでご紹介したいと思います。

さて本作「よなよなペンギン」についてです。
こちらの作品は日仏合作で14億円もの製作費で作られた3DCGアニメです。
本作は亡き父親が言ったペンギンも空を飛ぶことができると信じているココが、ひょんなことからゴブリンの国を訪れ、そしてその世界を救うというおとぎ話です。
それほど新味のあるストーリーではありません。
どちらかというとどこの国にもあるおとぎ話です。
世界観も和洋折衷のような感じであり、日本でもフランスでも子供たちに受け入れられることを狙っているのかもしれません。
ややそういう意味では個性が強くない作品に思えました。
3DCGアニメは、アメリカでも日本でも何本もの作品が作られている中で、映像技術的には本作が群を抜いてすばらしいわけでもありません。
テクニカルな部分ではピクサー作品の方が数段上という印象を受けました。

僕はりんたろう監督の優れた点というのは、光と音の使い方だと思っています。
セルアニメの時、透過光というテクニックがありました。
これはセルを撮影するときに光を透過させて、べた塗りの部分とは異なる光を表現する手法です。
この使い方が非常に上手い監督でした。
例えば「銀河鉄道999」の999の機関車上部のライトの表現とか、「幻魔大戦」でのベガの登場シーンとか爆発シーンの部分とか。
基本的にデジタルアニメではセル撮影がないため透過光というテクニックは使えませんが、やはりりんたろう監督は光の使い方についてはこだわっていたと思います。
あと音については、監督は音楽や音のサウンド系と映像のシンクロについてはこだわりを持っていると思います。
「カムイの剣」での竜童組の音楽と映像のシンクロは一見一聴の価値ありです。
本作もほとんどのシーンは背景音楽があり、映像だけでなく音で物語を語っているということがわかります。
ストーリー上も音は重要なファクターとなっていましたね。

作品としてはちょっともの足りない印象を持ちましたが、やはりりんたろう監督の作品であるなと、らしさを感じたりもしました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「世界の中心で、愛をさけぶ」 | トップページ | 本 「シアター!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/47192883

この記事へのトラックバック一覧です: 「よなよなペンギン」 りんたろう監督らしい映像と音:

» よなよなペンギン [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
少女の夢は、空を飛ぶこと__。 ある夜、天使に羽根が舞い降りた。それは、ペンギン少女ココに届いた不思議な世界からの招待状。 日本のアニメ界の重鎮で、「銀河鉄道999」で知られるりんたろう監督が、「DETH NOTE」「時をかける少女」「サマーウォーズ」などを制作し...... [続きを読む]

受信: 2010年1月15日 (金) 12時23分

» よなよなペンギン(2009) [銅版画制作の日々]
MOVX京都にて鑑賞。仕事で利用者のHさんと鑑賞しました。 3連休ということもあって、たくさんの子供さんがこの作品を観に来ていました。隣に居合わせたおじさんは、釣りバカ日誌を観に来られたそうですが。満員のため入れず、この作品を鑑賞されるということでしたが。。。。。アニメだとは知らなかったようで。しばらくすると これって舞台は日本なんでしょうか?七福神が登場するのですが、登場人物の名前はココだとか、チャリーにブッカ・ブ―という横文字です。まあそんなことはどうでもいいんですけれど。。。。監督はりんた... [続きを読む]

受信: 2010年1月16日 (土) 21時59分

» 『よなよなペンギン』 (2009) [よーじっくのここちいい空間]
極端な解釈をすれば、一種の環境ビデオみたいなものかもしれません。私は88分間ずっと、映画館というここちいい空間で、ここちいいときを過ごせました。ただそれだけで充分でした。 [続きを読む]

受信: 2010年2月23日 (火) 00時34分

» よなよなペンギン [象のロケット]
ペンギンコートを着て、夜な夜な街を歩き回る人間の少女ココは、空から金色の羽が舞い降りてきた夜、「ペンギンストア」へ招待されて大はしゃぎ。 ゴブリン(妖精)の男の子チャリーと映画を観ている途中、突然ソファーが夜空へと飛び立ち、チャリーの住むゴブリン村へ。 闇の帝王に苦しめられていた村人たちから、なぜか大歓迎を受けるのですが…。 冒険ファンタジー。 CGアニメ。... [続きを読む]

受信: 2010年2月26日 (金) 19時21分

« 本 「世界の中心で、愛をさけぶ」 | トップページ | 本 「シアター!」 »